セフレ体験談集 | 人妻・熟女・中国人・出会い系・エロ・東京・池袋・美女・中出し..etc
【無料公開】今すぐやれる女が見つかるアプリランキング

管理人が年間50人以上とセックスできているのは、このアプリを使っているから!

この記事では、管理人が実際に出会い系アプリでセフレを作ってエロいことができた体験談を紹介しています。
出会い系アプリを使おうと考えてる人やセフレが欲しい人に、ぜひ読んでもらいたい内容になっています。
それではご覧ください!

1.人妻セフレ体験談 | 久しぶりのセックスに痙攣する欲求不満妻

人妻セフレ体験談のキービジュアル
★女の子のプロフィール★
名前:Sさん
年齢:42歳
職業:専業主婦
バストカップ:Fカップ
体型:普通
ルックス:セクシー系
備考:アニメ好き、セックスレス
「久しぶりのセックスに痙攣する欲求不満妻」の本編を見てみる

Sさんとのマッチングの流れ

Sさんとはこういう流れでマッチングしました。

  1. ミントC!Jメールのプロフィール検索で登録したての女性を検索
  2. 検索結果からSさんにアニメの話題でメールを送る
  3. SさんからいきなりLINE交換を持ちかけられる
  4. 怪しいと思いつつ、LINE交換して会話をしてみる
  5. 意外なほど会話が盛り上がり、飲みに行くことに

セックスレス人妻はストレートにセックスに誘おう

実際に会ってからセックスまでの流れ
Sさんとの飲みの約束をしましたが、人妻の方と実際に会うときに注意すべきことがあります。

飲む場所や時間帯、日にちは基本相手の女性に決めてもらい、提案されたらそこに全力で合わせにいきましょう。

これは相手に任せて自分が楽をしているわけではないです。
人妻の方は現在の環境を壊そうと思っている人はいません、しかし現状に満足しているわけでもありません。
その間で楽しみたいと思っています。
なので時間の配慮や場所への気遣いをして、人妻の女性が一番安心して飲める場所で楽しめることを重視します。
その環境を自分が作ることも紳士な対応になりますが、完璧に提供するのは難しいでしょう。
なのでここは相手の女性に任せるのが簡単で明確な答えがでます。
一番安心して飲める環境が整えば人妻の女性も羽を伸ばして楽しめ、非日常の状況に興奮するかもしれません。

もちろんすべての人妻に対してではないです。
なかには、なんであたしがと思ってしまう方もいます。
そこは相手の性格を理解しながら臨機応変に対応してください。
私の話は一つの参考にしてみてください。

さて体験談内容に戻ります。

飲む場所、時間はSさんにすべて決めてもらいました。
もちろんちゃんと理由も伝えてです。

Sさんは母親でもあるので面倒見もよく、世話好きでもあります。
なので今回はすべて任せても、Sさんならわかってくれるだろうと思いました。

飲みは金曜日の19時、都内のとある駅で待ち合わせです。
Sさんは仕事終わりの友人と飲み行くという設定らしいです。

嘘をついてでも私と飲んでくれるなんて、これはありえる話だぞと興奮していました。

時間より少し早くつきSさんにLINEします。
するとすぐ返信がきます。
さすがSさん、返信速度が早いっす。
私もつきますと返信があったので私は待ちました。
興奮して前日はよく眠れたので、状態は完璧です。

管理人さんですか?と声をかけられました。
その姿を目で確認しました。

顔よりも先にその大きな胸に目線がいってしまいました。

その日は梅雨の季節で、気持ち悪い暑さがありました。
みんな夏のような薄着をしています。
そして現れたSさんもちろん薄着です。

しかし薄い分お胸があらわな姿になっています。
胸元が少し緩く、かがんだらまちがいなく見えてしまう服です。

この日この服の選択をするなんて誘ってますやんと、童貞なら思うでしょう。
しかし、私はセフレを4人もつ経験豊富な変態です。

正直誘ってると思いました。(笑)

話ながら居酒屋に向かいますが、胸に意識がいってしまい、何を話たか覚えていません。

居酒屋につき席に座り、ビールを頼みます。
プロフィールでも書きましたが、Sさんは聞き上手なので私にどんどん質問してきて、私が答えるという形でした。

お酒も進み、Sさんはこんな質問をしてきました。

Sさん「管理人さんはアプリで実際に会ってからその日に、セックスをしますか?」

なんともストレートな質問。
しかしいい質問です。
向こうから下ネタの話題に振ってくれることほど、やりやすいことはないです。

私ははっきり答えました。

管理人「しますね。そのままセックスをしてセフレ関係の方は何人かいます。ありがたいことにみなさん、私とのセックスをきにいってくれてるようです。」

Sさんは驚いた表情で少し顔を赤くしていました。
続けて私が質問をしました。

管理人「Sさんはセフレの関係の人はいますか?」

Sさんはまったくもっていないと答えました。
セックス自体1年くらいしていないと言いました。

Sさん自らセックスをしていないと発言したので、これはチャンスと思いましたが、Sさんは天然ところもあるし、物事をストレートに言うので正直イケるか迷いました。

するとSさんから思わぬ一言。

Sさん「セックス1年してないって、女として見られてないんですよねー」

私ははっきりと言いました。

管理人「そんなことないですよ。今日Sさんと出会ってから1人の女性としか見ていません。容姿も中身もとても素敵な方です。私なら毎日抱きたいと思います。」

Sさんは顔を真っ赤にしていました。
私は攻めこみました。

管理人「1年ぶりにセックスしませんか。私は今日Sさんを抱きたいです。」

傍目に見たら気持ち悪い発言ですが、私の真剣な眼差しにSさんは答えてくれました。

Sさん「今日1日ぐらいハメを外してもいいですかね!お願いします!」

明るい声で返答してくれました。
しかし、今日だけという答えに私はさらに燃えました。
必ずセフレの関係にしようと。

5.人妻とのセックス体験談〜セフレの関係へ〜
みなさんお待ちかね。
セックスの体験談内容になります。
少し過激な体験談内容になりますので、一人で読むことをおすすめします。
半勃起ぐらいはするかもしれません。

Sさんから今日だけハメ外す宣言ができましたので、居酒屋を出てホテルへと向かいました。
Sさんは久しぶりのホテルにわくわくしているようで、道中も楽しそうにしていました。

ホテルにつき、部屋にはいるとSさんは少し緊張しているようでした。
先にシャワーを浴びたいといい、Sさんはシャワーにいきました。

私はこっそり一緒に浴びようと思い、後ろからついていきました。
シャワーにSさんがはいって少ししたら私もはいりました。

Sさんはキャッ!と驚きましたが、笑って許してくれました。

Sさんの体はたまらなくエロい体でした。
全体的に良い肉付きをしており、胸は少し垂れていますが気にならない程度。
そして何よりその大きさ、まさに大迫力です。
そしてお尻がプリッとしており、42歳とは思えない体です。
最近お尻中心の筋トレを始めたらしく、その効果がはっきりと形になって表れているようです。
最高です。

一緒にシャワーを浴びながらキスをします。
Sさんは最初こそ緊張していましたが、キスをしだすと激しく舌を絡めてきます。
私も答えるようにキスをし、手はお尻を揉むような体制になっていました。
もちろんすでに私の物はギンギンです。

Sさんは息を荒くしながらキスをし、片方の手で私の物を触りはじめます。
徐々に顔が下にさがっていき、私の物をくわえました。
その体を下げていくのもゆっくりゆっくりと下にいき、途中で乳首や脇腹などを舌で舐めながら降下していきました。
これをナチュラルにできてしまうのが、経験豊富な人妻のテクニックです。
魅力的ですね。

そしてそのフェラがすごいのです。
いきなり私の物を根元まで躊躇なくくわえて、激しく音を立てながらフェラをします。
そして一回くわえるのをやめると、唾を垂らしてまた舐めるのです。
こんなフェラはAVでしたか見たことがありません。

そしてこちらから何も言っていないのに、今度は玉を舐め始めます。

Sさんは一心不乱に私の物と玉を舐めていました。

私は我慢できずに射精しました。

みなさんご安心ください。
私は回復力が早いので、続けてのセックスすることは可能な変態なのです。

そのままシャワーをでて、ベッドにいきました。
Sさんは久しぶりの生身の体に興奮がとまらないようで、ベッドに行くなりまた私の物を舐めました。

しかしここからは私の反撃です。

シックスナインの体制になり、Sさんのアソコを舐めました。
Sさんはものすごい声で感じはじめ、もっと舐めて!と叫びました。
激しく舐めるとSさんは、潮を吹きながら絶頂をむかえました。

Sさんは息を荒くし、肩で呼吸するようになっていました。
完全に目をすわっているようで、何も考えられないといった見た目です。

そんな状態のSさんに正常位で挿入しました。
Sさんはいれただけで、喘ぎ感じていました。

そこから激しく突き上げるとSさんはまって!といいましたが、私はやめずに続けました。
するとSさんはイクー!と叫び海老反りになりました。
そして体を激しく痙攣させていました。

しかし私はSさんを私とのセックスのとりこにするために、続けざまにバックの体勢に変え挿入しました。

Sさんはまたイっちゃうと何回も言いました。
そしてまた絶頂をむかえ、今度は長い間痙攣していました。

さすがに私も疲れたので、少し休憩しました。
するとSさんが呼吸を整えながら言いました。

Sさん「こんなセックス初めてです。もしよかったら、またセックスしてくれませんか。」

セフレ契約を結びました。

しかし私は大事なことを忘れていました。
セックスに夢中になりすぎて、爆乳のお胸のことを忘れてしまったのです。

Sさんにパイズリをしてほしいと伝えると、ニコッとしてしてくれました。

パイズリをするときもSさんは最初に自分の唾を垂らしたのです。
とんでもない変態です。

なぜそんなこと知っているのか聞いたところ、たまにAVを見るらしくそこから学んだらしいです。
もう一度言わせてください。
とんでもない変態です。

久しぶりのセックスにSさんは欲を爆発させていました。
感じる時の声も大きく、言葉もどんどんいやらしいことを言うようになりました。
パイズリでは我慢できなくなった私は結局セックスをしました。

今度は騎乗位の体勢になり、下から激しく突きあげました。
下から見るSさんのお胸は最高です。

私が射精しそうになり出すよ!と言うとSさんは私の物を自分のアソコから抜き、すぐ口でくわえました。
私はそのままSさんの口の中に口内射精しました。
そしてすべての精子を吸い上げ、Sさんは飲み込みました。
私は思わず

管理人「ありがとう」

と言ってしましました。(笑)

こんな変態人妻をセフレにできたので、今回は私の勝利です!

