熟女体験談集 | エロ・H・不倫・巨乳・変態・オナニー・エッチ・無料...etc

この記事では、管理人が実際に出会い系アプリで熟女とエロいことができた体験談を紹介しています。
出会い系アプリを使おうと考えてる人や熟女とエロいことをしたい人に、ぜひ読んでもらいたい内容になっています。
それではご覧ください!

1.熟女エロ体験談 | 巨乳美魔女のおもちゃにされて朝まで4回戦

熟女エロ体験談のキービジュアル
★女の子のプロフィール★
年齢:40歳前後
職業:女子大生
バストカップ:Eカップ
体型:普通
ルックス:ロリ系
備考:かなりの美少女
「巨乳美魔女のおもちゃにされて朝まで4回戦」の本編を見てみる

巨乳熟女とのマッチングの流れ

巨乳熟女とはこういう流れでマッチングしました。

  1. ミントC!Jメールのプロフィール検索で登録したての人妻や熟女をピックアップ
  2. プロフが気になった女性に10人ほどメッセージを送る
  3. 巨乳熟女から返事をもらえる
  4. LINEで口説きまくって、ようやくアポゲット

ドキドキな熟女との待ち合わせ

熟女:「・・・はじめまして・・・」
管理人:「あ、僕、〇〇です。」
熟女:「やっぱりね。(笑) LINEで言ってた通りね。」
管理人:「えっ!」
熟女:(向かい側の席に座りながら・・・)「ちょっと私年齢高そうに見えるからビックリした?」
管理人:「・・・いえいえ・・・(結構イケてますよ!)」
熟女:「出会い系だと十代の男の子なんているから、ちょっとドキドキしちゃった」
私:(遠慮気味に)「言ったように樸20代後半ですが・・・」
熟女:「見た目、私でイ~い?」
私:(よく見ると、肌も綺麗で、胸がはち切れるようなデカさ!巨乳!美味しいかもしれない!)
「・・・・ いい、イイですよ!」(なぜかドモッテしまい、実際の年齢を聞くのを忘れてしまうほどで
した)

熟女なら即ホテルも余裕でした

 

彼女はスタスタと、歩いて行くのです。この時、私は彼女の少し後ろを「ついて行く」感じで歩いて行きました。いつもは逆のパターンで、何やら新鮮な感じでした。

すると彼女、私がよく使うホテルの隣、ちょっと高めのホテルに、、、こちらをチラリと振り向いただけで入っていくではありませんか!

僕は、まるで彼女に引率された子供のように後を追うだけ。部屋のチョイスも彼女がスムーズでササッとやり、エレベーターへ。

「開」のボタンを押しながら、少し笑って待っている姿は男を誘う魔女のようにも見えました。

ここまで来ればどうにでもなれの気持ち、彼女の微笑むエレベーターへ。既に階数は押されていて、直ぐに「閉」ボタン!

すると、いきなり彼女の右手が私の股間に!揉むように撫でるように触れてくるではありませんか。と同時に熱いディープキス。

もう何が何だか分かりません。

でも、正直者の私のチ〇ポはギンギンになっちゃってました。

熟女:(熱い吐息とともに)「やっぱり、元気イイのね♡」
管理人:「あ、いや、、、その、、、」
熟女:「あのアプリは時々、貴男みたいな素敵な男性と巡り合えるのね♡」
管理人:「そ、そうですか・・・」
熟女:「私、時々使うのよ。今までに貴男で三人くらいかな」
私:(自分が出会った女性の数を言うべきか悩みましたが、言わずに・・・」
「そうですか・・・」

エレベーターの中で、いきなりのディープコンタクト!この先、ワクワクさせる成り行きに殆ど彼女のなすがままにルームイン。

熟女エロ体験談 | 巨乳美魔女のおもちゃにされて朝まで4回戦

ドアを入ってキーロックした瞬間、再び彼女からのディープキス。当然エレベーターの中と同じように彼女の手は私の股間へ。

今度は、両手で揉み上げるように私のジーンズの上からしごくように触ってきました。私は思わず彼女を抱きしめていました。すると、なんと凄い巨乳を感じさせるボリュームと弾力。もう150%の勃起状態です。

抱き合いながらベッドの方へ蟹歩き状態。その間も彼女は、私に濃厚なディープキスで舌を思いっきり絡めています。

そんな中、彼女は両手で私のジーンズのジッパーを開けようとしました。中の息子は硬質な鉄バット状態で、あっという間に亀頭が首を出しちゃいました。

彼女の手は優しく亀頭を擦りながら、身を屈め、いきなりのフェラ。ズルズルと卑猥な音を立てながら頭を前後に振っています。

私も堪らず、イマラチオでグングン腰を前後に振っちゃいました。

彼女は、「ウグゥグゥ・・・」と呻きながらも、しゃぶり続けています。

その間に、すでに彼女は服を脱ぎ棄て、ブラとパンティーだけになっていました。

私も、負けずに上下ともに脱ぎ捨て真っ裸の状態。このままベッドへ。

とここまでは、普通のヤリマン女のパターンでした。でもこの時はちょっと違ったのです。

私が上に乗ろうとするのを強引にねじ伏せ、いきなり彼女が上に乗ってきました。同時に、身体を180度回転、女性上位のシックスナイン態勢。いきなり彼女のオマンコが僕の顔の上に乗ってきました。

この時、すでに彼女の秘壺はヌレヌレ、糸を引くほどに潤っていました。

彼女は私の肉棒にむしゃぶりついています。しかも右手でしごき始めました。

熟女:「あぁ・・・。駄目よ!舐めちゃダメ!ジッと見るだけ!」
管理人:「え・・・。舐めちゃダメなの!?」
熟女:「ダメって言ってるでしょ!貴方を先に行かせるんだから!」
管理人:「うぅうぅ・・・」

彼女の口ワザと手コキ技がなんとも言えず気持ちよく、もう少しでドピュ!っと行きそうな寸前、彼女はいきなり、左手で私のタマタマを思いっきり握り、フェラもいきなり中断、右手のしごきもピタッと止めちゃったんです。

男性なら誰しも分かると思いますが、イク寸前に止められるほど辛いことはありません。でも、その時彼女は・・・

熟女:「まだまだ発射はさせないわよ!これからなこのチ〇ポで遊ぶんだから」
管理人:「・・・(そそそ、そんなぁ~)」

彼女の巨乳が私の下腹部を圧迫し、苦しかったのですが、今度は騎乗位スタイルに。私は、ただ彼女のおもちゃ状態です。

騎乗位スタイルになっても、彼女のヌレヌレの秘壺には入れさせてくれません。

オマンコの割れ目に肉棒を挟んで前後にスライディング。私の手を取り、自分の豊満な巨乳に当てがいました。

私は、手に余る巨乳を揉みしだきながら、指で乳輪と乳首を転がすように愛撫しました。

熟女:「ねぇ、気持ちいいでしょ~♡」
管理人:「ああ、でもそろそろ入れさせてよ~」  (もう懇願状態でお願いしました)
熟女:「もう十分ね。あまり気を持たせてもだめだもんね♡」
管理人:「うううう・・・」

いよいよ彼女の濡れそぼった秘壺にギンギン肉棒を・・・。

熟女:「あああ・・・」
管理人:「ううう・・」
熟女:「あああ・・・ 行っていいよ~ 出してぇ~ 奥に出して~!」
管理人:「いいの? 中出しして・・・」
熟女:「大丈夫よ!思いっきりイッパイ出して~」

