セフレとの相性はしっかりと確認すべき理由

セフレとの相性は、体の相性はもちろんのこと、性格などの相性も絶対確認すべき理由があります。その理由をご紹介します。

1.セフレとの相性の良さとして、体の相性は絶対条件

1-1.単純な体の相性を確認しましょう

やはりセフレですので、一緒にするセックスが楽しいものでないと意味がありません。

性欲を解消し、お互いのメリットとなるような間柄でいる必要があります。

なので、体の相性を改めて確認しましょう。

セフレという、反道徳的な存在を許容するほどの相性の良さがないとメリットがありません。

肌の質感といいましょうか、抱き心地について、違和感もなく、まったりできるのか、一緒にいてドキドキするのか、考えて抱いてみてください。

1-2.性的な体の相性を確認しましょう

性的な体の相性も確認する必要があります。

ご自身のフェチに合うところがあるかどうか、性的な嗜好を満たしてくれるかどうかです。

自分は巨乳好きで、相手はしっかり巨乳なのかどうか。

はたまた、今までとは違った嗜好に目覚めさせてもらえるセフレなのかどうかを確認してみてください。

何気なくセフレとして関係をもっているが、実はどこかの部位が、とても自分の欲求を満たしてくれているのかもしれません。

それを、自覚することで、自分の性的嗜好に改めて気づかされたり、相手の欲求に応えることができるようになります。

お互いの満足度が上がり、セフレとして良好な関係を築くことができます。

1-3.性癖も改めて確認を

誰にでも大なり小なり、ノーマルの範囲なのかアブノーマルといわれるものなのか、性癖というものがあります。

アブノーマルであろうとも、セフレと、その性癖を満たし楽しむことができるのであれば、それでセフレ関係は成り立ちます。

完璧に受け入れてもらえてなくても、相手の許容範囲内であれば問題ありません。

もちろん、相手の性癖も確認する必要があります。

改めて話し合ったりしてみたら、秘めた性癖があり、思いもよらぬ欲求が見出すことができるかもしれません。

女性に多いのが、安全日に中出しされることで特別なものを感じることです。

また、解放感のあるとこで野外プレイをする、人に見つかりそうなところで、バレないようにセックスする。

苦しくない程度に首絞めをする、バックで突いてお尻を叩かれるなどで、より興奮されます。

そういった非日常的なプレイをセフレに求めておられるかもしれません。

そういったことに応えることで、相手の満足度もあがります。

欲求を満たすことで、あなたの要求も叶えてくれることになるでしょう。

1-4.セックスの回数や、体力がどれくらいもつか、穴の締り具合だけも

感覚でセックスするのも楽しいものですが、改めて確認しておいた方がいいものは、まだまだあります。

まずは、セックスの回数や、1回あたりの時間です。

セックスの回数について、いっぱいできる男性もいるでしょうし、1回で終わる男性もいます。

それと同じように、たくさん求めたり1回すれば満足する女性もいます。

自分だけが満足することがないように、1回目が早く終わってしまい、2回目ができないのであれば、セフレのために余韻を楽しめるようにしましょう。

体にいっぱい触れてみるなどして、余韻に浸り満足度を上げるようにしましょう。

また、1回あたりの時間についても、どうしてもセフレですので、すぐに挿入したくなります。

しかし、相手にも尽くしてほしいことを思えば、前戯を含めて時間をたっぷりかけてヤッてもいいでしょう。

逆に、相手は、さっと挿入して、1回をガッと終わらせることを求めているかもしれません。

そういったセフレとしての欲求のあり方を確認しましょう。

そして、もうひとつ重要ですが言いにくいのが、穴の締り具合です。

どうしても体質的に、中が緩い女性がいます。

ピストンしても中が緩くイケずに楽しめない場合は、セフレ関係を終わらせるのも手段のひとつです。

筋トレなど、体質改善をそれとなく誘導し締りをよくしてもらうのもいいでしょう。

ひとりで悩まずに行動に移しましょう。案外セフレ相手も、すぐにイケない男性を見て悩んでいます。

性感帯などのツボをつかみ、体の相性の良さを実感し、より良い体の関係になれます。

2.セフレとしての関係の認識の相性も確認をしましょう

2-1.セフレという関係の認識の確認

セフレといっても、関わり方は色々あります。

完全にセックスをするだけの相手なのか、どうか。

デートなどカップル的なこともして、その延長にセックスがあるのか。

ご飯など1食をともにしてセックスがあるのかなどです。

これは見落としがちな重要なことです。

自分はセックスだけの相手と思っているので、どの時間に会っても、セックスをして、さっと帰ることが前提としているとします。

しかし、セフレ相手は、仕事終わりに会うのであれば、夜ご飯も一緒に食べられると思っている場合もあります。

そういったことで、お互いの認識のズレがありますと、後々の修正が大変になってきます。

最初のうちにどこまで求められているのか、自分がセフレになにを求めているのか確認しましょう。

趣味を共に楽しめるセフレと考えているのか、恋人では埋められない性的嗜好を満足させる相手なのかどうか。

セフレ関係のありかたを確認することで、長続きするセフレ関係が築けます。

2-2.金銭感覚

セフレと会うのに、ラブホに行ったり、外食をしたり、家での手作りご飯にしても、お金を少なからず使います。

セフレ相手がよければワリカンでもいいでしょうし、男が出すものだ、とふたりとも認識していればそれで問題ありません。

ただ、ちょっと財布を出すしぐさをしてくれるだとか、端数だけ払ってくれるだとか、気遣いをしてくれるだけで心証が変わってきます。

お互いそういったちょっとしたことが気遣いできるだけで、満足度が変わってきます。

