【巨乳女教師体験談】深夜の個別指導でお硬いオマンコがとろとろ
【無料公開】今すぐやれる女が見つかるアプリランキング

管理人が年間50人以上とセックスできているのは、このアプリを使っているから!

こんにちは、管理人です。

管理人の出会い系人生における最大の戦いについて本日はお話しします。

それは心も体もガチガチに凝り固まった「鉄の女教師」のお話。

管理人が体験した「ガードの固い女教師の落とし方」と、「巨乳女教師をセックスでドロドロにしてあげた体験談」をお伝えします。

1. ガードの固い女教師の落とし方

1-1.やさぐれ鉄の女教師との出会い

それは「ミントC!Jメール」にいた女の子さやちゃん(24)でした。

彼女は不感症に悩む高校の教師でした。出会い系に登録したのは、純粋にパートナーを求めているのに加えて、「セックスの上手い男性がいるんじゃないかと思った」からだそうです。

さや「胸だけはGカップあるんで、男はいっぱいきますね」

ぜひ俺にもヤらせてください。

さ「ローションを使えば挿れられますし、男もまあイきますけど、私は全然気持ちよくないし、乾いてきて痛くなるし、最悪です」

管(病んでますねえ……)
さ「人並みにセックスできるようになれば、恋人もできるかなって思ったんすけどね。」

管「じゃあ最後に俺で試しといたら?」

さ「いいすよ、ゴムは絶対してくださいね」

管「あ、いや、そうね、もう少し話してからがいいかな」(これが初日でした)

さ「そうですか」

 

ずいぶんやさぐれてますねえ。しかしこれは楽にタダマン巨乳をいただけるということでもあるわけです。ダメでも損はしない。

さやちゃんはここまでしといて一度も感じたことがないわけで、もう「セックスは気持ちよくない」という認識が焼き付けられています。開くおまんこも開かないのは当然ですね。

とにかくやれることはやりましょう。彼女の信頼を得られるかどうかが、この勝負の要になるはずです。「この人とならうまくいくかもしれない」という信頼を。

ミントC!Jメールの詳しい使い方は、「ミントC!Jメールでやれる女と出会える使い方を徹底解説」で紹介しています。

1-2.女教師のガードをほぐす前準備

ステップ① セックスなしの会話を繰り返し、信頼を得る

話し始めて1週間はとにかくセックスの話抜きで会話を続けました(仕事の愚痴や趣味の話)。

「セックスのことは抜きで、まず仲良くなるところから始めよう」

という宣言をしたので、わりと普通に話してくれました。

高校教師であるさやちゃんは、毎日残業続きで心身ともに疲れ切っているようです。そんな中で休日に気持ちよくもないセックスをしているのですから、やさぐれているのは当然です。ちなみに英語の教師だそう。

さやちゃんはこちらの対応にだいぶ戸惑っていました。今まではすぐやりたがる男ばかりだったからでしょう。

え?管理人は違うのかって?違うに決まってるじゃないですかー。ただヤるだけじゃなくて、最高に気持ちのいいセックスをしたいんですよ。

ステップ② セックスなしのデートをする

週末に美術館へ出かけました。さやちゃんは絵画好きだそうです。さやちゃんは最強に巨乳が強調される白のカットソーで来てくれました。あんまり服とかにこだわるタイプではなさそうです。

さ「今日はしないんすか?」

管「うん、まだしない。このあとはどこかでケーキでも食べて帰ろう」

さ「でもそんなことして何になるんすか?」

管「どういうこと?」

さ「仲良くなってもセックスが気持ちよくなかったら意味ないじゃないですか」

管「うん、それでいいよ」

さ「じゃあいつするんすか?」

管「わかんないけど、俺がしたいって思ったら言うよ」

さ「……したくないんですか?」

管「まだ今はね」

さ「セックスしたくない相手となんでデートするんですか?」

管「話をして、デートしたいなと思ったからだよ」

さ「……」

管「何回かデートをして、さやちゃんの魅力をもっと知っていったらセックスもしたくなるよ」

さ「私に魅力なんてないっすよ」

管「あるよ」

さ「ないでしょ、巨乳ってくらいでしょ」

管(十分でしょ)

管「仕事の話聞いてたら子どもたちのことを一番に考えてるのがわかったし、この素敵な美術展があるのも教えてくれたじゃない」(絵のことはさっぱりわかんねーけど)

さ「……変な人ですね」

管「人間関係の中でセックスなんて一つの手段でしかないよ」

さ「大事でしょ?」

管「大事だけど、大事なのはそれだけじゃないよ」

さ「……」

いやあ、厄介でしたねえ、卑屈すぎてムカつきそうになるのを抑えながら、「セックスは重要じゃない」ということだけを伝えることに終始しました。

真っ赤なウソですけどね!

