アナル体験談集 | 拡張・舐め・肛門・変態・奉仕・美尻・69・OL...etc
【無料公開】今すぐやれる女が見つかるアプリランキング

管理人が年間50人以上とセックスできているのは、このアプリを使っているから!

この記事では、管理人が実際に出会い系アプリでアナルプレイができた体験談を紹介しています。
出会い系アプリを使おうと考えてる人やアナルセックスしたい、アナルを責められたい人に、ぜひ読んでもらいたい内容になっています。
それではご覧ください!

1.アナル体験談 | 肛門好き変態OLはご奉仕も得意だった

アナル体験談のキービジュアル
★女の子のプロフィール★
名前:まみ
年齢:38歳
職業:OL
バストカップ:Cカップ
体型:普通
ルックス:清楚系
備考:独身、日本酒好き
「肛門好き変態OLはご奉仕も得意だった」の本編を見てみる

まみさんとのマッチングの流れ

まみさんとはこういう流れでマッチングしました。

  1. ミントC!Jメールのでちょっと変態系のプロフを作成
  2. プロフを見たまみさんからメールが届く
  3. 日本酒トークで盛り上がり、居酒屋デートのアポゲット

デート中に変態度を探る

地酒のある居酒屋をチェックして、そこそこ雰囲気があってそんなに高くない店を探したら新宿になりました。

ワクワクしながら彼女を待っていると、雰囲気のある女性が近づいてきました。
ケバくもなく、普通な感じなのになんか生々しいエロオーラがあるというか、強いて言うと壇蜜みたいな雰囲気です。

色白で中肉中背、黒髪のショートボブで清楚な感じで、とても変態的なセックスが好きなようには見えません。

まみ「こんにちは。管理人さんですよね」
管理人「あ、そうです。まみさん?」
まみ「はい」
管理人「あー、お会いできてよかったです」
まみ「ふふっ。わたしもです」
管理人「じゃあ、さっそく行きますか」
まみ「はい」

なんかあまりに普通の人なので普通のデートみたいです。
清楚系の子に見えるので、なんかセックスまで持ち込むのには時間がかかりそうかなーとちょっと心配に。

居酒屋では日本酒の話で盛り上がり、越乃寒梅は高いとか、久保田はやっぱりおいしいとかいいながら次々に違う銘柄を頼んで二人でいい感じに酔っちゃいました。
酔いが進むにつれて彼女の目がトロンとしてエロい感じになってきました。
管理人の勘が、「これはイケる」と囁いてきます。

これ以上飲むと勃起に差し支える感じになってきたので、
管理人「そろそろ行こうか?」
と誘ってみたら、
まみ「行きましょうか」
と察したような返事をくれました。

店を出てそっと手をつないでみたら彼女も軽く握り返してきたので、そのままホテル街の方に向かいました。

ホテルの前で念のため、「いいよね」と聞くと黙ってうなずく彼女。
これぞ大人のおつきあいって感じです。

アナル体験談 | 肛門好き変態OLはご奉仕も得意だった

エレベーターに乗ると彼女が管理人の腕をとってギュっと胸に抱えてきました。
彼女ももうやる気満々みたいです。

部屋に入ると二人とも待ちきれなかったというように激しくベロチュウをしました。

管理人「いっしょにお風呂入ろ?」
まみ「はい」

バスルームで彼女の服を脱がせると、透き通るような色白で、すでに乳首がピクンと立っています。
シャワーで体の隅々まで洗ってあげます。

アナルは石鹸をたっぷりつけて、穴を揉みほぐすように洗っておきます。
少し指を入れてみると、「んっ」と気持ちよさそうに反応しました。

まみ「わたしにも洗わせてください」

と管理人のカラダを撫でまわし始めます。
この敬語がなんかMっぽい匂いがプンプンします。
胸、腋、背中と丁寧に手で洗ってくれて、股間は特に念入りに撫でてくれます。

まみ「ちょっと足上げてください」

とバスタブのふちに管理人の足をかけさせて股を開かせると、

まみ「ここ、好きなんですよね」

とアナルを丁寧に洗って刺激し始めます。そして、

まみ「おしりこっちに向けてください」

とバスタブに手を突かせてお尻を向けると、アナルをペロペロ舐めながら管理人のチンコをシコシコしはじめます。

管理人「これ、すごく気持ちいい」
まみ「うれしい」

と笑って、アナルからタマ裏からじっくり舐めてくれました。

ベッドに上がると、

まみ「あの、手縛ってもらっていいですか」

と縛りのおねだり。完全にMです。

管理人「うん、後ろ手に縛る?前?」

まみ「今日は前で」

なるほど、後ろ手の時もあるわけですね。
今日はお初なので様子見といったところでしょうか。

バスローブの紐で手を縛るとそれだけで彼女の息がハアハア荒くなってきます。
これはこっちもSで責めた方がいいはず。
彼女の前に仁王立ちになって縛った手を上げさせ、チンコを顔の前に突き出して、

