大学生セフレ体験談のキービジュアル

管理人は30代後半のサラリーマン。彼女はかれこれ3年間いません。
会社内での出会いも全くなく、職場と家をただ往復する日々です。
3年もの間セックスをしていないので欲求不満がすごく溜まっています。街を歩いているスタイルのいい女性などをみると、つい目で追ってしまい、後をつけようかなとよからぬ事まで考えてしまう始末です。これではいかんと思い、相手を真剣に探すことにしました。
とはいえ、身近なところにリアルな出会いはないので、出会い系を利用しようと決意しました。

出会い系もたくさんあってどれを利用しようか迷うところです。中には胡散臭い業者などがはびこる出会い系もあるとのことなので、ここはネットの評判の良いところをチョイスしようと考えました。

いくつか候補がある中でミントC!Jメールを選ぶことに。

ミントC!Jメールの詳しい使い方は、「ミントC!Jメールでやれる女と出会える使い方を徹底解説」で紹介しています。

1.清楚系巨乳大学生を見つけてアタックする

出会い系を利用する目的は、とにかく自分の溜まった性欲を満たしてくれる女性を見つけることです。だから煩わしいやりとりを長々とする気はありません。とにかく手っ取り早くセックスできるセフレを探しました。会って出会い希望の欄にチェックをして早速検索スタートです。

女性の登録が多いと評判通り、若くて可愛い女性の写真が目に付きます。気になった女の子を片っ端からチェックしていくと、真面目で清楚そうな顔をした可愛い女性の写真に目が止まりました。顔や雰囲気は自分の好みにどストライクです。しかもプロフィールをチェックすると胸はgカップの巨乳ちゃんであることも判明!こんな子がセフレになったら最高だなと思い、これはアプローチするしかないと考えました。

早速メッセージを送ってみました。
するとすぐに返信があり、やり取りがスタート。
彼女は某有名大学の外国語学科に通う正真正銘のお嬢様大学生だったのです。

やはり、プロフィールから醸し出す清楚な雰囲気は本物でした。そんなお嬢様大学生がわざわざ出会い系に登録するなんてどういうことなんだろうか?こんなに可愛くて胸も大きくて頭もいいならリアルでももてないはずがないのに。もしかしてサクラかなんかだろうか?と一瞬疑いましたが、そうではなく彼女は出会い系に以前から興味があって一度やってみたかったとのことです。

メッセージでの会話は盛り上がり、もっと仲良くなりたいと思いました。
そこで、思い切ってLINE交換を申し出るとすんなりOKしてくれました。
警戒されるかな?と心配したのですが彼女もLINEに移行してのやり取りを希望していました。

出会い系で難しいのは、このように出会い系内でのチャットからLINEに移行する時に、いかにスムーズにできるかということだと思います。メッセージを送って2,3回しか会話のキャッチボールができていない状態でLINE交換を申し出ても断られる可能性は高いです。特に今回のような大人しめの大学生ならなおさら注意が必要です。ある程度お互いの自己紹介や趣味趣向、考えていることなどを言い合って、いい感じになったところで交換を持ち出すというのがポイントです。早くてはいけないし、遅すぎるのも間が伸びてテンションが下がってしまうのでダメです。お互いに熱くなって熱が冷めないうちにLINE交換しなければいけません。そういう意味では最高のタイミングでLINE交換を持ちかけることができました。

2.セフレ希望の巨乳大学生にLINE上でオナニーをさせて大興奮

LINEを交換してLINE上でのやり取りがスタートです。
「今彼氏いないの?」
「いないです。正直彼氏とか普通にお付き合いするのは面倒くさくて、、。」
「そっか。でも男に興味はあるんでしょ?そうじゃないとこんなとこに登録なんてしないよね」
「はい。遊び相手は欲しいです。」
「俺もそうなんだよね。ストレートに言うとセフレが欲しいかな(笑)引いちゃった?」
「いえ、私も相性の合うセフレが欲しいので」
「へー。そうなんだ。真面目そうな大学生なのに行けない子だね(笑)」
「はい。いけない子です。」
LINEのやり取りをしているだけなのに、管理人の股間は熱くなってきました。
「で、いつ会おうか?」
「そうですね、実は今週、大学の試験があるんでそれが終わってからがいいかな」
「今週試験なの?じゃあ勉強しないとダメだよね。こんなとこ来てる場合じゃないでしょ(笑)」
「そうですよね。でも、勉強してたらなんかムズムズして集中できなくなってきて、つい」
「へー。ムズムズしてどうしたの?一人でオナニーしてたの?」
「、、、はい」
「勉強もせずにオナニーしてるなんてダメな子だ。お仕置きが必要だな」
「お、お仕置きですか?」
「今何着てるの?」
「え?パジャマですけど」
「じゃあ脱いでよ」
「え、そんな」
「早く」
「、、、はい」
携帯越しに服を脱ぐ音が聞こえます。ちゃんと律儀に受話器の向こうで脱いでいるのでしょう。

