フェラ体験談まとめ
【無料公開】今すぐやれる女が見つかるアプリランキング

管理人が年間50人以上とセックスできているのは、このアプリを使っているから!

この記事では、管理人が実際に出会い系アプリでフェラしてもらった体験談を紹介しています。
出会い系アプリを使おうと考えてる人や素人女にフェラしてもらいたい人に、ぜひ読んでもらいたい内容になっています。
それではご覧ください!

フェラ体験談① | フェラ好き現役美大生は口技も芸術的

フェラ体験談のキービジュアル
★女の子のプロフィール★
年齢:20歳
職業:美大生
バストカップ:Fカップ
体型:グラマー
ルックス:かわいい系
備考:ショートカットロリ巨乳
「フェラ好き現役美大生は口技も芸術的」の本編を見てみる

巨乳美大生とのマッチングの流れ

巨乳美大生とはこういう流れでマッチングしました。

ミントC!Jメールで巨乳をプロフィール検索
②ダメ元で巨乳美大生にメッセージ送信
③奇跡的に巨乳美大生から返信
④聞き役に徹して親密度アップ
⑤ヌードモデルが不足しているとのことで快諾してアポゲット

Fカップ美大生はお口のテクニックも芸術的だった

待ち合わせ場所に車で向かうと、「お待たせー」と車の窓をノックする女性が。
窓を開けると飛び込んできたのはFカップある巨乳が覗くノースリーブを着た彼女がいました。

「大丈夫だよ!入って!」というと車を開ける彼女のエロい服装に驚きました。
下はショートパンツを履いていて、ギャルというよりお姉さんな印象。

「ちょっと見すぎ笑 変態おじさんじゃん」と笑われながらドライブデートスタートしました。

海沿いを走りながら色々話して会話が途切れることなく楽しいデートは続きました。

夕暮れになり「そういえばヌードモデルどこでしたらいい?」と彼女から言われ管理人は「ホテルと車、どっちがいい?」と質問しました。

すると、「うーん車の方がリラックスして描けるかも。あんまり見えない所とかないかな?」というと管理人は星がよく見える穴場のデートスポットを知っていた為山に向かって車を走らせました。

到着すると本当に誰もいない真っ暗な山奥で星空がとても輝いていました。
「真っ暗で描きづらいかな?電気つけようか」と電気をつけるとそこには少し汗ばんでいてほの暗い明りに照らされてより一層エロく見える彼女が。

誰も見ていない環境ということもあってか管理人の興奮はマックスになりました。
「このくらいで大丈夫。じゃあ服を脱いだら座席倒して、後ろに手をついて座って。足は軽く開いて片足上げて」となかなか男性としては少し恥ずかしいポーズを取らされることに。

彼女はバッグからスケッチブックを取り出し、管理人の脱ぐ姿を見ていました。

「結構いい体してるね。鍛えてるの?」と管理人の体に触れてきて、興奮が抑えられず息子は半勃ち状態に。しかし彼女はそこには触れずにスケッチを始めてしまいました。
沈黙が続き、鉛筆の音だけが聞こえる空間。管理人の方を向く彼女のくっきり目立つ巨乳をずっと見てしまっていると「そんなに私の胸気になる?」と彼女が顔を上げました。

「なんでわかったの?」

「普通に目線おかしいもん笑 なんか変な空気になる」

「変な空気って?」

「なんか恥ずかしいし、しかも少しおっきくなってるよ」
と鉛筆の裏で息子を撫でられ思わず「あっ」と声を出してしまいました。

「いきなりこんなところ触るもんじゃないよ。触りたかったら別だけど」

「目に入っちゃうよ。鉛筆で触るんだったらいいよ」と息子を鉛筆でさすってきました。
管理人はその刺激に乗じて彼女にキスをしました。

「んっ…は」彼女の吐息が耳に入りさらに激しいキスに。
そしてノースリーブの上から巨乳を触ると「ダメだってば…あん」とまんざらでもないご様子。さらに巨乳を揉みしだくとどんどん喘ぎ声が溢れてきました。

