【巨乳白ギャル体験談】禁断の野外シャワー立ちバックから中出し

こんにちは、管理人です。

突然ですが問題です。海水浴にいって楽しむものはなーんだ?

答え 女の子の水着姿

ってんで。今回は海水浴での出会い体験。「海水浴で白ギャル巨乳と即会い即セックスした体験談」をお伝えします。しかも「即会い」です!

1. 出会い系で白ギャルを釣る

「即会い」っていいですよねえ。

セックス目的で女の子を求めている以上、即会いするに越したことはありませんね。スッと会ってサッと抜く。オツなもんです。管理人も「即会い」の経験があります。

使っていたのは「ミントC!Jメール
とはいってもね、即会いって狙ってやることはほぼ不可能です。ここには「今スグ会いたい」掲示板というのがありますが、業者が多くて見分けるのが大変なんですよ。

プロフィールに「即会い希望」と書いている子もたいていは援か業者ですからね! だから出会い系を利用する人はよく覚えておかなければなりません。即会いは舞い降りる幸運なのです。

さて7月某日、管理人は「ミントC!Jメール」にて次なる巨乳ちゃんを探しておりました。新しい素人の女の子を探すための検索条件は以下の通り。

ミントC!Jメールにおける素人ちゃんの検索条件]
・使用端末    「PC以外」
・メール受付数超過「除く」
・興味あること  「アダルト目的お断り」

上記以外の条件はすべて設定しません。管理人はついついバストF以上に設定したくなりますが、大っぴらにしている素人女性は少ないですからね。むしろ業者を吸い寄せる元です。

さ、そんな検索で登録の新しい順に見ていき、何人か見つくろってやり取りが続いた子がこちら。

エリナ(24)
自己紹介 「暇つぶしです。社会人になってから出会いがなーい!笑」

プロフィール画像も顔出ししてないし、露出多くない。おそらく素人ちゃんでしょう。以下は「ミントC!Jメール」内でのメッセージのやりとりです。

ミントC!Jメールの詳しい使い方は、「ミントC!Jメールでやれる女と出会える使い方を徹底解説」で紹介しています。

管「今日はお休みですか?」

エ「そうです。暇だから何かしたいんですけど、なかなか動き出せなくて笑」

管「休日ってなんかそうなりますよねえ」

エ「どこ住みですか?」

管「○○です。エリナさんも近いんですよね?」
(プロフィールに大まかな住所が書いてありました)

エ「ですね。どっか楽しいとこ知ってます?」

管(お? なんかこれいけるかも……?)
管「そうですねえ。今日みたいな日は海にいきたくなりません? 海水浴日和だし」

エ「海いいですねー! あーいこうかなー去年は海水浴できてないんですよね」

管「じゃあかき氷おごりますよ」

エ「まじっすか、あざーす!笑」

管(ちょっとリスキーだけど、ノリ良さそうだし、いってみようかな?)
管「じゃあ、●●駅で拾いますね」

エ「え、まじですか?」

管「ええ、ママチャリですが」

エ「ママチャリかい笑」

管「嘘です。ちゃんと助手席きれいにしてます笑」

エ「ええー、ほんとに? どうしようかな」

管「まあ実際緊張しますよねえ」(ちょっと引いておく)
「よかったら画像送りましょうか。それかLINEとかに移動して通話とかします?」

エ「あ、じゃあ写真くださーい」

僕の渾身の自画像(修正済み)を送ったあと、ちょっとやり取りをしてLINE交換することになりました。心がけたのは自分のノリを軽く、かるーく見せること。ただの暇つぶしの一日デートに過ぎませんよ、つまらなきゃそれ以上の関係にならなくていいし、おごられるだけおごられてみませんか? という雰囲気を伝えることです。即会いに大事なのは三つ。

[即会いを引き寄せる三カ条]
① 会っても面倒くさくはなさそうだ、と思わせるノリの軽さを見せる
② 会って暇つぶしにはなりそうだ、というユーモアを見せる
③ 会って気持ち悪くはなさそうだ、という不潔感のない外見を見せる

③はね、「やっぱ顔かよ」ってことじゃないんですよ。どんな不細工でも工夫で不潔感を消すことだけはできますからね。

出会いを求めていない間も、最低限の清潔感は保っておくこと。清潔感が即会いを引き寄せるのです。

いーや、内面で勝負したい、という人はちゃんと時間をかけて女の子との関係を結びましょう。

ちなみにこちらは彼女の画像を要求していません。即会いしてくれる時点である程度は身なりに気をつかっているでしょうし、ノリの軽さから見て自分に自信のないタイプではなさそうだからです。

