ブスでもいいからセックスしたい私が出会い系にいるブス狙いでセックスできた方法

「ブスでもいいからセックスしたい…。」
「ここのところヤレてないし、この際ブスでもいいから抱きたい!」
爆発しそうな欲求に、悶々としている方は多いのではないでしょうか。

21世紀に入り、日本の女性のルックスは飛躍的に向上しました。
とはいえ、身の回りで美人に会えることは滅多にありません。

反面、ブスは掃いて捨てるほど見かけます。
美人の数は限られていて、競争率も高すぎます。
管理人は高望みせず、飢えたブスを何人も抱いてきました。

性欲に飢えたブスとのセックスはハマる!
本記事では「ブスでもいいからセックスしたい」そんな方に必読の内容。
ぜひ役立ててくださいね!

ブスでもいいからセックスする方法

「ブスでもいいからセックスしたい」と考えているアナタ。
「ブスなら簡単にセックスできるよね」「美人に比べたらハードル低いよね」という発想は間違っていません。
では、身近にゴロゴロ存在しているブスと、スグにセックスができるでしょうか?
案外、難しいですよね…。
なぜなら、ブスにも選ぶ権利がありますし、美人に比べて警戒心が強めなのがブスの特徴。
実際には、ブスでもいいからセックスしたい場合も、出会う場所や方法を考える必要があるのです。
ブスは身近ですが「ヤレるブス」を見つけるには探し方が重要なのです。
「ヤレるブス」の見つけ方は以下の通りです。

  • 風俗店を利用する
  • リアルでナンパする
  • ツテを頼って紹介してもらう
  • 出会い系アプリを使う

風俗店を利用する

ブスでもいいからセックスしたいなら、手っ取り早い方法は「風俗店の利用」です。
風俗店には、ピンサロ、デリヘル、ソープなどがありますが、「本番行為を前提にするならソープ」一択です。

一般的には、男性は美人とのセックスを求めて風俗店を利用しますが、ブス専と呼ばれるマニア向けに特化した風俗店も存在します。
スマホが普及した現在なら、ネットで簡単に検索できますし、画面で女性をじっくりと見極める事もできるようになりました。

また、女性側でも、ブスでも稼げる風俗店としてソープ勤めを選択する場合が多いので「激安の大衆店」をチョイスしてみましょう。
稼ぎたいブスが、指名率を上げるために濃厚なサービスで楽しませてくれます。
ただし、コストがそれなりに掛かってしまうことがネックです。

リアルでナンパに赴く

古典的な方法ですが、ブスでもいいからセックスしたいなら「ナンパに赴く」方法があります。
ブスをナンパするなら出没するエリア・お店研究せずに済むというメリットがあります。
ナンパでおすすめのスポットは以下の通りです。

  • 駅の周辺
  • 出会い系の居酒屋
  • barやクラブ

駅の周辺、ストリートナンパのメリットは、いろいろな人が行き交うのでナンパのターゲットに事欠かない点です。

しかし、予定があったり、ナンパに嫌悪感を持たれたりとデメリットが多く、迷惑行為として通報される危険もあります。

出会い系の居酒屋、バーやクラブなどは、最初からナンパの可能性を意識している女性が多いので受け入れてもらえる土壌です。

また、ブスは人気が無くヒマですし、寂しいので成功しやすくなっています。
ただし、現在はコロナ禍の影響もあり、ターゲットが少なく成功率は減少しています。

紹介してもらう

次に、身の回りの知人や友人に紹介してもらう方法を挙げます。
ブスは身の回りにゴロゴロと存在しているので、独り身が長く出会いを求めているブスを紹介してもらうのです。

例えば、勤務先やコンビニ・飲食店などでバイトしている女性を、知り合いに紹介してもらう方法が浮かびます。

上記の方法なら手っ取り早いですし、コストもお茶代くらいしか掛かりません。
依頼された側も、面白がって気軽に応じてくれる可能性が期待できます。
そう考えると、良さそうな方法に思えますが、身近な人から紹介してもらうので「ヤルだけ」となると後が面倒になりがち。

