セックスに積極的な痴女に淫語で責められた体験談のキービジュアル.png

はじめまして。最近風俗に飽きて出会い系サイトで素人女性と遊んでいる管理人です。
もちろん風俗は風俗で楽しいんですけど、やっぱりマニュアル通りに抜いてもらうよりもホントのセックスしたくないですか?

ナンパするのには勇気がいるからそんなことするくらいなら女の子とのエッチはがまんしよう、と思っている弱気な男性も少なくないと思います。

でも出会い系サイトだったら特に勇気を振り絞らなくても女の子と出会えちゃうんです。
今回は管理人が「セックスに積極的な痴女に淫語で責められた体験談」をお話しします。
出会い系を始めたい方、出会い系ではどんな体験ができるのか知りたい方はぜひお読みください。

1.数ある出会い系の中でミントC!Jメールを選んだわけ

管理人は出会い系サイトはミントC!Jメールを使っています。
使い始めた理由はネットの広告でよく見て知っていたことと、広告の内容がちょっとエロい感じでここなら痴女っぽい女の子がたくさんいるんじゃないかなと思ったからです。

実際に出会い系サイトはネットなどで宣伝をよく見るってことが重要なんです。
宣伝を積極的に打っているということは知名度があるということで、女性は知名度の高いサイトに集まりがちなんです。
よく見るところ=信用できる、という感じになるんです。

あと、知名度が高いサイトはやっぱり会員数が多いです。
会員数が多ければ多いほどいろんな女性がいますから、好みの女性を選べる選択肢が増えます。

まだ出会い系サイトはやっていないという方は、知名度の高いサイト、会員数の多いサイトを選ぶのが女性と会えるコツです。

ミントC!Jメールの詳しい使い方は、「ミントC!Jメールでやれる女と出会える使い方を徹底解説」で紹介しています。

2.35歳のおねえさんは男日照りの痴女OL

今回管理人が会えたのは、35歳のOL、エミリさんです。
バリバリのキャリアウーマンのようで、仕事が面白くて仕事ばっかりしていたら、35になっちゃったと言ってました。

男性経験は少なくないようなんですが、長続きしないみたいで、つきあってもすぐ別れちゃうみたいです。あとでわかることなんですが、すっごい痴女でエッチ好きなんで、体がもたない男がいるのかもしれません。

彼女は最近出会い系を始めたみたいで、いろいろな男と会ってみてる最中らしいです。
ただ、あまりいい男にはまだ会ってないらしいんですが、「出会い系にも自分と合ういい男がいるはず」と信じて男を探しているんだそうです。

3.気になった女性には積極的にアプローチすべし

出会い系サイトではまず女の子のプロフィールを検索して、気になったりよさそうな女の子を探すわけですが、管理人の体験上、年齢が上がれば上がるほどセックスのハードルは下がります。

ですから、即ハメに持ち込める順番は、ババア→熟女→人妻→OL→女子大生のようになるわけです。

今回筆者はちょっと年齢の高いOLさんを狙って成功しました。
ただ、狙いを絞りすぎて決め打ちしてしまうよりも、ある程度幅を広げて数をアプローチすることが重要です。
アプローチする数が多ければ多いほど、会える確率は高くなります。

3-1.出会い系で会うコツはまずは信用してもらうことが一番

アプローチする態度ですが、なんとなくチャラ男の方がモテると勘違いして、軽めの口調でメッセージを送ってしまう人もいると思います。
これは間違いとも言えませんが、無理してチャラ男を装う必要はありません。

出会い系はナンパではないので、チャラ男が尻軽女を口説くのとは訳が違います。
出会い系サイトで初めて出会って、知り合って、会うところまでこぎつけなければならないので、まずは信用されることが大事なんです。

ですから、どちらかというと真面目で信用できるあぶなくない男であることをアピールしましょう。
ガチガチに固いメッセージは逆に引かれてしまいますが、無理して面白おかしくする必要もありません。
最初のうちは敬語を使って、相手に敬意を払うくらいの感じの方がいいでしょう。

3-2.お酒を飲む女性は明るくて誘いに乗りやすい

今回あったエミリさんはお酒を飲む女性だったので、まずはどんなお酒が好きなのか、普段どこで飲んでいるのかを聞いたりしました。

会う約束を取り付けるには、まずおたがいに趣味が合って、「今度ぜひ会って趣味の話を聞かせてください」という感じに持ち込むのが基本です。
女性には「合う理由」が必要で、「男から誘われたから会う」というプライドを立ててあげることが重要なんです。

エミリさんは日本酒の地酒が好きだと言っていたので、

管理人「僕も日本酒が一番好きなんです。よかったら今度地酒のたくさんあるお店に飲みに行きませんか」
エミリ「いいねー。女友達は日本酒好きな人少ないし、女一人でそういうとこ行くのはハードル高いから、なかなか行けなくて。行きたいなー」
管理人「週末とかがいいですよね?」
エミリ「うん。20時ころからなら大丈夫」
管理人「じゃあ、連絡用にLINEとか教えてもらってもいいですか」