管理人「これ、欲しいんでしょ」

とかましてみると、

まみ「はい。欲しいです」

とパックリと喉の奥まで咥えました。腰を突き出してイラマしてみると、
「うぐっ」
と苦しそうにしますが、チンコから口を離そうとはしませんでした。

たっぷりイラマしたので、今度は管理人が舐めてあげる番です。

彼女に大股開きさせて、

管理人「いやらしいねえ。こんなに股開いて。舐めて欲しいの?」
まみ「はい」
管理人「舐めて欲しいときはなんて言うの?」
まみ「舐めてください」
管理人「どこを」
まみ「おまんこ舐めてください」

とまるでAVのようなやりとりを交わします。

もう興奮してアソコはトロトロになっていたのでクリトリスを舐めながら指を挿入してピストンしてやります。

まみ「あああああ。気持ちいいです。」

と絶叫し始めました。

管理人「どこが気持ちいいの?」
まみ「おまんこ。おまんこ気持ちいいですぅ」

さらに激しくピストンすると、

まみ「いぐうぅぅぅ」

と絶叫してイッちゃいました。

アソコはもうグチョグチョになっていたので、マン汁を指につけてアナルもグリグリしてやると、

まみ「あっ、そこダメっ」
管理人「ダメなの?ホントはここ好きでしょ?」
まみ「ああん。そこ、気持ちいいですぅ」

と今までとはトーンの違う声を出してきます。
まわりをよーく揉みほぐして指を入れると、
まみ「うぐぅぅぅ」
と低くうめくような声で喘ぎます。

管理人「こっちに入れたいの」
まみ「入れて欲しいです。。」
管理人「じゃあ四つん這いになってお尻こっち向けて」

ホントはアナルセックスの時は肛門洗浄するんですが、今日はゴムつけて挿入することにしました。

マン汁と唾をたっぷりつけてゆっくり挿入。
メリメリっという感じで管理人のチンコを飲みこんでいくアナル。
わりとスムーズに入ったのでかなり経験豊富で拡張しているんだと思います。

まみ「あああっ、入ったぁぁ」

顔を突っ伏してお尻を高く上げていい声でよろこぶ彼女。
アナルってギュッと締まってチンコ全体がキツキツになるのでアソコより刺激が強くて気持ちいいんです。

絡みついてくるアナルの感触と久しぶりのアナルに興奮したこともあってガマンできなくなってしまい、

管理人「ああ、よく締まる。出すよ」
まみ「はいぃ。来てくださいっ。わたしもイキますぅ」

とガッツリ発射させてもらいました。

一発目のあと、

まみ「こっちも気持ちよくなりたいです。。。」

と自分からアソコを広げておねだりしてきたので、二回戦目はノーマルで挿入しました。

見た目清純系なのにアナル好きのとんでもない変態痴女だったので、女ってやっぱり見た目じゃわからないもんだなあと改めて思いました。
まあ、男ってそのギャップに萌えるんですけどね。

管理人から一言

管理人
こんな変態女とは普通じゃなかなか知り合えないので、やはりアナル好きやM女みたいな変態を探すにはやれるアプリしかないんじゃないでしょうか。

 

2.アナル拡張体験談 | 真面目なEカップ法律系OLの肛門をもてあそんだw

アナル拡張体験談のキービジュアル
★女の子のプロフィール★

名前:マユ
年齢:24歳
職業:法律系OL
バストカップ:Eカップ
体型:グラマー
ルックス:癒し系
備考:彼氏と別れて半年

「アナル拡張体験談」の本編を見てみる

マユさんとの出会いからアポ取りまでの流れ

マユさんとの出会いからアポまでの流れを説明します。

ミントC!Jメールで癒し系をプロフィール検索
②「登録順」に並び替え、上から順番にメッセージを送信
③趣味などを聞きつつ、食べ物の話へ逸らしあえて下ネタは出さない
④食べ物の話から飲みのデートにつなげていく
⑤1週間以内に会う