6.後日談
Sさんとはその後セフレの関係になれたので、定期的に会ってセックスをしています。

しかしあちらは既婚者。
あまり頻繁に会っているとバレてしまうので、月に1.2回です。

この1.2回のセックスにSさんは欲求を爆発してきます。

もう少し多く会いたいといってくるので要相談しています。

今回の体験談のように、人妻の方は欲求不満の方が多くいます。
やはり1番の理由は旦那とのセックスの激減です。

しかし人妻でも綺麗な方はたくさんいます。
そんな人妻の魅力にみなさんも早く気づいた方がいいです。
それなりに年齢を重ねている人妻は、セックスに対して、恥ずかしいなどの感情は少ないです。
むしろ、激しく欲望のままに求めてきます。

いまではアナル舐めも喜んでしてくれます。
しかも全身リップつき。
乳首はもちろん、脇の下や、脇腹、鼠蹊部など全身をベロベロに舐めてきます。
風俗嬢とするより、人妻とのプレイの方が何倍も気持ちがいいです。

Sさんとの飲みの約束をしましたが、人妻の方と実際に会うときに注意すべきことがあります。

飲む場所や時間帯、日にちは基本相手の女性に決めてもらい、提案されたらそこに全力で合わせにいきましょう。

これは相手に任せて自分が楽をしているわけではないです。
人妻の方は現在の環境を壊そうと思っている人はいません、しかし現状に満足しているわけでもありません。
その間で楽しみたいと思っています。
なので時間の配慮や場所への気遣いをして、人妻の女性が一番安心して飲める場所で楽しめることを重視します。
その環境を自分が作ることも紳士な対応になりますが、完璧に提供するのは難しいでしょう。
なのでここは相手の女性に任せるのが簡単で明確な答えがでます。
一番安心して飲める環境が整えば人妻の女性も羽を伸ばして楽しめ、非日常の状況に興奮するかもしれません。

もちろんすべての人妻に対してではないです。
なかには、なんであたしがと思ってしまう方もいます。
そこは相手の性格を理解しながら臨機応変に対応してください。
私の話は一つの参考にしてみてください。

さて体験談内容に戻ります。

飲む場所、時間はSさんにすべて決めてもらいました。
もちろんちゃんと理由も伝えてです。

Sさんは母親でもあるので面倒見もよく、世話好きでもあります。
なので今回はすべて任せても、Sさんならわかってくれるだろうと思いました。

飲みは金曜日の19時、都内のとある駅で待ち合わせです。
Sさんは仕事終わりの友人と飲み行くという設定らしいです。

嘘をついてでも私と飲んでくれるなんて、これはありえる話だぞと興奮していました。

時間より少し早くつきSさんにLINEします。
するとすぐ返信がきます。
さすがSさん、返信速度が早いっす。
私もつきますと返信があったので私は待ちました。
興奮して前日はよく眠れたので、状態は完璧です。

管理人さんですか?と声をかけられました。
その姿を目で確認しました。

顔よりも先にその大きな胸に目線がいってしまいました。

その日は梅雨の季節で、気持ち悪い暑さがありました。
みんな夏のような薄着をしています。
そして現れたSさんもちろん薄着です。

しかし薄い分お胸があらわな姿になっています。
胸元が少し緩く、かがんだらまちがいなく見えてしまう服です。

この日この服の選択をするなんて誘ってますやんと、童貞なら思うでしょう。
しかし、私はセフレを4人もつ経験豊富な変態です。

正直誘ってると思いました。(笑)

話ながら居酒屋に向かいますが、胸に意識がいってしまい、何を話たか覚えていません。

居酒屋につき席に座り、ビールを頼みます。
プロフィールでも書きましたが、Sさんは聞き上手なので私にどんどん質問してきて、私が答えるという形でした。

お酒も進み、Sさんはこんな質問をしてきました。

Sさん「管理人さんはアプリで実際に会ってからその日に、セックスをしますか?」

なんともストレートな質問。
しかしいい質問です。
向こうから下ネタの話題に振ってくれることほど、やりやすいことはないです。

私ははっきり答えました。

管理人「しますね。そのままセックスをしてセフレ関係の方は何人かいます。ありがたいことにみなさん、私とのセックスをきにいってくれてるようです。」

Sさんは驚いた表情で少し顔を赤くしていました。
続けて私が質問をしました。

管理人「Sさんはセフレの関係の人はいますか?」

Sさんはまったくもっていないと答えました。
セックス自体1年くらいしていないと言いました。

Sさん自らセックスをしていないと発言したので、これはチャンスと思いましたが、Sさんは天然ところもあるし、物事をストレートに言うので正直イケるか迷いました。

するとSさんから思わぬ一言。

Sさん「セックス1年してないって、女として見られてないんですよねー」

私ははっきりと言いました。

管理人「そんなことないですよ。今日Sさんと出会ってから1人の女性としか見ていません。容姿も中身もとても素敵な方です。私なら毎日抱きたいと思います。」

Sさんは顔を真っ赤にしていました。
私は攻めこみました。

管理人「1年ぶりにセックスしませんか。私は今日Sさんを抱きたいです。」

傍目に見たら気持ち悪い発言ですが、私の真剣な眼差しにSさんは答えてくれました。

Sさん「今日1日ぐらいハメを外してもいいですかね!お願いします!」

明るい声で返答してくれました。
しかし、今日だけという答えに私はさらに燃えました。
必ずセフレの関係にしようと。

人妻セフレ体験談 | 久しぶりのセックスに痙攣する欲求不満妻

みなさんお待ちかね。
セックスの体験談内容になります。
少し過激な体験談内容になりますので、一人で読むことをおすすめします。
半勃起ぐらいはするかもしれません。

Sさんから今日だけハメ外す宣言ができましたので、居酒屋を出てホテルへと向かいました。
Sさんは久しぶりのホテルにわくわくしているようで、道中も楽しそうにしていました。

ホテルにつき、部屋にはいるとSさんは少し緊張しているようでした。
先にシャワーを浴びたいといい、Sさんはシャワーにいきました。

私はこっそり一緒に浴びようと思い、後ろからついていきました。
シャワーにSさんがはいって少ししたら私もはいりました。

Sさんはキャッ!と驚きましたが、笑って許してくれました。

Sさんの体はたまらなくエロい体でした。
全体的に良い肉付きをしており、胸は少し垂れていますが気にならない程度。
そして何よりその大きさ、まさに大迫力です。
そしてお尻がプリッとしており、42歳とは思えない体です。
最近お尻中心の筋トレを始めたらしく、その効果がはっきりと形になって表れているようです。
最高です。

一緒にシャワーを浴びながらキスをします。
Sさんは最初こそ緊張していましたが、キスをしだすと激しく舌を絡めてきます。
私も答えるようにキスをし、手はお尻を揉むような体制になっていました。
もちろんすでに私の物はギンギンです。

Sさんは息を荒くしながらキスをし、片方の手で私の物を触りはじめます。
徐々に顔が下にさがっていき、私の物をくわえました。
その体を下げていくのもゆっくりゆっくりと下にいき、途中で乳首や脇腹などを舌で舐めながら降下していきました。
これをナチュラルにできてしまうのが、経験豊富な人妻のテクニックです。
魅力的ですね。

そしてそのフェラがすごいのです。
いきなり私の物を根元まで躊躇なくくわえて、激しく音を立てながらフェラをします。
そして一回くわえるのをやめると、唾を垂らしてまた舐めるのです。
こんなフェラはAVでしたか見たことがありません。

そしてこちらから何も言っていないのに、今度は玉を舐め始めます。

Sさんは一心不乱に私の物と玉を舐めていました。

私は我慢できずに射精しました。

みなさんご安心ください。
私は回復力が早いので、続けてのセックスすることは可能な変態なのです。

そのままシャワーをでて、ベッドにいきました。
Sさんは久しぶりの生身の体に興奮がとまらないようで、ベッドに行くなりまた私の物を舐めました。

しかしここからは私の反撃です。

シックスナインの体制になり、Sさんのアソコを舐めました。
Sさんはものすごい声で感じはじめ、もっと舐めて!と叫びました。
激しく舐めるとSさんは、潮を吹きながら絶頂をむかえました。

Sさんは息を荒くし、肩で呼吸するようになっていました。
完全に目をすわっているようで、何も考えられないといった見た目です。

そんな状態のSさんに正常位で挿入しました。
Sさんはいれただけで、喘ぎ感じていました。

そこから激しく突き上げるとSさんはまって!といいましたが、私はやめずに続けました。
するとSさんはイクー!と叫び海老反りになりました。
そして体を激しく痙攣させていました。

しかし私はSさんを私とのセックスのとりこにするために、続けざまにバックの体勢に変え挿入しました。

Sさんはまたイっちゃうと何回も言いました。
そしてまた絶頂をむかえ、今度は長い間痙攣していました。

さすがに私も疲れたので、少し休憩しました。
するとSさんが呼吸を整えながら言いました。

Sさん「こんなセックス初めてです。もしよかったら、またセックスしてくれませんか。」

セフレ契約を結びました。

しかし私は大事なことを忘れていました。
セックスに夢中になりすぎて、爆乳のお胸のことを忘れてしまったのです。

Sさんにパイズリをしてほしいと伝えると、ニコッとしてしてくれました。

パイズリをするときもSさんは最初に自分の唾を垂らしたのです。
とんでもない変態です。

なぜそんなこと知っているのか聞いたところ、たまにAVを見るらしくそこから学んだらしいです。
もう一度言わせてください。
とんでもない変態です。

久しぶりのセックスにSさんは欲を爆発させていました。
感じる時の声も大きく、言葉もどんどんいやらしいことを言うようになりました。
パイズリでは我慢できなくなった私は結局セックスをしました。

今度は騎乗位の体勢になり、下から激しく突きあげました。
下から見るSさんのお胸は最高です。

私が射精しそうになり出すよ!と言うとSさんは私の物を自分のアソコから抜き、すぐ口でくわえました。
私はそのままSさんの口の中に口内射精しました。
そしてすべての精子を吸い上げ、Sさんは飲み込みました。
私は思わず

管理人「ありがとう」

と言ってしましました。(笑)

こんな変態人妻をセフレにできたので、今回は私の勝利です!

