途切れることなくセフレを作り続けられる発想の転換術

誰でも簡単に、ここで紹介するような発想の転換術を使うことで、セフレが何人でも途切れることなく作り続けられ、毎日ローテーションしてヤって過ごせるそうになります。

1.発想の転換をするといっても大変身するわけではありません

1-1.モテる必要はありません。格好つける必要もありません

意外かもしれませんが、特別にモテる方にたくさんセフレがいるわけではありません。イコールではないんです。また、お洒落で容姿が良い方にもセフレがたくさんいるわけでもありません。

確かに、容姿が良いとか、フッションセンスが良いとか、自分に自信のある方は、勝手にモテることもあると思いますが、セフレがたくさんいる、という方はそれだけではありません。

大事なことは、どれだけ出会いの絶対数を確保しているかということです。

1-2.無理することなく出会いの絶対数の確保する

ここでいう、出会いの絶対数とは、出会いと捉える数そのものです。自分の周りで起きる物事のほとんどを出会いと捉え、その出会いのチャンスを拾うつもりで心がけるという、発想の転換です。

もちろん、常にギラギラしているというものではなく、自分の好みじゃないから邪険に振る舞うのではなく、ここからどんな出会いに繋がるかも分からないので、優しくしておく、とかそういったことです。

ナンパをするにしても、数回声をかけても女性に無視されたといって諦めていてはダメなのです。単純に声かけの回数が少ないからうまくいってないということもあります。出会いの絶対数を確保するために、数をこなしていく、という発想の転換が必要です。

無理することなく、通りかかる女性に声をかけましょう。無視されて当然です。知らない人なのですから。気にせずグループ的に人数の合う女性グループに声をかけていきましょう。

また、合コンを開催する、参加するにしても、どんな人が来ても楽しみましょう。笑うかどには福来る、ではないですが、楽しくしている人のまわりに人が集まりますし、出会いの絶対数を確保する上で、合コンに呼ばれなくなる、開催しても人が集まらない、ではうまくサイクルしないので、無理のない範囲で実のある合コンにしましょう。

1-3.ナンパではなく、同じ考えを持ったいわば同士を探すための声かけ、や、こういった男同士の遊び方、と発想を転換すること

たまに、「ナンパ」ということに抵抗を抱く方もおられます。しかし、少し古いですが相席居酒屋が流行ったり、そういった出会いを求めるバーも未だに賑わっております。

賑わっているのは、そういった名目で、みなさんが出会いを求めているからです。みんなが出会いや一晩の思い出、ちょっとした現実逃避を求めているのです。

ナンパと捉えるのではなく、男友達との遊び方のひとつ、とか、どうせカラオケとかいくなら女性のいた方が楽しいから、自分と同じように考えている女性を探してみる、といった発想の転換をするようにします。

そうすることで、少し気楽に声かけができ、出会いの絶対数を確保できます。また、そういった心構えでいった方が、ちょうど自分とマッチした相手に遭遇できることとなることが多いです。

2.出会いのチャンスをモノにするための発想の転換

2-1.少し待ってみる、少し様子を見てみるといった余裕を持つこと

ストリート系では、パッと声をかけて強引に足を止めさせるというようなガッツいた対応が必要な時もありますが、例えば居酒屋などで、席が近い女性が楽しそうにしていて、一緒に遊びたいなと思っていても、すぐに自分から声をかけにいってもスマートではありません。

また、先客として別の男性がナンパをしているところを横取りするようなマナーのないこともやってはいけません。自分が狙っている女性がいてアプローチをかけているのに、トイレに行っている隙に誰かに横取りされたら嫌ですよね。

余裕を持って対応していきましょう。先に他の男性がナンパに成功したとしても、それは仕方のないことです。

セフレを作りたい、と心の底で思っていて、ヤりたい、ワンナイトラブ、ワンチャンあるかも、と焦っても良い結果は生まれません。

一度うまくいくと心の余裕も生まれます。騙されたと思って余裕を持った振る舞いをしましょう。

なんなら、女性から声をかけてきたとしても、一杯はお酒を一緒にいただいて、その後は同席することは丁寧に断りましょう。

発想の転換です。うまくいくために、心に余裕を持ち、誠実さを保つことを心がけましょう。ガッツかず、スマートに、です。

馴染みのお店なら、店員さんに、あそこの席にお酒を、といって運んでもらうのもいいでしょう。そしたら、相手の女性から、ありがとうございます、と挨拶にきてくれるようなら、いえいえご丁寧にどうも、と言って乾杯をしましょう。これも出会いの絶対数のひとつにカウントできます。

馴染みのお店でないなら、女性グループの会話にずけずけ入るのではなく、楽しそうに飲んでおられるようですので、一杯お酒を奢らさせてください、と入ってみるのもいいと思います。ありがとうございます、では一杯となるようなら脈がなくはない、と捉えていいでしょう。いえ、結構です、と断られたなら、少し難しいので、無理に引きずってはいけません。

隣のグループがだめだったからといって、すぐ次に別のグループにいくなどしたら、少し先に声をかけた席の女性にも、新しく声をかけた女性にも失礼なこともあるので、その声をかけたグループがお店を出てからや、新しくきたグループに声をかけるなどのマナーも大事です。

そういった、マナーを守りながら、心に余裕を持った行動が、良い結果を生む大事な心構えです。焦ってガッツいてもワンナイトは可能性がありますが、継続したセフレにはなりません。

セフレを作るためには、長く継続して体の関係を保つための心の余裕と、居心地の良さが必要となります。焦らず構えて、一個一個の出会いを大事にしましょう。

2-2.連絡先の交換のタイミングについて

喋ったりした方との出会いをものにする必要があります。なので、連絡先は交換する方がいいのですが、タイミングも問題となってきます。そこまで親交が深められていないのに、すぐに連絡先を聞いても、印象を悪くしてしまうだけです。