という感じで話は進み、LINEも教えてもらってアポ確定です。
LINEを教えてくれる時点で相手も憎からず思ってくれてるわけですし、LINEを教えてもらえればドタキャンされる確率はかなり低くなります。

3-3.フェロモンムンムンの痴女はボディタッチ好き

おたがい仕事帰りに会うことになったので、二人の勤務地の中間地点の駅で待ち合わせることにしました。

エミリさんはできる女系のタイトミニスーツ姿で黒パンストにヒールをカツカツ鳴らしてやってきました。
いやー、なんか管理人にとってはOLさんというよりもAVに出てくるエロ上司に見えちゃいました。どこからかフェロモンが出てるんでしょうね。

管理人「あ、はじめまして、エミリさんですよね」
エミリ「こんばんは。管理人さん?」
管理人「そうです。今日よろしくお願いします」
エミリ「なんか固いね(笑)。こちらこそよろしくね」
管理人「じゃあ、お店探してあるので行きましょうか」

お店に入ると、予定通りいろんな日本酒が置いてあって、

エミリ「わー。いっぱい種類があるね。何から飲もうかな」

とうれしそうに言いました。

管理人「気になった奴、片っ端からいきましょうか」
エミリ「いいねー。酔っぱらっちゃったら責任とってね」

と彼女がドキッとするようなジャブを打ってきます。
さすが大人の女は違いますね。

いろんな種類のお酒を半分こして飲んだりして、これは甘いだのこれは辛いだの言いながら結構飲んで、二人ともかなり酔ってきました。
酔うにつれて彼女は僕の肩や太ももを軽く叩いてボディタッチしてきます。
眼もトロンとしてきて彼女がだんだん色っぽい雰囲気になってきます。

エミリ「管理人さんはけっこうこういうので会ってるの?」
管理人「ええ、まあそこそこ」
エミリ「エッチとかした?」
管理人「ええ、気が合った女の子とは」
エミリ「そうなんだー。なんか私が会った男の子って草食系が多いんだよねー」
管理人「そうなんですか?エミリさん綺麗だから速攻口説かれるでしょ」
エミリ「全然、なんかごはん食べてバイバイってパターンが多くて」
管理人「こんな美人を前にしてそんな男います?」
エミリ「いるよー。まあそんなに美人じゃないけどね」
管理人「美人過ぎて口説けないのかも」
エミリ「そんなことないわよ。だからね、最近は自分から誘うことにしたの」
管理人「どういう風に?」
エミリ「今日、泊っていける?とか」
管理人「絶対泊ります」

なんと彼女のほうからお誘いを頂いちゃいました。
渡りに船というか、かもねぎというか、こんなラッキーなこともあるんですね。
女性から誘ってくるってことは、結構エッチが好きっていうことに間違いないでしょう。

3-4.おねえさん痴女は淫語でいやらしさを盛り上げる

エミリさんはもうヤル気満々で僕の腕を抱えて、自分のおっぱいに押し付けながらホテルに向かって歩きます。

チェックインして部屋に入ると、

エミリ「一緒にお風呂入る?」

と嬉しそうに言ってきます。

もちろん一緒に入りましたが、エミリさんが僕のカラダを泡で撫でまわすように洗ってくれました。

アソコは特に念入りに洗ってくれて、

エミリ「もうカチカチね。イイ感じよ」

とジュボジュボとフェラしてくれました。
これが恐ろしいほど気持ちいい凄テクなのです。

管理人「すっごい気持ちイイです」
エミリ「気持ちいい?あとでもっと気持ちいいことしようね」

とチンコを握りながら微笑みました。その笑い顔が痴女っぽくてぞくっとしちゃいました。

ベッドに入ると待ちきれなかったとばかりに彼女が僕の上に乗ってきてベロチュウしてきます。
ヌメヌメとした舌を絡ませながら僕のチンコに手を伸ばして、

エミリ「すっごいビンビンになってる」

と言いながら、ベロチュウ手コキしてくれます。そして、

エミリ「ほら、おっぱいも好きでしょ」

と僕の顔に巨乳を押し付けてきます。乳首をチロチロ舐ると、

エミリ「ああん、上手よ。もっといっぱい吸ってぇ」

と喘ぎ始めます。

たっぷり乳首を舐めた後、

エミリ「ねえ、こっちも舐めて」

とむっちりした太ももを開きながら僕の顔の上に顔面騎乗してきました。
下の毛を手入れしているみたいで、クリトリスやワレメがはっきりと見えます。
言われるがままに舌を這わせると、