「ちゃんと脱いでるの?」
「はい、脱ぎました」
「そんなの分からないじゃん。写メ見せてよ」
「だ、ダメですよそんなこと」
「だめ。ちゃんと脱いでるか証拠見せて」
「わ、分かりました」
ほどなくして、下着姿になった彼女の写真が送られてきました。恥ずかしいのか顔の部分は映らないようにしています。

「顔が写ってないよ。これじゃダメだな」
「顔は嫌です。恥ずかしいから」
「顔ダメなのか。じゃあ仕方ない。ブラもとってよ」
「いや、許して」
「だめ。おっぱいみせて」

LINE上に新たな写メが届きました。
彼女は自分のおっぱいが写った写メを健気に送ってきたのです。プロフィール写真の通りに相当の巨乳です。
少なくてもFカップくらいはありそうです。
「おっぱい大きいね。最高だよ」
「恥ずかしい」
「じゃあ、オナニーして」
「そんな、恥ずかしいからそんなことできません」
「いいからしてよ、音を聞いていてやるから早くしなさい」
「、、はい」

「ああっ、あん、あっあっあああ~ん」
受話器越しから彼女の喘ぎ声が聞こえます。
誰かに自分のオナニーを聞かれているというシチュエーションに彼女は相当興奮しているようです。この女は相当なエロ女だと悟りました。普段は清楚で真面目に勉強している大学生のくせに、本性はこんなにエロい女なのです。身近なところでは自分のエロさを見せることができなかったので彼女も欲求不満が溜まっていたのでしょう。これはいいセフレになるなと思いました。

「もうだめ、、いっちゃう、いっちゃう、あああ」
どうやら彼女はオルガズムに達したようです。荒々しい呼吸が聞こえます。
「いっちゃったの?気持ちよかった?」
「ハアハア。き、気持ちよかったです」
「じゃあ、大学のテストが終わった週末に会おう。大学生はまずは勉強しないといけないからね。それが終わったら今度は俺のを入れてあげるね」
「は、はい」
「楽しみにしてるよ。じゃあ週末ね。勉強頑張って」
「はい、分かりました」
ということで、彼女の試験が終わる週末に会う約束をしました。
すぐにでも会ってセックスしたかったですが、試験があると言うので仕方ありません。無理強いするのは嫌われてしまうと思い、それまでは彼女のおっぱいの写真でオナニーして待つことにしました。会うことを考えるとワクワクします。こんな巨乳の大学生をもうすぐセフレにすることができるのですから。

3.セフレ化に成功した清楚な巨乳大学生とセックスしまくる

1週間がこんなに長く感じることはなかったです。
ようやく、彼女と会う約束の週末がやってきました。
待ち合わせの場所に着くと、彼女が立って待っていました。
体の線がくっきりとわかるセーターにタイトスカートといういでたちでした。真面目な大学生らしく地味な雰囲気でしたが、プロフィールよりも印象としては肉付きがよく、ぽっちゃりというよりムチムチした体で、実物のほうがさらにエロく感じる子だと思いました。これはいいセフレになりそうだと確信しました。

「はじめまして」
「は、はじめまして」
恥ずかしそうに挨拶する彼女。出会い系で実際に会うのは初めてだと言っていた通り、警戒心と初々しさがでています。

「テスト終わったの?できた?」
「はい、なんとか終わりました」
「そっか、良かったね。じゃあしばらくは羽伸ばして遊べるね」
「はい」
「どうする?ご飯食べに行く?」
「あんまり、今はお腹すいてないです」
「そっか。じゃあ、、ホテル行こうか?」
いきなり切り出しました。
「はい」
二人とも飯よりも早くセックスがしたいのです。

近場のラブホテルの駐車場に車を滑り込ませました。何年も前からあるラブホテルですが、実際に行くのはこれが初めてでした。昔ながらの大きな回転ベットや、ガラス張りの部屋がいやらしさを演出してくれます。

部屋に入るなり、彼女に襲い掛かり荒々しく服を脱がせました。
彼女は軽く抵抗していましたが、もうされるがままに裸にされていきます。
彼女の豊満な胸があらわになり、ピンク色の乳首は興奮で隆起していました。

胸を荒々しく揉みしだくと
「あああーーーん!!」
と大きな喘ぎ声が部屋に響き渡りました。彼女の体を上からしためで丁寧に愛撫しながら、嫌らしい言葉を投げかけていきます。