その瞬間、ドピュ!ドピュ!・・・。いつもよりイク感覚が何回もあったような感じがしました。

 

 

二人とも、荒い息のまま彼女は前のめりに巨乳を押し付けるように倒れ掛かってきました。

私は、彼女の乳頭を丹念に、口で転がしてあげました。

まだ、挿入状態のままだったのですが、私の肉棒は、まだギンギン状態で再戦可能状態でした。

熟女:「さすがね!まだいけそうね♡」
管理人:「ええ、ちょっとこっちの方は自信がありますから」
熟女:「まだこのまま、私がオマンコで締め付けてあげるからね・・・。随分出たわね。嬉しい♡。」
管理人:「大丈夫なの?」
熟女:「今日はね。この次はお風呂でハメちゃおうか!?」
管理人:「どこでもいいけど・・・」

と言うことで、二回戦目はお風呂で再開になりました。彼女の裸をマジマジと明るい浴室の光の下で初めて見ました。

下腹部がやや出ていましたが、この膨らみも何となくエロっぽく感じられました。腰のクビレがあり、何といっても巨乳といやらしくクネクネした動きに再び私の肉棒はギンギンに。

今度は、彼女が身体をヌルリと入替え、壁に両手をついてお尻を突き出してきました。

シャワーのお湯なのか、彼女のオマンコ汁なのか分からないほど、濡れていて自然に私の肉棒を挿入することになりました。

当然私の両手は巨乳をグリグリ揉みながら激しく前後ピストン。彼女の喘ぐような叫ぶような声が浴室内に響いたのを覚えています。

こうして、その日は翌朝まで4回戦!にもなりました。もう私のチ〇ポは枯れ枯れです。最後は、私のクンニの技で彼女を何回もイカせてあげました。

ホテルを出る間際に、

熟女:「またね♡。溜まったら何時でもメッセージ頂戴」
管理人:「またさせてくれるの?」
熟女:「ヤルだけよ!普通の恋愛じゃないからね!私、結構おいしいでしょう!胸もあるしね!」
管理人:「僕が巨乳好きなの知ってたの?」
熟女:「ヤッてて、胸ばかりもむんだもん(笑)。巨乳好きってすぐわかったわ」
管理人:「・・・じゃ、今度もお願いします。」
熟女:「ええ、暇だったら付き合ってあげるわ」

こんな感じで、月に数回会うようになりました。出会い系でこんな美熟女に出会えるとは思いませんでした。

管理人から一言

管理人
彼女とは、今も続いています。これから熟女で趣味に走っちゃおうかと悩んでいます。
「ミントC!Jメール」には感謝感謝です!

 

2.変態熟女体験談 | キャリアウーマンの性欲と性癖が凄まじかったw

変態熟女体験談のキービジュアル
★女の子のプロフィール★

名前:カナエ
年齢:41歳
職業:不動産関連
バストカップ:Bカップ
体型:やや細め
ルックス:セクシー系
備考:細身で凹凸の少ない体つき、意識高い

「変態熟女体験談」の本編を見てみる

カナエさんとの出会いからアポ取りまでの流れ

カナエさんとの体験談の前に、まずはどうやって出会ったかをご紹介します。

ハッピーメールで「年齢」を「40代前半」以上にして検索(どの出会い系で出会ったか?)
②上から順番にメッセージを送信(どうやって見つけたか?どうやって出会ったか?)
③カナエさんから返信がある(どうやって仲良くなったか?)
④意識高いトークに調子を合わせてメッセージのやりとり(どうやってデートなどに誘ったか?)
⑤カナエさんが会いたいとのことで、居酒屋で会うことに(その他なにかあれば)

キャリアウーマンはストレスも性欲も溜まっている

その日は歳上のお姉さんと出会いたい気分でした。
なので、お相手の年齢を40代前半以上に絞って検索。
見事、その日は時間があったというカナエさんと出会うことに。

メッセージをやりとりする時点から彼女、とても意識高いことが伺えます。
成長とか将来とか、そういった言葉が頻出します。
調子を合わせていたら、なんとその日に出会うことに。

さすがに意識高い女性だけあって、行動力も凄まじいといったところでしょうか。
まあ、そういう女性って意外に変態だったりするんですけどね。

待ち合わせ場所はチェーンの居酒屋の前でした。
実際に来たカナエさんは、細身の体型と綺麗な髪が印象的な人でした。
体型の浮き出るぴっちりとしたパンツスタイルが、優秀さを感じさせます。

意識高い人を相手にするのは少し緊張しましたが、最初の挨拶の感じは意外に気さく。
さっぱりとした雰囲気で、まるで男と話しているかのような気楽さすらあります。

店に入ったカナエさんと、まずはビールで乾杯。
メッセージではしきれなかった自己紹介をします。

どうやらカナエさんは、不動産関係の職場にいて、調子よく出世していっているようです。
もちろん、自分でそんなことは言いませんが、話しぶりからは高い地位にいることが感じられました。
「うちの会社、男ばかりの男社会で、けっこうストレス溜まるんですよね」と愚痴。

そんな中にいるから、まるで同性と話しているような気楽さがあるのか、と妙に納得。
私は会社の人間でもないですから、気楽に接していいですよ、と言うと、彼女は「ありがとう」といってビールを飲みました。

職場でストレスを貯めている女性には、こうして自分が逃げ道になってあげるような姿勢が効果的です。
少なくとも、熟女受けはいいです笑

カナエさんはいいペースでお酒を飲みながら、その後も職場の愚痴と意識高い会話を織り交ぜて話進めます。
私はそれを、基本的には肯定的に、強く頷きながら聞いていました。
調子を合わせているだけ、とも言いますが。

会話もひとしきり盛り上がって落ち着いたころ、カナエさんはもうかなり酔っていました。
話している最中もどんどんボディタッチが多くなる彼女。
下ネタこそないものの、態度からはエロの雰囲気がムンムンでした笑

これはもうこっちからホテルなんて言わなくても、向こうから誘ってきそうだな、なんて考えていたんですが。
案の定、カナエさんから「この後暇?」と聞かれました。
もちろんこの波に乗らないわけにはいきません。

予定は特にないです、と言うと、「じゃあホテル行こうか」とのこと。
なんとも唐突ですが、さっきからのカナエさんのそわそわした様子を見ていれば、何も不思議じゃありません。
まさかの向こうから誘われての、ホテルへGOです。

変態熟女体験談 | キャリアウーマンの性欲と性癖が凄まじかったw

ホテルの部屋に到着して、服を脱いで下着姿になるカナエさん。
「どう?」と言ってくるのですが、正直エロいしか感想がありません。

ブラは透けてるエロいやつ。
ショーツにいたっては股の部分が割れていて女性器が丸見え。
さすがに変態過ぎる下着でした。

正直にエロいです、と言うと嬉しそうに、「そうでしょ」とカナエさん。
しかしこの変態熟女、これだけでは終わりません。

なんと一人で盛り上がって、勝手にオナニーをはじめました。
下着姿のまま、指をクリトリスにあてがって、弄っています。
「ねえ、もっとこっち来て、下も脱いで」とカナエさん。

そのとおりにすると、なんとこの変態、私の玉の裏の臭いを嗅ぎながらオナニーしていました。
熟女は性欲が強いとは前々から思っていましたが、これはけっこうな変態ですね。

その調子で勝手に指を動かしながら、勝手に何回かイッているカナエさん。
ただ臭いを嗅いでいただけだったのが、徐々に玉から竿へと舐め回していき、フェラまでしてくれます。
さすが変態だけあって、舌使いは上手いのです。