エッチさを感じさせない女性ほどエロい

2日後の土曜日、マユさんと待ち合わせました。
改札から出てきたのはおっとり系の真面目そうな色白美人、期待に胸が膨らんできます。
あくまでアプリ中で紳士に接していたので、いきなり下ネタは厳禁です。
少し緊張気味なので、「緊張」を話題に話してほぐしていきます。これは心理学を利用して、自分の感情に焦点を当て解消していく、という高等テクニックです。

管理人「はじめまして!お互い会うと緊張するね。それじゃぁ行こうか!会うのは初めてなの?」

マユさん「そうなんです。凄く緊張してしまったんですけど、優しそうで安心しました」

前日にあらかじめ雰囲気の良いイタリアンを予約しておきます。
相手も高い店を望んでいるわけでは無いので、相手をリラックスさせるのが大事だとはよく言われる事です。
ここで下手に高い店を選んでしまうとコスパが悪いばかりか、相手にその後を意識させすぎてしまいやれることもやれません。
あくまでコスパが良いからこそマッチングアプリをやってる事を忘れないようにしましょう。

デキる男程、『前戯』の概念は早めになるものです。

マユさん「下心全開の人ばっかりだったから、管理人さんは新鮮。好き」

アプリの層を理解し、オンリーワンの自分の価値を上げていくのは大切な事。
マッチングアプリではいきなり下心全開でアタックする人が多い分、紳士的に接すれば純情そうな子もゲットできちゃいます。
実際はチキンなだけなんですがw

こういう子ほど、お酒が入り軽く誘導させてあげるとどんどんHな話が出てきます。
元カレは生が好きだったとか、首絞めにちょっと興味がある等。これは以前からやってみたいと思っていた「アナル拡張」も行けるかも、と裏でニヤッと笑ってしまいました。
管理人みたいなおじさんがやってしまいがちなのですが、ここで「生はいけないよ」とか言ってはいけません。
男に出来るのは相手の欲望を叶える事だけ。説教はパパに任せましょうw
相手のいう事を否定せず、肯定してあげ、手を触ったりスキンシップへと移行していきます。

Hが嫌いな女の子なんて居ません。嫌いにさせてしまうのは男です。
下ネタ全開で行くのも一つの手ではありますが、オクテな女の子ほど引き出してあげるとそこら辺のヤリマンよりエロい事は多くあります。
あくまで露骨ではなく、徐々に女の子を囲っていきます。

それとなく手を繋ぎ、ホテルまで軽く話しつつ向かいます。
これは良い体験談か書けるぞ、とワクワク。すこし抵抗がありましたが、「君を女性として素敵だし、今夜君と過ごしたい」と目をみて言うとすんなりホテルに入れました。

アナル拡張体験談 | 真面目なEカップ法律系OLの肛門をもてあそんだw

ホテルについていきなり襲う、なんてのは紳士じゃありません。
優しく頭をなでつつ、マッサージへと移行。イチャイチャしつつ、相手の反応を見極めます。

首筋、耳、乳首と責めて、股に手を伸ばすとパンツがぐちょぐちょ。

管理人「パンツが汚れちゃうよ」

と言うと素直に脱いでくれました。見るとまさかのパイパン!ミントC!Jメールでは清楚系を装っていたのに、凄くHです。クリをしつこく攻めると、体がビクンビクンとなります。
ゆっくりじらした後は、膣に指を入れGスポットをしつこく攻めます。
管理人のゴールドフィンガーの見せ所です。

マユさん「やめてぇ」

と顔を真っ赤にしていても、体は完全にこちらに任せています。

目がトロンとし始めたら、いよいよセックスへ移行。挿入時に少し痛がるも、理由を聞くと半年ぶりのセックスだそう。
ゆっくり挿入し、入れ終わったら1分間待ちます。ペニスを相手の膣に馴染ませるのです。
騎乗位が好きなようで、Eカップの色白のおっぱいを揺らしながら必死に腰を振り喘いでいます。
バックで見えたアナルはほんのりピンク。アナル大好きの管理人は、興奮しギンギンになってしまいます。
飲みの時に首絞めが好きと言っていたので締めると、

