口内射精体験談のキービジュアル

こんにちは!性欲を常に持て余してる管理人です。

彼女がほしいけど職場には出会いもありません。いや、若い女性はいるにはいますが管理人は女性に積極的に告白などするタイプではありません。もし告白して振られたりしようものなら、次の日から気まずくて職場に行けなくなることが想像できるのでそんな勇気もありません。

でも、性欲を満たせない鬱憤をどうにかしたいと思い、出会い系で相手を探すことにしました。

出会い系というとサクラの存在であったり、だまされたりするという話もよく耳にするので、とにかく多くの人が利用していて長く続いているような大手を利用しようと思いました。

ネットで検索してみると代表的な出会い系アプリがいくつかでてきました。口コミの評判などを少し見て、今回はミントC!Jメールを利用することに。

ミントC!Jメールの詳しい使い方は、「ミントC!Jメールでやれる女と出会える使い方を徹底解説」で紹介しています。

1.ちょっと内気な、どМ体質な女子大生を出会い系でゲット!

管理人の求める相手は清純で色白、それでいて巨乳な女性です。あんまり向こうからガツガツと来られるのは苦手で、どちらかというと大人しそうな受け身の女性がタイプです。

そんな自分の好みにどストライクな相手なんかいるのかと疑心暗鬼になりながらも検索を開始しました。

やはり大手だけあって若い子のプロフィールが充実しています。地域や年齢、趣味などがプロフィールに詳しく掲載されているので、自分の好きなタイプを限りなく絞り込んで検索ができます。

気になる女の子のプロフィールを片っ端から見ていく中に、真面目そうな色白の女の子に目が止まりました。スタイルも肉付きが良く胸も結構大きくて巨乳と言ってもいいでしょう。申し分ないと思い早速メッセージを送ってみました。

すると返事がすぐに返ってきました。
彼女は20歳の大学2年生でした。彼氏は半年前に別れて今はいないそうです。
コロナ禍で大学も休校が多く、バイトもしていないから家にこもりがちということです。内気な性格で自分からは積極的にいけないけれど寂しいので登録してみたとのこと。年上が好きで、引っ張ってくれるタイプが好きということです。

まずは軽い挨拶と自己紹介のやりとりをメッセージ上で続けた後、少し打ち解けてきたので思い切ってLINE交換を申し出てみると、あっさりOKしてくれました。

経験から言うと、ここで大事なのは自己紹介もろくにやっていないのに、いきなりLINEを教えてほしいと言わないことです。がっついているように感じますし、警戒されて教えてくれない可能性が高くなります。

逆にすぐにLINEを教えてくれたり、相手のほうから要求してきたりする時は少し怪しいと思ったほうがいいかもしれませんね。

とにかく、今回はスムーズな会話の後、彼女とのLINE交換にこぎつけました。

第1段階クリアです!

2.LINEでのやりとりで、どMな女だと確信する

LINEでの会話が始まり、いつごろ、どこらへんで会うかなどを話し合う。
管理人「どこか行きたいところとかある?」
彼女「どこでもいいです。管理人さんが決めてくれたらそこでいいですよ。」
管理人「受け身なんだね」
彼女「そうです、私は常に受け身なんで」
管理人「じゃあグイグイこられるの好きなんだ?」
彼女「好きです。押しに弱いんで(笑)」
管理人「じゃあ、どMなんだね(笑)」
彼女「。。。。はい。Mだと思います」
照れながらそう返す彼女の返信に思わず興奮してしまう。
(この子は自分のいいセフレになってくれそうだ)
そんな確信を得ました。
管理人は、どS体質で特に口内射精をするのが大好きです。だからこの子がセフレになったら巨乳をもてあそびながら口内に射精したいなど、いろんな妄想が早くも頭のなかを駆け巡りはじめていました。

3.どMな女子大生をデートに誘うことに成功

こんなにすぐにタイプの女の子とやりとりができるまでに発展すると思わなかったので驚きました。と同時に絶対にこの子はものにしなければいけないと思いました。
最初はいやらしさや、やりたい感が表に出ないように慎重に話を進めます。

管理人「ここで出会ったのも何かの縁だから仲良くしようよ」
彼女「はい。よろしくお願いします。」
管理人「普段は何して遊んでるの?」
彼女「私友達もあんまりいないんで家でゲームとかやってることが多いかな」
管理人「そんな一人でこもってたらだめだよ。俺が連れ出してあげる」
彼女「、、、はい。」
照れながらも彼女の嬉しそうな返事です。

管理人「今一人暮らしなの?」
彼女「そうです」
管理人「じゃあ門限とか大丈夫だよね?」
彼女「はい。大丈夫です」
管理人「じゃあ今度夜のドライブに連れて行こうよ。どう?」
彼女「はい。お願いします」
初めてのデートはいきなり夜のドライブとなった。胸が高まります。