「ここぉ……ここが好きなのぉ」とかなんとか言いながら、玉も竿もまるで味わうように舐める姿は、もはや変態熟女と呼ぶのすら生ぬるい気がしてきます。
それでも、顔の整った美人にそんなことをしてもらえるのは正直興奮します。

「ねえ、興奮してきた? 気持ちいい?」と聞いてくる彼女は声までしっとりと、エロさMAXです。
その調子で、「ねえ、次は頭掴んで激しくして」とカナエさん。
こちらもねっとりと、まるで焦らすような玉舐めとフェラにもどかしさを感じていましたから、そう聞くや否や両手で頭を掴んで、前後に動かしました。

激しく、と言っていたので、まるで使い捨てのオナホを使うように、ガンガン揺らしていきます。
カナエさんは苦しそうになんとか息をしながらも、上目遣いでこっちを見ながら、懸命に口と喉を遣って私のイチモツを扱いています。
相当興奮しているのか、腰がガクガクと震えているのが見えます。

私の目線からだとよくわかりませんが、おそらくあの時潮を吹いていたのかもしれません。
こうして振り返ると、本当に変態ですね。

せっかく性欲の溜まった熟女が、しかもここまでド変態なのですから、満足させてあげたいのが男心。
苦しそうなカナエさんを尻目に、さらに激しく頭を動かして、一気に射精までいきます。

射精し終えた後、カナエさんは精子を飲み込まず、吐き出しもせず。
口を開けて中を見せた後、「いっぱいでたね」と口を開きながら言ってくれます。
その変態っぷりに、また私のムスコは活力を取り戻してフル勃起です。

それを見たカナエさん。
もちろん放っておいてくれるはずもなく、今度はベッドに押し倒されて、まるで搾り取るような騎乗位がはじまります。

身体は細身ですが、膣内は柔らかく包み込むような緩やかな締め付けでした。
しかもカナエさん、自分の気持ちいいところを探しながら、ゆっくり、ゆったりと腰を動かすのです。
ここに、熟女の経験と技術が活かされます。

まるで誘うようにゆっくりと腰を動かしながら、徐々に早めていく。
射精感が高まってきたところで、速度を緩めて焦らす。
これを繰り返されると、もうこちらは出したくて出したくてしょうがなくなります。

もどかしくなり、腰を掴んで一気に突き上げました。
待ってましたと言わんばかりに、「もっと、もっとして!」と満足げの変態熟女カナエさん。
これまで見越しての焦らしだとすれば、この熟女、侮れません。

結局またカナエさんの腰をオナホのように扱って射精してしまいました。
2回連続で射精して、さすがの私もぐったり。
彼女ももう何回もイキまくっているので、さすがに疲れているはず。

しかし、結局また玉や乳首を弄って無理やりにでも勃起させてくるカナエさん。
その後もホテルのチェックアウトの時間まで、まるで搾り取るようなセックスを仕掛けてきました。
溜まっている熟女の性欲、恐るべし、と流石におもった出来事でした。

以上が、カナエさんと出会った体験談です。

彼女はその後も変態プレイをしたい時は呼び出してくるようなセフレになりました。
カナエさんも忙しくてなかなか会えない時は、夜中電話がかかってきて、電話越しにオナニーの声を聞かされます笑

管理人から一言

管理人
熟女は性欲も強いことが多いのでおすすめです。

 

3.熟女不倫体験談 | ガバガバおまんこの歩く肉便器に遭遇

熟女不倫体験談のキービジュアル
★女の子のプロフィール★

名前:有希(ゆき)
年齢:46歳
職業:工場勤務
バストカップ:Bカップ
体型:少し太め
ルックス:熟女系
備考:性に飢えているが、もう男性には相手してもらえないと卑下している

「熟女不倫体験談」の本編を見てみる

有希さんとの出会いからアポ取りまでの流れ

まずは有希さんとのコンタクトからデートの約束までの体験談をお伝えします。

ハッピーメールでキーワード『40代女性 23区』で検索しました
②出てきた女性で自分を相手してくれそうな人にひたすらメッセージを送りました
③そして数人からメッセージが返ってきました。その中の1人が有希さんがいました
④有希さんは結婚していることもあり、もう男性には相手してもらえないと卑下している
⑤連絡が続く人であればデートの誘いがあれば誰でも行くとのことで約束にいたりました

熟女の40代女性を「女性」に戻す

有希さんは工場で日中働き、夜は旦那と子どものために家事をして一日を終える生活を送っていました。
そこで私からのアプローチがありテンションが上がっていた様子です。
デートすることには合意しましたが、いつどこで会うかが問題でした。

しかし有希さんは私とのデートに前のめりでした。
有希さんは「仕事と家事さえ終わればどこでも行く!」ということでした。
したがって私の仕事終わりに会うことにしました。
有希さんは仕事終わりの私を車で迎えに来てくれました。

有希さんは熟女ならではの優しさを見せてくれました。
有希さんの運転する車に乗り込むと有希さんからペットボトルのお茶を手渡されました。
私は有希さんの優しさにキュンとしてしまいました。
深夜の待ち合わせで今から楽しむような場所はホテル以外に思いつかなかったので、有希さんとホテルに向かうことにしました。

有希さんに「不倫して良いの?」と聞くと、話を濁され黙々とホテルに向かいました。
旦那さんと仲は悪いわけではないようでしたが、女性として見てもらえないことへのフラストレーションが溜まっていたようです。

デートの約束をしたときは何気なく時間を合わせることができるタイミングが深夜しかないと思っていましたが、今考えると有希さんの策略だったのかなと思います。(笑)
少し車を動かすとすぐホテルに着きました。

ホテルの部屋について私たちは日頃の鬱憤を晴らすかのようにキスをしてお互いを求め合いました。もうこの時、有希さんは不倫をしているという背徳感すらなく、恋をした時の女の子に戻っていました。
そして私のどのような要求も受け入れてくれるであろう雰囲気が既に出ていました。

キスだけであるにも関わらず、有希さんは挿入しているかのように悶え、腰も動いていました。
濃厚なディープキスで舌を絡め合うと、有希さんのアソコは次第に濡れ始めました。
性に飢えた熟女は本当に話が早いなと痛感しました。(笑)

私は有希さんの服の中に手を突っ込みブラジャーを外しました。
有希さんのブラジャーは普段誰にも見られることないようで、機能性重視のものでした。
色も熟女感満載の肌色のブラジャーでいかにご無沙汰しているかがわかりました。
そして小さくて黒ずんだ乳首を兼ね備えたおっぱいを揉めるだけ揉みました。
揉みごたえがあったおっぱいとは言い切れませんが、有希さんは今まで味わったことのない快感を味わうかのように感じていました。

有希さんはもっと欲しがって、私に乳首を噛むように指示を出してきました。
乳首を噛むと有希さんは泣きそうになりながら感じていました。
一つ一つのプレイを全力で感じてくれるのは、性に飢えた熟女の魅力であると言えると思います。

そして私は有希さんのスカートを脱がし、ぐちょぐちょのアソコをいじくりまわしました。
有希さんは力づくで私の手をアソコに当て指を突っ込むように終えつけてきました。
そして私はまず人差し指をぬるぬるのアソコに入れました。
入れると有希さんは嫌なことやストレスを忘れるかのように私の指を出し入れしました。
気持ち良さ過ぎて我慢ができなかったようです。

