【巨乳黒ギャル体験談】カラオケデートでまさかの事態に大興奮w

もともと管理人は出会い系等やったことのない人間で学生時代に走りで流行っていたの知っていたくらいでした。もともと臆病な管理人は援助交際等で捕まったオヤジの話をネット記事やニュースで見ていたので出会い系に対して悪いイメージしかありませんでした。

ですが、社会人になって仲のいい同僚から出会い系について聞き、前からイメージしているものとはかけ離れていることを知りました。ですが話を聞くうちに思っていたイメージよりも気軽に利用でき、安全であることが分かりチャレンジした体験談です。

最初にまずはミントC!Jメールというアプリが良いという事で携帯のアプリから入手し始めてみました。

最初は管理人の情報はなるべく身バレしない程度で、しかし相手に自身のことが詳しくわかる様に記載した方良いとアドバイスを受けました。

自身の事について嘘は書かず、ある程度容姿や綺麗好きである事をアピールする様にプロフィールを記入しました。

1.巨乳な黒ギャルとセックスしまくりたい

管理人はもともと巨乳と黒ギャルが大好きでアダルトビデオなども関連のものが主でした。黒ギャルは完全に管理人はドが付くほどのMで黒ギャルちゃんに蔑まれたい。足で踏まれたい。唾を吐きかけられたい等かなりの変態であることが理由でした。

何と言ってもほとんどのギャルはイメージでビッチ、すぐに腰を振る。簡単にやれるという半ば誤ったイメージを持っていたためです。とにかく黒いダイヤとやりまくりたい。やるなら気絶するくらいやりまくりたい。という強い思いから必死で探しました。

2.出会い系で好みの黒ギャルを発見

最初は慣れない事もあり、なかなか見つからなかったのですが、しばらくすると23歳の黒ギャルAちゃんと出会う事ができました。

 

趣味は日サロとネイルというAちゃんドストライクでした。
最初は偽の写真だと思っていたのですがまさに黒ギャルで舌ピを見せている目がクリッと大きな黒ギャルちゃんでした。聞くと趣味もそうですが、アプリで何人切れるかも試しているそうで。まさに!まさに管理人の探していた最高の黒ギャルでした。

ミントC!Jメール内でやり取りを始めて、お互いの目的やどのような相手が好みかを確認しあいました。実際は年齢、相手の会える時間帯、好みのタイプ、嫌いなタイプ等、誤解も無いように詳しく伝えあいました。

その後、お互いに打ち解けてきた為、LINEの交換を行いました。

ミントC!Jメールの詳しい使い方は、「ミントC!Jメールでやれる女と出会える使い方を徹底解説」で紹介しています。

3.黒ギャルをLINEでデートに誘うまで

管理人:始めまして管理人といいます。宜しくお願いします。
Aちゃん:はい!はじめましてAといいます。
管理人:こういうアプリ利用するのは初めてですか?管理人は本当に初めてで。
Aちゃん:ウチも初めてなんですよ。結構嘘つく人が多くて
管理人:へー、そうなんですか。管理人は同僚から教えてもらったので
管理人:嘘は書くなって事でありのままを書いています。
Aちゃん:そうなんですね。結構好感もてるかも。
Aちゃん:管理人さんはどんな子がこのみなんですか?
管理人:初めて見た時から黒ギャルのAちゃんが好みでした。
Aちゃん:えーっ、嘘でしょ。黒いと怖いイメージとかありませんか。
管理人:というか、もともと黒い肌大好きで、写真見て絶対会いたいって思ってしまいました。
Aちゃん:そうなんですね。なんかうれしいです。
Aちゃん:私実は・・・・・。
Aちゃん:秘密があって・・・・。
管理人:どんな秘密なんですか?
Aちゃん:恥ずかしいな。
管理人:良かったら今度マクドで会ってみませんか?
管理人:まずはお互いに話してみた方が緊張もほぐれますし。話安いかも。
Aちゃん:うーん、すぐに会うのは怖いですけど、マクドならいいかな。