ラブホにしても、安いところでいいのか、綺麗な値段の高いところでないとダメなのか、それとなく確認しましょう。

正直なところ、セフレですので、ヤレれば他はなんでもいいと思っている男性は多いはずです。

なので、ラブホにしても、外食するにしても、お店のランクなどを、うまいこと選び、コスパを意識してみるのもいいでしょう。

ただ、女性を喜ばすことで相手の満足度が上がります。

それによって、尽くしてもらえ方も変わってくるでしょう。

そういったお互いのことを考えて、改めて金銭感覚を確認しましょう。

2-3.遊び方の満足度

結局のところ、セフレ相手に何を求めているか、というお話になってきます。

もちろん女性側からも男性側からも両方です。

セフレだとしても、趣味のカラオケや映画に付き合って一緒に遊んで楽しみたい。

家でもできる何かを一緒に遊びたいかもしれません。

セフレですので、第一にセックスでいいのです。

しかし、セフレといると楽しく、満足度が高いと思わしめる何かがあると、良好なセフレ関係が継続できます。

相手の趣味に無理に合わせる必要はありませんが、案外話してみると、お互いの欲求が埋められるかもしれません。

2-4.安らぎを求めているのか刺激を求めているのか?

セフレとして、非日常的な刺激を求めているのか、カップルのようなイチャイチャしたのを求めているのかは、ヤリながら反応をみて確認するか、聞いてみるかしないとわかりません。

一度、正直に聞いて確認してみましょう。

案外、非日常的な激しいセックス、刺激を求めておられます。

彼氏とは出来ないセックスを、セフレと楽しみたいという方は多いです。

道具を使ったセックスや、セックスに夢中になり、乱れて声を出してセックスしたい、スリルのある野外プレイがしたいなど様々です。

他には、人間関係のしがらみがなく、利害関係のないセフレとして、なんでも話すことができてストレスが発散できる。

そして、体の相性もいいからセフレ関係を継続している場合もあります。

そういった関係性を理解したうえで接することができると、お互いの求めているものがわかり、欲求を満たすことができます。

3.色んなことを確認しないとどうなるか?

3-1.根本的にセフレでなく、彼女と思っている可能性があります

相性を確認する上で、人との付き合い方とか考え方の相性も確認しましょう。

体の関係を持ったから、もう特別な存在で、彼女気分でいるかもしれません。

あとでトラブルとなるもととなります。

あくまでセフレであるなら、セフレということを自覚させましょう。

付き合う予定もないなら、それなりに認識のすり合わせをしましょう。

3-2.関係性が悪くなったらナーバスになるかどうか

ヒステリックになりやすい人は少なくありません。

セフレになった相手が、ナーバスになりヒステリックをおこすかどうかも、見極めが必要です。

もちろんメンヘラ系と付き合うことを、苦にしないというか、メンヘラキラー的な人も多くおられます。

そういったメンタル面でコントロールしやすいという意味でも、ナーバスになりやすいかどうかも確認する必要があります。

いざ、セフレ関係を継続していく中で、セフレの関係でありながら、少し会えないとヒステリックをおこされると手間がかかり、精神的にストレスとなります。

満足度の高いセフレとして関係を続けていくのならば、手間のかかるセフレとの関係を早期に切る、という選択肢もあります。

相性を確認する中で、そういった兆候を読み取るようにしましょう。

3-3.改めて確認することで、もっと割り切って楽しくいける可能性もあります

改めてセフレと話し合って、相性を確認することで、言えずにいたことが言えることもあります。

また、意識して色んな場所の体を触ることで、新たな性感帯を見つけることができるかもしれません。

実は性癖が偏っていて言いづらかったなど、けっこうあります。

セックスの回数や前戯の時間なども、案外自分の思っていたものと食い違いがあります。

話し合う、改めて相性を確認することで欲求がわかるようになり、思い切り楽しめることとなり、満足度の高いセフレとすることができます。

4.最後に

セフレという関係になれたからといって、それだけに甘んじることなく、楽観的にいかずに改めて相性を確認しましょう。

お互いを知ることでリスク管理も出来ます。

セフレ関係を築いたが、解消するとなったら、まわりの人に悪口を言いふらすタイプの人かもしれません。

より良い関係を築き楽しいセフレ関係を継続するために、体の相性、性癖や、人としての関わり方を改めて確認しましょう。

それで、認識をすり合わせることで、求めていることがわかり、お互いの欠けている部分を補いあえるセフレ関係になれるでしょう。

安全日には中出しをし、ヤリたくなったら野外プレイをする。

飲み屋の個室で酔った勢いでセックスをし、カラオケでは歌いながらフェラをしてもらいましょう。

道具を使って楽して前戯をして、相手をイカしまくりましょう。

ラブホなどお金をかけることなく、一人暮らしをしているセフレの家でヤリましょう。

こういったことも、事前に話し合っておけば問題ありません。

自分の欲望ばかり求めてはいけませんが、お互いの欲求がマッチしていれば、こういったことも相手にとっては喜ばれるかもしれません。

セフレからの希望の方がもっとアブノーマルで、もっと好奇心を刺激されるかもしれません。

セフレ関係になったのなら、セックスの満足度を上げることに特化して関係を深めていきましょう。

それを実現させるのが、相性の確認です。

管理人が厳選!やれる女が見つかるアプリランキング
今すぐやれる女が見つかる-出会い系アプリランキングのキービジュアル

①管理人の経験から導き出した「本物」ばかり
②すべて登録無料でサクラなしの優良アプリ
③複数アプリを併用するのが大事なポイント

おすすめの記事