「やぁ…はあん…」そしてノースリーブをたくし上げブラを外し巨乳を堪能。
乳首も綺麗で夢中でしゃぶりつきました。

すると彼女が僕の露わになっていた息子を掴みしごき始めました。
「意地悪ばっかりする人にはお仕置きだよ?」とそのスピードは速くなり快感が押し寄せると手を止めそれを繰り返されていました。

「裸でこんなにおっきくして恥ずかしくないの?もっとしてあげる」
というと彼女は息子を口に加えはじめ手でしごきながら先端を責めてきました。

「やべえ…気持ちいい。もっと早くして」

「ダメだよ?おしおきだからもっと我慢しないと。デッサンの邪魔した罰だからね」
というと彼女は激しくフェラチオをし始めました。すると彼女の巨乳はぶるぶる揺れ下から巨乳を掴み揉むと「やあ…んっあダメ」と気持ちよさそうな声。

彼女の動きと連動するように触るととても喘ぎました。
管理人は我慢できなくて「ねえパイズリして…」と懇願すると、

「仕方ないなあ…ずっとこうしてほしかったんでしょ?」と彼女は膝元に座り、
息子を巨乳に挟みました。温かく柔らかい密閉された息子はいつでも出そうな状況でした。

「気持ちいい?」と見上げる彼女に「本当にかわいい。好き。先もぺろぺろして」と
懇願すると素直にしてくれ、息子の膨らみは限界に達していました。

「ごめんもうイきそう。おっぱいに出してもいい?」
というと彼女は動きを止め「おっぱいでイッちゃだーめ。」と今度は深い激しいフェラチオに。

喉の奥まで届きそうなくらいしゃぶられ管理人は思わず「イかせてお願い!!」
と彼女の顔を掴み奥まで息子を突っ込むと彼女は喉を鳴らし涙目で見上げてきました。

顔を離すと、彼女は素直に「お口に出して」とリクエストしてきました。
「いいよ…たっぷり出してあげる。フェラチオして」というと再び激しく上下させてきました。その快感に管理人は抑えきれずわずか1分で口内射精。

丁寧に舐めあげられ彼女の口を離すとおいしそうに飲みこんでいました。

出した後冷静になり、さすがに初対面で無理やりしすぎたかなと思っていると、
「いっぱい出たね。裸になったのがそんなに興奮したの笑?」とふざけて笑う彼女に
とても安心しました。

その後後始末を済ませ、本題のヌードデッサンを再開し、彼女が描き終えた頃に、
今日一日でで終わらせたくないと感じ、正直付き合っている彼女より好きになっていました。

「最初変な感じになっちゃったけど、またデッサン抜きで会いたいんだけどダメかな?次はデートしない?」と誘うと、

「うーん、薄々思ってたんだけど彼女いたりしない?そんなことして大丈夫なの?」と
彼女がいたことに気づかれていたのに驚いていたら、

「ちゃんと後始末してくれたらまた会ってもいいよ。彼女持ちとはデートしにくいしね」
と言ってくれて、管理人は結婚を考えていた彼女と別れ、美大生と付き合うことになりました。

付き合ってからは家も近いこともあり、毎日セックスに明け暮れ、彼女のお得意巨乳パイズリフェラチオを堪能していました。
サービスも良くなり、イマラチオも許してくれるようになり、どんどん彼女のフェラチオの虜になっていきました。

最初はすごく仲良く過ごしていたのですが、段々とすれ違いが多くなり、結局彼女に浮気されて別れることになりましたが、あんな美人で巨乳、そしてエロい女性と付き合えただけで管理人は満足でした。

そしてその後も彼女のフェラチオが忘れられず、ミントC!Jメールで色々と出会いましたが、彼女以上のプロテクニックに出会えていません。

またあの激しいフェラチオに拝めるよう日々探し続けています。
とても充実した体験記でした。

管理人から一言

管理人

まさか女子大生と付き合えるなんで考えていませんでした。これだから出会い系アプリはやめられませんよね。

 