マユさん「気持ちいいいよぉ……」

という掠れた声にこちらの息子も限界。すぐに射精してしまいました。
コンドームを見るとまるで白い水風船のようにたまっています。

ここですぐに女の子から離れてトイレに行ったりしてはいけません。女性は本能で、セックス後に男性に近くに居て見守って欲しいと思っています。
ここですぐタバコなんかを吸ってしまうと、見切られて「この次の打診」が上手く行きません。

ピロートーク中に、以前からやりたいと思っていたアナルセックスについて打診すると、意外とノリノリで受け入れてくれました。

アナルセックスにはアナル拡張が必要です。アナル拡張をすることで自分の息子もすんなり入る様になります。
いきなり入れてしまうと悲惨な事になってしまいますからね。

懐に忍ばせておいたローションを出し、コンドームを指に着けアナルをゆっくりとマッサージ。いきなり拡張するのはご法度。
色っぽい喘ぎ声が四つん這いで隠れた顔から聞こえてきます。ほぐれた感じがしたら小指、指二本と拡張の度合いを上げていく。
拡張しているとグニグニとした、膣とはまた違う腸壁の感触にこちらの息子もビンビンです。どんどん入り口が拡張されていきます。

マユさん「痛い・・・けどがんばる。けどちょっと気持ちいかも」

指三本の順に全部入れば準備完了。ここまで拡張出来たら自分の息子も挿入できるでしょう。

拡張し温まったアナルに息子をあてがいます。アナルセックスの経験はないみたいで、「痛いっ」という言葉が少し。
こっちもきつくてなかなか痛いです。暫く挿入して動かないでいると、馴染んだようで、こちらもゆっくりと腰を動かしていきます。
アナルは入れるための性器ではありませんから、いきなり動かしてしまうのは厳禁です!
アナルも腸壁もデリゲート。膣とは違ったその感触に、好奇心と性欲、征服欲が満たされていくのを感じました。

膣が子宮に誘う器だとしたら、アナルは外へと出す器。アナルで押し返される息子に、ペニスを押し付けていくと射精感が高まってきます。
膣が温かくペニスを迎え入れるなら、アナルはきつくペニスを押さえつけ快楽へと誘います。

暗いラブホ内に響く吐息と、グチュ、グチュっというえっちな音。アナル拡張とアナルセックス、射精し終わった後は互いに達成感に満ち溢れていました。
感想を聞くと、

マユさん「ちょっと痛かったけど癖になりそう。元カレとは自分でやってみたいなんて言えなかったから、ちょっと嬉しかった」

だそうです。法律系OLながら中々アウトローな考えの持ち主。

管理人から一言

管理人
清純そうな女の子を演じつつ、マッチングアプリをするって事はやっぱり欲求不満なわけです。
ミントC!Jメールはそんなエッチさを感じさせないのにド淫乱な女の子がいっぱいいます。
下半身全開にするのは挿入する前!上手く行けばアナルも全開出来ちゃいますよ。

 

3.アナル舐め体験談 | 美尻のネイリストと69!!チンポ咥えさせたまま逝かせたった

アナル舐め体験談のキービジュアル
★女の子のプロフィール★

名前:亜希
年齢:26歳
職業:ネイリスト
バストカップ:Dカップ
体型:普通
ルックス:美人系
備考:押しに弱い、エッチなことに興味あり

「アナル舐め体験談」の本編を見てみる

亜希との出会いからアポ取りまでの流れ

まずは、亜希との出会いからアポ取りまでの流れを説明します。

PCMAXの掲示板から検索
②出てきた女性を「登録順」と「地域」へ並び替え、自宅から近いコにメッセを送信
③女性が多い職場で出会いが無いって嘆いていた亜希からのメッセ
④仕事帰りに焼き肉食べに行かないって誘いました
⑤お腹一杯になったトコで、ホテルで頂いちゃいました。

美尻ネイリストとの焼肉デートは、ひたすら焼いてマメさをアピール

PCMAXで知り合ったネイリストの亜希とのデート当日、待ち合わせをした駅の改札に着いたと管理人より先に仕事が終わった亜希からLINEがあり、もうちょっとで着くよとLINE送ると、黄色のカーディガンを着て待ってると返事が来ました。