4.初めてのデートで車内口内射精

いよいよ彼女と会う日がやってきました。
彼女の住んでる場所の最寄り駅に管理人が迎えに行く約束でした。全く面識もない人と会うのはドキドキするものです。こんな気持ちになったのは久しぶりだなと思いながら待ち合わせの場所に向かいます。

いくらプロフィール画面で好みの女の子だったとしても実際に会ってみるまでは全くわかりません。プロフィールの写真と全くの別人が来るとも限りません。期待半分、不安半分でという感じでした。

待ち合わせの駅に行ってみると、プロフィール写真と同じ顔の彼女が立っていました。いや、むしろ実物のほうが可愛いと思いました。白のニットセーターにフレアースカートという、おとなしめな恰好だけれど、セーターが彼女の胸の大きさをくっきりと浮かび上がらせていました。むちむちとした肉付きが管理人を興奮させます。

管理人 「○○さん?」
彼女  「はい。」
管理人 「はじめまして。じゃあ車に乗って」
彼女が助手席に乗り込む。
管理人「プロフィール写真より実物のほうが可愛いね」
彼女 「ありがとうございます」
照れながら笑う。

お互いの自己紹介や、いろんな話をしながら夜のドライブが続きました。
今日は景色のいい湾岸線を走ろうと決めていました。彼女もドライブを楽しんでいます。
1時間ほどドライブした後、海のふもとの人気のない場所に車を止めました。
管理人「ドライブよかった?」
彼女「はい。景色がきれいでした」
管理人「キスしようか」
彼女「、、、、。」
一瞬の静寂があったけれど、彼女の顔は明らかに拒んでいない表情だったのでキスをしました。

長いキスが終わって彼女を見るとちょっと目がうるんでいるようです。そういうところがまたそそられます。会ったその日に最後までいくのはさすがにやりすぎなのかなと一瞬のためらいはありましたが、管理人の息子はもうここで我慢するのは不可能な状態になっています。

管理人「俺、もう興奮して我慢できないかも。ほら見てよ」
そう言ってズボンのチャックを開けました。いきり立った自分のモノを彼女に見せつけます。

彼女「ちょっと待って、、、。恥ずかしい」
いきなり目の前に息子を出されたので恥ずかし気に顔をそらす彼女。

管理人「ほら、目をそらさないでしっかり見てよ」
彼女「嫌、やめてください。ちょっと、、、。はぁはぁ」
でも気になるのかちらちらと管理人の息子に目をやります。言葉では待ってと言いながらも欲しいんだなと分かりました。だからさらに攻めることに。

管理人「ほら、ちょっと触ってみてよ。こんなに大きくなってるんだよ」
そう言って彼女の手を掴んでにぎらせます。
「あ、ちょっと、、嫌、、ちょ、、」
彼女は最初は嫌がるそぶりをしていましたが、次第に手でしごきはじめました。

管理人「ほら、こんなに大きくなってるよ」
彼女「すごく大きいです、、。」
管理人「もっと大きくしてよ」
彼女はさっきよりも強く早くしごきました。
さらにいきり立つ股間。今にも爆発しそうです。

管理人「くわえてよ」
彼女 「。。。。」
管理人「ほらほら、早く」
彼女は言われるがまま息子を口にほおばり始めました。

「ちゅぱ、ちゅぱ、ぼぼぼ、ぶぶぶ、ちゅぱ、ちゅぱ、、、、。」
フェラには慣れていないのかちょっとぎこちない彼女。息子をしゃぶる嫌らしい音が車内に響き渡ります。慣れないながらも懸命にフェラをする彼女の表情が管理人をさらに興奮させました。

少ししゃぶりかたが単調になってきたので
管理人 「口が休んでるじゃない。もっと気持ち込めてしゃぶってよ」
そう言って。強く息子を彼女の口奥深くへ押し込んでいきます。
彼女 「うぐ、うぐぐぐ、、。」
そんな声を漏らしながら懸命に息子をしゃぶり続ける彼女。少し涙ぐんでいるような、そこが管理人の興奮をさらに倍増させました。

管理人「はぁはぁ。もう俺いきそう!全部口に出すから。いくよ!」
もう我慢できなくなり彼女の口内に射精しました。

しばらく彼女がいなくて溜まっていた性欲を、彼女の口内に放出してやりました。あまりにも気持ちよかったのでいつもの何倍もの精子が彼女の口内へ入っていきます。
管理人「ちゃんと全部飲むんだよ」
ゴク、ゴクと彼女の喉が鳴る音がします。健気な彼女は口内射精した精子を飲み干しました。
口の中は管理人の精子で真っ白になっています。