フェラ体験談② | 真面目系な女子大生に大興奮の口内射精

フェラ体験談のキービジュアル
★女の子のプロフィール★
年齢:20歳
職業:大学生
バストカップ:Fカップ
体型:普通
ルックス:地味系
備考:M気質
「真面目系な女子大生に大興奮の口内射精」の本編を見てみる

巨乳大学生とのマッチングの流れ

巨乳大学生とはこういう流れでマッチングしました。

ミントC!Jメールで巨乳をプロフィール検索
②出てきた巨乳女にメッセージ送信
③巨乳女子大生から返信
④Mな性格に気付いて積極的に誘ってアポゲット

初めてのデートで車内口内射精

いよいよ彼女と会う日がやってきました。
彼女の住んでる場所の最寄り駅に管理人が迎えに行く約束でした。全く面識もない人と会うのはドキドキするものです。こんな気持ちになったのは久しぶりだなと思いながら待ち合わせの場所に向かいます。

いくらプロフィール画面で好みの女の子だったとしても実際に会ってみるまでは全くわかりません。プロフィールの写真と全くの別人が来るとも限りません。期待半分、不安半分でという感じでした。

待ち合わせの駅に行ってみると、プロフィール写真と同じ顔の彼女が立っていました。いや、むしろ実物のほうが可愛いと思いました。白のニットセーターにフレアースカートという、おとなしめな恰好だけれど、セーターが彼女の胸の大きさをくっきりと浮かび上がらせていました。むちむちとした肉付きが管理人を興奮させます。

管理人 「○○さん?」
彼女  「はい。」
管理人 「はじめまして。じゃあ車に乗って」
彼女が助手席に乗り込む。
管理人「プロフィール写真より実物のほうが可愛いね」
彼女 「ありがとうございます」
照れながら笑う。

お互いの自己紹介や、いろんな話をしながら夜のドライブが続きました。
今日は景色のいい湾岸線を走ろうと決めていました。彼女もドライブを楽しんでいます。
1時間ほどドライブした後、海のふもとの人気のない場所に車を止めました。
管理人「ドライブよかった?」
彼女「はい。景色がきれいでした」
管理人「キスしようか」
彼女「、、、、。」
一瞬の静寂があったけれど、彼女の顔は明らかに拒んでいない表情だったのでキスをしました。

長いキスが終わって彼女を見るとちょっと目がうるんでいるようです。そういうところがまたそそられます。会ったその日に最後までいくのはさすがにやりすぎなのかなと一瞬のためらいはありましたが、管理人の息子はもうここで我慢するのは不可能な状態になっています。

管理人「俺、もう興奮して我慢できないかも。ほら見てよ」
そう言ってズボンのチャックを開けました。いきり立った自分のモノを彼女に見せつけます。

彼女「ちょっと待って、、、。恥ずかしい」
いきなり目の前に息子を出されたので恥ずかし気に顔をそらす彼女。

管理人「ほら、目をそらさないでしっかり見てよ」
彼女「嫌、やめてください。ちょっと、、、。はぁはぁ」
でも気になるのかちらちらと管理人の息子に目をやります。言葉では待ってと言いながらも欲しいんだなと分かりました。だからさらに攻めることに。

管理人「ほら、ちょっと触ってみてよ。こんなに大きくなってるんだよ」
そう言って彼女の手を掴んでにぎらせます。
「あ、ちょっと、、嫌、、ちょ、、」
彼女は最初は嫌がるそぶりをしていましたが、次第に手でしごきはじめました。

管理人「ほら、こんなに大きくなってるよ」
彼女「すごく大きいです、、。」
管理人「もっと大きくしてよ」
彼女はさっきよりも強く早くしごきました。
さらにいきり立つ股間。今にも爆発しそうです。