次は人差し指と中指、その次は人差し指と中指と薬指と突っ込みました。
少しぽっちゃりということもあり、アソコの周りにも脂肪がついており、柔らかく感触の良いアソコでした。
締り具合自体は、かなりご無沙汰だからか過去にやりまくっていた経験か熟女であるせいか正直ガバガバな印象でした。

そのガバガバなアソコを舐めました。
味としては少し生臭いいやらしい味がしました。
舐め続けると有希さんの愛液が溢れてきて、私の顔も愛液まみれになりました。
興奮する有希さんを目の当たりにして私もどんどん興奮していきました。

一通り攻め切ると、有希さんは私のちんこを食べさせてほしいと懇願してきました。
もちろん断るわけもなく、有希さんのお口へと私のちんこは一直線に向かっていきました。
歯を使って半ば強引に舐めてくる有希さんのフェラも今までされてきたフェラに負けず劣らず気持ち良かったです。

私は気持ち良いフェラからそのまま絶頂まで持っていきたかったので、そのまま有希さんのアソコに私の息子をぶち込みました。
有希さんに「不倫して良いの?旦那さんとお子さんは?」と意地悪っぽく聞きました。

有希さんは「おちんちんが良い。気持ち良くなりたいのーーーー」と熟女らしくない乱れっぷりを見せていました。
私の腰振りに満足できなかったのか正常位であるにも関わらず、下から有希さん自ら腰を振り刺激を増大させていました。

私のちんこと金玉は有希さんの愛液でびちょびちょになっていました。
この時、有希さんはもう羞恥心を忘れ私の肉棒を欲していました。
そしてまだ体位も変えていないのに、有希さんはクリちゃんにちんこが当たるように腰を振り続け、オーガズムに達すると早々に中に出すように求めてきました。
私は熟女に求められるがままに中に出してあっさりフィニッシュとなりました。

熟女不倫体験談 | ガバガバおまんこの歩く肉便器に遭遇

熟女の不倫ほど男性にとって都合の良いことはないとこの時感じました。
フィニッシュして賢者モードになった私は少し休憩をして帰ることを提案しました。
有希さんも今日は満足してくれたのか帰ることに同意してくれました。

そして、あっさりホテルを後にして有希さんは私を家まで送ってくれました。
車を出るときに有希さんから「いつでも誘ってね!わたしいつでも駆けつけるから!」と言ってその日は家に帰りました。
私は本当にいつでも来てくれるのか試したいと思い、2日後の夜12時に「今からぶっこみたい!!」とLINEを送りました。

すると「今からどこに行けばよい?」と返信が来たので私の家に呼ぶことにしました。
物わかりの良い有希さんはアソコを洗って私の家に来ました。
来るなり私は有希さんの服を全部脱がし、全身舐めまわしました。

舐め終わると有希さんの頭を掴み、私の息子を咥えさせました。
私は自分の欲望のまま、有希さんの息が詰まるほど咥えさせました。
そして早々にイキたくなった私は有希さんの身体を手に取り、肉棒を挿入しました。
私の思うままに気持ち良く絶頂を迎えたいと正常位で肉棒をアソコに擦りまくりました。

有希さんがどのような体位でどのようなプレイを望んでいたのかはわかりませんが、しっかり中に射精しました。
そしてプレイ後のイチャイチャする時間は設けず、賢者モードになった自分は有希さんにソフトに帰るようにお願いしました。

有希さん自身、イチャイチャしたかったのかどうかはわかりませんが、「またいつでも誘ってね!」と笑顔で帰っていきました。
あそこまで無邪気に応じてくれる有希さんに私は心奪われそうになりました。

管理人から一言

管理人
しかしその後も私は熟女性に飢えている熟女は自分自身に自信もなく、相手をしてくれる男性に逃げられたくないあまり何でも要望を聞いてくれるようなケースがあるようです。
有希さんにも私のことを心の底から求めてくれている不倫ができていると良いなと思っています。

 

4.熟女H体験談 | 豊富な経験ゆえにアブノーマルが大好きな大人の女

熟女H体験談のキービジュアル
★女の子のプロフィール★

名前:美咲(みさき)
年齢:43歳
職業:パート
バストカップ:Cカップ
体型:細身
ルックス:熟女系
備考:性に飢えており積極性が高い

「熟女H体験談」の本編を見てみる

美咲さんとの出会いからアポ取りまでの流れ

まずは美咲さんとのコンタクトからデートの約束までの体験談をお伝えします。

①ハッピーメールでキーワード『暇 23区』で検索しました
②出てきた女性で自分を相手してくれそうな人にひたすらメッセージを送りました
③そして数人からメッセージが返ってきました。その中の1人が美咲さんがいました
④美咲さんの友達は揃って家事子育てと忙しくしているが、美咲さん自身は独身40代ということで 仕事以外は暇をしている様子
⑤暇なときに会えるのであれば仲良くなりたいということで会う約束に至りました

熟女×暇=H

美咲さんは職場と家の往復ばかりで退屈な毎日を過ごしていました。
そして友達は結婚出産と経験して今は家事ならびに育児に追われている友達ばかりで休日に会って過ごすことができない状況でした。
この暇な時間を埋め合わせたくハッピーメールを始めたようです。

美咲さんと私はお互いに仕事が休みの土曜日に会うことにしました。私から夜ごはんを誘うと、美咲さんは相当暇をしていたのか朝から一日中デートしたいという返事が来ました。
そして一日中デートできる場所を探しました。

無難にデートを楽しめるように渋谷でデートすることになりました。
ゆっくり2人で話して打ち解けれるようにカフェに入りました。
そこで話していると、美咲さんから寂しい想いをしているということを伝えられました。
そして決して熟女からのHのお誘いではありませんでしたが、私は早とちりならびに勘違いをしてしまいホテルに誘ってしまいました。

誘いを受けた美咲さんは笑いながら「もう行くのー!?」と言いながらもホテルに向かうのを了承してくれました。
そして私たちは初デート開始の1時間後にはホテルに着いていました。
まだお互いにお酒も入っていない段階でしたので、少し恥ずかしさがあり部屋に入ってもHが一向に始まりませんでした。

勇気を振り絞り私は美咲さんを抱きしめてキスをしました。
すると美咲さんは待っていましたと言わんばかりに私の口の中に舌を入れてきました。
柔らかく小ぶりな舌が私の口の中で動き回り、濃厚なキスが繰り広げられました。
このキスは経験豊富な熟女でしか味わうことのできないものだと思い嬉しい気持ちになりました。

私はこれまで熟女や人妻と何度かHをしてきました。私の経験上、熟女や人妻は下着に関して機能性を重視した下着を身に着けているケースが多くセクシーさに欠けているケースが多かったです。
しかし美咲さんは水色のTバックにブラジャーは乳首をギリギリ隠せるぐらいの大きさのものを身に着けていました。

その下着を観た瞬間、私の興奮は抑えることができず、Tバックに顔をうずめてしまいました。
少し濃いめの毛を掻い潜り美咲さんのクリトリスに到着しました。
私は舌で優しく舐め美咲さんの興奮を誘いました。その後は毛を食べてしまうかの勢いでおマンコをいただきました。
めちゃくちゃいやらしい味がして美味しかったです。
Tバックの場合、興奮してそのまま顔を突っ込んでも少し横にズラせばおマンコにたどり着くので良いですね(笑)

着けてる意味のなくなったTバックの下着は美咲さん直々に脱いでいました。
そして私は美咲さんのブラジャーを剥ぎ取りおっぱいもいただきました。
美咲さんはおっぱいが性感帯なのか、私が舐めると先ほどまで恥ずかしそうにしていた美咲さんは何処へ…(笑)
隣の部屋まで聞こえんばかりの大きな声で喘いでいました。