後日談

Sさんとはその後セフレの関係になれたので、定期的に会ってセックスをしています。

しかしあちらは既婚者。
あまり頻繁に会っているとバレてしまうので、月に1.2回です。

この1.2回のセックスにSさんは欲求を爆発してきます。

もう少し多く会いたいといってくるので要相談しています。

今回の体験談のように、人妻の方は欲求不満の方が多くいます。
やはり1番の理由は旦那とのセックスの激減です。

しかし人妻でも綺麗な方はたくさんいます。
そんな人妻の魅力にみなさんも早く気づいた方がいいです。
それなりに年齢を重ねている人妻は、セックスに対して、恥ずかしいなどの感情は少ないです。
むしろ、激しく欲望のままに求めてきます。

いまではアナル舐めも喜んでしてくれます。
しかも全身リップつき。
乳首はもちろん、脇の下や、脇腹、鼠蹊部など全身をベロベロに舐めてきます。
風俗嬢とするより、人妻とのプレイの方が何倍も気持ちがいいです。

管理人から一言

管理人

日常の中で人妻の方とセフレになることは難しいですが、出会い系アプリを使えばエロい人妻とセフレになることは可能です。

それだけ出会い系アプリには、人妻の方が多く登録しています。

 

2.東京セフレ体験談 | アイドル級の美女と漫喫でサイレントセックス

東京セフレ体験談のキービジュアル
★女の子のプロフィール★
名前:美幸
年齢:25歳
職業:ショッピングモールの受付
バストカップ:Cカップ
体型:スレンダー
ルックス:アイドル系
備考:カフェ巡りとお酒が趣味
「アイドル級の美女と漫喫でサイレントセックス」の本編を見てみる

美幸ちゃんとのマッチングの流れ

美幸ちゃんとはこういう流れでマッチングしました。

  1. PCMAXの写メ検索で可愛い子をピックアップ
  2. 見つけた女性に片っ端からメッセージ送信
  3. 誠実を装ったメッセージに美幸ちゃんから反応
  4. 趣味のカフェ巡りで話を広げてカフェデートに誘う

カフェ巡り居酒屋デートの後に漫喫で下ネタトーク

デート当日、待ち合わせ場所に来たのはめちゃくちゃスレンダーで明らかに周りの目を引いている...
そんな清楚系なファッションに身を包み、さながら某有名アイドルグループにでもいそうなほどのオーラを出している美幸ちゃん。

顔もアプリで見た通りのアイドル似でびっくりしつつも明るい雰囲気を持っていたので話しかけやすかったです。

改めて自己紹介と簡単な挨拶を済ませて新宿のカフェで軽くティータイムをし、そのあと2店舗ほど美幸ちゃんおすすめのカフェで軽食を取りつつ、ショッピングモールなどを見て回ったりしながら他愛のない会話を繰り広げていく。

次の休日に行ってみたいカフェなど行きたいところを聴けていると当日にセックスできなくても次のデートで会えるし誘いやすさが段違いなのでしっかりとリサーチ。
そんなこんなで時間は過ぎ、最後に寄ったカフェを出た時間はすで20時をまわっており

「そろそろ居酒屋にでも行きますかー」と一声かけるとお酒メインで考えていたのかと思うくらい今日一番の「待ってましたー!」と良い返事が返ってきました。

自論ですが、酔っていた方が女の子の心はグラッときやすいので飲みながら下ネタトークをちょいちょい織り交ぜつつセックスの話などをしてイメージをさせると酔いもあってか美幸ちゃんの目の色トロンとし始めエッチな雰囲気に、そのまま会話の勢いで冗談混じりにホテルで休憩しようと誘うと即了承してくれました。これは正直めちゃくちゃラッキーだったと思います。

早々と居酒屋を出ましたが夜も更けてきてたので周辺のラブホは満室ばかり...
美幸ちゃんのモチベーションを下げさせないための苦肉の策でしたが、漫画喫茶でで一旦話しながら待機でもしてようと提案。二人とももうムラムラが爆発寸前なのが目に見えてわかりました。テンションも最高潮でもちろん漫喫ではエロい雰囲気に

東京セフレ体験談 | アイドル級の美女と漫喫でサイレントセックス

漫喫に入店しカップルシートという雑魚寝できる部屋を選び、入った瞬間美幸ちゃんのボディタッチが激しくなってきたので私も同じようにおっぱい付近や太ももを優しく撫で回すとだんだんと息づかいが荒くなる美幸ちゃん。すでに感じているのがわかりました。

店内はほの暗く静かな雰囲気が逆に興奮してしまい、一言喋りかける。漫喫でセックスをしたことがあるかという話題、そのあたりから美幸ちゃんもさらにもぞもぞとしキスをねだってきた。
イチャイチャしながら美幸ちゃんのアソコを撫で回すとパンツ越しでもわかる素人とは思えないぐらいぐしょぐしょに濡れてパンツから愛液が漏れ出していました。。

もう準備万端と言わんばかりの興奮具合このセックスで確実にセフレにすることを決意Mっけもあるのかちょっと意地悪なこと言うとさらにドバドバ愛液が溢れ出てました。もはやイっているのでは?と思いつつ陰部に指を挿入した瞬間、美幸ちゃんが大きくビクンッと跳ね上がりました。

管理人「もうイっちゃったの?」
美幸「うんほしい///.....もう入れてほしい。我慢できないよぉ...」
管理人「いいの?生で入れちゃうよ?」
美幸「うん、いいよ入れて!いっぱいイかせてほしい///」

エロすぎるこの時点でセフレ化が決定した瞬間でした。最初は上に跨ってもらい騎乗位。
漫画喫茶にはゴムなんてもちろんなく常備もなかったので生中出しセックス。

カップルシートがギチギチとしなる音と入れた瞬間にさっそくイった美幸ちゃん。声が漏れないように両手で口を塞いでいる姿がなんとも健気でさらに興奮。
興奮しすぎてて入れた瞬間にイったのはびっくりしましたがそのあとも声を押し殺しながら喘ぐ美幸ちゃんは異様に艶めかしくめちゃくちゃエロかったです。

素人のくせにイキやすい体質なのか調教されてたのかはわかりませんがそのあともバックや正常位でで2、3度イき漫喫でセックスしているのを忘れているかのように息づかいが激しかったです。
漫喫で有名アイドル似の素人とサイレント生中だしセックスとは高揚感と支配欲のようなものが込み上げてきて最高でした。

その後セフレ化に成功し、二週間に一度のお楽しみ

その後も二週間に一度予定を合わせて夜居酒屋でお酒をたらふく飲んだ後はラブホや漫喫でセックスしまくってセフレにすることができました電車内での移動中などもかなりボディタッチが多く、触りあっているとハアハアいってたのが非常に淫乱でした。

後半はかなり従順になっていてホテルへは美幸ちゃんの方から誘うようになっていて生中出しセックスもだいぶしてました。

セフレ化してから半年ほどは連絡が続いていたのですが、急に美幸ちゃんからの返信がなくその後も音沙汰がなくなってしまいました。
私的には飽きるほど生中出しセックスさせてもらったのでとても満足感のある出会いでした。

管理人から一言

管理人

ただ今回のように即セックスできるような子と出会うためには根気強く出会い系アプリで競争率の高い素人の女の子を探す必要がありますが、こまめにメッセージの投下をし続け間違いなくゲットできると思います!!

 

3.アパレルセフレ体験談 | ヤンキー系の店員はワインで濡れるド淫乱だったw

アパレルセフレ体験談のキービジュアル
★女の子のプロフィール★
年齢:35歳
職業:アパレル店員
バストカップ:Cカップ
体型:細身
ルックス:カジュアル系
備考:20歳のときにデキ婚。バツイチ
「ヤンキー系の店員はワインで下まで濡れだすド淫乱だったw」の本編を見てみる

アパレル店員とのマッチングの流れ

アパレル店員とはこういう流れでマッチングしました。

  1. PCMAXでアパレル店員から足跡あり
  2. 足跡をみてメッセージをしたところ、返信あり
  3. エッチが上手い人がタイプとのことで、上手いふりをしてデートに誘う

やっぱりヤンキー系だったけど、ナイスボディ!

待ち合わせの駅で彼女を待っていると、しばらくして彼女が到着しました。
思ったよりも派手ではなかったのですが、ゆったりしたデニムに大きめのシャツ姿はまさにストリート風で、化粧は濃い目で髪は茶髪でやっぱりヤンママ。

全然アパレル関係者らしくなかったので、少しガッカリでしたが、よく見ると小柄ですが実年齢よりは若く見えて、バストは小ぶりですがくびれはしっかりありそう。
さすが接客業だけあって、肌はみずみずしくって、小物使いなどはかなりのおしゃれ上級者の女性でした。

相変わらず言葉はタメ口ですが、きちんと頭を下げて挨拶をしてくれて素直そう。
初めて会ったのにすぐに身体を寄せてきて、すぐに仲良くなれそうな感じがしました!

