彼女と別れて寂しい人必見!寂しさの乗り越え方4選!のキービジュアル
【無料公開】今すぐやれる女が見つかるアプリランキング

管理人が年間50人以上とセックスできているのは、このアプリを使っているから!

こんにちは。
半年前に3年付き合った彼女と別れた管理人です。
3年も一緒にいたので、別れてすぐは虚無感が半端じゃなく、何をしても落ち着きませんでした。

そんな私でしたが、今はその寂しい気持ちを乗り越えて、独り身生活を楽しんでいます。

今回は、私のように彼女と別れて寂しいと思っている方に、私の体験も含めて乗り越え方をお伝えしていきます。

1.新たな趣味を見つけて没頭する

まずは彼女と別れた寂しさを紛らわせるための方法をお伝えします。
その1つとして、他のことに没頭することをおすすめします。

1-1. 他のことに没頭する

何か他のことに集中しよう、と考えたときに、私がまず思いついたのは筋トレをすることでした。
その時は彼女とヨリを戻せたら、、、と思っていたので、自分磨きをしようと思ったのです。
元々週に2回ほどジムでトレーニングを行っていたのですが、暇なのでほぼ毎日通いました。
不思議と筋トレをしている間は何も考えずに済むので、「寂しくならない」「彼女のことを思い出さない」という意味では、とても有効でした。

私は筋トレでしたが、自分が好きなこと、興味を持てそうなものであれば何でも良いと思います。
例えば…

・ゲームをする
・漫画・本を読む
・映画やドラマを観る
・掃除をする
・新たな勉強を始める
・ウォーキングやランニングに出かける

など、色んな方法があります。
ただ、出来れば別れた彼女を思い出さないようなものにした方が良いですね。
恋愛もののストーリーは、彼女のことを思い出したりして、もっと寂しい気持ちになってしまいますから。

寂しいからといってそれに浸るのではなく、何か別のものに没頭することで、少し頭がスッキリします!

1-2. 心理学的見方

何かに没頭する、というのは何でも構いませんが、可能であれば自分の自己肯定感を上げたり、今後役立つことに没頭するのがおすすめです。
これは、心理学でいうところの「昇華」に当たります。
人は、欲求が満たされないのはとてもストレスになります。しかし、その欲求を満たすのが難しいと判断すると、何か別の目標を立てて自己実現を図るのです。

ゲームや本で気を紛らわすのも良いですが、何か目標を決めて、それに向かって没頭する方が、より彼女と別れた寂しさや、ヨリを戻せないことへのストレスを緩和させることができます。

「没頭できそうなことが何もない」「何も思いつかない」という方は、やりたいことを見つけるために、いろいろ調べたりしているだけでも気が紛れるので、そこから始めてみてください!

2.家族や友人とコミュニケーションを取る

いくら趣味に没頭していても、やはりふと別れた彼女のことを思い出して、寂しい気持ちになったりしますよね。
そんなときは、友人や家族とコミュニケーションを取るのがおすすめです。

2-1. コロナ渦でのコミュニケーション

コロナ渦で「友人と集まりにくい」、「実家に帰りにくい」という方も多いと思います。お互いのために、最低限の配慮は必要ですよね。
直接会いにくい分、ZOOMなどのWeb会議ツールを活用してコミュニケーションを取ってはいかがでしょうか。

新型コロナウイルスの感染拡大前は、Web会議やテレビ電話のツールを使ってコミュニケーションを取る人は、国内ではごく一部だったと思われます。
しかし、現在は仕事でZOOMを使っている人も多いです。
「使い方が分からない」「使ったことがない」という人も少なく、慣れている人が多いので気軽に誘えます。

2-2. Web会議ツールを選ぶ理由

Web会議ツールを選ぶ理由を4つあげていきます。
・感染症が気にならない
・お金がかからない・低価格
・時間の融通がききやすい
・プライベートな話がしやすい

直接会うわけではないので、感染症が気にならないのはもちろんですが、金銭的にもメリットがあります。

基本的にZOOMなどのWeb会議ツールは無料で利用できます。
居酒屋で友人と集まってお酒を飲んでおつまみを頼んで、となると1人3,000円~になりますよね。
もし「ZOOM飲み会」のために、自分でお酒やおつまみを買いこんでも、1,500円程度に抑えられます。
そのため、低価格で飲み会ができるんです。

また、飲みに行くとなると予定を擦り合わせるのが結構大変だったりしますが、「ZOOM飲み会」であれば、自宅で空いた時間に参加できますよね。
入退室もしやすいので、お互い気軽に飲み会ができます!