もちろん巨乳かどうかも確かめることはできません。
こちらの「外見重視」とか、「性的なことしか考えてない」ことを悟られたら即会いの可能性がぐんと落ちますので。

さあ、今回は運よく即会い海水浴と相成りました。やはり即会いちゃんは狙って仕留められるものではない。出会い系を日々利用していく中で訪れる幸運の女神なのです。

2.海水浴で白ギャル巨乳と即会いセックス体験談

2-1.白ギャルと海水浴デート

約束した通り、エリナちゃんは駅前にいてくれました。金髪とは聞いていたけど、本当に見事なショートブロンド。というかショーパン似合うなー脚長ぇー。肩出しえろぉお……

これは完全体の白ギャルですわ。

エリナちゃんのために助手席を開けてあげると(身につけた紳士スキル)、ちょっと驚いたようにして「ありがとうございますー」といってくれました。わりときちんとしたタイプのようです。

管「ごめんねーいきなり誘っちゃって」

エ「あ、いえいえー私も出かけたかったんで、ぜんぜん」

あれ、ちょっと緊張したご様子。これはギャップがあって可愛いですね。

管「さっき軽快に話してたのに、なんか緊張してない?笑」

エ「いや、やっぱ実際に会うと違うじゃないですか!笑」

管「もー敬語も止めちゃってよ、楽しくいこう」

エ「えー、うーん……わか、った、うん」

管「水着もってきたの?」

エ「もってきたよーどうせなら泳ぎたいし」

管「いいねいいね、俺はボートもってきたよ?」(後部座席を指さす)

エ「なんだろうと思った! これボートか、ガチじゃん!笑」

といっても、ぷかぷか浮くだけのビニールボートですけどね。

管「でも空気入れがなくてさ! あとで頑張んなきゃ……」

エ「え、口で入れられるの? やるやるー」

そう言って後部座席に身を乗り出すエリナちゃん。え、なにこれめっちゃいい子じゃん。

良い子ギャルはポイント高いっす。下品ギャルも興奮しますけどね。

そしてね、見たんですよ。運転しながらも見逃さなかったんですよ。肩出し、の下の、豊かなる大峡谷。深き巨乳の谷を。

なんていうことだ

伝説は本当だったんだ

その者、やさしき白ギャルを見るとき大巨乳の谷に降り立つべし……

ああ、ばあちゃん、俺降り立つよ……今日、ここに。やさしい白ギャルおっぱいを目指して、管理人は全力でこの海水浴を成功に、性交に導くことを誓いました。ちなみに後で聞いたら彼女はGカップだそうです。この豪運に謝謝。

2-2.禁断の野外シャワー立ちバックから中出し

エ「海水浴とか久しぶりだなあ……」

ぷかぷかボートにうつ伏せになって、エリナちゃんがつぶやきます。足の着く範囲で引っ張って海中お散歩です。時々うつ伏せでむにゅうっとつぶれたおっぱい見えるのが楽しい。

管「あんまり遊べてないの?」

エ「いやー街で遊ぶことが多いからねえ」

管「あー、なるほど」

エ「△△さん(管理人のこと)は? いつもこんな感じで遊んでるの?」

管「いや、こんなの初めてだよ笑」(嘘です)

エ「うそだぁー」(はい、嘘です)

管「連絡とったその日に会うのはほんと初めてだよ」(嘘ですけどね)

エ「そうなんだ。なんか慣れてる感じする」

管「出会い系で会うのは慣れてるかなあ」

エ「ふうん、けっこう会えるんだ」

管「会って、フラれることの方が多いけどね笑」

エ「へえー。でもやれることもあるんでしょ?」

管「え、うん、まあ……」(お、自分から下ネタふってきた)