ステップ③ セックスしてみる

そしてそんなデートを3回重ねて、ある程度の信頼は得てきたかなあという頃になりました。そして4回目のデート前夜、通話にて仕掛けることにします。

管「明日だけどさ」

さ「はい」

管「さやとセックスしたい」

さ「……はい」

管「いいかな」

さ「いいっすよ、でも期待しないでくださいね」

管「うん、ローション持ってくわ」

ここで「俺がぜったい感じさせてあげるよ」なんてのは最悪のNGです。とにかく「感じなきゃいけない」というプレッシャーを与えないようにするべき。

管「1回目のセックスで気持ちよくなくっても、もっとデートを重ねてお互いを知ったあとの2回目は気持ちよくなれるかもしれないよ」

さ「……わかんないっす」

管「さやとたくさん話をして、デートもして、改めて思ったけど、やっぱりさやは魅力的な女の子だから、セックスしたいし、うまくいかなくてもセックスし続けたい(巨乳だし)」

さ「……」

管「まあ、考えておいて」

さ「わ、わかんないです……○○さん(管理人のこと)のことは好き、かもしれません。嫌いじゃないです。でも、セックスできなかったらうまくいかないじゃないすか。ダメになるなら1回で終わらせた方がいいと思います」

管「セックスで感じないから、したくないの?俺が気持ちよくなるだけじゃダメ?(最低)」

さ「それは、べつに、いいすけど……」(いいんだ、かわいい)

管「俺は正直、さやが感じなくてもセックスしたい。さやの身体で気持ちよくなりたいよ(史上最低の口説き文句)。さやとデートしたいし、さやの料理食べたいし、さやの授業も受けたいな」

さ「……授業?」

管「あ、明日はさ、教師と生徒って設定でしない?俺が生徒役するから笑」

さ「……ふっ、あはははは!なんですか、それ笑」

管「ね、そうしよ?俺学校の先生って憧れあったんだ。さやみたいな美人で巨乳な先生とかまじたまらんって」

さ「○○さんって……あははっ、変な人ですね……」

管「うん、そうかも笑」

さ「……なんか気が楽になりました。とりあえず明日はよろしくお願いします。全然わたしは気持ちよくなくていいですけど、○○さんも気持ちいいかどうかわかりませんよ?」

管「はいはい、りょーかい」

さ「じゃあ、寝ます。明日に備えて」

管「はーい、おやすみなさい」

さ「おやすみなさい」

どうにか、感じなくてもいいやという状態でセックスに臨んでくれるようです。

いいでしょうか。不感症に限らず、人間関係が苦手で、人に対して心を開いてくれない女の子がいますよね、世の中には。

そういう子を落としたいなら、こちらは押しの一手です。とにかく好きだ、好きでたまらない。君の事情はわかるけどこっちは好きでたまらないんだ、だから引かないぞ、という気概をアピールしましょう。

絶対にこちらからは裏切らないということを示すことが一歩目なのです。

【無料公開】今すぐやれる女が見つかるアプリランキング

管理人が年間50人以上とセックスできているのは、このアプリを使っているから!

2.巨乳女教師のお硬いオマンコをとろとろにw

2-1.巨乳女教師の滴り

「うあ……なんだこれ、すごい……先生、すごいね……」

彼女の後ろからその巨大なおっぱいを揉みしだきます。

「だ、ダメよ○○くん……」(棒演技)

「ね、先生、おれ先生のこと好きなんだよ。たまらないんだよ。ねえ、一回でいいから。お願い、このおっぱいを満足するまで触らせてよ」

「……い、一回だけだよ」

「はい!いただきます!」

ここにおけるイメージプレイの効果は2つ。

①セックスを明るい雰囲気で進められる(セックスに対する彼女のネガティブな面を出させない)

②設定の中であっても「好きだ」と繰り返し言われることで、心がほだされる

Tシャツをまくりあげると、かわいいピンクブラに包まれた巨大おっぱいが現れました。おいおいおい、こりゃとんだ不良教師がいたもんだぜ……。ブラを上にずらし、美巨乳ちゃんに性的体罰を加えます。あくまでも優しい手つきで。

「い、意外とやさしくするんすね……」

「そりゃそうですよ、先生。俺は先生のこと傷つけたいわけじゃないんですから」

「おっぱい、気持ちいい?」

「最高です、先生。こんな気持ちのいいもの触ったことないです」

しかし、やはり彼女に感じている様子は見受けられません。よし、フェザータッチに変えてみよう。

おっぱいって単純に揉まれてもそんなに気持ちよくないんすよね。詳しくは検索してもらいたいですが、おっぱいは下部のフェザータッチ及び「副乳」の刺激が大事なのです。はいここ、試験にでまーす。