セフレの数に満足していて、増やす気がないなら、自分からは聞かずに相手から聞いてくるまで待つ、というスタンスでもいいですが、やはり男性からアプローチをするということも大事です。

1軒目が終わった解散するのかまだ読めていないタイミングや、誰かが帰るというタイミングでそれとなく、楽しかったしみんな連絡先交換しようよ、といって連絡先を交換するのもいいでしょう。

特別感を出すために、自分が狙っている子がトイレに立ったり1軒目から2軒目に移動中など、ふたりきりになれるチャンスを作って、君と連絡先を交換したい、と聞いてみるのもいいでしょう。

タイプの子がいて、連絡先を交換したいからといってすぐにしてはだめです。セフレとして発展させたいなら、あえて連絡先をすぐには聞かないという発想の転換も必要です。

また、タイプでない子でも、友達やまわりとの折り合いがあるので、自分が折れる必要がある時もあります。

発想の転換です、あえてそのタイプでない子を狙うことで、また合コンの開催や、悪い言い方ですが、タイプでない子の方が扱いやすい場合もありセフレとなることも多いです。出会いと捉えてものにしましょう。

2-3.その場でヤってしまうか、その一晩は出会いを大切にするか

これは、なかなか難しい問題で、正解というものがありません。酔いもあって、ホテルへ移動してワンチャンをものにしたとして、もしかしたら軽い男とみられてセフレへと発展しない場合もありますし、むしろ相性が良いということになり、連絡先も交換しセフレになる場合もあります。

最終目標は、ヤりたいということですが、これも発想の転換です。むしろ、その一晩だけ我慢する、いわば出会いを大切にすることで、セフレへと発展する可能性がグッとあがりますので、ヤらないという手段をとってもいいと思います。

その日は飲むのを楽しみ、ボディタッチや狙っているアピールはするものの、ガッツかずに解散し、解散してから丁寧に連絡を取る方がセフレへの発展率は高いように思います。

なぜなら、軽そうに見えて、しっかりしているといったギャップが女性をうまく惹きつけるひとつの手段となります。そういった男性の方が、なぜかセフレ相手と長続きします。もちろん、女性から誘ってくるなら、そのお誘いにはのりましょう。

3.焦る必要はありません、楽しみましょう

セフレと行っても、一緒にいて楽しくない相手とは長続きするわけもありませんし、むしろヤリたいとも思いません。

セフレになりそうな方の考え方は、身体の相性がいいとか、割り切った方もおられますが、多くの方は、付き合ってはないがそれに近い関係性であるという気持ちでおられる、付き合うのを求めてはいるが付き合おうと切り出されないので敢えてその話題に触れない方、といった具合です。

その絶妙なバランスを保つことで、よりセフレとしての絆が深まります。もちろん、セフレであると認識させる必要がある場合もありますので、そこは相手の人間性を見極めることも大事です。

心持ちとしては、ゲーム感覚で、女性をどうやったら喜ばせられるか、どうやったら気持ちいいのかと、ひとつひとつクリアするようにやっていきましょう。

のめり込みすぎると、バランスが崩れますので、発想の転換が必要です。セフレとは、疑似恋愛を楽しんでいると思いましょう。

4.関係性が出来れば、あとは無理せずありのままでいきましょう

4-1.釣った魚にエサをあげ続けられる人になりましょう

ヤッてしまったらそれでおしまい、という関係でいいなら、それっきりでいいと思います。

しかし、セフレとして都合の良い関係を続けていこうと思うなら、ひとりひとりに会う時間がそんなに作ってあげられなくても、そこそここまめに連絡を取ることや、例え短時間でも顔を見に行くなどの優しさを見せることで、長続きする関係を築くことができます。

釣った魚にエサをあげ続ける、ですね。
ただ、無理をするとどの道長続きしないので、少しこまめに丁寧に対応しよう、くらいに心がけましょう。

4-2.恋愛の駆け引きやテクニックは必要ありません

変な駆け引きやテクニックは必要ありません。誠実にセフレといして対応していけば長続きします。その女性を可愛がり、丁寧に大事に対応していきましょう。

そういった心構えでいると、女性に対する免疫力が格段にアップし、出会いの絶対数自体があがります。そして、その出会いをものにできる確率があがります。

そして、それを積み重ねていくことで、途切れることなくセフレを作り続けることができるようになります。

5.終わりに

ここまで長々と説明してきましたが、読んでみて、なんだそんなことか、そんなことでセフレが出来たら苦労しないよ、なんて思われた方もおられると思います。

しかし、実際は出会いを求めておられる女性はたくさんおられます。出会いの絶対数を確保し、その求めておられる方と自分がマッチするまで数を打つことが大事です。

また、人間関係を雑に扱っては、相手も自分に丁寧に扱ってもらえません。
お互いが楽しくなれるように、大切にちょっとしたことを大切にしましょう。

発想の転換です。セフレが欲しいなら、少し行動し、少しスマートさ、丁寧さを心がけましょう。大きく自分を変える必要はありません。マッチする女性は絶対にいます。その出会いをものにするように、ここまで記載させてもらった内容を意識しましょう。

そうすることで、誰にでも簡単に途切れることなくセフレを作り続けることが可能です。小さなことから実践していってみてください。

管理人が厳選!やれる女が見つかるアプリランキング
今すぐやれる女が見つかる-出会い系アプリランキングのキービジュアル

①管理人の経験から導き出した「本物」ばかり
②すべて登録無料でサクラなしの優良アプリ
③複数アプリを併用するのが大事なポイント

おすすめの記事