エ「あるでしょー?」

管「あるよ、あるある笑 たまにだけどね」

エ「ふーん、私ともそういう目的?」

管「いや、今日はほんとに軽い気持ちで、楽しく遊べたらなあと思っただけだよ。エリナちゃんみたいな良い子でよかったわあ」

エ「ふーん、やれなくてもいいの?」

管「……えーと」

エ「やらないけどさ」

管「ですよねえ……って、引っかかっちゃったじゃん笑」

エ「やっぱやりたいよねー男なら笑」

管「エリナちゃんの水着姿見たら誰でもね笑」

エ「でもだめー。今彼氏いるの」

管「えぇっ、そうなの?」

エ「うん」

彼氏がいるのに出会い系……というのはまあ珍しくありません。でも、これはうまくすればヤレるチャンスです。ていうかヤるって決めたもんね。

管「彼氏とは海水浴こなかったの?」

エ「うーん、そうねえ。最近会ってないからさあ」

管「そうなんだ、寂しいね」

エ「ふふっ、うん」

管「なんで笑うの」

エ「お兄さん、やっぱなんかいい感じだね」

管「そう? ありがとう」

エ「がっついてそうなのに、がっついてない感じ。計算なのかな?」

管(やっぱこの子は頭いいなー)
「計算って……笑 楽しく過ごすのが一番ってだけだよ」

エ「ねえ、エッチはできないけど、口でしたげようか?」

管「……いいの?」(お、まじ? まじ?)

エ「やっぱしてほしーんだ笑」

管「うん、してほしい」(ギャルのお口大好きっすすすす!)

エ「かわいい笑 いいよ、今日楽しかったし。おごってもらったし、お礼させて」

管「じゃあ、上がる?」(きたぜええええええええ)

エ「うん、そだね。シャワー空いてるかなー」

ぜってえフェラだけでは終わらせねえ、どうにか白ギャルおセックスに持ち込んでやるぅ、と思いながら浜までボートを引っ張ります。そして速攻シャワールームへGO。そこは個室に分かれた男女兼用のシャワーが並んでいました。

あ、そうだ。

エ「えっ!? なに?」

管「しいー。いいからいいから。一緒に浴びよう」

半ば強引にエリナちゃんと一緒にシャワールームに入りました。もうこれだけエロに抵抗ない子ですし、つーか喋ったら普通にやさしい女の子ですし、ちょっと押したらどこまでもいけるんじゃないかな、と思いました。あーなんだかワクワクすっぞ!

エ「もー、どうすんの?(以下ひそひそ声)」

管「……ここでしてもらってもいい?(同上)」

エ「ええええ? ほんとにー?」

管「お願いお願いお願い! まず一回!」

エ「何回出す気なのよ笑」

管「エリナちゃんの身体見てたらもう我慢できなくなっちゃった」

エ「もー……」(あきれた表情でしゃがみ込む)

管「ありがとー」(頭なでなで)

エ「もう勃ってるし……笑」(海水パンツの上から触りながら)

管「お、おうう……」

こちらが海水パンツの紐を解くと、エリナちゃんが手をかけてずり下げてくれました。

エ「めっちゃおっきくなってる……もう……」

管「よろしくお願いします」

エ「ん……」

管「あっ、まってまってまって!」

エ「なに?」

管「先にキスしてもいい?」

ギャル相手にはこれが大事です。あえて遅れて言うのもね。

エ「…いいよ」

ちょっと照れるエリナちゃんを立たせ、やさしくキスをします。

「ちゅ、ちゅる、れちゅる。ん、んちょ。ちゅぱ、れる……」

エ「れろぉえろ、んちゅぱちゅぽ……はぁ💛 ちょ、ちょっと長くない?」

管「気持ちよくて止まらなくなっちゃった笑 んちゅ…」

エ「ん…きもちいぃけど……ちゅる、んぁ……ちょっと、もうだめ。したくなっちゃうから」

管「俺は歓迎なんだけどね」(こりゃいけるな)

エ「だめなのー。もうするよ?」

管「わかった、よろしく」

再びかがみこむエリナちゃん。

「じゅる、じぇろじぇろ、んちゅはぷれろえろ、んちゅぱちゅぽ」

「うおっ? うぁ……」

あ、やべ。この子めっちゃうめえ……舌づかいが、たまらんち……白ギャルおフェラ。

「ああーうまぁあ……そんな特技もってたのエリナちゃん」

口を離したかと思うとカリ首をそっと撫で回しながら、陰嚢を「じゅるじゅる」吸ってくれるエリナちゃん。そして付け根を舌先で刺激して裏筋を這いずってくる舌づかい…

「はぁーたまんね……」

思わず仰け反ってしまいます。これはエッチ成績有能ギャルぅ。2、3分でけっこう気持ちのいいところまで来てしまいました。しかし、ここで終わるのはますますもったいない。