ということでやさーしくやさーしく、

「ふっ、はっ、……ちょ、ちょっとくすぐったいんだけど」

「大丈夫、先生。しばらく俺にまかせて」

「……ん、はあ……」

「先生、吐息かわいい……」

「ちょ……あ、あの、やっぱりこの設定やめません?」

「どうしたの先生?」

「後ろから、耳元でささやかれると、その、なんか、本当に生徒としちゃってるみたいで罪悪感が……」

「ねえ、今は俺を生徒として見ないでよ、先生。俺は好きな人のおっぱい触ってるだけなんだよ」

「ぁ……ちょっと、ほんとにさ……」

「ねえ、先生、乳首が勃起してきたよ」

「えぇぇ?ちょっと、だめだって」

「でもどんどん勃ってきてるよ、先生のかわいい乳首。マジ最高。エロすぎ先生」

乳首をいじられながら、少しずつですがさやちゃんの息づかいが荒くなってきました。この「生徒とセックスしているという罪悪感」もしかしたら火種になるか……?

無防備にさらけ出された違反級のおっぱいを丁寧に指導していきます。さやちゃんは小柄ですが水泳をやってたそうで、肩幅が広めです。おっぱいも横幅が大きくて、かなりの包容力を感じます。

「せんせい、ごめんね? 俺のためにこんなことまでしてくれて」

「もう……よしよし」

頭をなでなでされました。こ、これは、がんばろうという気持ちがわいてくる!これが教師力か?これがおっぱい指導者……!

「先生、俺大好きな先生の身体をもっと触りたい!」

十本の指をフル稼働してフェザータッチを全身に施していきます。おっぱいから首筋へ、後ろに回って、背中、わき、腰……先生は骨盤も大きめで安産型のお尻がそそります。

「ああ、腰、くすぐった……」

「ねえ、先生。先生って全身かわいいんだね。というか、全部かわいいね先生って。おっぱいもさ、服装もさ、でも見た目だけじゃなくって、授業中の先生とか、俺大好きだよ。一生懸命やってくれて、叱るときとか逆に自分がつらそうだし……そういうとこすげえかわいいなって、いつも思ってた」