そして熟女のHの時の喘ぎ声も独特なもので、少し低めの声で心底感じている様子が私は大好きです。
そして挿入するために私は美咲さんに息子をしゃぶってもらいました。
ジワジワとしゃぶる様子も熟女ならではのもので気持ち良かったです。

まずは玉から美咲さんは口に放り込み、口の中で転がしました。
その瞬間私の玉の中で大量の精子が生成されたような気がします。(笑)
そして竿もしっかり舐めてくれました。美味しい美味しいと連呼しながら舐めてくれたので嬉しかったです。

そして私たちは一つになりました。
ギンギンになった息子を美咲さんにぶち込みました。
細身で少し小柄であるが故なのか、穴の小さいおマンコでした。
なので締り具合も熟女らしくなくきつさを感じるほどのものでした。
ぶち込むと美咲さんは喘ぎ声だけでなく言葉も色々と発していました。

気持ち良さを感じながら「ああー!私のおマンコには大きすぎるちんこ!気持ち良すぎるーー!ああー!」と声を荒げていました。
私は腰の振りを緩めることなく振り続けました。そのせいかすぐに私はイキそうになってしまいました。

美咲さんに「まだイかないでー!」と言われていましたが、私は美咲さんの中に出してしまいました。
「あーもう!!」と言いながらも寂しい想いをしていない今、美咲さんは本当に嬉しそうな様子でした。

激しいHというスポーツをした中年にはお互い疲れが出てきました。
そしてお腹も空いてきたので私たちはホテルを後にしてランチに出かけました。
道玄坂付近の昼から営業しているカフェかつバーのようなお店でランチを取ることにしました。

そこでランチを取るとともにアルコールも摂取しました。
激しいHの後のビールは格別でした。
飲み始めると、どうやら美咲さんにとって先ほどのHは消化不良なようでこの後もHしたいとお誘いをいただきました。

Hが大好きな私は拒否することなくランチの後に再戦することを約束しました。
ランチが終わると私はホテルに向かおうとしました。
しかし美咲さんはドン・キホーテに向かおうと誘ってきました。
何故ドン・キホーテなのかわかりませんでしたが、着くとすぐにわかりました。

熟女H体験談 | 豊富な経験ゆえにアブノーマルが大好き

美咲さんはドン・キホーテでHに使えそうなものをかごに入れていきました。
もちろん強力な電マもかごに入れて美咲さんは昇天する準備万端でした。
嬉しそうに買い物をしている美咲さんを見ると私は早くホテルに向かいたくなりました。

そして私たちは先ほどと同じホテルに向かいました。
部屋に入るなり、美咲さんは服を自ら脱ぎ始めました。
その様子を見て私は美咲さんを全力で攻めることを決意しました。
買ったばかりの電マを開け美咲さんのおマンコに当てました。
音からもわかる強力な振動でしたが、臆することなく美咲さんは受けていました。

次に美咲さんは袋からきゅうりの一本漬けを取り出しました。
私はこれを2人でお酒を飲みながらアテとして食べるのかと思っていました。
しかしそうではなく、美咲さんのおマンコに突き刺すように指示を受けました。
美咲さん曰く、きゅうりの一本漬けは生きゅうりとは異なり突起がなく、少し柔らかい感じがおマンコにフィットするとのことでした。

これを聞いた時、熟女のHは凄いなと感心しました。
きゅうりで攻め、その後も買ったもので攻めまくりました。
そして前から私の息子を後ろから先ほど刺したきゅうりを同時の2つの穴にぶち込みました。
この時の美咲さんのイキそうな顔は今でもわすれることができません。

以後、美咲さんと会うときは挿入できる色々なものを用意したうえで会うようになりました。
そして寂しい想いをしないように頻度も多く、私は熟女とHをしまくる日々が続いています。

管理人から一言

管理人
性に飢えている熟女は自分自身に自信もなく、相手をしてくれる男性に逃げられたくないあまり何でも要望を聞いてくれるようなケースがあるようです。
有希さんにも私のことを心の底から求めてくれている不倫ができていると良いなと思っています。

 

5.熟女オナニー体験談 | 欲求不満人妻は自己処理ではもう満足できないw

熟女オナニー体験談のキービジュアル
★女の子のプロフィール★

名前:幸恵
年齢:42歳
職業:主婦
バストカップ:Eカップ
体型:グラマー
ルックス:おっとり系
備考:セックスレス

「熟女オナニー体験談」の本編を見てみる

幸恵さんとの出会いからアポ取りまでの流れ

まずは幸恵さんとの出会いからアポ取りまでの流れを説明します。

ミントC!Jメールで新人さんのみ表示で女性をプロフィール検索
②出てきた女性を上から順番にメッセージ送信
③出会い系を初めて利用するという幸恵さんから返信
④ストレス発散話に付き合い親近感を持たせる
⑤旦那の出張の日を狙って居酒屋デートに誘いアポゲット

お酒の力でホテルへ誘う、熟女が酔えばエロさ倍増

待ち合わせ場所に先に到着していた幸恵さん。管理人から声をかけました。

「はじめまして、管理人です」「あ、、どうも、、、なんか照れくさいですね…」ちょっと緊張気味な幸恵さんは見るからに熟女という感じでした。

決して綺麗ではないのですが、熟女のフェロモンを感じるのは巨乳のせいでしょうか。

グラマーな体型がとてもいやらしく、歩くたびにおっぱいがユサユサ揺れています。

出会い系で会うのは管理人が初めてらしく、ものすごく緊張してました。

管理人は幸恵さんに「こんな管理人でも大丈夫でしょうか」と声をかけると、「いえいえ、優しそうな方で安心しました」と言ってくれたので、予約した居酒屋へ向かう事になったのです。

ほんのりシャンプーの香りが漂う感じもまた熟女だからか、エロく感じます。

居酒屋について、とりあえずお互いビールで乾杯して、幸恵さんの緊張をほぐしてあげました。

酔ってきたからでしょうか、幸恵さんは下ネタも平気でお話してくれたのです。
旦那さんがよく出張でいない時が多いらしく、そんな時はリビングで堂々とオナニーをするのが日課になってるというからびっくりです。

「オナニーよくするんですね」というと、「オナニーしか楽しみがないのよ」と言いました。

「どうやってオナニーするんですか?」と聞くと「オナニーって指より私は電マを使うのが1番好き。バイブでもたまにするけど、クリイキが好きなの」と言うのです。

幸恵さんはおっとりとした熟女で、外見からはそんなことをしているイメージが全くないので、このギャップに興奮しました。

「そのオナニー、ぜひ見てみたいです」管理人は迷わず幸恵さんに伝えると、「オナニーが見たいの?」と笑っていました。

抵抗する返事ではなかったので、これはホテルに行けると思いさらに強気で誘うと、「オナニーだけがみたいの?」と言われ「オナニー以上に満足させてあげたいです」と答えたのです。

「行きましょうか、ホテルに」とOKの返事をもらいました。

熟女オナニー体験談 | 旦那以外は初めて、欲求不満の熟女の本当の姿は…

ホテルへ向かいながら、「旦那以外とホテルに行くことなんて、初めてだわ」と言いました。

その言葉にさらに燃える管理人。

「大丈夫ですか?」と聞くと、「もう、いまさらでしょ」と返すその顔にも熟女のフェロモンを感じます。酔ってるから、さらにエロくなった幸恵さん、管理人は抑えるのに必死でした。

