複数のセフレを効率よく回す方法

セフレができ始めると、なぜか何人もセフレができるものです。セフレが何人かいる場合の、効率よく、楽しく、関係を継続させるように回す方法を伝授します。

1.複数のセフレを、しっかり全員セフレとして大切にしましょう

1-1.自分のヤリたい時に会うようにしましょう

あくまでセフレはセフレですので、無理せず、自分が会いたい時に会いましょう。

そうやって、気楽に接していくことで、普段の生活の負担にならず、

長く継続して、複数のセフレと関わりを継続することができます。

自分がヤリたい時に、相手に無理して予定を合わせてもらうのではなく、

相手の予定なども気を配って会うようにしましょう。

お互いの予定を合わせたり、相手を求めているということを、しっかりとアピールするなどして、

セフレそれぞれを大切にするとこで、なんだかんだうまく回るものです。

無理のない程度に、ちょっと顔を見に行くだけでもセフレは喜びますので、

手持ちのセフレ全員に、1か月に1回は会うようにしましょう。

もちろん無理なのであれば、たまに連絡を取って、セフレであることを意識させましょう。

気楽な気持ちと、ちょっとした大切にする心遣いが、複数のセフレをうまく回すコツです。

1-2.セフレをハシゴすることもできます

一人暮らしをしているセフレを活用して、複数のセフレをハシゴすることもできます。

体力が有り余っているのであれば、これほど欲求が解消できるものはありません。

1日に何人かのセフレとセックスできるのも、複数セフレがいることの楽しさです。

セフレ相手なので、お泊まりをする以外は、そんなに長い時間一緒にいることもなく、

ヤッて余韻に満足できれば、そこそこの時間で解散することが多いはずです。

また、そんなに外で会うこともなく、相手の家か、ホテルを利用することが多くなります。

なので、どこかで待ち合わせて、セフレ同士が鉢合わせる危険もありません。

まずは、一人暮らしをしているセフレと会いましょう。

ヤッてシャワーを浴びて、体をキレイにして、また次のセフレと会いましょう。

次のセフレは、別に車でドライブでも、食事に出かけるなど、なんでも大丈夫です。

シャワーを浴びて匂いを消したり、アソコをキレイにする必要もありませんので、

外でヤッても問題ありません。

一人目にヤッたセフレの後にシャワーが浴びることができなかったとしても、

うまいことフェラをしてもらうのを避けるなどして、

ヤッてきたことがバレないように工夫しましょう。

やはり、他にセフレがいることがバレるのは、メリットがありません。

なので、他にセフレがいるようなことをにおわせないようにしましょう。

仕事終わりにセフレに会う場合は、セフレに会う日として堪能しましょう。

また、セフレと飲みに行って、別のセフレに迎えにきてもらうのも、

1日でふたりのセフレに会うことが可能ですので、実践していきましょう。

1日に2人等の複数のセフレと会うことができれば、複数のセフレを回す上で、

効率よく回すことができます。

1-3.相手が会いたい時にも、しっかり予定を合わせましょう

セフレと良好な関係を継続させるためには、相手の希望も最低限叶えてあげましょう。

もちろん全部叶える必要はありませんし、自分が無理をする必要もありません。

どこかでお互いの予定を合わせるといったことや、突然のお誘いであっても、

少し顔を見に行くなど、できる範囲で叶えてあげましょう。

自分の要求ばかりですとギクシャクした関係になってしまうこともあります。

セックスによる性欲の解消が第一目的かもしれませんが、人との触れ合いや、

イチャイチャするだけでも楽しいものです。

なので、相手が生理やセックスをする気分ではない日であったとしても、

それが会う予定の日であれば、その状況下であっても出来ることをして楽しみましょう。

相手の体調や都合に気配りできるようになると、相手の満足度が上がり、

そのおかげでセフレが尽くしてくれるようになり、自分の満足度も上がることになるでしょう。

2.セフレ一人ひとりの個性を大切にする

2-1.どうしてもひとりひとりに態度の違いが出てしまうが、優劣はつけない

複数いるセフレの中に、タイプやセフレになっている期間の違いもあり、

どうしても態度の違いや、気持の中で強弱が生まれてしまします。

しかし、それは違いであって、優劣をつけないでおきましょう。

セフレの期間が長い方は、どうしてもときめきは薄れてしまっているかもしれませんが、

慣れた居心地の良さがあるでしょう。

逆に、新しくセフレになった方は、新たな恋のようなときめきはありますが、

セックスをするにしても、早く終わらないようにだとか頑張ってしまうこともあります。

複数のセフレを優劣をつけずに対等に対応しましょう。

2-2.それぞれの良さを堪能しよう

巨乳、貧乳、ぽっちゃり、細身体型等、同じ体をした人は世の中に存在しません。

感度の違いや感じるスポットの違いもありますので、攻め方も違ってきます。

感じ方も違うので、吐息タイプや喘ぐタイプ、求めてくるタイプ、

体がじっとしていられないタイプなど様々なので、違いに違和感を感じることもあります。

自分のめっちゃタイプのセフレと、興味が薄れてきたセフレと、

どうしても比べてしまうこともあります。

しかし、それはそれで楽しむようにしましょう。