「はぁ、はぁ、ちょ……はぁ……」

「だからさ、先生、俺先生のために何かしたいって思ってたんだ。いつも頑張ってくれてる先生のために俺がしてあげたいって。一生懸命するからね、先生」

尾てい骨の辺りから背筋をゆっくりと舐めあげていきます。

「はぁ……だ、だめだって……」

「ねえ、俺先生と結婚できる?」

「け、結婚……?」

焦る声を出すさやちゃん。

「うん、俺先生と結婚したいな。先生に俺の子ども産んでほしい」

「せ、生徒と、そんなことは……」

「なんで?好きなもの同士が結婚して何が悪いの?」

「わ、わたしはべつに……」

「俺のことは好きじゃない?」

「あ……」

「ううん、いいんだ、わかってるよ。俺がお願いして触らせてもらってるんだもんね。でもさ、じゃあ生徒っていうだけでこんなことさせていいの?」

「あ、だって、あの……」

「ねえ、生徒に触られて、舐められてさ、さっきから興奮してない?」

この巨乳教師は足の内ももを触られながらくすぐったそうに身をよじっています。

「ねえ、生徒に気持ちよくされてんの?」

「されてない、でしょう、気持ちよくなんて……」

「ふうん……おっぱい柔らかい……おまんこはもっと気持ちいいのかな?」

「あ、ちょっ……」

足を開かせると、きれいに切りそろえられた陰毛が見えました。さすが教師です。

「ね、先生、生徒におまんこ舐めてもらいたい?」

「な、舐めるのはだめっ!」

足を閉じようとするさやちゃん。しかし許しません。

「先生のおまんこ。きれいにしてるね」

足をグイっと開かせて腰を持ち上げます。こうなると無防備です。あえて鼻息がおまんこにかかるようにして、ゆっくりと顔を近づけていきます。

「ぁぁぁぁ……だめ、だめだよ……」

鼻先で茂みをかき分けると、ちょっと湿気がこもっていますが匂いはありません。両手であえて陰唇を広げてあげます。クリちゃんの皮が見えました。

「ちょ……あ、だめ……」

「んちゅ💛」

「ぅんっ💛……えっ!?」

皮は剥かずに、上からクリちゃんを舌で刺激してあげます。

「ん、んっ、あぁっ、はっ、ちょっ、はっ💛ちょ、ちょっとまって!」

「どうしたの?」

「はぁ……わたし、わたし……いまの、なに?」

「どうかな、どう思う?」

「わかんない、初めてだから、なんかよく……」

「ね、これは何だと思う?」

指先を彼女の茂みへと差し込み、くちゅくちゅという音を立ててあげました。

「うそ……濡れてるの?」

「トロトロだよ」

だいたい言葉攻めしながら舐めていたあたりから、普通に感じ始めてる様子でした。そう告げてくちゅくちゅしてあげると、彼女はぐっと唇を噛みました。

「ん……う……うぇぇ……ふっ、ふぇぇええええええん……」

「えっ、さや、さや、どうしたの」

慌てて身体を起こして彼女を抱っこしてあげると、もう彼女は子どものように泣きじゃくりました。

「……ひっ、ごめ、んなさい……ぅぇぇ……○○さんでもダメだったら……って……」

あーあーあー、やさぐれと鉄面皮がどこへやら。ただの巨乳の女の子が大泣きしています。この後に支障が出ないように、やさしく抱いて頭を撫でてあげました。

「よしよし、今までよく頑張ったね」

「ふぇええええ……ええええええん……」

さやちゃんが落ち着くまで、やさしくやさーしく撫でてあげました。

人間、泣けば感情のタガが外れます。感情がたかぶれば、性感度も爆上がりなのです。

これはこのあとおまんこトロトロやでぇ……うぅ、たかぶるぅ!

2-2.巨乳女教師の芯までドロドロセックス

「んちゅっ、ちゅぱんにゅ、んにゅんにゅ……」

「んあああ!ふっうぅうう……!!うんっ💛」

むっくり膨れた乳首をしゃぶりあげると、巨乳女教師はもはや別人のように感じています。心なしかおっぱいまでもが柔らかくデレちゃっているようです。

首筋を舐めても、お尻の上部をぐりぐり指で押し込んでも(性感帯がここにあります)、何しても大げさなぐらい感じちゃっています。まるで今までに蓄積された性感が一気にあふれ出しているかのようです。

「ふぅうううう!なああああああああ!!あああああああんん💛」

ピンク色の肉穴も蛇口がばかになったみたいに愛液をあふれさせているので、もってきたローションは不要になりました。さあそろそろいただきましょうか!ということでゴムを装着しようとしていると、

「あ、あのね、つけないでほしい、かもしれないす……」

「え、でも」

「ぜんぜん、病気の心配はないですよ!全員絶対つけてもらってたし……」

「いやそうじゃなくて、いいの?」

「はい……今日は安全日だし、なんか、初めてまともなセックスするから、生がいいっていうか……○○さんのだから……」

あーやっべ、芯までデレちゃってるわこの子、たまんねえ~。

「じゃあ、挿れるね?」

「うん……どうぞ」

太く反り返ったペニスが潤滑油に濡れた膣穴を押し広げて入っていきます。さやちゃんはしっかりと挿入されているところを見つめていました。

「ぅっ、あっあああああああああああ!」

それは絶叫に近い嬌声でした。粘膜同士が擦れ合い、じゅるじゅるとした快楽が脳髄へ上ってきました。これぞっ、生ハメの刺激ぃ……。

ペニスが全て膣内に収まってしまうと、彼女はほろほろと涙を流してしまいました。快楽に喘ぎながら。

「動くよ、せーんせいっ」

そう言ってゆっくりとピストンを開始。愛液のぬちゅぬちょ音が響く中、少しずつ腰の速度を上げていきます。

「んぁ……んんっ!!あっ!あ!!」

脚を持たれ、ペニスの出し入れが早くなると、もう彼女の声は止まりませんでした。膣壁をペニスにほじくられる感触が、初めて快感となって届くのですから当然です。

「ふぁ!!はっ……ん、はぁはぁ……んんんっ!!」

動きを激しくすると、その豊満な胸がたぷたぷと揺れて形が変わります。これは眼にもいい眼福おっぱい。それを見ながら腰の位置を変え、前後させるだけから膣の上側を責める様に動きを変えました。

「えうぅうう!!ああ!ああん!そ、こっ!!んんっ!!」

彼女の手が頭の下の枕をぎゅっ!と握り締めるの大変かわいらしい。眼を閉じ、首を左右に振りながら、受ける快楽をすべて取り込もうとしているようです。

「さや、たくさん気持ちよくなってね」

「いっ……んあっ!んあああっ!!すき、好きぃ!!」

足を延ばして腰を沈め、上下に動きを変えます。彼女の恥骨から腰が離れるため、クリトリスが丸見えです。せっかくだから膣内の急所と陰核を同時に指導してあげることにしました。