ホテルに到着し、部屋に入った瞬間、幸恵さんを抱きしめると、幸恵さんからキスしてきました。

「久しぶりにキス…キスだけで、スイッチ入っちゃうわね」と言いながら舌を絡めてきました。

キスを堪能した後、お互いエロスイッチが入ったまま、二人でシャワーし、即ベッドに移動すると、幸恵さんがホテルに置いてある電マを見つけたのです。

「管理人さん、私のオナニー見たいと言ったわよね」と電マを持ち出してきました。

すぐさま、電源を入れ、クリにあて、「熟女のギャップがたまらないってさっき言ってたわよね、コレのこと?」と股を大きく開き、電マをあてている姿を見せつけてきました。

「あんっ、はぁはぁ」と隣でオナニーをしてる幸恵さんの胸にむしゃぶりつき、乳首を愛撫したのです。

「ああああぁーん。クリを刺激しながら乳首を舐められるなんでたまらないわ」と腰とクネクネと動かし、さらに喘いできました。

オナニーしながら、管理人のおちんちんを触ってくる手つきがまた淫乱熟女です。その幸恵さんの口に硬くなったチンコを入れフェラをさせました。

喘ぎながらも、チンコを口に含み一生懸命フェラをしてくれます。「ねぇ、電マあてたまま、おちんちん入れて」とお願いされ、幸恵さんのオマンコに勢いよく挿入しました。

「あああーん、あんっ!いいわ、いいわ、気持ちいいわ」久しぶりのチンコを加える熟女のオマンコはヨダレたらたらで、吸いつきが半端なく、離さないと言わんばかりに締めつけてきたのです。

「もっとー、もっと奥まで激しく突いてー」熟女の喘ぎ声は吠えているように叫び、感じ方がものすごいです。

管理人の手で電マを押し、さらにクリにあてると、「あああああー、はぁはぁはぁ、イクー」とチンコをさらに締めつけてきました。

「熟女のオマンコ最高だよ、幸恵さん」と言うと「オナニーじゃもう物足りなくなっちゃうわ」とトロンとした目をしながら管理人に言ってきたのです。

電マのスイッチをオフにして、幸恵さんを四つん這いにしました。、バックからチンコを挿入すると「はぁぁぁん、奥まで当たるー、管理人さーん、気持ちいいの、ああああーあん」と叫びまくったのです。

腰を掴み、奥までグリグリとチンコを突き激しく前後に動き続けました。ヨダレを垂らしながら、「すごいわ、すごいわ、バック最高、だめー、イクー」と枕に顔を預けお尻を突き出しながら腰をビクンビクンと震わせイキました。

オマンコが真っ赤に充血してる幸恵さん。とてもいやらしく濡れまくっています。

正常位に戻し、胸を鷲掴みして、挿入すると、「はぁはぁ、あああああーん、はぁはぁ、管理人さん、、」とキスをしてきたのです。

完全にエロモードのスイッチが入っている幸恵さんは、とてもいやらしく、熟女ならではの淫乱そのものでした。

糸を引くほど、激しいキスを繰り返しながら挿入し、また幸恵さんのオマンコがギューっと締めつけてきます。「またイキそう?」と聞くと「だめだめ、もう、おかしくなっちゃうー」と言いながら、背中に回す手の力が強くなり、管理人をギュとしたまま、またイッてしまったのです。

そして、ピクピクと痙攣したまま、ぷしゃー!と潮を吹き、ベッドを濡らしました。

「管理人さん、私もう何回イッたかわかんないよ」そういう幸恵さんを無視して、さらに挿入し続け管理人のチンコを子宮にグリグリと押し当てました。

電マのスイッチを入れ、クリにまたあてながら、腰を振ると、「あああああーん、だめーもうすぐいっちゃうー」と涙目になっています。電マをどけようとする手を抑えクリにあて続け、幸恵さんがおかしくなるまでいじめました。

ぷしゃー!ぷしゃー!と潮を何回も吹きながら何回もイッた幸恵さん。

さらに、激しく動き続け、思いっきり射精すると、ゴムをはずし、さらに舐めづづけるという変態っぷり。幸恵さんは久しぶりのセックスに大満足してくれました。

管理人から一言

管理人
欲求不満の熟女とのセックスは最高です。幸恵さんは、久しぶりに味わったセックスに、オナニーだけでは満足しなくなったと言われ、定期的に呼び出しされ会えばセックスする仲となっています。

 

6.熟女エッチ体験談 | キス魔でエロすぎる歳上OLとベロチューしまくった

熟女エッチ体験談のキービジュアル
★女の子のプロフィール★

名前:香子
年齢:49歳
職業:事務員
バストカップ:Dカップ
体型:スリム
ルックス:キレイ系
備考:歳下好き、キス魔

「熟女エッチ体験談」の本編を見てみる

香子さんとの出会いからアポ取りまでの流れ

まずは香子さんとの出会いからアポ取りまでの流れを説明します。

1.ミントC!Jメールで40歳以上の女性をプロフィール検索しました。
2.出てきた女性を「登録順」に並び替えて、上から順番にメッセージ送信しました。
3.歳下の男性と出会って癒されたいという香子さんから返信が来ました。
4.仕事や職場の人間関係のストレスで参っていたらしく、共感してあげてご飯に誘いました。
5.次の日の仕事終わりに、居酒屋で会うことになりました。

日々の愚痴を聞き、ボディタッチを混ぜる

まさかあんなに激しい展開になるとは思わなかった体験談です。

ミントC!Jメールでやり取りした次の日の仕事終わり、時間は19時に会うことになりました。
待ち合わせ場所は、私が探した居酒屋の前です。
約束より少し遅れて香子さんは現れました。
少し急いだのか、息が若干乱れていてその時点で凄く色っぽかったです。
仕事終わりなのでスーツ姿で登場し、「ごめんね、待った?」と優しく話しかけられました。
髪型はロングで胸ぐらいまであり、スリムな身体で色気がありまくりのエッチそうな熟女です。

居酒屋に入って、個室へ案内されました。
お互いにお酒と料理を注文し、出てきたお酒を飲みながらゆっくり会話を楽しみました。
香子さんの仕事の愚痴を引き出し、共感していると少しずつプライベートな話題になっていきました。
「どんな人がタイプ?」「最近彼女はいた?」「最後のエッチはいつ?」と、どんどん話題がディープになっていきました。

この時点で私は、香子さんの隣に席を移動しました。
香子さんは少し驚きつつも、すぐに受け入れてくれました。
熟女の余裕を感じました。
お互い軽く酔いが回っており、隣同士ということもあって軽めに肩を優しく触りました。
「やだ、エッチ、じゃあ私も!」と、今度は香子さんが私の肩とお腹を触ってきました。

私は肩だけでなく、太ももにも手を伸ばしました。
全く嫌がってない事を確認し、太ももを優しく触り、揉んだりしました。
すると、香子さんはいきなり私に抱きついてきました。
「だめ、我慢出来なくなっちゃう」と耳元で囁かれ、私の身体がビクッと反応しました。
それを見た香子さんは、「可愛いね、またムラムラしてきちゃった」と再度耳元で囁かれました。
エッチな熟女の匂いがプンプンします。

もういつでもホテルへ行ける、そう確信した私ですがもうちょっとイチャイチャしようと思い、抱きつかれた状態のまま右手で太ももを触りつつ左手で胸を揉みました。
胸を掴んだ途端、香子さんは思わずビクッと反応し、いやらしい目つきで私の方をじっくりと見てきました。
酔った熟女の目つきはとてもエッチです。