2人で近くのレストランでランチを取りながらいろんな話で盛り上がっていて、途中からワインを飲みだすと彼女はあまり強くないのか、すぐにトロンとした表情に。
彼女は動物占いにハマっていて、僕の好きな動物からいろんな話をしてくれる楽しい女性で、意外な一面を見せてくれました。

管理者「ね〜これからどうする?バーで飲み直す?」

彼女「それよりもホテルでエッチしない?私って久しぶりだから、したくなっちゃった〜」

この誘いにはかなりぶっ飛びました。ただ僕もバーに誘ってからゆっくりと口説いて、ホテルへ誘おうとは考えていましたが(笑)

店を出ると彼女はすぐに僕に腕を組んできて、少し酔っているのか辛そうだったので、そのまま近くのホテルへチェックイン。
部屋を選ぶ際に、お姫様ベッドがいいと言ってきて、天蓋ベットのある部屋を選びました。やっぱりロマンチック好きみたい…

アパレルセフレ体験談 | ヤンキー系の店員はワインで濡れるド淫乱だったw

部屋に入ると、彼女は天蓋ベッドでしばらくは楽しそうにベッドで遊んでいて、僕が灯りを暗くして彼女のそばにいくと、意外に緊張している様子。
手を握って、ゆっくりと身体を抱き寄せてキスをすると、彼女は初めはされるがままでしたが、何度も繰り返すとようやく自分から舌を入れてきてくれました。
キスをしながらブラを取ると小ぶりですが美乳で、しばらくはずっとショーツの上から優しく触りまくっていると、

彼女「アッ、気持ちがイイ〜」

と恥ずかしそうにつぶやいていました。

下着姿は見た目以上にバストは膨らみがあって、ウエストは細いのですがお尻は成熟した大人の色気もあって、足も細くってとても魅力的。
結構遊んでいそうなので、もっと激しく反応すると思っていたんだけど、意外!
言葉や雰囲気からは想像できないぐらいかなり控えめの反応でした。

一緒にシャワーを浴びる時も、ショーツを脱いで手で下腹部を押さえながらバスルームに入ってきた姿は可愛らしく、キスをして彼女の手を除けようとするとしばらくは抵抗していました。
それはベットに入ってからも同じで、バストを舐めまわしてからクンニをしようとすると膝をなかなか広げてくれず、かなりの恥ずかしがり屋。
喘ぎ声も控えめで、クンニはじめてもあまり声を上げず、じっくりと強く舐めていくとどうやら我慢が出来なくなったようで、

彼女「アッ、もうダメ…イク、イク、イッちゃう〜」

と少しだけ痙攣して小さく絶頂を迎えていきました。
とにかく彼女はエッチでは静かに乱れるタイプで、逆に僕には愛らしく可愛かったです。
挿入されるよりもキスを楽しんだり、お互いに抱き合ったりするのが好きみたいで、本当に少女みたい。
確かに…挿入して突かれてる時よりも、キスをしながら手マンされている時の彼女は気持ち良さそうで、本気で感じてすぐに昇りつめていってましたから。
アパレル女性なのにロマンチック好き。

彼女「優しくって思いやりがあるから満たされちゃって何度もイッちゃったわ。こういうのをエッチが上手い人って言うんだよね〜」

褒められちゃった!!

その後アパレル店員とはセフレ関係に

アパレルで働いている女性って、もっと派手な印象があったのですが、彼女は確かに見た目は派手だけど、本当に素直で天然系の女性。身体はナイスボディ!

どうやら初めてのエッチが彼女は気に入ってくれたみたいで、その後は月に2、3回会ってホテルで愛し合う関係になれました。
相変わらずエッチの時は控えめですが、元々、バックからされるのが好きみたいで、その時だけは大きな喘ぎ声を出して反応してくれます。

管理人から一言

管理人
アパレル女性とセフレの関係になりたいと思っている男性には、是非ともPCMAXを使って探すことをおすすめします。
ここに登録している女性たちは、出会いの経験もあるので、とにかく恋には積極的です。

 

4.池袋セフレ体験談 | スレンダー美容部員はストレス発散に男を漁るビッチだったw

池袋セフレ体験談のキービジュアル
★女の子のプロフィール★
名前:美樹
年齢:27歳
職業:美容部員
バストカップ:Dカップ
体型:スレンダー
ルックス:清楚系
備考:女性だらけの職場でストレス過多
「スレンダー美容部員はストレス発散に男を漁るビッチだったw」の本編を見てみる

美樹さんとのマッチングの流れ

美樹さんとはこういう流れでマッチングしました。

  1. PCMAXの掲示板で美樹さんの投稿を発見
  2. 池袋という共通点を見つけて、すかさずメッセージを送る
  3. 池袋に反応した美樹さんから返信
  4. しばらくやりとりすると、美樹さんからLINE交換の申し出
  5. 愚痴を聞くという口実でアポゲット

居酒屋デートからカラオケ。そしてホテルへ...

仕事を終えて待ち合わせをした池袋へ電車で向かうと

美樹「もう、着きましたよー」
管理人「早いね、もうちょっとで着くからチョット待ってって」

急いで改札へ着くと、目印のピンクのカーディガン着ている女性がいました。

管理人「美樹さんですか?」
美樹「はい」
管理人「初めまして、遅くなってゴメンね」
美樹「全然、大丈夫ですよー」

初めましての挨拶を早々に済ませて、駅前の飲み屋に入りました。

美樹の印象は流石、美容部員という事もあってメッチャ美人で一緒に歩くだけで少しドキドキしちゃう感じの女性でしたが
話すと凄くフレンドリーな感じだったので話やすいコでした。

お酒飲みながら雑談をしたのですが、LINEでやり取りをしていたのでお互い

「何か初めて会った感じがしないね」と会話も弾んで楽しくお酒を飲んでました。

管理人「そうそう、愚痴聞くって誘ったから話聞くよー」
美樹「うん、ちょっと聞いて下さいよー」

女性が多い職場なので、愚痴が出るわ出るわ。
聞いてるだけで、少し引いちゃうくらい女同士って大変なんだなってのが伝わって来ました笑

ストレス溜っている女性に対しては、しっかりと聞き役に徹する事がポイントです。
自分の話を聞いてくれる人=自分の味方
この図式が出来ると、初対面でも好感度が高くなるのでエッチへの流れへの雰囲気が作りやすくなります。

話に夢中になっていた美樹は、気づいたら結構ハイペースで飲んでいたので

管理人「お酒、弱いって聞いてたけど結構飲むね」
美樹「何か、話やすいから進んじゃって」

と、言いながら顔が真っ赤だったのですがその感じも凄く可愛らしかったです。

管理人「彼氏1年いないってホント?絶対モテるでしょ」
美樹「全然出会いないんです。女性ばっかしの職場でお客さんも女性だから」
管理人「そーなんだ。メッチャ美人だから、すぐ彼氏出来そうなのに」
美樹「全然、モテないです」

飲み会とかもあまり無く、出会いがホント無いのでこのままじゃ少しマズいかなと思って出会い系アプリ登録したらしいです。

実際に会うのは僕が初めてらしいのですが、出会い系アプリに登録する理由が何となくっていう女性が実際にも多いので、何でこんなに可愛いコが出会い系やっているのと時折思う事があるのですが動悸は至って簡単で「何となく」らしいです。

ですので、男性もあれこれ考えずにシンプルに出会ってエッチしたいって理由で出会い系アプリを始めるのも全然ありだと思います。

2時間位飲んだ後

管理人「まだ、これから時間ある?」

美樹「うん、まだ平気。カラオケ行きたい」

って事になりカラオケに行きました。

酔っぱらっているせいなのか、凄く甘えてきてカラオケに向かう途中も僕の腕に美樹の腕を絡ませてきて凄く密着度が高くなっていました。

もちろん、僕の腕には美樹のおっぱいが直撃していたのでバレない様に感触を味わいましたw

カラオケでも席に座ると凄く密着してくるので、これはイケるんじゃないかなと思いながら腰に手を回して歌っていると美樹は当然の様に僕の肩にもたれ掛かって来ます。

この流れでキスをすると、美樹もキスをしてくるのでギュッと抱きしめた後でキスをしながら服の上から胸を揉むと

美樹「はぁはぁ、あん」

そのまま舌を絡ませてキスをしていると

美樹「んん、エッチしたくなっちゃう」

と言いながらズボンの上から僕のチンコを触り始めて来ました。

メッチャ積極的じゃんと思いながら

管理人「ここじゃエッチ出来ないからホテル行こうっか」
美樹「うん」

美樹に触れてビンビンにチンコが勃起していたので、このままカラオケでエッチしちゃおうかと思いましたが
美人とのエッチを堪能したいと思ってホテルへ移動することに決めました。

池袋セフレ体験談 | スレンダー美容部員はストレス発散に男を漁るビッチだったw

ホテルの部屋に入り、ベットに座ると美樹は僕を押し倒し、そのまま仰向けになったズボンの上からチンコを先ほどの様に
触り始めて来ました。

美樹「凄く固くなってる」

と言いながら、僕のズボンとパンツを脱がして手コキを始め更にチンコを固くすると

美樹「食べちゃお」

勃起したチンコを口に咥えてジュボジュボと厭らしい音を立てながらフェラを始めました。

管理人「メッチャ気持ちイイ」

チンコを咥えている美樹の服を脱がして、胸を揉み始めると

美樹「はぁはぁ、声出ちゃう」

コリコリに固くなった乳首を弄ると、エッチな喘ぎ声を出しながら感じていました。

美樹「もう、入れたい...」
管理人「俺も入れたい」

お酒が入って感度が高くなったせいもあるのか、トロっとした顔で僕を見るとそのまま跨って来て騎乗位で挿入をしちゃいました。

美樹「あん、入っちゃった。凄く硬いからこのチンコ好き」

自分から腰を上下に動かして気持ち良さそうな顔をして僕を見て来ます。

僕は下から美樹の胸を揉み、腰を浮かせがらパンパンと激しく突き上げると

美樹「これヤバい、奥に当たるぅ」

僕にしがみ付いて耳元で厭らしい喘ぎ声を出して感じています。

親指でクリをなぞる様に弄ると、上に乗っている美樹が体をガクガクさせながら

美樹「あんっ、これダメ。イク、イク、イクーっ」

最後は、体をのけ反りながら逝ってしまいました。

美樹「ハァハァ、気持ち良かった...」

ベットに仰向けになっている美樹に正常位で挿入をして腰を動かしていたのですが、美樹の中はさっき逝ったせいなのかグチョグチョに濡れていて、動く度に僕のチンコに絡みついてくる感じと、体が細いので足を広げて体重をかけて挿入すると簡単に奥まで入るので、奥へと入れる度に美樹の中がキュウッと締まるが凄く気持ち良かったです。

管理人「そろそろ逝きそう」

限界に達した僕は、チンコを抜いて美樹のお腹に精子を出しちゃいました。

美樹「いっぱい出たw」

自分のお腹に出された精子を見ながら笑う美樹の顔に、チンコを近づけるとそのままパクっと口に咥えてペロペロと精子を舐め取ってくれました。

エッチの後、見事セフレ化に成功!