「うあああああっ!それだめぇぇええああああ!!!あぁぁぁぁあああっ!!」

あー気持ちいい、気持ちいい、やべっすせんせえ~。

「あ!あ!ああ!!好き!もっと!!もっとぉ!!全部、して!なんでも!してっ、ああ!好き、好きです!!んきゃああああ!!!」

さやちゃんの膣肉が急にきゅんきゅんと締まる様に痙攣を始めたのを感じます。

「さや、イくの?イくんだね?初めて気持ちいいセックスして、もう中でイっちゃうんだ」

「あぁ!なに、これ!んんあぁ!やぁぁ!ちょ、こわいっ、こわいのっ、あっ!」

イカせる体勢に入り、その膣肉のうねりや締り加減から絶頂の瞬間を推し測ります。どうせなら同時に射精したい。

ほぐれて愛液が纏わりつく膣襞を肉棒で掻き回し、その感触から、さやが果てると思ったその直前に言ってあげました。

「ね、さやはもう俺のものでしょう?中に出すからね?」

「うんっ!うんっ!出してっ、あなたのものに、してぇえ……あっあっああああああ!!」

涙を流しながら、彼女が絶頂し始めたのでキスしてあげます。同時に生膣がぎゅんぎゅんと肉棒を締めつけました。膣奥を穿つように腰をねじ入れ、種付け体勢のまま子宮口に亀頭をくっつけて全てを解放しました。

「んちゅれう…んんんん!んにゅぅんんんん……!!」

ぼびゅ!どびゅううう!!びゅばっ!!とさやの奥へ噴き出していく精液が、さらに彼女を気持ちよくしていきました。

出会い系アプリで巨乳のセフレを作る方法は、「性欲強めの巨乳セフレが欲しい僕が編み出した簡単な方法」で公開しています。

3.【巨乳女教師体験談】深夜の個別指導でお硬いオマンコがとろとろのまとめ

これを機会に、さやちゃんは鬼デレ巨乳女教師になってしまいました。あまりにハマっちゃったので、わりと長めのお付き合いになりましたね。

やっぱりね、この経験で思ったのは女の子ってかわいいんだなってことです。わかってたことですけど、改めてその奥深さを教えてくれた先生に感謝です。

かわいい女の子と極上生ハメセックスしたいという人は、出会い系が一番手っ取り早いです!ぜひ「ミントC!Jメール」で探してみてくださいね!

ミントC!Jメールの詳しい使い方は、「ミントC!Jメールでやれる女と出会える使い方を徹底解説」で紹介しています。

【2021最新版】やれる女が見つかるアプリランキング

ランキングの3つのポイント
出会い系歴20年の管理人が本気でおすすめ!
②すべて登録無料で、サクラなしの優良アプリ!
3つのアプリを併用するのがセックスへの近道!
ミントC!Jメール
素人とセックスできる出会い系のミントC!Jメール
ミントC!Jメールをオススメする3つの理由
1.他の大手アプリに比べて高い女性比率
2.人妻や熟女と出会いやすい機能が充実
3.老舗アプリで安全性も抜群
ミントC!Jメールは人妻や熟女との出会いに特化した機能や掲示板があるため、性欲が溜まった人妻や熟女とのワンナイトラブやセフレ作りにピッタリです!
PCMAX
PCMAXをオススメする3つの理由
1.会員数1,500万人以上の国内最大級アプリ
2.アクティブ会員と掲示板書き込みが多い
3.セックス目的の女性会員が多い
PCMAXはもともとギャルの利用が多く、学生や人妻が増えた今でもセックス目的の女性が集まっています。そのためお手軽なセックスやセフレ作りにピッタリです!
ハッピーメール
おすすめ出会い系アプリ①:ハッピーメールのイメージ画像
ハッピーメールをオススメする3つの理由
1.会員数2,500万人以上の国内最大級アプリ
2.都心でも地方でもどこでも出会える安定性
3.4人に3人が出会えたという出会いやすさ
ハッピーメールは国内最大級の会員数を誇るマッチングアプリです。利用者の多さから都心だけでなく地方でも安定して出会えます。実際に4人に3人が出会えたという驚異の実績がある王道マッチングアプリです!
管理人が厳選!やれる女が見つかるアプリランキング
今すぐやれる女が見つかる-出会い系アプリランキングのキービジュアル

①管理人の経験から導き出した「本物」ばかり
②すべて登録無料でサクラなしの優良アプリ
③複数アプリを併用するのが大事なポイント

おすすめの記事