「真面目そうな大学生だと思ったけどエッチが好きな淫乱女だったんだね」
「違います!あん、ああん、管理人さんがそんなことするから、体が反応しているの!」
「その割にはパンツがビショビショに濡れてるよ。体は正直だね」
「ああん、違うの、あん、はああん」
「こんなビショビショのパンツ、脱がしちゃおう」
と言って、濡れたパンツを剥ぎ取り彼女を全裸にしました。

「あ、あああん。恥ずかしい!だめ!」
「うわあ。すごく濡れてるよ。お勉強しないといけない大学生なのにいけない子だね。俺が全部舐めてあげるから」
と言って彼女の濡れた股間に舌を入れ、愛液を吸い始めます。

「あああああっ。ああああーーーん!!」
クンニが始まると彼女はもう我慢できないほどの喘ぎ声を発し、体をよじり回しています。
「もうダメ、いっちゃう!!」
管理人は間髪入れずに息子を挿入しました。
濡れた彼女の股間にぬるりと、いきりたった息子が入っていきます。

「あああああ、あああああん、気持ちいい!!!」
もう彼女は恥じらいなどかなぐり捨てて一匹のメスになっていました。
気持ちよさに喘ぎ、叫び、激しく腰を振りながら、自分の穴に管理人の息子をくわえこんでいます。

「ハアハア。こ、こんな気持ちいいの初めて。もっと、もっと奥に入れて、あああん」
彼女はもっと激しく深く突いてくれと要求してくるので、管理人は望み通りに激しく腰を突きあげます。
「あああああん。いい、気持ちいい!もっと!あああああん」
最後は壁に手を突かせて、立ちバックの状態からフィニッシュし、彼女のおしりに大量の精子をかけてやりました。大きな彼女の丸いおしりが精液でドロドロになっています。

「気持ちよかったよ」
「私も、最高でした」
二人とも気持ちよさに満足して余韻に浸っていましたが、すぐに第2ラウンドが始まりました。
回転ベットがクルクル回る中激しく求めあい、結局この日は4回も彼女に射精しました。今まで溜めに溜めていた性欲を完全に放出したのです。彼女も大学生としての勉強ばかりでストレスが溜まり、女としての喜びを味わっていなかったことから解放されて何度もイッていたようです。

この日依頼、彼女との濃厚なセックスライフを満喫しています。普段は真面目そうで清純な見た目をした彼女が、こんなにスケベ女であることが何よりも興奮します。
最近は激しさもエスカレートして、コスプレをさせて楽しんだり、いやらしい下着をプレゼントして着てもらったりしています。車の中でのプレイや、野外でのセックスも彼女は好きで、人気のない山などに車で行ってのプレイなど、いろんなシチュエーションでセックスを満喫しています。

しばらく前までは、彼女もいなくてセックスもできず悶々と楽しくもない人生を送っていましたが、今回、ミントC!Jメールを利用することで、こんな最高のセフレを見つけることができました。
これは幸運だったからではありません。ミントC!Jメールにはたくさんの可愛い女の子が登録しているのです。どこかのインチキ臭い出会い系とは違って、サクラ等は一切ありません。身分確認などのセキュリティ対策もしっかりとやっているので、若い女の子も安心して登録しやすいのでしょう。

自分の好みの女の子を細かく検索して探し、すぐに連絡を取ることができます。
男もスケベですが、女も本性はスケベです。だからセックスがしたい、セフレが欲しいという女の子もたくさんいるということが、ミントC!Jメールを利用しているとよくわかります。
性欲の溜まっているそこの貴方もミントC!Jメールを利用して、管理人のような最高のセフレを手に入れてください!

以上が美人大学生をセフレにした管理人の体験談でした。

ミントC!Jメールの詳しい使い方は、「ミントC!Jメールでやれる女と出会える使い方を徹底解説」で紹介しています。

ムラムラが止まらない男性へ

1日10分スマホをいじるだけで、1ヶ月後に3人のセフレができる方法を教えます。

セフレ作りに最適なマッチングアプリ【ミントC!Jメール】
セフレ作りにおすすめしたい理由
・他の大手アプリに比べて高い女性比率
人妻と出会いやすい機能が充実
・老舗アプリで安全性も抜群
多くの人妻は遊び目的で登録しているので、人妻と出会いやすいミントC!Jメールは、ワンナイトラブやセフレ作りが非常に簡単です!
管理人が厳選!やれる女が見つかるアプリランキング
今すぐやれる女が見つかる-出会い系アプリランキングのキービジュアル

①管理人の経験から導き出した「本物」ばかり
②すべて登録無料でサクラなしの優良アプリ
③複数アプリを併用するのが大事なポイント

おすすめの記事