友人が多い人はたくさん誘って入退室OKにして、○時〜○時の間で参加者を募ると、もっと楽しめるかもしれません。

管理人「私は友人が少ないので(笑)、最大3人でしたが、それでも十分楽しめました!」
また、周りの目を気にせずにプライベートな内容の話もしやすいです。

居酒屋でがやがやしている中とはいえ、周りに人がいて話しづらいこともありますよね。
別れた彼女の話や仕事の愚痴など、偶然知り合いや関係者に聞かれたら…と思うと話しづらいです。

「ZOOM飲み会」であれば、お互い自宅でできるので、そういった心配もなく話すことができます。

管理人「ちなみに私の場合は地元にいる友人とZOOMで集まれたのが嬉しかったですね」

よく会う友人、久しぶりに会う家族や地元の友人とZOOMで集まってみてはいかがでしょうか。
友人や家族とZOOMで会って話をすることで、また話を聞いてもらうことで、彼女と別れて寂しい気持ちも少し忘れられますよ。

3.キャバクラや風俗に行く

ここまで、彼女と別れた寂しさを紛らわせる方法として、何かべつのことに没頭することを提案してきました。
しかしそうではなく、「女の子と話したい!」「やりたい!」という人もいますよね。
もちろん私もその1人でした。
彼女と別れたのは夏だったのですが、秋口になってくると人肌が恋しくなって、寂しい気持ちが増幅していきました。

簡単に言うと欲求不満でした。

3-1.店舗型ヘルスに行く

そこで、手っ取り早く欲求を満たすには風俗でしょ!と思い、風俗に行ってみました。
ホテルに女の子を呼ぶと、ホテル代もかかり高くつくので、自宅に呼ぶことも考えました。
しかし友人でさえ自宅に入れるのに躊躇する自分が、知らない女の子を家に呼べるはずもなく…。
店舗型ヘルスに行くことにしました。

上京したての頃、怖いもの見たさで行ってみた繁華街の格安風俗店以外は、行ったことがありませんでした。
学生だったこともあり、初回30分8,000円くらいのところだったと思います。
当時は緊張しすぎて、正直イマイチだったので、それ以来行きませんでした。

しかし今回は、彼女と別れた寂しさもあり、思い切って行ってみました。
今回はネットで調べて自分のタイプの子が多そうなところに行くことにしました。

もちろん料金的な部分も重要ですが、せっかく意を決してお金を払って行くのに、「イマイチだったな」と思って帰りたくないと思ったからです。
よく調べてクチコミを熟読したこともあってか、久しぶりの風俗を楽しめました。
自分が指名した子が、可愛くて愛嬌もあり、話している感じも良い子だったので、そこから2〜3度、そのお店に足を運びました。

ただ、その時は満たされるのですが、お店を出て現実に戻った瞬間、行く前よりも寂しい気持ちが増してしまいます。

そして何より、コスパが悪すぎました。
初回だと40分で格安店でも10,000円〜。格安店以外だと20,000円弱かかります。

私は役職のないただの会社員なので、週1回ペースで通うと、毎月8万近く飛んでいってしまいます。

管理人「彼女と付き合ってた頃、デート代に月8万も使っていなかった身なので、出費が大きすぎて通うのは諦めました。」

私のように金銭的にそこまで余裕のない人にとっては、風俗に通うのはあまり現実的ではないかもしれません。
もちろん時々行く分には良いかと思います。
しかし「寂しさを埋めたい」、「女の子に会いたい」、「欲求を満たしたい」と思って定期的に通うには、ちょっとハードルが高いですね。

3-2. キャバクラやガールズバーに行く

キャバクラやガールズバーに行くことも考えましたが、コミュ障で1人では繰り出せませんでした。
飲み会の帰りに男3〜4人で行ったことはあっても、1人で夜のお店に行くのは、勇気がいるという方がほとんどではないでしょうか。
コロナ渦でもあるので、大人数での飲み会は避けたいところですよね。

「もし友人達と飲み会のあとキャバクラに行って、感染してしまったら…」
「感染経路を辿ってキャバクラだったとき、会社にどう報告しよう…」

などと考えて行かず終いでした。
ちょうど夜の街でクラスターが発生したなどのニュースを見てしまったのも、行かなかった理由の1つかもしれません。

ただ、風俗の半額程度で楽しめるので、1人でサクッと行かれる人は、感染に気をつけて行ってみてはいかがでしょうか。

このように、お金を払って女の子にサービスをしてもらうことで、彼女と別れた寂しさを埋めようとしました。
しかし、以下の3つの理由があり、通うには至りませんでした。

  • 高コスト
  • 感染症が気になる
  • 1人で行きづらい(キャバクラ・ガールズバー)