「エリナちゃん、あのさ……」

「じゅる……んぁに?」

「……おっぱい触りたい」

「んー……」

唇を尖らせながらも、立って水着のストラップを外しだすエリナちゃん。いやあ、なんてやさしいのでしょう。感動を覚えながらゆるんだ水着のカップに指を滑り込ませます。

にゅるっもにゅう……

ああ、濡れて、柔らかくて、つかめなくて、包み込まれて……おっぱいによるこれはもはや責め苦。決して逃れることのできない巨乳空間……ここは無間地獄か? なんとか逃れようと水着を脱がせることにします。

にゅぼるん、ぷにゅるん

悪魔の巨大スライムちゃん二匹がまろび出ました。これこれ、これですよーうう、昼過ぎに会ってからここまで4時間、待ちかねたぜぇぇぇ。退治してやるぅぅ。

スライムおっぱいちゃんの驚くべきはその肌の柔らかさでした。その感覚がいつまでも手のひらに残り、もうひと揉み、もうひと揉みと無限に揉まなければならなくなってしまうのです。ああ、この子はサキュバスなのか? このおっぱいの中でなら死んでもいい気がする。

調子に乗ってむにゅむにゅと揉みしだくと、

「ふぅ、ふにゃ、にゃあああ……」

あらー、白ギャルなのに猫ちゃんなの? おっぱい悪魔にゃんこでちたかー。

「はあぁにゃああ、んぁぁ……💛 ちょっと、揉みすぎ……ぃにゃ!?」

乳首ちゃんは茶色い標準型。白ギャルちゃんって、ファッションとその胸以外は普通の女の子なんだねえ。乳首を両方、爪先でこちょこちょ引っ掻いてあげます。

「ぁっ、ぁっ、ぁっはぁぁ……こえ、でちゃ、にゃぁっっ……!」

「っちょ、声おさえて……」

「出ちゃうもんっ、しょうがないでしょ!(一応ひそひそ声)」

「じゃあほら」

口を差し出すと首を伸ばしておとなしくキスをしてくるエリナちゃん。乳首握られちゃうと、従順になる悪魔ちゃんなんですね。もうその腰もぷるぷる震えて主張していたので、紐パン水着の紐を解いてあげましょう。

「んっ!」

舌を絡ませあったまま、丁寧にお手入れされた陰毛を掻き分け秘部へと指を這わせます。

「んんっうう! ちゅるる、んちゅ、にゅろ、んはあ……ちょっと、そこまで……んっんっんっ💛」

何か言いたげでしたが、よく聞こえませんでした。彼女は感じて声が出そうになっちゃうと自分から舌を絡めて口を塞いでいます。根っから真面目な良い子なんでしょうねえ、よしよーし。中高生の時はたぶん真面目な地味っ子だったんじゃないかなあ。

「ねえ、おっぱいとお口でしてほしいな」

「ん…うん……んぇろ💛」

大学デビューの巨乳ちゃんは、おとなしくしゃがみ込んで、猛る肉棒を挟んでくれただけでなく、ちゃんと自分の唾液を垂らして潤滑剤にしてくれます。なんて気の利く子なんでしょう。たぶん家ではお母さんの家事を進んで手伝っていたタイプです。

むにゅんっにゅるっにゅるっにゅるっ

「んちゅっ、んちゅっ、ずちゅ……」

んあああああ、やっっっっばい。変幻自在な柔肌おっぱいが容赦ないピストン運動でチン坊を責めてくるし、なんかかわいい気持ちいいお口が先っちょを咥えてきます。顔を自分の爆乳にうずめるようにして、うちのチン坊をとことん責めに来ておるのです……あぇぇ、かわいそう、かわいそうだよ、うちのお子がぁ……。

あらゆる快感を一万年かけて与え続け、それを一万回繰り返すピストン運動……ここが冥獄界かぁ……。

ぬぅるーずにゅちゅ💛 ぬぅるーずにゅちゅ💛 ぬぅるーずにゅちゅ💛 ぬぅるーずにゅちゅ💛 ぬぅるーずにゅちゅ💛 ぬぅるーずにゅちゅ💛 ぬぅるーずにゅちゅ💛 ぬぅるーずにゅちゅ💛 ぬぅるーずにゅちゅ💛 ぬぅるーずにゅちゅ💛 ぬぅるーずにゅちゅ💛

んんんんんなああああああ、もうっ! おちんちんがイライラするぅ!!