待ち合わせの駅に着いたので、急いで改札へ向かい目印になる黄色のカーディガンを着ている女性を探すと…いました。

遠目から見ても細身でスタイルが良い黄色いカーディガンを着た女性がスマホ持ちながら誰かを待っている様子です。

管理人「こんばんわ、亜希さんですか?」

声を掛けると笑顔で応えてくれたのが亜希でした。

さすがネイリストっていう美容系の仕事しているだけあって肌も綺麗だし美人だし、何よりもタイプであるスレンダー体型でした。

亜希と合流した後は、予約をしていた焼肉屋へ。

亜希と一緒に歩いているとすれ違う男性の7割は、亜希を見てメッチャ美人!!って言うリアクションしてます。
そんな美女と焼き肉デート出来ちゃうのは、ちょっと優越感感じちゃいましたw

店に入ったらビール飲みながら焼肉スタート。

管理人も亜希も久々に焼肉食べるので、最初の一口目から2人で美味しいね♪でテンション上がっちゃいました。

テンションが上がれば、お酒は進むし話も進みます。

ネイルの仕事は楽しいんだけど、職場が女性ばかりだから色々気を遣うから大変なんですってストレスが溜まってそうだったので肉を焼きながら亜希の愚痴を聞いてあげます。
そーだよねー、うんうんって聞いてあげると予想以上に愚痴が溜まってました。

もー今日は嫌なことは忘れて食べて、飲もーって声を掛けて飲み直しました。

会ったばっかりなのに、何か色々話聞いてくれるしお肉も焼いてくれるしメッチャ優しいって管理人の好感度は鰻登りでした。

優しくしてるのは勿論、下心があるから何て言わなかったですけどねw

彼氏いたら愚痴とか聞いてくれるんじゃ無いの?って聞くと1年くらいいないって返事が。

こんなに可愛くてスタイルが良いコがフリーなのが、信じられないのと今んとこ好感度高いからもしかしたらイケんじゃ無いのって淡い期待を抱いちゃいました。

職場も女性、お客さんも基本的に女性なので出会いが無いから出会い系アプリ登録したのと、初めて会った人が変な人じゃ無くて良かったと言われました。
しかも、好きなタイプは優しい人。

はい、キターッ

変な自信がフツフツと沸いて来ちゃったので、焼肉店からでた後に

管理人「亜希ともっと仲良くなりたいから嫌じゃ無かったらホテル行こ」

亜希「嫌じゃないよ」

って、返事を貰えたので途中でコンビニに寄りながらホテルへ入りました。

アナル舐め体験談 | 美尻のネイリストと69!!チンポ咥えさせたまま逝かせたった

ホテルの部屋に入ると、亜希はお酒が入ってるのもあるのか久々にホテルに来たって言いながら部屋の中を色々見て回ってました。

こっち来てって呼ばれたので行くと、お風呂メッチャ綺麗だよって言うので一緒に入る?って冗談ぽく聞くと入ろってまさかの返事が来たので一緒に入ることになりました。

恥ずかしいから少し待ってと言われて先に亜希が入って、中からもうイイよって声がしたので風呂場に入ると浴槽に浸かってリラックスしている裸の亜希が…メッチャ、スタイルいいんだけど。

恥ずかしいって胸をサッと隠されたのですが、ツンと乳首が上を向いてる美乳。
見た瞬間に、管理人のチンコは大きくなっちゃいましたw

中に入ってと亜希に言われて後ろから亜希を抱き締める様な感じで浴槽に入りました。
浴槽に入った流れで亜希に後ろからキスをすると、んんっと小さい声を出し亜希からもキスをしてくれます。
そのまま亜希の胸を触ったのですが、手のひらにちょうど収まる大きさの美乳は柔らかくて感触が最高でした。

オッパイの感触を堪能してると、亜希の背中に勃起したチンコががっつりと当たっちゃってました。
背中向きの状態で亜希を立たせ、背中に勃起したチンコを押し当てながら背中や首筋をペロペロ舐めながらオッパイを揉み揉み。乳首をコリコリと触ると体をんっと声を出しピクンと仰け反らしせて感じています。

そこから少しづつ下がっていき、立膝の状態になると目の前には亜希のお尻が。
焼肉食べている時に聞いたのですが、学生時代はバレー部だったらしく引き締まった美尻です。

美尻を突き出させてお尻をペロペロ舐め始めると、壁に手を付いた亜希は足をガクガクさせて反応しいます。
足を広げて割れ目にあるクリを舐めると、んんって分かりやすい反応をしちゃってます。