管理人「気持ちよかったよ。これから俺の家に来ない?もっと気持ちいいことしようよ」
彼女 「、、、はい」
彼女はもう、なされるがままにまかせるといった感じでうつろな目をしています。

管理人のマンションへと車を走らせます。

車内に会話はありません。それもそのはず、マンションに着くまで彼女にフェラをすることを命令しています。
彼女は運転席の管理人の股間に顔をうずめて、ひたすらフェラを強要されています。

静かな夜の街を走る車のエンジンの音と、息子をしゃぶる卑猥な音だけが聞こえています。

彼女の顔は火照っていて、早く自分にこの大きくなったモノを挿入してほしいと顔に書いてあるような表情をしています。

管理人「よしよし、家に着いたらたっぷりと突っ込んでやるから、ちゃんとお掃除しといてね」
顔を火照らせながら彼女は管理人の息子をより強くしゃぶりました。

管理人のマンションに着くとすぐに彼女の服を脱がせました。
優しくではなく、あえて服を剥ぎ取るように荒っぽく脱がしていきます。
「ひっ。いや、、、あ、、あっ。」
荒々しく服を脱がされてていくことに若干の抵抗をする彼女ですが、あっという間に裸にされていきます。

ブラジャーを剥ぎ取られると彼女の巨乳があらわになりました。大きく弾力があり、ピンク色の乳首が興奮で隆起しているのがよくわかります。

推定Fカップはありそうな胸を少々荒っぽく揉みしだくと「あああん!」と彼女は大きな喘ぎ声を出しました。

特に乳首が敏感らしく、片方の乳首を指でもてあそびながら、もう片方の乳首を口にふくんでやると「あ、あっあーーーん」
喘ぎ声がさらに大きくなりました。

たっぷりと時間をかけて巨乳をもてあそんだ後、体の下へ向かって舌を転がしていきます。
「はぁはぁ。あん、あん、あああん」
彼女の喘ぎ声が、股間に近づくにつれて大きくなっていきます。

パンツを脱がせると、彼女のあそこはお漏らしをしたのでは?と勘違いするほどにビショビショでした。
管理人「こんなに濡れちゃって。真面目そうな顔してスケベ女だな君は」
彼女「違います!でも、でもこんなに嫌らしいことされたらおかしくなります、ああん!」

彼女の熱く濡れてビショビショになった陰部を丁寧に舐めると「あああん!もういっちゃいそう!」と彼女も我慢できなくなっている模様です。

すかさず息子を挿入。そこからは荒々しくストンピングを繰り返します。
「あん、あん、あーん、あん」
そのたびに揺れる彼女の巨乳がたまらなくいやらしく、管理人はまたいってしまいそうになります。

そこで彼女にパイズリをさせ、もう一度口内に射精してやろうと考えます。
巨乳の真ん中に息子を挟ませて、おっぱいでしごかせました。そして舌先で舐めることを命令。

彼女は言われるがまま従順に従います。どMな彼女は命令されることで興奮しているようです。

最後はまた彼女の口内に思い切り射精しました。あまりにも興奮していたので勢いが凄く、彼女は口から少し精子を漏らしてしまったほどです。
結局その日は3ラウンドして3回とも口内射精をしました。
体の相性も性癖の相性もばっちりで、最高のセフレを見つけることができたと思っています。彼女はどM体質なので、口内で射精されることや顔にかけられることが、征服されているような感じがして興奮するようです。

お互いにすごく満足できたので、また次も会う約束をしました。
現在は週に3回くらいは彼女と会っていろんなプレイを楽しんでいます。

以上が、管理人の思い出の口内射精体験談でした。

最初は出会い系で本当にいい子が見つかるのかなと疑心暗鬼でしたがミントC!Jメールなら今回の管理人のように自分の理想のパートナーやセフレが見つかる確率は高いと思いますよ。

ミントC!Jメールの詳しい使い方は、「ミントC!Jメールでやれる女と出会える使い方を徹底解説」で紹介しています。

ムラムラが止まらない男性へ

1日10分スマホをいじるだけで、1ヶ月後に3人のセフレができる方法を教えます。

セフレ作りに最適なマッチングアプリ【ミントC!Jメール】
セフレ作りにおすすめしたい理由
・他の大手アプリに比べて高い女性比率
人妻と出会いやすい機能が充実
・老舗アプリで安全性も抜群
多くの人妻は遊び目的で登録しているので、人妻と出会いやすいミントC!Jメールは、ワンナイトラブやセフレ作りが非常に簡単です!
管理人が厳選!やれる女が見つかるアプリランキング
今すぐやれる女が見つかる-出会い系アプリランキングのキービジュアル

①管理人の経験から導き出した「本物」ばかり
②すべて登録無料でサクラなしの優良アプリ
③複数アプリを併用するのが大事なポイント

おすすめの記事