美樹「メッチャ気持ち良かった。エッチで逝ったの久々だったw」
管理人「いつもは逝かないの?」
美樹「元彼とかも、私が逝く前に先に逝っちゃってたから...」
管理人「そっかぁ、逝けて良かったね」
美樹「うん、もっとエッチしたい」
管理人「えっ、イイよ」

この日は、ホテルへ泊まることになりもう1回エッチをして次の日の朝に別れました。

もちろん、ちゃんと逝かせてあげたので美樹も大満足だったみたいで別れ際に

美樹「また、来週とかって会えたりする?」
管理人「大丈夫だよ」
美樹「また、エッチして欲しい」

ってな感じで、翌週またデートしてエッチしちゃいました。

付き合っている訳では無くて、お互いエッチの相性が良かったのでセフレって感じの関係になってます。

管理人から一言

管理人
美容部員やネイリストなど女性同士の職場にいるとストレスが相当溜まっているので、話を聞いてあげるだけでも心を開いて良い感じになれてしまうので女性が多い職場で働いているコと出会いたいと思っている方は、ぜひ出会い系アプリを使ってみて下さい。

 

5.中国人セフレ体験談 | 極上ボディーのチャイニーズに強制中出しw

中国人セフレ体験談のキービジュアル
★女の子のプロフィール★
名前:敏(みん)
年齢:23歳
職業:不明
バストカップ:Dカップ
体型:やや細身
ルックス:カジュアル系
備考:中国に旦那いがいる
「極上ボディーのチャイニーズに強制中出しw」の本編を見てみる

敏(みん)さんとのマッチングの流れ

敏(みん)さんとはこういう流れでマッチングしました。

  1. PCMAXの掲示板でご飯希望の中国人を発見
  2. 興味本位でメッセージを送ってみる
  3. おごりに反応した敏(みん)さんから返信
  4. WeChatに移動して待ち合わせることに

中国人女性敏さんとの待ち合わせ

その後はWeChatでメッセージのやり取りを行ない、川崎ラゾーナで待ち合わせをすることになりました。
以前ラゾーナで焼き肉を食べたことがあるのですが、値段の割に美味しかったので。

ちなみにここまでは一緒に焼肉を食べるという話だけで、エッチについてはまったく話していません。
ここからが管理人の腕の見せどころですね。

とりあえずラゾーナ4階で待ち合わせをしたのですが、お目当ての焼肉屋さんが閉店?
困ったぞと思っているところに彼女がやって来ました。
ちなみに平日のまだ早い時間だったので、人も少なくすぐに彼女を見つけることができました。

細い割にボリュームのあるおっぱい

管理人「はじめまして。敏さんだよね?」

敏さん「こんにちは。はじめまして。」

日本語は普通に上手いです。
ここで彼女に行こうと思っていたお店が閉店してたことを伝えると・・・

敏さん「私、行ってみたいお店がある。良いですか?」

管理人「良いよ。ここから近いの?」

敏さん「うん。すぐ近くよ。」

そんな訳で場所を移すことになったのですが、移動中は彼女が管理人の腕にしがみつくようにしていました。
身体が細い割に胸はしっかりと存在感を主張しています。

腕に当たる彼女のおっぱいの感触に管理人の息子が見事に反応しています。
これはもしかして簡単にイケるんじゃないでしょうか?

焼肉屋で痛い出費

移動した先は川崎駅東口にある「肉小僧-匠-」というお店です。
夕方5時からということだったので、少し待たされることになりました。
待っている間に彼女といろいろ話したのですが、いろんな情報をゲットすることができました。

・敏は「みん」と読む
・彼女は中国人
・日本に来て2年ちょっと
・今は仕事はしていない
・結婚してるけど旦那は中国にいる
・駅の近くで1人暮らししてる

そんな話をしている間にお店が開いたので店内に入りました。
メニューを見るとメチャメチャ高いです。

それでも遠慮なく注文する彼女。
A5和牛がテーブルにずらりと並びます。
結局会計は2万円を軽く超えることとなりました。

ただし管理人も馬鹿ではありません。
彼女に思いっきりお酒を飲ませたので、かなり酔っぱらっている様子です。

中国人彼女の部屋に行くこととなりました

会計を済ませてお店を出た私たち。
食事中は食べ終わってからのことなんて一切話していません。

ちなみに敏さんはかなり酔っぱらっているようで1人では歩けないような状態でした。
ちょっと飲ませすぎちゃったかなとも思いましたが、これは間違いなくチャンスです。
彼女を支えるようにホテル街のある京急川崎駅方面へと向かいました。

そしてホテルが目の前に。
このまま連れ込んじゃっても大丈夫なのでしょうか?
日本人女性だったら確実に連れ込むのですが。

彼女の部屋に無事侵入

管理人「大丈夫?」

敏さん「〇▽◇〇×〇△・・・」

中国語なので何を言ってるのかさっぱり分かりません。
こうなったら腹を決めて連れ込んでやろう。
そう思った次の瞬間、彼女から意外なひと言が。

敏さん「んっ?私の部屋すぐそこよ。」

管理人「えっ?」

敏さん「来るね。」

ホテルに向かっていることを彼女が気付いたかどうかは分かりませんが、とりあえず彼女の部屋に向かうこととなりました。
彼女が住んでいるのは京急川崎駅から歩いて10分くらいのワンルームマンションです。
何とか無事に2人っきりになることができました。

中国人セフレ体験談 | 極上ボディーのチャイニーズに強制中出しw

今回はあまりにも計画性がなかったのですが、結果的に彼女の部屋で2人っきりになることができました。
ちょっと上手くいきすぎなんじゃないかと不安もありましたが。

部屋に入るなり上着を脱いでベッドに倒れ込む彼女。
やはりウエストの細さは半端じゃありません。
もうここまで来たらやるしかないと腹を決めました。

まずは何かきっかけを作らなければ。
そう考えた管理人は、とりあえず彼女にそっと近付きました。

一緒にシャワーを浴びることに

彼女の髪を撫でると、それまでうつ伏せで寝ていた彼女がこちらに顔を向けました。
まだ酔っぱらっているようですが、先ほどよりは意識がはっきりしているようです。

敏さん「シャワー浴びたい。服脱がす。」

これはちょっと意外なひと言でした。
しかし彼女もやる気満々だということが分かったので、ここは遠慮なく服を脱がせてあげます。

1枚1枚脱がすたびに彼女の見事な裸体が露わになってきます。
人妻とは思えないような見事なスタイルです。
しかも陰毛なんてほとんど生えていません。

彼女が一緒にシャワーを浴びようと言うので管理人も服を全部脱ぎ捨てました。
そして一緒に浴室へと向かったんです。

いきなり咥えてくる彼女

浴室といってもお風呂とトイレが一緒になっているユニットタイプなのでかなり狭いです。
そもそも部屋自体も四畳半ほどしかないので仕方ありませんが。
まずは浴槽に入って彼女の身体を綺麗に洗ってあげました。

次に彼女が私の体を洗ってくれたのですが、次の瞬間パクッと管理人のペニスを咥え込んだんです。
中国人ってフェラチオしないって話を何処かで聞いた気がしたので少し驚きました。
あまり上手いとはいえませんでしたが。

管理人の息子がフル勃起したとこで彼女の股間に手を伸ばしてみると、彼女のオマンコもグッチョリと濡れていました。
恥ずかしそうな表情が何とも可愛らしいんです。
もう我慢できなくなり、そのままバックから挿入しました。

とってもノーマルな中国人のセックス

外国人のセックスのイメージと聞かれるとアメリカ人のセックスを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
大きめなペニス、そしてオマンコだけではなくアナルもガンガンと責める変態っぷり。

しかし中国人のセックスってどんなものなのかまったく想像がつきませんでした。
分かっていればしっかりと対応できるだけの経験は積んでるつもりなのですが。

こんなことなら中国人のセックスというものを学んでおくべきだった。
珍しく弱気な管理人ですが、こうなったら実践で学んでやろう。
そんな訳で少し様子を見てみることにしました。

まずは正常位で挿入

ベッドに移動すると彼女は少し恥ずかしそうな表情を見せながら布団で顔を隠しました。
先ほどの浴室での彼女とはすっかり別人です。

とりあえず管理人もベッドに入り、彼女のDカップはありそうなおっぱいにしゃぶりつきます。
乳首を責めるとピクンと反応する彼女。
さらにオマンコに手を伸ばすと、そこはもう凄いことになっていました。

思わず舐めたくなったので彼女のオマンコに顔を近付けると思いっきり拒否されてしまいました。
もしかして中国人はクンニとかしないのでしょうか?

そんな訳で仕方なくそのまま正常位で挿入。
コンドームと言われるかなと思ったのですが何も言わないので、そのまま生で入れちゃいました。

バックでの彼女の裸体は最高でした

しばらく正常位で彼女のオマンコを味わった管理人。
ちなみに彼女のオマンコですが、入口が異常に狭いのでメチャメチャ気持ち良いんです。
しかもグチョグチョに濡れているので文句なし。

しばらく正常位で楽しんだあとに体位をバックに変更。
ウエストなんて50mくらいしかないのではないでしょうか。
細い割にはお尻に肉付きが良いので腰のくびれが最高なんです。

これだけ見事な身体を味わったのは初めてといっても良いかもしれません。
恐るべし中国人女性。

中国人女性のオマンコに中出し

うしろ姿を楽しんでいると、彼女に仰向けになって寝るように言われました。
そのまま素直に従うと、今度は彼女が上に乗ってきました。
そして管理人の息子を握ると、そのまま自分のオマンコへと押し込んだんです。

何だか訳の分からない言葉を発しながら腰を振りまくる彼女。
膣の奥の部分が管理人の息子にゴリゴリと当たってメチャメチャ気持ち良いんです。
あまりの気持ち良さにアッという間にイキそうになっちゃいました。

彼女に出そうだと伝えたのですが、お構いなしに腰を振り続けています。
もしかして日本語が通じていない?
結局我慢できず、そのまま彼女のオマンコに中出ししちゃいました。

川崎で出会った中国人セフレとのその後

セックスが終わると妙にイチャイチャしてくる彼女。
もしかして中国ってセックス=結婚?
いやいや、彼女は結婚してるし。

そんなことを考えながらも余韻に浸る管理人。
すると彼女の方から意外な言葉が。

敏さん「私のこと愛してる?」

ヤバい、これは間違いなくヤバいぞ。
中国に旦那さんいるんでしょと言うと、日本にいる間は時々会って欲しいと言われちゃいました。

何だかハマっちゃいそうな気がしないでもありませんが、この極上ボディも捨て難い。
結局再開を約束して彼女の部屋を後にしました。

管理人から一言

管理人
美容部員やネイリストなど女性同士の職場にいるとストレスが相当溜まっているので、話を聞いてあげるだけでも心を開いて良い感じになれてしまうので女性が多い職場で働いているコと出会いたいと思っている方は、ぜひ出会い系アプリを使ってみて下さい。