管理人「くわえてよ」
彼女 「。。。。」
管理人「ほらほら、早く」
彼女は言われるがまま息子を口にほおばり始めました。

「ちゅぱ、ちゅぱ、ぼぼぼ、ぶぶぶ、ちゅぱ、ちゅぱ、、、、。」
フェラには慣れていないのかちょっとぎこちない彼女。息子をしゃぶる嫌らしい音が車内に響き渡ります。慣れないながらも懸命にフェラをする彼女の表情が管理人をさらに興奮させました。

少ししゃぶりかたが単調になってきたので
管理人 「口が休んでるじゃない。もっと気持ち込めてしゃぶってよ」
そう言って。強く息子を彼女の口奥深くへ押し込んでいきます。
彼女 「うぐ、うぐぐぐ、、。」
そんな声を漏らしながら懸命に息子をしゃぶり続ける彼女。少し涙ぐんでいるような、そこが管理人の興奮をさらに倍増させました。

管理人「はぁはぁ。もう俺いきそう!全部口に出すから。いくよ!」
もう我慢できなくなり彼女の口内に射精しました。

しばらく彼女がいなくて溜まっていた性欲を、彼女の口内に放出してやりました。あまりにも気持ちよかったのでいつもの何倍もの精子が彼女の口内へ入っていきます。
管理人「ちゃんと全部飲むんだよ」
ゴク、ゴクと彼女の喉が鳴る音がします。健気な彼女は口内射精した精子を飲み干しました。
口の中は管理人の精子で真っ白になっています。

管理人「気持ちよかったよ。これから俺の家に来ない?もっと気持ちいいことしようよ」
彼女 「、、、はい」
彼女はもう、なされるがままにまかせるといった感じでうつろな目をしています。

管理人のマンションへと車を走らせます。

車内に会話はありません。それもそのはず、マンションに着くまで彼女にフェラをすることを命令しています。
彼女は運転席の管理人の股間に顔をうずめて、ひたすらフェラを強要されています。

静かな夜の街を走る車のエンジンの音と、息子をしゃぶる卑猥な音だけが聞こえています。

彼女の顔は火照っていて、早く自分にこの大きくなったモノを挿入してほしいと顔に書いてあるような表情をしています。

管理人「よしよし、家に着いたらたっぷりと突っ込んでやるから、ちゃんとお掃除しといてね」
顔を火照らせながら彼女は管理人の息子をより強くしゃぶりました。

管理人のマンションに着くとすぐに彼女の服を脱がせました。
優しくではなく、あえて服を剥ぎ取るように荒っぽく脱がしていきます。
「ひっ。いや、、、あ、、あっ。」
荒々しく服を脱がされてていくことに若干の抵抗をする彼女ですが、あっという間に裸にされていきます。

ブラジャーを剥ぎ取られると彼女の巨乳があらわになりました。大きく弾力があり、ピンク色の乳首が興奮で隆起しているのがよくわかります。

推定Fカップはありそうな胸を少々荒っぽく揉みしだくと「あああん!」と彼女は大きな喘ぎ声を出しました。

特に乳首が敏感らしく、片方の乳首を指でもてあそびながら、もう片方の乳首を口にふくんでやると「あ、あっあーーーん」
喘ぎ声がさらに大きくなりました。

たっぷりと時間をかけて巨乳をもてあそんだ後、体の下へ向かって舌を転がしていきます。
「はぁはぁ。あん、あん、あああん」
彼女の喘ぎ声が、股間に近づくにつれて大きくなっていきます。

パンツを脱がせると、彼女のあそこはお漏らしをしたのでは?と勘違いするほどにビショビショでした。
管理人「こんなに濡れちゃって。真面目そうな顔してスケベ女だな君は」
彼女「違います!でも、でもこんなに嫌らしいことされたらおかしくなります、ああん!」

彼女の熱く濡れてビショビショになった陰部を丁寧に舐めると「あああん!もういっちゃいそう!」と彼女も我慢できなくなっている模様です。

すかさず息子を挿入。そこからは荒々しくストンピングを繰り返します。
「あん、あん、あーん、あん」
そのたびに揺れる彼女の巨乳がたまらなくいやらしく、管理人はまたいってしまいそうになります。