また、「あいつはブス専だ」などと、有難くない評判が立ちそうです…。
ブスを紹介してもらい、うまくセックスを楽しめたとしても、その後の後腐れを考えるとデメリットが大きいですよね。

出会い系アプリを使う

ブスでもいいからセックスしたい場合に、一番のおすすめ方法は「出会い系アプリの活用」です。
出会い系アプリの良いところは、その名の通り「出会いを求める女性が集まる」ことです。

老舗の大手アプリだと、累計登録は1,000万人を超えていますし、1日でも1,000人以上で新規ユーザーが増え続けています。
出会い系アプリの男女比率は7:3くらいが一般的なので、獲得ユーザーの3割強は女性ユーザーなのです。

最近ではプロモーションに有名タレントを起用したり、駅や街中に看板や宣伝カーを使用したりと一般の認知度も向上しています。
さらに、雑誌やネットでの広告も増えていますので、多くの女性にとって「登録してみようかな」と気軽に利用できる環境が整っています。

今や、出会い系アプリは、出会いとセックスに飢えたブスにとって、欠かせないツールになっています。

ブスでもいいからセックスしたいなら出会い系アプリがおすすめな理由

ブスでもいいからセックスしたい場合に、出会い系アプリがおすすめなな理由を、大きく2つに分けてご紹介します。

出会い系アプリを使い続けて20年以上の管理人が実体験からを要約していますので、役立ててください。

出会い系アプリを使ってブスを探すメリット1

出会い系アプリのメリットは、匿名性が高く本音を出しやすいことです。
出会い系アプリには、リアル社会で相手にされず悶々としているブスが多数登録しています。
そして、ヤリたい欲望を隠そうとしない場合が結構多く、恥ずかしい本音をオープンにできる環境が出来ています。

ですから、ブスでも性欲があることを言い出せず悩んでいる女性も、出会い系アプリには数多く潜んでいます。
ブスは身近に溢れていても、紹介やナンパでは出会える人数が限られます。

また、「やれるブス」なのか見分けることは困難でコストも掛かります。
その点、出会い系アプリなら「ブスだけどセックスしたい」などの情報がプロフィールに明記」されていることも多く、見つけるのは難しくありません。

出会い系アプリで「ヤレるブス」を探すメリットは以下の通りです。

  • 匿名で登録できるので悶々としたブスが数多く潜んでいる
  • プロフ検索で絞り込みが可能
  • 月額料金は3000円から4000円程度で出会える

出会い系アプリを使ってブスを探すメリット2

出会い系アプリには他にも、「ブスでもいいからセックスしたい」人が感じるメリットがあります。
そもそも、出会い系アプリにはCM効果や好奇心も相まって、ブスでも出会いを夢見て登録しているので話が早く進みます。

加えて、紹介やナンパと違って時間も場所も選ばず、何時でも何処でもアプローチが可能。また、途中で切り上げる事も自由なので、隙間時間を有効に利用でき効率的です。

つまり、仕事の合間や移動時間、夜中の退屈な時間を有効に利用して「ブスだけどセックスしたがっている女性」を探し出せます。

出会い系アプリ最大のメリットとして、とにかく手っ取り早さが特徴。
一度に多数の女性にアプローチが可能で、断られても匿名性が高いので恥をかくことなく、さっさと次へ切り替えていけるのです。

  • 好きな時間にいつでもアプローチが可能
  • 一度に多数の女性に同時進行で行動できる
  • アプローチに失敗しても恥ずかしさを感じずに済む

この3つも大きなメリットですよね!