お尻の割れ目の方も広げてみるとキュッと閉まったアナルが目の前に。
クリを舐めていた舌でアナルをペロッと舐めると

亜希「そこは舐めちゃダメ、恥ずかしい」

何って言いながらも体は正直なので、もうちょっとだけアナルを刺激したい気持ちになってきました。

亜希とベットに移動をして、管理人が仰向けに寝転んでその上にお尻を突き出させる様に亜希を跨がらせるとシックスナインの体勢でお互いの性器の舐め合いを始めました。

先程からビンビンに勃起しているチンコをジュボッジュボッとエッチな音を立てながらフェラをしてくれる亜希。
奥までチンコを咥えてゆっくりとフェラをしてくれるのですが、吸うように締め付けながらしてくれるのが丁度よい感じでカリを刺激するので思わずうぅっと声が出ちゃうくらいに気持ち良かったです。

お返しに亜希の美尻を先程のお風呂の時の様に、ペロペロと舐め回し指で割れ目を広げてキュッと締まったアナルの中に舌を挿入するようにして刺激をします。
指ではクリを刺激するとアソコは、ヌッチョっと厭らしい音が出るほど濡れちゃっています。
クリを触って気持ち良くなって分泌された体液と、アナルを舐めたヨダレで亜希の股間はグチョグチョになっていました。

ヨダレか愛液かもはや判断が付かない体液を指に絡めて、クンニをしながらそっとアナルへ指を押し込むと

亜希「んんっ指、入れちゃダメだよぉ」

フェラをしながら刺激が気持ちが良いのか震えた声で伝えてきます。

管理人「でも、アナル刺激すると凄く気持ち良さそうだよ」

ゆっくりと中指の第2関節までアナルへ指を挿入してクンニをしていると

亜希「ハァハァ、気持ち良い」

フェラをする動きが止まってしまったので、チンコを咥えさせてアナルを指で刺激しつつクリを吸いながらのクンニをすると

亜希「んんんっ、もうダメぇ…逝く、逝くっ」

管理人の上に跨りチンコを咥えたまま逝っちゃいました。

亜希「もーお尻はダメっ」

顔を真っ赤にした亜希に言われちゃいました。

管理人は亜希にチンコを挿入したかったので亜希と入れ替わり亜希を下に仰向けにすると正常位で挿入しました。
パンパンと激しいピストンで腰を振ると管理人が体を支えている腕をギュッと掴んで、気持ち良いのを耐える亜希。
もっと気持ち良くしてあげようと激しく動かすとアンッアンッ声を出して反応してくれます。

チンコを抜いて亜希を四つん這いにしたら、今度は後ろから亜希に挿入。
しかも、挿入したら亜希から腰を前後に動かしてくれます。
うわー凄えエロいじゃんと思いながらバックからのエッチを堪能しちゃいました。
亜希の動きに合わせてチンコが奥まで入るようにとグリグリと押し込むとハァとエッチな声が漏れて来ます・

指にヨダレを垂らして愛液でグッチョリとしている、亜希のアナルへと中指を挿入すると指をキュッと締め付けてくるのと同時に膣もギュッと締め付けてくれます。

中指を挿入しながら腰を動かすと

亜希「もうダメ…おかしくなっちゃう」

アナルへの指入れエッチの刺激が強すぎたのか、体をずっと震わせて感じてました。

アナルを刺激した時に、アナルと膣が自然にキューッと締まってくるので何度かピストンで腰を動かしていると射精感が高まってきたのでチンコを抜くと亜希のお尻へと発射して逝っちゃいました。

管理人から一言

管理人

アナルを舐められたり、指を挿入されたのは今回が初めてだったらしく最初は変態って管理人のことを思ったみたいだったのですが触れるウチに、感じちゃってる自分も変態なのかもって思ったら余計に気持ち良くなっちゃったって言われました。

初めてのアナル攻めで、少しハマってしまったらしくてチンコを入れるのはダメだけど指ならOKってことで亜希とは1ヶ月に1回、ご飯食べてその後でエッチを楽しんでいます。

これが、美尻美人のアナル舐めセックスの体験談です。
ネットで出会い系アプリの体験談でアナル攻めでの記事ってあまりないと思います。

出会い系アプリを上手に攻略すれば、美尻の極上美人とアナル攻めのエッチも夢ではありません。

美人だけど顔に似合わず実はエッチな女性とのエッチな体験談を、自分も誰かに話したいって思いませんか!!

 

【無料公開】今すぐやれる女が見つかるアプリランキング

管理人が年間50人以上とセックスできているのは、このアプリを使っているから!

おすすめの記事