体型や感度や感じるスポット、感じ方に違いがあることを理解して、

そういったことを受け入れられるようになると、セフレとの対応の幅が拡がり、

複数のセフレを楽しく回すことができるようになります。

これがうまくできないと、ちょっとしたことで疎遠になるセフレができてしまい、

自分のセフレの手持ちが増やすことができなかったり、

同じようなタイプのセフレばかりになってしまいます。

それはそれで楽しいでしょうが、セックスの幅を拡げる意味でも、

色んなセフレのタイプを楽しめるようになりましょう。

2-3.それぞれの感性を理解し、別のセフレにも活かそう

上記2-2でも記載しましたが、それぞれの感性の違いがあります。

性癖といってもいいかもしれません。

感じるスポットや、プレイ内容によって、感じ方が人それぞれ違います。

痛いものや、野外プレイ、ゴムの有無、道具を使うかどうかは、

けっこうタイプが分かれます。

それぞれの良さと、自分の趣味・性癖をうまく融合させましょう。

セフレ相手も、自分の趣味を押し付けて最初は嫌がるかもしれませんが、

慣れていくと楽しむかもしれません。

また、逆にもし相手から求められたことが、自分は嫌かもしれませんが、

我慢してしているうちに、楽しめるようになるかもしれません。

けっこう道具に慣れると、男としては楽にセックスすることができます。

自分の性癖を相手に慣れさせたり、相手の性癖を理解して、

こんな感じるスポットがあるのかとかを発見し、

他のセフレにも活かしていきましょう。

複数セフレがいても、何回でもこなせるようになります。

3.セフレを効率よく回す

3-1.めんどくさそうなセフレは、タイミングを逃さず疎遠にする

セフレになるような相手は、少しめんどくさい人もいます。

もちろん、体の相性の良さなど色々あるでしょうが、

複数のセフレを効率よく回すことを考えた場合、

めんどくさいセフレは、本当にめんどくさくなる前に、疎遠になりましょう。

会ってヤッてから別れるもいいでしょうし、連絡を返さずにそっけなくするのもいいでしょう。

ただ、関係がこじれそうであったり、ズルズルと引きずって、

手間がかかりそうであれば、しっかり関係を断ちましょう。

帰るときに引き留められたり、前触れもなく電話をかけてきたり、そういった相手は、

その場で、疎遠にすべきです。タイミングを逃さずに疎遠になりましょう。

他のセフレと会っているときに電話が鳴ったりしてもめんどくさいですし、

ヒステリックになられてはめんどうです。

事前に対応策をとっておきましょう。

3-2.セフレが数人いると余裕が出て、また新しくセフレを作ることができる

セフレが複数いると、心に余裕が出て、また新しくセフレを作ることができようになります。

また、セックスの幅も拡がり、女性を大切にする術も学べ、

複数のセフレと継続した関係を築くことができます。

ちょっちょした距離感が保てるくらいが、セフレと上手に付き合えますので、

仕事終わりにちょっと顔を見に行くなどを、しっかりこなせれば、

会いたい時に、誰とも会えない、ヤリたいときに誰ともヤレない、ということがなくなります。

セフレは、とても便利です。多くいて損はありません。

セフレを作る感覚と、多種多様な女性のパターンなどを学び、

新たなセフレを作っていきましょう。

セフレ相手の都合で、去っていったとしても、すぐに補充でき、1週間のサイクルのようなものを、

しっかりと維持できることでしょう。

3-3.セフレ同士や知り合いなどの人物相関図を意識する

複数のセフレがいることで、あまり良くないことが、セフレが知り合い同士な場合や、

自分の友人などと知り合いの場合です。

セフレというのは、やはりあまり大きな声では言えない関係なので、

そういった人物相関図ではないですが、自分との関わりや、

セフレ同士の繋がりがないかは意識して、それとなく確認しましょう。

4.結局のところ何人セフレがいても、ひとりひとりとしっかりセックスする

セフレが複数いて、良いところでもあり悪いところでもあるのが、

セックスをいっぱいするということです。

毎日複数回続くとヤルのが難しくなることもあります。

それでも、道具を使ったり雰囲気を変えて気分転換してみたりしてみるのもいいでしょう。

一番お手軽なのは、それぞれのセフレの違いを意識して単調にならないように攻めてみたり、

新たに感じるスポットを探してみるようなセックスをすることです。

気分が変わり、複数のセフレと元気に対応できます。

予定がブッキングしても、ドタキャンせずに一目でも顔を見せる、といった気遣いや、

1日にふたりとセックスをする時の体力的なタフさも必要になってきます。

それでも、やはりセックスは楽しいものです。

ひとりひとり連絡をとり、そのセフレとのセックスを楽しみながら、大切にし、

相手の趣味や自分の趣味をすり合わせて、なんならワガママを言って自分の性癖を叶えてもらい、

自分に無理がない程度に遊んでまわれば、複数のセフレを効率よく回すことができます。

管理人が厳選!やれる女が見つかるアプリランキング
今すぐやれる女が見つかる-出会い系アプリランキングのキービジュアル

①管理人の経験から導き出した「本物」ばかり
②すべて登録無料でサクラなしの優良アプリ
③複数アプリを併用するのが大事なポイント

おすすめの記事