 

6.出会い系セフレ体験談 | pairsで20代元バンギャと肉体関係を持った

出会い系セフレ体験談のキービジュアル
★女の子のプロフィール★

名前:セナ
年齢:21
職業:専門学生
バストカップ:Bカップ
体型:スリム
ルックス:地雷
備考:元バンギャ、応援していたバンドメンバーのセフレ、リストカット

「出会い系セフレ体験談」の本編を見てみる

セナさんとの出会いからアポ取りまでの流れ

セナさんとの出会いからアポ取りまでの流れを説明します。

1.出会い系アプリ「Pairs(ペアーズ)」をインストール
2.検索条件で年齢を20代で絞り込み、ルックスや雰囲気が好きな子にいいねを送信
3.応援していたバンドメンバーの屑エピソードを聞き出して仲良くなる
4.直近で暇な日を聞き出し、30分から1時間程度で解散することを条件にデートに誘う
5.「無理はしなくていい」等の逃げ道を相手に与え、信頼を得た

出会い系アプリで出会った元バンギャの女の子

これは私が出会い系アプリ「pairs」で元バンギャとセフレになるまでの過程を綴った体験談です。

出会い系アプリのトークでそれなりにセナさんとは仲良くなっていましたが、直接会うまで顔はわからない状況でした。
会う前に少しでも機嫌を損ねてはいけないと思い、顔写真は要求しませんでした。

駅改札口の銅像前で待ち合わせをし、彼女を待つこと数分。
派手な髪型で地雷系といわれている服装をした細身の女性が待ち合わせ場所に立っていました。

ピンク色のマスクをしていますが、目元や立ち姿を見ただけでもかなりの美少女だとわかります。
セナさんにメッセージを送り、「ピンク色のマスクをしているか」と尋ねたところ、その女性がセナさんでした。

メッセージの時のフレンドリーさはなく、とても緊張している様子でした。
私も緊張はしていましたが、想像以上の美少女を前にテンションが上がり、普段の倍以上多弁になりました。

ビジュアル系バンドグループのメンバーとセフレだった女の子

予約していた居酒屋へ向かい、道中たわいもない話でセナさんとの距離を縮めました。
私が話しかけることでセナさんも徐々に緊張がほぐれていき、お互いの学校や会社のことなどプライベートな話で盛り上がりました。

お酒が回ってきたところで、セナさんの恋愛遍歴について尋ねてみました。
セナさんのバックには、ビジュアル系ボーカルバンドのメンバーと思われる男とのツーショットチェキがつけられており、セナさんの過去の恋愛に関係しているのではないかと勘繰っていました。

セナさんも初めは渋る様子がありましたが、元バンギャという過去を打ち明けてくれました。
高校生時代、熱心に応援していたビジュアル系バンドグループがあり、全国各地で開催されるLIVEに通っていたそうです。

バンドグループのメンバーとはLIVE終了後、特典会で交流することができ、セナさんは自分の推しメンと交流したいがために足しげく通っていました。

バンドグループのメンバーは、気に入った女性ファンにインスタグラムでDMを送り、ライブ終了後に外で逢瀬を交わしセフレ関係を築いていました。

当時セナさんも応援していたメンバーからDMがあり、LIVE終了後飲食店で会う約束をしてしまいました。
憧れのメンバーと二人っきりになれる喜びでセナさんは言われるがままホテルについていき、初体験を自分の推しメンに捧げたとのことです。

セナさんは付き合えるものだと思い、引き続きLIVEが終わるたびに推しメンとホテルへ行き逢瀬を交わしましたが、推しメンは他にも女性ファンとセフレ関係になっており、セナさんはセフレの一人にすぎないことに気づきました。

裏切られた悲しさと汚されたことを考える度、セナさんは自己嫌悪に陥り、両手首には痛々しいリストカットの跡がありました。

私はこの話を聞いて気の毒だと思う反面、今までに感じたことのないような興奮を感じました。
泣きながら過去を話すセナさんを慰めていると、いつの間にか体が接近していることに気づきました。

完全にセナさんは私に気を許しているような気がしたので、思い切って「自分の家で話の続きを聞く」と誘ったところ、OKの返事をもらいました。

出会い系セフレ体験談 | pairsで20代元バンギャと肉体関係を持った

家についてからも、セナさんの情緒が安定することはありませんでした。

若い女の子は誰だって男に痛い目に合わされる、その経験が男を見る目を養う等、私はセナさんの自己肯定感を高める言葉を投げかけました。

私の言葉で安心したのか、セナさんはやっと泣き止みました。
私がセナさんの背中に手を回しても、拒否するどころか体を委ねてきます。
背中をさすり、その流れでキスをしたところセナさんの方から舌を絡ませてきました。

出会い系アプリで知り合った20代の女の子とセフレ関係になれる瞬間は、何度経験しても興奮で理性がぶっ飛びます。

セナさんのブラジャーを脱がせ乳房を頬張ると、出会い系アプリで他の男ともセフレ関係になっているのではないかと、独占欲のようなものが芽生えてくるのを感じました。

室内には若い女の甲高い声が響き渡り、声を聞くたびに私の股間は堅くそして熱くなっていきました。
バンドメンバーに教え込まれたのか、出会い系アプリで知り合ったセフレ達かはわかりませんが、男が気持ちよくなるポイントすべてを刺激してきます。

睾丸から裏筋をつたうように嘗め回され、鬼頭は真っ赤に腫れあがりました。
私が射精しそうになりセナさんの口から逃れようとすると、彼女は舌で私の陰部を強く締め付け、激しくフェラをしてきます。

決して早漏ではない私ですが、射精のコントロールを失いそのままセナさんの口に出してしまいました。
セナさんは私が出したザーメンを自分の舌に乗せ、私に見せた後なんと飲み干したのです。
男が喜ぶことを過去のセフレたちとの経験から、理解している様子でした。

彼女の陰部を触ると、既にビショビショに濡れていました・・。
前戯らしいこともあまりしないまま、セナさんは私の耳元で「入れて」と囁きました。

先ほど射精したばかりですが、私の陰部はなんの衰えもありません。
本能の赴くまま、私はセナさんの中に入れました。

これまで出会い系アプリを通じて50人以上の女性と逢瀬を交わしてきましたが、セナさんの陰部はその中でもかなりの名器に位置していました。

正常位、騎乗位、立ちバックなど・・あらゆる体位で行い、私の要求にもすべて応えてくれるほどセナさんは淫乱で体力がありました。

絡みつくようなセナさんの陰部と甲高い喘ぎ声で、先ほどの射精とは全く異なる異次元の快楽を感じ私は何度もセナさんの中で果ててしましました・・。

行為が終わると何故か彼女は泣きだしてしまいましたが、理由はわかりません。
いや、なんとなくわかる気はしましたが。

帰る頃にはフレンドリーな彼女に戻っており、今でも定期的に理由をつけて自宅へ招きセフレ関係は継続しています。
セフレという割り切った関係ではありますが、自分よりも若く体力もある若者ともセックスしていると思うと、少し嫉妬してしまう自分がいます。

ただ、出会い系アプリでは、38歳の私でもこんな美少女とセフレになることができます。
世のアラフォー男性に出会い系アプリの素晴らしさを認識して頂きと改めて感じた次第です(笑)

管理人から一言

管理人
この体験談を通じて、アラフォーの独身男でも、心に傷を負った女の子であればアプローチ次第でセフレになることは可能だということが分かりました。年齢やルックスで諦めず、出会い系アプリ等を駆使すれば多くの人がセフレを持つことは可能だと思います。。

 

7.熟女セフレ体験談 | 超絶テクニックで射精コントロールする年増女

熟女セフレ体験談のキービジュアル
★女の子のプロフィール★

名前:沙友里(さゆり)
年齢:51歳
職業:主婦
バストカップ:Cカップ
体型:普通
ルックス:美人系
備考:子育ても落ち着いてきており旦那にときめくこともなく退屈している様子

「熟女セフレ体験談」の本編を見てみる

沙友里さんとの出会いからアポ取りまでの流れ

まずは沙友里さんとのコンタクトから初デートに行く約束までの体験談を簡潔にお伝えします。

ハッピーメールの掲示板でキーワード『大阪市内』で検索しました
②出てきた女性で自分を相手してくれそうな方にひたすらメッセージを送りました
③いただいたメッセージには全て返信するということで沙友里さんから返信がありました
④沙友里さんとメッセージ内でお互いに自己紹介を交わし、やり取りを重ねていくと旦那への
不満をこぼし始めました
⑤不満をこぼされた私はチャンスだと考え、沙友里さんをランチに誘いました

年を重ねてもメスであることには変わりなし

お互いの平日休みの時にランチということで大阪駅で待ち合わせてランチに行くことになりました。年増な女性をランチと言えども安っぽいお店でのデートは失礼だと思い、若干奮発してホテルでのランチコースを2人で楽しむことにしました。

私は会う前から正直、熟女とセックスすることしか考えていませんでした。
セックスをする前ひいてはセフレにするために逃げられてはいけないと思い、置きにいったお店チョイスだったと思います。(笑)
沙友里さんはホテルのランチに相当興奮した様子で、出てくる料理を隈なく撮影していました。

興奮気味の熟女のガードはどんどん緩くなっていきました。
ランチを食べながらの会話は最初は世間話やお互いの家の話などで打ち解けていきましたが、テンションの上がった沙友里さんは今の自身の性事情についても語り始めました。

もちろん子育ての落ち着いた夫婦の営みはご無沙汰である一方、若い頃は人並みであった性欲が年々高まってきており衰え知らずということを打ち明けてくれました。
熟女の性欲の高まりほど大変なものはないなと聞いていて感じました。

そして性事情の話も進み、沙友里さんからセフレを探していることを打ち明けられました。
本当はセフレではなく婚外恋愛をしたいとのことでしたが、沙友里さんから愛を求めると男性から重いと言われ逃げられた経験があるそうで、今はセフレでも良いから熟女を求めてくれる相手が欲しいとのことでした。

正直、こんなことを言ったら世の女性に怒られるかも知れませんが、これが熟女の魅力とも感じてしまいました。
大阪駅周辺でのデートは幸いにも、高級ホテルから数分歩いていくだけでラブホテルにたどり着くことができます。
コース最後のデザートとコーヒーを流し込み、私たちはホテルに向かいました。