エミリ「んんんっ。そう、いっぱいしてぇ」

と腰を動かしながらアソコを押し付けてきます。
喘ぎ声が大きくなると同時にぬるぬるした液が溢れてきます。
一度「ああああっ」と軽くいったあと、

エミリ「じゃあ、あたしも舐めてあげる」

とシックスナインになり、

エミリ「こんなに大きくしちゃって、入れたくなってるんでしょ」

と言いながら、裏筋、タマ裏、アナルをていねいに舐めたあと、ジュボジュボと顔を上下に動かしながらフェラチオしてきます。
すごいフェラに発射寸前になってしまい、負けずにイカせてやろうとクリを舐めながらアソコに指を入れ、ピストンしてやりました。

エミリ「ああああっ、イクぅぅぅう」

とチンコから口を離して絶頂に達したかと思うと、

エミリ「ねえ、このビンビンのチンコ、入れたい」

と騎乗位でまたがってきました。
アソコが見えるようにわざと股を大きく広げて僕のチンコを握り、

エミリ「ねえ、入るとこよく見てて」

とズブっと腰を落とします。
淫語を使われるとめっちゃ興奮しますね。
こんな痴女っぽく責められるのは初めてです。

エミリ「あはぁん、入っちゃうううう」

と気持ちよさそうな声を出して杭打ちピストンしてきます。
もう完全に痴女に犯されているM男の気分です。
そして僕に覆いかぶさってきて大きなおっぱいを押し付けながら、腰だけを上下に動かし続けます。

エミリ「ああああっ、気持ちイイっ」
管理人「気持ちよすぎていっちゃいそうです」
エミリ「ダメっ。もっと、もっと突いてぇ」

というので下から突きあげてやると、

エミリ「んんっ。ダメっ。そんなにしたらいっちゃううううう」

と僕をギューっと抱きしめてくるので身動きが取れず、チンコを締め付けられたままそのままドピューーーっと発射してしまいました。

発射して僕の上に突っ伏したまま彼女が、

エミリ「すっごくよかった。。。今度はバックがいい」

とおねだりしてきました。
もうおねだりする顔が完全に痴女です。
ご希望通り二回戦目は正常位から始めてバックで発射しました。

3-5セフレって作るものじゃなくて自然な感じでなるものみたい

(あれば後日談)

その後は月に2回くらいご飯を食べに行ってホテルに行ったり、時間がないときはホテルに直行してセックスする関係になりました。

それまではセフレってどうやったらできるのかなあと不思議に思っていましたが、セフレって作るんじゃなくて初めからセフレの関係になるんだなあということがわかりました。

なんか付き合うとかそういう感じじゃなくて、どっちかがエッチしたいときに会って、当たり前のようにセックスするって関係が管理人にはなんか新鮮でした。

4.エッチに積極的な痴女と会った体験談のまとめ

今回は女性の方がエッチに積極的だったのでかなり簡単にホテルまで持ち込むことができました。
出会い系サイトに登録している女性って、あたりまえですが男と会いたくて登録しているわけです。
一皮むけば女性の方がエッチに積極的だったりするんですよね。

ですから実は男だけじゃなくて、女性だって男と会ってセックスしたがってるんです。
女性も話が合ったり気が合ったりすれば即日エッチだって全然ありなんです。

会ってみてからエッチに持ち込めないとちょっと残念ではありますが、落ち込む必要は全然ありません。
男と女ですから、合う合わないということは当然あります。
極端な話、合う女性はどこかにいるんですから、会う女性に会えるまで続ければいいだけの話なんです。

出会い系は風俗に行くより全然コストパフォーマンスがいいですし、何より素人さんと普通のエッチができるってところが全然違います。

ナンパみたいに勇気はいらないし、風俗より予算はかからなくて楽しい体験ができるんですから、やってみない手はないと思いますよ。

ミントC!Jメールの詳しい使い方は、「ミントC!Jメールでやれる女と出会える使い方を徹底解説」で紹介しています。

ムラムラが止まらない男性へ

1日10分スマホをいじるだけで、1ヶ月後に3人のセフレができる方法を教えます。

セフレ作りに最適なマッチングアプリ【ミントC!Jメール】
セフレ作りにおすすめしたい理由
・他の大手アプリに比べて高い女性比率
人妻と出会いやすい機能が充実
・老舗アプリで安全性も抜群
多くの人妻は遊び目的で登録しているので、人妻と出会いやすいミントC!Jメールは、ワンナイトラブやセフレ作りが非常に簡単です!
管理人が厳選!やれる女が見つかるアプリランキング
今すぐやれる女が見つかる-出会い系アプリランキングのキービジュアル

①管理人の経験から導き出した「本物」ばかり
②すべて登録無料でサクラなしの優良アプリ
③複数アプリを併用するのが大事なポイント

おすすめの記事