出会い系アプリにいるブスを狙ってセックスする方法

「ブスでもいいからセックスしたい」場合に出会い系アプリをおすすめしていますが、理由は「これほど女性側が求めている場はない」と言えるほど、出会いに特化したツールだからです。
こんなに好都合な場所はありませんし、この中から「ブスだけどセックスしたい女」を見つけ出すだけで良いのです。

プロフィールでセックスしたいブスを絞り込む

出会い系サイトは検索機能が充実しているので、まずはプロフィール検索で「やれるブス」を見つけ出しましょう。
検索の方法は簡単で「ブス」または「自信ない」と入力して検索するだけです。
そうすると、プロフィールに記入している女性が表示されます。
プロフィールには色々な情報が記入されているので、ブスの趣味や嗜好などの参考にもなります。
また、ブスは「ネガティブ発言」を書き込んでいることが多く、そこを突いていけば「やれる確率は向上」します。
ブスによくあるワードの例は以下の通りです。

「ブス・豚です」
「自信が無いです」
「経験がないです」
「さみしい」

等になるので、検索の際に役立ててください。

掲示板機能からセックスしたいブスを絞り込む

出会い系アプリの多くは、掲示板や日記、つぶやき機能を持っていて、ユーザーからの支持を受けています。

これらは書きこみが気軽にできるので、寂しいアピールを呟いているブスは居ないか、チェックをマメに行うと効果があります。

こちらから掲示板に「セックスに飢えたブスに向けた投稿」をする事も有効です。
その際にはブスを釣るためのワードを必ず入れるようにしてください。
優しさに飢えている場合が多いので、「容姿にこだわりません」「自分は優しいとよく言われます」などのワードが良いでしょう。

ファーストメッセージを送信する

プロフや掲示板で目的の「ヤレそうなブス」を絞ったら、いよいよファーストメッセ―ジの送信です。
この場合、気を付けたいのは「ブスは意外に警戒心が強い」ということ。
リアルな生活で異性から相手にされないので、疑い深くなって「どうせ…」「なにか魂胆が…」と疑い深い思考になっている場合がほとんどです。
ただし、優しさに飢えているので、警戒心を解いてしまえば後は簡単すぎる程ラクにセックへ進めます。
そのため、ファーストメールの有用度は高く、慎重に文面を考えましょう。
ファーストメールを送る際の注意点は以下の通りです。

  • 相手のプロフィールをちゃんと見ている
  • 長文は避け、300文字00程度の文面にする
  • 性格などの共通点をアピールする
  • コピペ感は極力出さないこと
  • 名前で相手を呼ぶこと(ハンドル名で可)

【実録】出会い系アプリでブスとセックスするまでの流れ

ブスでもいいからセックスしたい一心で、出会い系アプリで良い感じのブスをゲット!
ファーストメールを送り返事が返ってきたら、「メールのやり取りから3日、または10通のやり取り」を目安にLINEの交換に移ります。
ここでは管理人が実際に使用した出会い系アプリと、セックスへ誘うまでの流れをご紹介します。

使ったアプリ・YYC

処女とやれるアプリのYYCのキービジュアル

ブスとセックスするために、管理人が使った出会い系アプリはYYC。
YYCの使用でブスをゲットしました。

YYCは20年の実績を持つ老舗の出会い系アプリです。
かつては、ホリエモンの会社からスタートして、LINEやmixiグループの傘下で運営された実績があります。
現在も東証一部企業IBJグループの「㈱Diverse」が運営していて、信頼のおける体制が整っています。
そのため、安心感が強くアピールされていて「1,400万人」の登録者数を持っています。

YYCの特色として、SNS機能がかなり充実していて、Twitter感覚で使える「つぶやき」とFacebook感覚の「日記」の機能が使えます。

ですから、「つぶやき」「日記」機能を使用して、アプリの中で認知度をあげておいてからの、募集が出会いを有利にします。

プロフィール検索を使う

ブスでもいいからセックスしたいときに使うYYCのプロフィール検索までの導線

マッチングアプリにはプロフィール検索という機能があります。
YYCの場合は使い勝手が良く、検索内容も詳細にわたって絞り込みが可能。
この場合は「ブス」とシンプルに検索しました。
検索方法は簡単で、ホーム画面上から「検索」を選択して画面へ移動。
検索画面で検索ワードを入れるだけというもの。

ブスでもいいからセックスしたいときに使うYYCのプロフィール検索画面

そうすると、プロフィールに「ブス」という言葉を入れている女性が表示されます。
この場合は「ブス」と入れましたが、「自信が無い」「引きこもり」などでも良いでしょう。