もちろんお金に余裕があって風俗に通える人や、キャバクラやガールズバーに1人でも繰り出せる人にとっては、寂しい気持ちを埋めるために有効であると言えます。

4.新たな出会いを探す

風俗やキャバクラに通うことで欲求を満たすのは、自分にとってはハイコストでした。
しかし、彼女と別れた寂しさを引きずっていた私は、女の子と出会いたい!という気持ちを諦めきれませんでした。

4-1. コロナ渦で出会いを探す

そこで、コロナ渦でも女の子と出会う方法を考えました。

  • 友人に紹介してもらう
  • オンライン合コンを開く
  • 通っているジムでナンパする
  • 出会い系アプリに登録する

友人に紹介してもらったり、オンライン合コンを開いたりするのは、前述した通り友人の少ない私にとってはハードルが高すぎました。
また、29歳で彼女と別れた私ですが、多くの友人が結婚していて、未婚の友人はごく一部だったりするので、20代前半~半ばの頃に比べると、紹介してもらうような機会が一気に減ります。

通っているジムでナンパすることも真剣に考えました。
マシンを使ってトレーニングをしているとほぼほとんど関わりがないので、女性が多いクラス(ヨガやピラティスなど)に参加して、自然な形で話しかけようと思ったのです。

しかし私のような友人の少ない人間がナンパできる勇気もなく…失敗に終わりました。

友人に紹介してもらえる人、ナンパできる人は、女の子に出会う選択肢の1つとして実践してみてください。

出会い系アプリに関しては、登録しようと思っても種類が多すぎてどんなものに登録するべきか分からず、出会い系アプリを使って婚活中の友人に相談してみることにしました。
詳しくいろいろ教えてもらったので、まとめていきたいと思います。

4-2. 出会い系アプリで出会いを探す

まず、その出会い系アプリを使って婚活している友人に、実際にマッチングしてどれくらいの人数の女の子に会っているのか聞いてみました。
実際に会った人数は2ヵ月間だけで10人もいるとのことでした!
それ以外にも、オンライン街コンに参加したり、出会い系アプリ上のビデオチャットをしたりもしていたので、オンライン上だと更に10人くらいの女の子と出会っているとのことです。

友人は3つの出会い系アプリの登録経験があり、アプリごとにどんなタイプの女の子が多いか教えてくれました。

管理人おすすめの出会い系アプリは、「やれるアプリでエロい女とセックスする方法」の記事で紹介しています。

4-2-1. 恋活メインのアプリ

そこでまずは、その友人も登録しているという20代〜30代が多い恋活メインの出会い系アプリに登録してみました。
この手のアプリは使ったことがなかったので、まずは1ヶ月限定で4,000円程度のコースに加入しました。
思っていたより可愛い子も多く、意外とマッチングも出来ましたが、恋活目的ということもあり、実際に会うまでにメッセージのやり取りをしたがる子が多い印象でした。

もちろんそれでも良いのですが、私は適度に自己紹介をしたら、あとは実際に会ってあわよくばやりたいと思っていたので、やりとりが煩わしく感じました。

そこでまた友人に、「フットワークが軽い女の子がいるアプリってないの?」と聞いたところ、すすめられたのが「ハッピーメール」でした。

4-2-2. ハッピーメール

タレントの野呂佳代さんがキャラクターを務めているスカイブルーの広告が印象的です。
ハッピーメール」は男性も登録は無料で、月額課金制度ではありません。
どんな女の子がいて、どれくらい出会えるのか分からな中で、月額料金を支払うのはハイリスクですよね。
基本的に登録で120ポイントもらえます。
それ以外にも簡単にポイントをもらえる方法があります。

・プロフィールを全て入力する
・定期メールの購読をする

詳しいポイントの制度については、ぜひ公式サイトを見てみてください。

プロフィールの閲覧は無料でできますが、女の子にメールを送るのは5ポイント必要です。
そのため、私は2~3回やりとりして、すぐに会えそうだったらLINEを聞いてLINEでのやり取りをしていました。
逆に2~3回やり取りして、直接会うのに時間がかかりそうだったら放置、というようにルールを決めて活用することで、無駄遣いを防ぐことができますよ。