目が合って数秒見つめ合い、香子さんのトロンとした目に吸い込まれそうになると思えば、香子さんの方からキスをしてきました。
最初は唇に軽く触れて、離れてと繰り返しましたが、少しずつ舌を絡ませあい、ゆっくりディープなキスになっていきました。
熟女のエッチなキスが、私の理性を崩壊させました。

その後は時間にしてそう長くはありません。
香子さんのねっとりとしたディープキスは濃厚であっという間に感じました。
私の舌を香子さんが吸い、また私も香子さんの舌を吸い、香子さんの圧倒的なキスで私は果てそうになりました。
「私、酔っちゃうとキス魔になるの」と、また耳元で囁かれました。

もう我慢の限界を迎えそうなので、すかさずホテルへ行こうと誘いました。
すると香子さんは、「早く誘ってよ、行きたくてウズウズしてたんだから」といやらしくニヤッと笑い、再度ディープキスをしました。
早くホテルへ行って続きがしたいので、素早く会計を済まして香子さんと手を繋ぎながら、ホテルへと向かいました。
ここから、更に過激な体験談です。

熟女エッチ体験談 | キス魔でエロすぎる歳上OLとベロチューしまくった

ホテルの部屋に入った瞬間、香子さんは私に抱きつきキスをしてきました。
とても濃厚なキスで、香子さんは私の股間を触り、私もまた香子さんのお尻を触り、興奮が止まりません。
そして、お互い靴を脱いで部屋に上がり、立ったままキスを続けました。

そのままベッドの上に押し倒され、キスの激しさは増しました。
香子さんが私の上に乗り、唾液を口の中に入れてきました。
熟女の唾液は私の口の中で濃厚に絡み合い、思わず溢れ出てしまいました。
それを見た香子さん、「あら、まずかった?それとも味わいすぎちゃった?」とニヤニヤしながら聞いてきました。

香子さんは次に私のズボンを脱がすため、ベルトを外しました。
私の下半身が丸裸になり、香子さんは嬉しそうに私のモノを見つめ、ゆっくり触ってきました。
そのまま優しく握りしめ、上下に動かしながら再度キスをしてきました。
お互いの舌を絡ませあい、ぐちゅぐちゅとエッチでいやらしい音が部屋に響きます。
香子さんは何度も私の口の中に唾液を流し込んできました。
もう、お互いの口周りは唾液まみれです。

香子さんは私のチンコから手を放し、今度は上半身を脱がされました。
これで私は全裸になりました。
「私も脱ぐね」といい、香子さんは着ていたスーツを脱ぎ始めました。
その姿がまたエッチで、私は思わず起き上がり香子さんに抱きつきました。
「やだもう、元気なんだから」と嬉しそうな香子さん。
熟女の身体とは思えないほど肌がスベスベしていて、私は香子さんの胸を揉みました。
「私、美容に気を遣ってるの」なるほど、だから肌がスベスベなのかと納得です。

あまりにもエッチな身体で、私の手は止まりません。
香子さんの身体を触りつつ、元気な息子を思いっきり香子さんの太ももに擦り付けました。
「もう、残りが脱げないじゃない、ちょっと待ってね」といい、脱ぎかけのズボンとパンツを脱ぎ、いよいよお互い全裸になりました。
「お待たせ、じゃあ続き・・・」と香子さんが言い終わる前に私は抱きついてキスをしました。

やっぱり熟女とは思えないほどスベスベしていて、私はキスをしながら香子さんのお尻を思いっきり揉みました。
元気なままの息子も香子さんの股間に当たっています。
そして、キスは再び激しさを増し、お互いの口から唾液が垂れ落ちました。
舌と舌で絡み合い、お互いの舌を吸いあい、時に口周りを舐め回したり、勢いが止まることはありませんでした。

再びベッドに戻り、今度は私が香子さんの上になりました。
仰向けの香子さんもこれまたエッチで、思わずDカップの胸にむしゃぶり付きました。
「んんっ・・・」と香子さんは小さく喘ぎ、私は興奮して乳首とその周辺を思いっきり舐め回しました。
「あんっ、はあっ」少しずつ香子さんの喘ぎ声は大きくなりました。
左乳首を舐め回した後、今度は右乳首をゆっくり舐めます。

「んんんっ」香子さんの喘ぎ声がエッチすぎて、私の理性が飛びそうでした。
胸をしつこく舐め回した後、今度は脇を舐めました。
綺麗な脇で、もう唾液まみれにしようと思い、香子さんの脇をしゃぶりました。
「だめぇ、くすぐったい」という香子さんの声を無視し、ひたすら脇を舐める事に集中しました。
もう香子さんの両脇は私の唾液でびしょびしょです。
香子さんのアソコを確認してみると、ここもびしょびしょに濡れていました。
そして今度は香子さんのアソコにターゲットを決め、足を広げさせました。

綺麗に処理されていたアソコ、私は無我夢中で舐め回しました。
「ああっ、だめっ、いく!!」香子さんの喘ぎ声も更に大きくなりました。
そのまま舐めていると、「あっっ・・・」香子さんはイってしまいました。
私ももう我慢が出来ず、チンコにコンドームを装着し、香子さんの中に入れました。

そして、奥まで入った事を確認し最初はゆっくり動き、少しずつ動きを大きくしました。
もう頭の中が真っ白な香子さん、「ああんっ」「きもちいいぃ」という言葉しか出てこず、目もトロンとしていて非常にエッチです。
正常位のまま、今度は香子さんにキスをしかけました。
その瞬間、香子さんは覚醒したかのようにとんでもない勢いで私の口周りをベロベロと舐めてきました。
やっぱり熟女の攻めには負けます。

やっぱりキスが好きな香子さん。
熟女の底知れない性欲に私は圧倒されます。
ねっとり濃厚なディープキスがあまりにも気持ちよく、ピストンしなくても果てそうな勢いです。
私も香子さんの舌に歯茎、口周りを舐めようとしますが、結局香子さんの勢いに負けて私の口周りはびしょびしょです。
とんでもなくエッチな展開で、たまりません。

もう我慢ができず、私は少しのピストンをしたのち、香子さんの中で果てました。
コンドームの中にはたっぷりの精液で、香子さんはいやらしく笑いました。
「搾り取れて嬉しい」と言いながらお掃除フェラです。
熟女のテクニックはプロ級です。
以上が、私の経験したエッチな熟女との体験談です。

管理人から一言

管理人
仕事で不満がありまくりの熟女はエッチですね。
女性の悩みに優しく共感してあげて、お酒もあればあとは勝手にいやらしいムードになります。

 

7.無料熟女体験談 | 性欲の強い歳上女性のフェラが凄すぎたw

無料熟女体験談のキービジュアル
★女の子のプロフィール★

名前:リエ
年齢:47歳
職業:販売員
バストカップ:Eカップ
体型:普通
ルックス:セクシー系
備考:バツイチで性欲を持て余している

「無料熟女体験談」の本編を見てみる

リエさんとの出会いからアポ取りまでの流れ

具体的な体験談の前に、リエさんと出会うまでの流れをご紹介

PCMAXで、40歳前半以上の女性を検索
②上から順番にメッセージを送信
③仕事が休みで暇だったらしいリエさんから返信がある
④セックスしたくてしょうがないらしいリエさんと下ネタで盛り上がる
⑤その日のうちに居酒屋で会うことになる

熟女の性欲はすごい

定期的に熟女とセックスをしたくなる私。
熟女の何が良いかと言えば、やっぱりその性欲の強さでしょう。
以前40代くらいの女性は性欲が高まるというのを何かで読みましたが、経験上そのとおりだと思います。