ブスでもいいからセックスしたいときに使うYYCのプロフィール検索結果画面

するとすぐに「ブス」に関連するプロフの女性が表示されます。
あとは、メールを送るだけで、かなりの確率で返信が来ます。

掲示板投稿を使用する。

ブスでもいいからセックスしたいときに使うYYCの掲示板への導線

YYCには優れた募集機能があります。
他の出会い系アプリと違って「一日に一回のみ無料で使用できる」というサービスがあります。
この機能を使って、ブスに響く内容の募集をかけます。
今回は「楽しく付き合えれば容姿は関係ないよね」的な内容で試しました。
具体的な画面は以下の通りです。

ブスでもいいからセックスしたいときに使うYYCの掲示板投稿の実例

この内容で募集を掛けて、ブスが釣れるのを待つのみです。
また、女性から募集をかけているパターンも有効に利用しましょう。
YYCは、ヤレるブスを探すのもやりやすい仕様になっています。

ブスでもいいからセックスしたいときに使うYYCの掲示板募集画面

この画面検索でも範囲指定ができるので、有効に利用してください!
釣りに似た感覚で、セックスしたいブスが釣れます。

日記機能を使用してみる

ブスでもいいからセックスしたいときに使うYYCの日記への導線

出会い系アプリYYCは、SNSの充実ぶりで他を圧しています。
特に日記機能は「無料で使えて良いのか?」というくらい、出会いに有効なツールです。
相手のプロフィールに書かれていること以外の詳細な内容が、手に取るように分かる。
これって最高に役立つ機能です。
早速、「ブス」に絞って検索してみました。

ブスでもいいからセックスしたいときに使うYYCの日記検索画面

こちらも検索は簡単。
「ブス」に絞ると、該当するブス関連の女性が表示されます。
この中から適当にクリックすると、日記の詳細が表示されるので、内容を確認してヤレると判断したらメールします。

ブスでもいいからセックスしたいときに使うYYCのブスの日記画面

この日記の内容から、相当なブスであることが推察できます。
また、写真を載せている日記もありますので、そちらでも検索すれば確実ですね。

つぶやき機能を使う

ブスでもいいからセックスしたいときに使うYYCのつぶやきへの導線

「つぶやき」機能は、YYCの中でもっとも手軽に使用できる機能です。
この機能も日記と並んで、女性を釣るのに最適な機能。
普段の事をTwitterのような気軽さでつぶやきます。
今回は、自分でつぶやいて「ヤレそうなブス」に向けて発信しました。
正直、ブスでもいいからセックスしたい気持ちはマックスでしたね…。

ブスでもいいからセックスしたいときに使うYYCのつぶやき画面

ここでも「楽しく付き合えるなら容姿は気にしない」的な内容でつぶやきました。
すると、あっという間に「イイネ!」が届きます。
画面はほんの一例ですが、効果のほどが伝わるかと思います。

出会い系アプリにいるブス狙いでセックスする方法のまとめ

ブスでもいいからセックスしたいときに使うYYCのまとめようの画像

ここまで「ブスでもいいからセックスしたい」ときに有効な方法についてご紹介しました。
実はブスは警戒心が強いのですが、セックスの欲求が強い人が多く存在します。

あまり男性に構ってもらえないため、常に欲求不満に陥っています。
そこで、出会い系アプリを使えば驚くほど効率よく、ブスとセックスが可能です。

今回、YYCで試した方法で「さっそくタイプをゲット」しました。
画面に載せて以降もしばらく「タイプ」は止まることなく届きました。

また、メッセージも何通か届き、楽しい出会いを満喫出来ています。
管理人はこの記事を読んで頂いた方が、手早くブスをゲットしてセックスを楽しめるように願っています。

管理人が厳選!やれる女が見つかるアプリランキング
今すぐやれる女が見つかる-出会い系アプリランキングのキービジュアル

①管理人の経験から導き出した「本物」ばかり
②すべて登録無料でサクラなしの優良アプリ
③複数アプリを併用するのが大事なポイント

おすすめの記事