4.黒ギャルAちゃんとのカラオケデート

当たり障りのないやり取りをして、お互いに合う日程を決め実際に合う事にしました。

当日、管理人は事前に写真を受け取っていたので、彼女を見つけるのは容易でした。事前に見た目と服装を連絡くれていた通りにへそ出しルックのお尻が半分見えそうなくらいのホットパンツをはいてきました。

写真ではわからなかったのですが彼女はかなりの巨乳だったのです。しかも管理人が思っていたよりも黒く焼けており、巨乳が照り輝いていました。

管理人はかなりハイテンションになり、舞い上がってしまいました。管理人も初めからがつがつ行くのはよくないと聞いていたので、できる限り紳士的に話すことを心掛けました。

Aちゃんは日サロ通いが趣味で、スポーツが大好きらしく。活発ではきはきとしゃべる印象でした。

思ったよりも今どきの子といった感じではなく管理人が年上という事もあり丁寧な言葉遣いで好感もてました。また、アプリで出会う人は時折嘘をついていることがあり、嘘をつかれるとがっかりしてしまうそうで、管理人の真摯な対応が好感もてたので会う事を決めたという事でした。

管理人も最初から嘘をつくつもりはなかったので、ありのままの目的を話しました。まずはお互いに知り合えたことがうれしかったので、彼女をカラオケに誘いました。

管理人も今日はそういう事が起こるとは思ってなかったので、お茶をして解散くらいのつもりで考えていました。

5.カラオケデートでまさかの事態に大興奮w

二人でカラオケに入ると若干のジェネレーションギャップはあるものの、お互いの好きな歌を歌い始めました。すると彼女が急にマイク股間の近くにもってきて、ふざけながらフェラをする真似をしてきたのです。管理人は驚きながら彼女を見るとエロいくトロンとした表情で管理人の方を上目遣いで見てきました。

思わず息をのんだ管理人は彼女の頭をなでながらこらこら、ふざけるんじゃないと紳士ぶった態度をしたのですが。彼女はマイクをなでながら、更にこういいました。

Aちゃん「私、秘密あるって言いましたよね。」
管理人「そ、そういえば聞いてなかったね。今日聞こうと思ってたんだよ。」
Aちゃん「実は私、胸大きいじゃないですか。スポーツ好きっていいましたよね。」
管理人「うん、そうだね。魅力的だよね。」
Aちゃん「私、実はセックスが超好きなんです。」

衝撃の告白に頭が回りませんでしたが、次の瞬間もっとびっくりする事が起こりました。突然、彼女が私の股間をスンスンと嗅ぎながら、ほおずりしているではないですか。

Aちゃん「あー、すっごいいい匂いがしそうな予感。」
管理人「Aちゃん、いいの?」
Aちゃん「良いもなにも、二人でカラオケ来てすることって歌うかアレしか、ないっしょ?」

そういうとAちゃんはカチャカチャとベルトをずらしはじめました。管理人は身を委ねズボンを下すと、ブルンとムスコがこんにちはしました。

Aちゃんは慣れた様子で上目遣いに“ふーっ”と息を吐きかけてきました。ぬるい息がムスコを刺激します。ムスコは既にAちゃんの大きな瞳とこれから起こることを期待してビンビンです。

そのままAちゃんは長い舌を出して舐める真似を始めました。

Aちゃん「あー、どうしちゃおっかなー。」
Aちゃん「ウチ、これするために舌ピつけてるんだ~。」
Aちゃん「これでレロレロされちゃうと大抵の男(ヒト)はイっちゃうの。」

先ほどまでとは比べ物にならないくらいにエロく、言葉遣いもギャップがすごく。ギャルっぽい感じにかわりました。するとAちゃんは裏筋に舌を這わせてきました。

どんどんんと亀頭の部分に近づくにつれて、舌の動きが異次元の速さになってきました。時折敏感な部分にあたる舌ピが気持ちよく。亀頭に差し掛かったとたん。ぱくっとムスコが暖かいもので包まれたのです。どうやらAちゃんがぱっくりとムスコを飲み込んだようです。