ただ、できるだけ多くの女の子と出会いたいという方は、1ポイント10円で課金していくのがおすすめです。
ポイント購入は1,000円~になります。

管理人「私は結局ちょこちょこ課金して3,000円分購入しました」

恋活目的の出会い系アプリでは、約4,000円払って実際に会えた女の子は1人だけでした。
しかし、「ハッピーメール」では、3,000円払って、実際に7人の女の子と会えました。

20代のフットワークの軽い女の子が多い印象だったので、私のように女の子とできるだけ早く直接会いたいという人にはおすすめです。

色んな女の子とやり取りをしたり、実際に会ってみると、別れた彼女と比べてしまうことも多々ありました。
しかし彼女と別れた寂しさよりも、「もっとこんな女の子と出会ってみたい」という気持ちがどんどん高まり、最近は色んな女の子と出会って遊ぶのを楽しんでいます。

登録は無料なので、「ちょっと覗いてみるか」程度の気持ちではじめてみてはいかがでしょうか。

ハッピーメールの詳しい使い方は、「ハッピーメールでやれる女と出会える使い方を徹底解説」で紹介しています。

5.彼女と別れて寂しい人必見!寂しさの乗り越え方4選!のまとめ

ここまで、彼女と別れた寂しさを乗り越えるための方法を、私の経験をもとにご紹介してみました。
まずは寂しい気持ちを紛らわせるために

・趣味に没頭する(できれば自分の自信になるもの)
・家族や友人とコミュニケーションを取る

ことをしてみてください。

そしてある程度寂しさが埋められて、女の子と出会いたい!と思ったら

  • 風俗やキャバクラに行く
  • 出会い系アプリを活用する

ことがおすすめです。

いわゆる「陽キャ」であれば女の子と出会う方法の選択肢は広いですが、1人で夜の街に行ったり、友人からの紹介を受けたりナンパしたりすることができないという人は、出会い系アプリを活用してみてください。

また、目的に応じてアプリを選ぶことが大切です。

  • 恋活
  • 婚活
  • 遊び

目的は人それぞれなので、自分の目的が何にあてはまるのか考えた上で、出会い系アプリに登録しましょう。
そして女の子とできるだけ早く会って遊びたいという人は、ぜひ一度「ハッピーメール」を試してみてください!

今はまだ彼女と別れて寂しい気持ちが強いかもしれませんが、寂しさを乗り越えて良い出会いをたくさん掴みましょう。

【2021最新版】やれる女が見つかるアプリランキング

ランキングの3つのポイント
出会い系歴20年の管理人が本気でおすすめ!
②すべて登録無料で、サクラなしの優良アプリ!
3つのアプリを併用するのがセックスへの近道!
ミントC!Jメール
素人とセックスできる出会い系のミントC!Jメール
ミントC!Jメールをオススメする3つの理由
1.他の大手アプリに比べて高い女性比率
2.人妻や熟女と出会いやすい機能が充実
3.老舗アプリで安全性も抜群
ミントC!Jメールは人妻や熟女との出会いに特化した機能や掲示板があるため、性欲が溜まった人妻や熟女とのワンナイトラブやセフレ作りにピッタリです!
PCMAX
PCMAXをオススメする3つの理由
1.会員数1,500万人以上の国内最大級アプリ
2.アクティブ会員と掲示板書き込みが多い
3.セックス目的の女性会員が多い
PCMAXはもともとギャルの利用が多く、学生や人妻が増えた今でもセックス目的の女性が集まっています。そのためお手軽なセックスやセフレ作りにピッタリです!
ハッピーメール
おすすめ出会い系アプリ①:ハッピーメールのイメージ画像
ハッピーメールをオススメする3つの理由
1.会員数2,500万人以上の国内最大級アプリ
2.都心でも地方でもどこでも出会える安定性
3.4人に3人が出会えたという出会いやすさ
ハッピーメールは国内最大級の会員数を誇るマッチングアプリです。利用者の多さから都心だけでなく地方でも安定して出会えます。実際に4人に3人が出会えたという驚異の実績がある王道マッチングアプリです!
管理人が厳選!やれる女が見つかるアプリランキング
今すぐやれる女が見つかる-出会い系アプリランキングのキービジュアル

①管理人の経験から導き出した「本物」ばかり
②すべて登録無料でサクラなしの優良アプリ
③複数アプリを併用するのが大事なポイント

おすすめの記事