「エリナ、ちょっとお前、いい加減にしろ……」

「え?」

「ほら、立てよ」

「え、えっえっ?」

彼女を後ろ向きにさせ、壁に手をつかせます。

「ちょ、なになになに……あっだめっはにゃ……」

なーにを言ってるんだか、「なになになに」の時点で確実にナニをされるのかわかってますからね、この浮気悪まんこは。なんなら「ほら、立てよ」で分かってますからね。でもね、拒否できないんですね。

だってえりなちゃんやさしーから。

彼女の口を押さえ、バックで奥まで貫きました。子宮口らしき壁に当たってもかまわず押し潰しました。

「っっっっっっっ!!!!!!💛💛💛!?!?!?💛!💛!💛!💛!!!!!💛💛💛💛💛💛💛」

声なき声がシャワールーム中に響きます。でもおっぱい悪魔ちゃんはやめてほしくないのです。そのまま容赦なく腰を打ち付けます。

「ん゛っっ!ん゛っ!ん゛っ!ん゛っ!ん゛ぅっ!」

せめてものごまかしに、シャワーを最大で出しておきます。ぐじゅぐじゅという彼女の蜜壺から出る水音だけは消せるでしょう。

「んぉ゛ぉぅ、んっ…んっ💛……んんっ💛💛」

「最高だよ、エリナのまんこ。めっちゃ気持ちいいよ」

白ギャルまんこは若いだけあって締まりが最高です。背中の横からぶるんぶるん揺れて顔を出す豊乳を揉み潰してあげると、ぎゅうぎゅうと肉棒にお礼のハグをしてきます。礼儀を忘れない。良い親に育てられた証拠です。

でも白ギャルのお膣は締めつけるだけではありません。蛇口が壊れたように駄々漏れになっている愛液が、締めつけの強さを緩和してくれます。ああ、こりゃ悪魔でも天使でもねえ、厳しくも優しい聖母のまんこだ。この子は白ギャル陰部界のマザーテレサやでえ……聖母に敬意を込めてゴリゴリ棒を打ちつけピストン。

「ん゛ー💛ん゛ー💛んぅ゛ー💛💛」

「ね、エリナ。出すよ? ねえ、受け止めてくれる?」

こくこくと激しく頷く白の聖母。猛り狂った怒棒が限界を迎え、ついに噴火しました。

どびゅるるるるるるるるっるるる!!!!!

「ん゛んうぅぅ!!💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛」

「うっ、はあっ、やっべぇ、超出る……即会い海水浴セックスやっべ、白猫ギャルさいこー……」

怒れるユダはやさしい聖母まんこに慰められ、こうして世界は救世主を喪わずに済んだのです。

はぁー白ギャル優等生まじさいこー。

出会い系アプリでギャルのセフレを作る方法は、「性欲強めのギャルとやりたい僕が編み出した簡単な方法」で公開しています。

3.【巨乳白ギャル体験談】禁断の野外シャワー立ちバックから中出しのまとめ

こんな風にして、管理人の即会い海水浴セックスが終わりました。

調子に乗って中出ししたんで、おまんこ開いたら引くぐらいの量が出てきました。シャワーもつかって中をやさしくお掃除してあげてたら、「んにゃぁう……今日は、はぁにゅぅ、だいじょうぶな日だから……ぁ💛」

とのことでしたのでそのままホテルに連れ込んだのは言うまでもありません。即会いホテルセックスも最高でした。

彼女とはその後ほとんど連絡も取らないままに、もう一年以上たちますけど、これ書いてたらあのおっぱいは絶品だったなあと懐古の念。ちょっと連絡を取ってみようかなー。

こんな素敵な即会いを求めている人は、ぜひ「ミントC!Jメール」で探してみてくださいね!

ミントC!Jメールの詳しい使い方は、「ミントC!Jメールでやれる女と出会える使い方を徹底解説」で紹介しています。

管理人が厳選!やれる女が見つかるアプリランキング
今すぐやれる女が見つかる-出会い系アプリランキングのキービジュアル

①管理人の経験から導き出した「本物」ばかり
②すべて登録無料でサクラなしの優良アプリ
③複数アプリを併用するのが大事なポイント

おすすめの記事