話が早く進み、とにかく向こうから誘ってきてくれることも少なくありません。
それこそ相手がなかなか見つかっていない熟女だと、その傾向が強いです。
メッセージにかかる料金を除けば、そんな女性たちと無料でセックスできるなんて美味しい話ですよね。

今回見つけたリエさんも、その典型のような女性でした。
プロフィールの写真や他に送ってくれた写真から見ると、見た目は悪くない印象です。
年齢も40代後半ですが、若作りというわけでもなく、熟女特有の色気が漂っている風でした。

メッセージでやりとりする感じも、年相応に落ち着いていていい感じです。
私からみればお姉さんということもあってか、しっかりした印象でした。

特筆すべきはとにかく下ネタ中心の会話だったことでしょう。
相手からいきなり大人の話題を振られ、それに答える形で話が進んでいきます。
好みのタイプや胸は大きいほうが好きか等から最近どのくらいセックスしてるかまで話は及びました。

ガンガン突っ込んでくるタイプではありましたが、特に押しが強いとか性格がキツそうということもなくむしろ話しやすいくらいです。
これは直接会ってみたいと思ったところで、相手から「セックスしたいから会わない?」とアプローチ。
そんないきなりいいんですか、と聞いてみると「無料風俗だと思ってくれていいから 笑」と願ってもいない返事が。
とにかく一度会いましょうということで、居酒屋で待ち合わせました。

実際に来たリエさんはイメージ通りの女性でした。
体型は特にたるんだ様子もありませんが、おっぱいは大きく、つい目がいってしまうほど。
メイクのおかげか顔もそれなりには若く見えるものの、何より大人の色気がムンムンです。

無料でこんな女性をこれから抱けるなんて、夢のようです。
正直この時点でちょっと興奮してしまいました。

軽く自己紹介をし、続きは居酒屋でお酒を飲みながらすることに。
互いにビールを飲みながら、主に夜の営みについて話が始まります。

どうやらリエさんはバツイチで子供はいないようですが、最近はなかなかセックスもしていないよう。

管理人:それでけっこう溜まっているんですね
リエ:セックスしたくてたまらないって感じ笑
管理人:リエさん綺麗だから相手には困らないんじゃないですか?
リエ:ありがとう でも、歳のせいであんまり男の子寄ってこないんだよね
管理人:それはもったいないですね
リエ:だから無料風俗だと思って相手してよ

この時点でもうセックスのことしか頭にないとは、さすが熟女の性欲です。
無料でヤラせるのを推してくるなんて、ちょっと自分を卑下しすぎのような気がしますが笑

その後はリエさんも酔いがまわってきたようで、もう彼女のマシンガントークです。
今までどんなセックスをしたとか、どれだけアブノーマルなプレイをしたとか、そんな話です。

経験は豊富らしく、特にフェラが得意なんだとか。
彼女曰く「そこらへんのAV女優や風俗嬢には負けないほど満足させてあげられる」とのこと。
なるほど、それで先ほどから無料無料と、タダでやってあげることを強調していたわけですね。

たしかに、先ほどからやたらとボディタッチしてくる手つきがいやらしいのも相まって、これは期待が高まります。
というかリエさん、この時点でもうヤることしか考えていないんでしょう。
さっきからそわそわとしていて、はやくホテル行きたいと言わんばかりです。

リエさん、もうホテル行きたいんですか?と聞くと、「うん、もう行こうよ」と甘えたような声。
高まりすぎて自分の股の間を弄ろうとしていたので、それはさすがにこんなところでまずいだろうと外に連れ出します。
というか、こんなに性欲を溜めてしまうなんて、こちらも期待が高まります。

ホテルに向かう道中も、腕は絡めててくるわ舌も絡めようとしてくるわで、とにかくベタベタしてきます。
まあ外見も悪くないですし、よく手入れされてる髪からいい香りもするので、正直悪い気はしませんが。

耳元で「着いたらいっぱいしゃぶってあげるからね」とのリエさんの言葉に、もうフル勃起の私。
ホテルが待ち遠しいところです。

無料熟女体験談 | 性欲の強い歳上女性のフェラが凄すぎたw

ホテルの部屋に着いた瞬間、宣言通りフェラにあたるリエさん。
もう耐えきれないといった具合で、まるでトイレを我慢していた時かのように服を急いで脱いで、こちらのズボンも脱がせてきます。

すでにこちらはバキバキに勃起させていたわけですが、それを一気に口に含みます。
たしかに、AV女優や風俗嬢に負けないと豪語していただけあってすごく上手なフェラです。

ねっとりと動く舌が艶めかしい刺激を与えてきます。
それに緩急をつけて、こちらの射精感をまるで予知するかのように加減しての焦らしがさらに気持ちよさを際立たせます。

もう頭を掴んでめちゃくちゃに腰を振りたいところですが、同時にずっとこの快感に浸っていたいと思ってしまう私。
上目遣いでこちらを窺うリエさんの目を見つめながら、結局彼女のなすがままになっていました。
こんなフェラを無料でしてもらえるなんて、つくづく贅沢な時間です。

リエさんも興奮が高まってきたのか、オナニーをはじめます。
こういう熟女も今までいないわけではありましたが、そのオナニーすら激しいのはなかなかいません。
びしゃびしゃになった股の間に指を2、3本は突っ込んで、つま先立ちになったがに股の脚を何回も痙攣させています。

リエさん、そろそろこっちもイキたいんだけど、と言うと、聞こえてるのかなんだかわからない彼女。
ただ、舌のねっとりとした動きが徐々に激しくなり、そこに吸うようなストロークが加わります。
射精しにきてるのは明らかです。

まるで搾り取ってくるようなその動きに、たまらず射精します。
リエさんもオナニーで一際大きく痙攣しながら、私の吐き出した精子を口で受け止め、迷わず飲み込みます。

立ったまま、しかもホテルの玄関部分でそんなことをしていたので、どっと疲れの出る私。
しかし、唾液と精子でぐちゃぐちゃになったイチモツを、リエさんは放っておきません。
細い指を絡めてきて、小刻みに手首を動かし、また勃起させてきます。

「ほら、はやくこっちにも入れてよ」と、壁に手をついての誘惑。
入れられたがっているリエさんの要望に応え、バックの体位で挿入する私。

放っておいても、腰を動かして男性器を貪るリエさん。
その腰を強く突っ込んで、めちゃくちゃに腰を振ります。

玄関で始まったそんな行為ですが、それから結局、深夜までその営みは続きました。
さすがにこの熟女、性欲を溜めるだけ溜めていただけあって、その一回で満足するはずもありません。
場所をベッドに移してから、セックスは朝までやりました。

以上が、リエさんという変態熟女をまるで無料風俗のように使ってセックスしまくった体験談です。
やっぱり、フェラの技術が凄まじい印象です。

リエさんとはその後もたまに会う程度の仲ですが、フェラだけは毎回やってもらいます笑

管理人から一言

管理人
熟女はテクニックも性欲も高くて超おすすめです笑

 

【2021最新版】最強にやれるアプリはPCMAX

PCMAX
PCMAXをオススメする3つの理由
1.会員数1,500万人以上の国内最大級アプリ
2.アクティブ会員と掲示板書き込みが多い
3.セックス目的の女性会員が多い
PCMAXはもともとギャルの利用が多く、学生や人妻が増えた今でもセックス目的の女性が集まっています。そのためお手軽なセックスやセフレ作りにピッタリです!
おすすめの記事