管理人自体が久しぶりだったこともありますが、テクニックが半端なく口の中で舌が亀頭の周りを何度も何度も来たりするので、ぎゅちゅ、ぐちゅ、ぐぽぉといった聞いたこともない様な粘液の音がし始めました。

Aちゃん「私、唾液が人よりも多いらしくてローションみたいでしょ。」

管理人は頭が回らずひたすらに彼女の頭をつかんで上下にガコガコと力いっぱい動かしました。するとAちゃんは目がトロンとなってきて、いい事してあげると、管理人のムスコを服を少しだけまくりあげ、大きな胸の谷間で挟んだのです。

服の下はブラジャーではなくスポブラの様な下着でそこに挟まれたようです。目の前に黒くテカる巨乳と服の谷間から時々ひょこひょこと顔を出すムスコに先端、黒ギャルのバチバチメイクでもう頭はくらくらと理性がぶっ飛んでいました。

その後、Aちゃんはブルンブルンと服の上からでもわかるくらいに上下に巨乳を揺らして、管理人のムスコを刺激して、上目遣いでこう言ったのです。

Aちゃん「ウチ、知ってるんだよ。黒い娘好きな人ってドMが多いって。」
Aちゃん「ウチが見ててあげるから、イキなよ。」
Aちゃん「今日会ったばかりの女の子の服汚しちゃうんだ。」
Aちゃん「イキなよ。イクんでしょ。」

そういいながら管理人のムスコをこれでもかってくらい巨乳で圧迫してきます。何よりも大きな目でエロい顔をしながら見てくる笑顔で興奮させられました。そろそろイキそうになってきたので彼女を見ながら、イクと伝えたところ。スッと動きを止めて、Aちゃんはこう言いました。

Aちゃん「えっ、イかせてもらえると思ったの。」
Aちゃん「まだやってない事あるよね。」
管理人「えっ、でもゴムも何も用意してないよ。」
Aちゃん「大丈夫、ウチ、ピル飲んでるから、中出しできちゃうよ。」

さすが黒ギャル、中出しも何のそのです。管理人はもう無我夢中でした。さすがにボックスなので服は脱がさずに、ホットパンツを少しずらして挿入しました。

あとで聞いたのですが絶対に今日はセックスしようと思っていたらしく、下着ははいてなかったとの事でした。

管理人は既にぐちょぐちょに濡れたAちゃんのアワビを荒々しく突き上げました。Aちゃんは小さかったので締まりも良く最高の感覚でした。

細いウエスト部分を管理人の両手でがっしり持つと指と指がもう少しでつきそうなくらいに引き締まっていました。

管理人は興奮の絶頂にあったので、もうありったけの力を振り絞って、Aちゃんが壊れるくらいにムスコを赤ちゃんの部屋の入口付近までたたきつけました。

Aちゃんの揺れる巨乳、汗ばむ黒い肌、ホットパンツからはみ出る黒いお尻をばちゅ、びちゅ、ばちゅん、ばちゅんとすごい音を立てながら前回ピストンで絶頂に近づいていきました。Aちゃんも感じており、叫び始めました。

Aちゃん「管理人さん、ヤバい、ヤバい、ヤバい、イキそう。イキそう。イクーっ」
管理人「そろそろ、イクぞ、イクぞ、イクッ!!!」

何が何だかわからないくらいに気持ちい感覚が腰から脳に突き上げて、管理人はAちゃんの中に放出しました。イッた後もしばらくは放心状態でしたが、彼女からの言葉に再び息を飲みました。

Aちゃん「あー、中で出しちゃって。これは責任取って2回戦だね?」

これだから出会い系はやめられません。そんなミントC!Jメールを使ったひと夏の体験談でした。

ミントC!Jメールの詳しい使い方は、「ミントC!Jメールでやれる女と出会える使い方を徹底解説」で紹介しています。

管理人が厳選!やれる女が見つかるアプリランキング
今すぐやれる女が見つかる-出会い系アプリランキングのキービジュアル

①管理人の経験から導き出した「本物」ばかり
②すべて登録無料でサクラなしの優良アプリ
③複数アプリを併用するのが大事なポイント

おすすめの記事