そのうち、身体を重ねたいと私自身考えていましたが、こんなにすぐその機会が訪れるとは思ってもいませんでした。
ラブホテルに向かう途中、私は沙友里さんの手を握りしめました。沙友里さんはそれに対して私の腕に巻きつくように密着してきました。

周りから見るとちまたでよく見る熟女と独身男性の不倫カップルそのものだったと思います。
しかし、悶々とした気持ちが羞恥心を超え、思わず路上でチューをしてしまいました。
今思うと私自身、ラブホテルについていないにも関わらず、理性を失っていたと少し恥ずかしくなりました。

熟女セフレ体験談 | 超絶テクニックで射精コントロールする年増女

ホテルに着いて私は沙友里さんを全力で抱きしめました。
普段抱きしめられることが少ないのか、熟女のアソコは服の上からでもわかるほど既に湿っていました。
私は沙友里さんのアソコが湿っていることを私の手で確認すると、特にまさぐってもいないにも関わらず気持ちよさそうに感じていました。

そして私は沙友里さんの余所行き用のおしゃれな服を脱がし、女性本来の生身の状態にしました。
恥ずかしそうにしながらも、触ってほしそうかつ舐めてほしそうな顔で私を見つめてきました。
熟女のちょろさに思わず、私自身ニヤッと笑みがこぼれてしまいました。

それもそのはず、私自身はどうしても定期的に興奮してセックスできる相手すなわちセフレが欲しかったのです。
なぜなら風俗に行きいやらしいことをするのももちろん楽しいのだが、風俗の場合は金銭面で私の財政を圧迫してくる面が否めなかったのです。

そのため私は沙友里さんからセフレとして認めてもらうために、沙友里さんが喜ぶであろうことを全力でし続けました。
まずは熟女の小ぶりで少し垂れかけている胸を全力で頬張りました。
胸を舐めつくした後は、私の顔は私自身の唾液まみれになっているほどでした。
肝心の沙友里さんは胸を舐めただけなのに、言葉を少し失いがちになりながらヒクヒクしてイキそうな様子になっていました。

私は沙友里さんにもっと満足してもらうために沙友里さんのアソコを食べました。
そうです、舐めるではなくて食べました。(笑)
沙友里さんのアソコを甘噛みした時は、この上なく気持ちよさそうに私を奴隷として従えたかのように満足げな顔をしていました。

ここまで沙友里さんにご奉仕し続けると、私もさすがに舐めてほしくなりました。
私は自分自身でズボンを脱ぎ捨て、沙友里さんのお口に息子を押し込みました。
私が気持ち良くなるためにフェラを強制したはずが、久しぶりのちんこがあまりに嬉しかったのかジュルジュルと音を立てながら舐め続けました。
2つの玉も舐めてもらい、熟女ならではの口の中で優しいタッチに私は感動していました。

そして射精したくなった私は、沙友里さんのアソコにぶち込みました。
とても気持ち良いフェラの後ということもありすぐイキそうになりました。
しかしそれを悟った沙友里さんのテクニックに私は驚かされました。

沙友里さんは私にまだイってほしくなかった様子で太ももとお尻に力を入れ、私が満足に腰を振ることができない状況にしてきました。
そのため射精する気満々でしたが、少し絶頂から落ち着いた状況になってしまいました。
こうなったらもう沙友里さんのペースに持ち込まれます。
熟女のテクニックはご無沙汰でも凄いなと感心しました(笑)

そして沙友里さんは騎乗位に持ち込み、自分の一番気持ち良いスポットに私の息子が当たるように腰を振り始めました。
沙友里さんはどんどんどんどん腰を振るスピードが速くなり、もう我慢できない状況が来ていました。

一緒に気持ち良くなろうと沙友里さんが叫んだ瞬間、沙友里さんのアソコから放物線を描いて愛液が飛び散りました。
大満足した熟女には何をしても大丈夫なようで、沙友里さんのアソコをオナホールとして扱うかのようにわがままに射精してやりました。(笑)
本当に都合の良いセフレです。(笑)

管理人から一言

管理人
沙友里さんに喜んでもらえるようにセックスを楽しんだ結果、沙友里さんから「こんな熟女でよければ、付き合ってとまでは言わないから定期的にセックスしてほしい、セフレになってほしい」と言ってもらえました。
もちろん私もそのお誘いを断るわけもなく、定期的にセックスするセフレとなり、正直、定期的に風俗に行くこともなくなり、金銭的にも余裕が出てきました。
熟女とセフレの関係になりたい方は是非参考にしていただければ良いかと思います。
これからもハッピーメールを活用して、素晴らしい出会いを見つけて快楽に溺れます。

 

8.人妻セフレ体験談 | 不倫妻のEカップを揉みしだいた昼下がり

人妻セフレ体験談のキービジュアル
★女の子のプロフィール★

名前:真帆(まほ)
年齢:33歳
職業:主婦
バストカップ:Eカップ
体型:普通
ルックス:美人系
備考:結婚して5年経ちセックスレスになってきている

「人妻セフレ体験談」の本編を見てみる

真帆さんとの出会いからアポ取りまでの流れ

まずは真帆さんとのコンタクトから初デートに行く約束までの体験談を簡潔にお伝えします。

ミントC!Jメールの掲示板でキーワード『関西 平日』で検索しました
②出てきた女性で自分を相手してくれそうな方にひたすらメッセージを送りました
③ただただ暇つぶしということで真帆さんから返信をいただくことができました
④真帆さんは既婚者で家族関係は良好だが、愛がなくなってきているのではないかという
不安を私に吐露してきました
⑤真帆さんの悩みを聞くためという口実にカフェで会う約束へと漕ぎつけました

相手に信頼させることで股は開ける

お互い平日休みの時に悩みを聞くということで京都の四条のカフェで会うことになりました。
待ち合わせ場所も、そこのカフェで待ち合わせることにしました。
カフェの店内には人が多く、私は真帆さんがどこにいるかわかりませんでした。
すると真帆さんから角の席を確保しているという連絡が来ました。
どうやら周囲にあまり話を聞かれないように少し待ち合わせ時間より前に到着して、角の席を確保していたそうです。

人妻ならではの優しさなのか真帆さんならではの優しさなのかは当時定かではありませんでしたが、優しさに惚れそうになっていた自分がいたことには間違いありませんでした。
とりあえず身体を冷やすためにも私と真帆さんはアイスコーヒーで乾杯しました。

なんとも真帆さんがアイスコーヒーを飲む姿がいやらしくて、私は少し興奮してしまいました。
特段、真帆さんは意図的にいやらしい飲み方をしているわけではないようでしたが、ストローに吸い付くような唇に私はうっとりしてしまいました。
それと同時に私は真帆さんとセックスしたいという想いが強くなっていきました。

セックスへの想いを悟られないようにとりあえず真帆さんの悩みを聞くことにしました。
真帆さん自身は性欲が強いそうなのですが、旦那さんは仕事で忙しく夜はすぐに寝てしまい、本当に私のことを好きでいてくれているのか、セックスしたくないのかを男性目線として教えてほしいとのことでした。

その悩みを聞いた瞬間、私はどうやって真帆さんを口説けるのか、ひいてはセフレにできるかということばかりを考えて、真帆さんの悩みに返答することを意識しました。
必死により良い流れに持ち込むため、頭の中フル回転で返答していきました。

まず旦那が夜にすぐ寝てしまう件に関しては、仕事頑張っているということを伝えながらも、もしかしたら他にパートナーがいるのではないかということを訴え不安な気持ちを揺さぶりました。
そして真帆さんのことを好きでいてくれるのかという点に関しては、好きであることには間違いないが女性としてではなく家族としての好きに変わってきているのではないかと伝えました。
加えてセックスについては、飽きている可能性があると伝え、真帆さんの不安な気持ちをより一層煽りました。

すると真帆さんから逆質問が来ました。
男性はどんどん性欲が下がっていくのかどうかと聞かれたので、私は、下がらないし真帆さんとセックスできる旦那さんがうらやましすぎるとお伝えしました。
そして今、帰らないといけない時間まで余裕があるので良かったらお試しでセックスしませんかと真帆さんのことを誘いました。あわよくばセフレに成りたいとも伝えました。

真帆さんはまさか人妻の自分が誘われると思っていなかったようで、少し驚いている様子でした。
しかし性欲が勝ったのか、私の真帆さんへの想いが伝わったのかホテルに行く同意を得ることができました。
真帆さんは人妻となってから、ハッピーメール男性と連絡を取ることはあっても、デートをすること、ましてやセフレを作って不倫したことはなかったそうです。

時間の許す限りセックスをしたかったので、私は真帆さんとタクシーに乗りホテルに向かいました。
そしてホテル街にある一番手前のラブホテルに急いで入りました。

人妻セフレ体験談 | 不倫妻のEカップを揉みしだいた昼下がり

ホテルに着いて私は真帆さんを全力で抱きしめました。
真帆さんはまだ少し戸惑っている様子でしたので、これはもう攻めて攻めまくって真帆さんの性欲を爆発させるしかないと考えました。
真帆さんの服を半強制に脱がし、Eカップのいやらしいおっぱいを揉みしだきました。

真帆さんのおっぱいを揉み始めると少しずつ真帆さんの息が荒くなってきました。
もっと興奮させる必要があると考え、おっぱいを舐めまわして私の唾液まみれにしました。
すると真帆さんは全身の力がふっと抜けていくかのように、少しずつ口元が緩み始め、気付くと真帆さんはよだれを垂らして気持ちよさそうにしていました。

人妻は旦那さんとのセックスは単調になっていたり、セックスレスだったりということで非日常感のあるセックスをした時は心の底から気持ち良くなってくれるという話を聞いたことがありました。
その話を聞いた時、私自身あまりイメージがわかなかったですが、今回真帆さんとのセックスで理解することができました。

濃厚な絡み合いに真帆さんの興奮は益々募っていきました。
真帆さんは腰を振り、パンツを脱ぎ始めました。
私は真帆さんに手マンをしようとしましたが、既に真帆さんのアソコはぐちょぐちょで、指を入れるとくちゅくちゅと大きな音が聞こえました。

私の隠れたS心を真帆さんはどんどん揺さぶってきたので、私は真帆さんに潮吹きさせようと考えました。
指の出し入れを速くしておマンコに摩擦を強くしました。
案の定、真帆さんはクジラになったかのように潮を吹いてくれました。
まだ本番行為をしていないのにも関わらず、ベッドのシーツはびちょびちょでした。(笑)

この調子なら、私は真帆さんと何回でもセックスできると考え、フェラをしてもらうことなく、とりあえず一発真帆さんのアソコにぶち込むことにしました。
そして私は欲望のままに真帆さんをつかみ、腰を振り続けました。

最近使っていない人妻のアソコはなんと締りの良いものか実感しました。
そして私のパンパンになった息子が真帆さんのアソコにピタッとフィットしていました。
思わず快楽に溺れた私は人妻とわかりながらも中出ししてしまいました。

真帆さんは一瞬焦っていましたが、後でアフターピル飲むからもう一発やりたいと懇願してきました。
そして、真帆さんのリミッターが解除されてしまったのかセフレになってほしいとお願いされました。
改めて私は真帆さんに不倫だけど良いのと問いました。
真帆さんは私のことをセフレとしました。
そして真帆さんはセフレは不倫とは異なってただただ気持ち良いことをするだけと正当化してきました。(笑)

正直笑ってしまいましたが、真帆さんが良いのであれば人妻のおマンコをいただけるのであればということで私たちはセフレになりました。
私は今まで生意気かもしれませんが、セフレを過去に持つことがありました。
しかし、ここまで愛情という概念がなく、ただただ身体を求め合うだけの関係は初めてです。

デートなどでランチに行ったりご飯を一緒に食べることはなく、ただ毎回ホテルで待ち合わせて本能のままにセックスをして解散をする関係です。
名実ともにセフレすなわちセックスフレンドです。(笑)
そして毎回、真帆さんはアフターピルを使用するからという理由で中出しする日々です。

管理人から一言

管理人
真帆さんひいては人妻は一見すると常識人のように見えるかも知れません。
しかし人妻のリミッターが外れると後戻りができないほど大変なことになるということにも理解できました。
一方で人妻にとって、行き過ぎた感情を持った恋愛よりセフレの方が都合よくて好きだそうです。
たまに人妻芸能人の不倫で世間を賑わすようなスキャンダルがありますが、それも今回の人妻とのセックスと同様に理性を保つことができなくなった結果なのかなと私個人的には感じます。

 

9.セフレエロ体験談 | パートナーのいない独身女性は肉便器に最高

セフレエロ体験談のキービジュアル
★女の子のプロフィール★

名前:唯奈(ゆいな)
年齢:29歳
職業:会社員
バストカップ:Cカップ
体型:普通
ルックス:清楚系
備考:周りは結婚して落ち着き始めているが、まだまだ独身を楽しみたいと思っている

「セフレエロ体験談」の本編を見てみる

唯奈さんとの出会いからアポ取りまでの流れ

まずは唯奈さんとのコンタクトから初デートに行く約束までの体験談を簡潔にお伝えします。

ハッピーメールの掲示板でキーワード『東京 20.30代』で検索しました
②出てきた女性で自分を相手してくれそうな方にひたすらメッセージを送りました
③同じ独身ということで唯奈さんから返信をいただくことができました
④唯奈さんは平日は仕事に追われているが、その分、土日を満喫したいと考えています
⑤金曜の晩や土日に自分の時間が作れるという共通点とともに独身であるという共通点から
仲良くなり一度ご飯でも行きましょうという話になりました

お酒の力を借りて手っ取り早く!!

私も唯奈さんも平日勤務で土日休みということで、金曜の仕事終わりにご飯に行くことにしました。
場所は唯奈さんが横浜に住んでいるということで帰り道にあたる中目黒に決めました。
中目黒はお洒落なお店や雰囲気の落ち着いたお店が多く、社会人のデートには最適だと思います。

唯奈さんは仕事で疲れているということでスタミナをつけるためにも焼肉を食べたいということで2人で焼肉に行きました。
本当なのか嘘なのかはわかりませんが、焼肉は性欲を高めるという噂を聞いたことがあります。
なので焼肉を食べたいと唯奈さんがリクエストしてきた時は心の中でガッツポーズをしました。
何せ私は、唯奈さんのセフレになりたかったのです。

私たちは焼肉店に入り、お肉をひとしきり注文してビールで乾杯しました。
唯奈さんは仕事での相当なストレスのせいか、私は唯奈さんの飲みっぷりが良くて驚きました。
最初の塩タンを食べることには既に唯奈さんは2杯目も半分ぐらいになっていました。

塩タンがこの上なくビールに合い、私もビールを飲むペースが上がっていき2杯目を注文した際、唯奈さんは3杯目にさしかかっていました。
そうこうしているうちにお互いに酔いがまわってきて、2人とも本性が出てきました。
そして唯奈さんの仕草、一つ一つがエロかったです。

唯奈さんは隠していたエロさを露にし始めました。
唯奈さんは自身のシャツのボタンを外し始め、中からは赤色のブラジャーが見えました。
ここから私のエロスイッチが入ってしまい、唯奈さんにエッチな質問攻めをしました。

最後にエッチしたのはいつ?
エロいこと好き?
セフレいたことはある?
いま、セフレ欲しいって思ってる?
こちらは一例になりますが、あらゆることを聞きまくりました。

唯奈さんはエッチな質問攻めに対して、何一つ嫌な顔せず笑顔で答えてくれました。
ちなみに最後にエッチしたのは1週間前で、セフレは過去にいたことがあり、今は身体の相性が合う方が居ればセフレは欲しいと思っているとのことでした。

そこから私は唯奈さんにどのようなエッチをする人が好きなのかを聞き出し、唯奈さんにとって身体の相性が合うセフレになることができるように考えました。
唯奈さん曰く、前戯よりも本番行為に重点を置いており激しいSEXが大好きということを聞き出すことができました。

この頃、私も唯奈さんもベロベロに酔ってはいましたが、唯奈さんの理想のエッチについては死に物狂いでインプットしました。(笑)
ベロベロだけどエロエロの状況に持ち込みたい一心です。
この後、唯奈さんとのエッチに持ち込むために、あっさり系よりガッツリ系のバラやハラミのタレ焼きで性欲の源を育てていきました。

そして私たちはお腹と性欲の源を満たし、〆の冷麺を食べて焼肉屋を後にしました。
ちどり足の唯奈さんは私につかまりながら歩くのが精一杯でした。
私はこのまま唯奈さんと一夜を過ごすために今後の関係も踏まえて、強引にエッチに持ち込むのはいけないと考えて酔いつぶれた唯奈さんにではありますがお泊りをする同意を取りました。

一緒に寝ようという私からの呼びかけに対して、唯奈さんはとりあえず吐きそうとのことだったので唯奈さんを介抱するためという名目でホテルに向かいました。
正直、ベロベロの女性を抱えながら、ホテルに向かうのはとてもしんどかったですが、エッチのためと必死に頑張りました。(笑)」

エロセフレ体験談 | パートナーのいない独身女性は肉便器に最高

ホテルに入り、服を着ていると締め付けられてしんどいでしょと唯奈さんを誘導して、唯奈さんの服を全て脱がし全裸にしました。
するとエロ満載のピンク色の乳首をしたおっぱいが出てきました。

こうなると唯奈さんの介抱は関係ないと理性を失ってしまった私は、唯奈さんのおっぱいを気の済むまで堪能することにしました。
私は揉むことと舐めることを繰り返し行いました。
5年分ぐらい揉んで舐めたんじゃないかなという程、唯奈さんのおっぱいを味わいました。
自分自身のエロさには、ドン引きするほどです。

胸のあとはもちろんアソコです。ブラジャーの色に合わせてパンツも赤色でした。
そしてエッチな唯奈さんはTバックを履いていました。
もちろん即座に脱がし、唯奈さんのアソコに顔をうずめました。

唯奈さんのアソコはしっかり毛も手入れされており舐めやすくなっていたので、クリトリスも舐めやすかったです。
おっぱいを舐めていた時の唯奈さんの反応はほとんどありませんでしたが、5年分堪能したためか相当時間が経過しておりクリトリスを舐めている時に唯奈さんは目を覚ましました。
そして寝起きで何をされているのかすぐに事態を把握できなかった唯奈さんですが、喘ぎ声は出ていました。(笑)

唯奈さんが喘いでくれたらもうこっちのものです。
私は焼肉屋で唯奈さんから聞いた相手にセックスで求めることを愚直に体現しにかかりました。
とりあえず前戯より本番ということで、ギンギンになったちんこを唯奈さんに突き刺しました。
この時2人のエロスイッチは最高潮に達し、私は腰の疲労骨折を起こすのではないかというぐらいの速さで腰を振りました。

一方の唯奈さんは声帯をつぶしてしまうのではないかという勢いで喘ぎ続けていました。
私のちんこと唯奈さんのアソコが擦れ合う感じは他のエッチでは体験したことのない感覚でした。
ここまで腰を振るともう我慢できないので、サクッと唯奈さんのお腹に白い愛液を出しました。

そして私は唯奈さんに問いました。
セフレとして受け入れてもらえるのかどうかを。
すると唯奈さんは私の激しい腰の振りに満足してくれたようで正真正銘のセフレになりました。

私たちの間には恋愛感情は1ミリもなく、そこからはお互いにエロを爆発させ気持ち良くなる方法ばかりを追求していきました。
まずは場所からスリルを味わうために公園や時には唯奈さんの職場に夜中侵入してのプレイ、また時には非日常感をより出すために高層階のホテルでカーテンを全開にして窓際に唯奈さんを張り付けたりしながらセックスをしました。

他にはお店のトイレや個室居酒屋でもやったことがあります。
スリルは興奮を高めてくれ、より気持ち良くなることができました。
今後はコスプレやおもちゃを使ったプレイでより気持ち良くなりたいと思います。

管理人から一言

管理人
20代や30代の独身女性はやはり飢えていると実感しました。
結婚願望はなくまだまだ独身を楽しみたい女性は、セフレという関係がシンプルに欲望を満たすことができ良いそうです。
彼氏となってしまうと束縛されたり好きなことを好きなだけできない環境になり嫌ということでした。
また唯奈さん曰く、既婚男性をセフレに持つと後々ややこしくなるので、独身男性に絞っているそうです。
もしセフレの欲しい独身男性は20.30代の独身女性を狙うと良いのではないでしょうか。

 

【無料公開】今すぐやれる女が見つかるアプリランキング

管理人が年間50人以上とセックスできているのは、このアプリを使っているから!

おすすめの記事