そこで彼女にパイズリをさせ、もう一度口内に射精してやろうと考えます。
巨乳の真ん中に息子を挟ませて、おっぱいでしごかせました。そして舌先で舐めることを命令。

彼女は言われるがまま従順に従います。どMな彼女は命令されることで興奮しているようです。

最後はまた彼女の口内に思い切り射精しました。あまりにも興奮していたので勢いが凄く、彼女は口から少し精子を漏らしてしまったほどです。
結局その日は3ラウンドして3回とも口内射精をしました。
体の相性も性癖の相性もばっちりで、最高のセフレを見つけることができたと思っています。彼女はどM体質なので、口内で射精されることや顔にかけられることが、征服されているような感じがして興奮するようです。

管理人から一言

管理人

お互いにすごく満足できたので、また次も会う約束をしました。
現在は週に3回くらいは彼女と会っていろんなプレイを楽しんでいます。

 

【無料公開】今すぐやれる女が見つかるアプリランキング

管理人が年間50人以上とセックスできているのは、このアプリを使っているから!

フェラ体験談 | 美熟女の超絶テクニックに精子を搾り取られた

フェラ体験談のキービジュアル
★女の子のプロフィール★
名前:美香子
年齢:40代前半
職業:OL
バストカップ:Eカップ
体型:スレンダー
ルックス:キャリアウーマン系
備考:車好き
「美熟女の超絶テクニックに精子を搾り取られた」の本編を見てみる

フェラ熟女とのマッチングの流れ

フェラ熟女とはこういう流れでマッチングしました。

ミントC!Jメールで熟女をプロフィール検索
②出てきた熟女から車好きの美香子さんにメッセージ
③車の話題に反応した美香子さんから返信
④車の話で盛り上げてアポゲット

ホントに40代?スレンダー巨乳の熟女はねっとりした美女だった

さて次の週、彼女の家から近いターミナル駅で待ち合わせることになりました。
待ち合わせ場所で40くらいの女性を見るたびに、「あ、あの人かな?」「あんな美人だったらいいなあ」とドキドキしながら待っていました。

そうこうしているうちにケータイが鳴ります。

美香子「もしもし?どの辺にいる?」
管理人「えーと、駅前の交番の近くにいます」
美香子「あ、いたいた。見つけた」

そう言って近づいてきたのはふわっとしたウエーブのロングヘアの美人でした。「えっ?すごい美人じゃん!」というのが第一印象です。
とても40代には見えない綺麗さでした。腰も脚も細くてスレンダーボディなのですが、おっぱいだけがバーンと張っていて、谷間チラ見せのファッションです。
服を着てるのに色気がムンムンと漂ってくる感じです。

美香子「おまたせー。じゃあ行こうか」
管理人「はい。えーと、どこへ行きますか?」
美香子「とりあえず飲みながら話しようよ」

そういうとちょっと落ち着いた感じの洋風個室居酒屋みたいなお店へ連れていかれました。

管理人「ここ、美香子さんのお気に入りなんですか」
美香子「うん。個室もあるし、人の声が聞こえなくて割と静かでいいのよ」
管理人「おしゃれな店ですね」
美香子「まあ派手じゃなくて落ち着くよね」

まずはビールで乾杯して、お互い話してなかったプロフィールとか、会う口実にした車の話とか、美香子さんもよくしゃべる女性で、話は尽きません。

美香子「あたしの方が年上なんだけど、意外と話題あうよね。年ごまかしてない?」
管理人「ごまかしてないですよ。車のことはちょっと勉強しましたね」
美香子「管理人ちゃんって車も女も大事にしそうだよね」
管理人「そうですか。そういってもらえるとうれしいです」
美香子「なんか丁寧に扱いそう」
管理人「意外とモノは大事にするタイプです」
美香子「そういう子、いいね。車でもなんでも荒く乗る奴いるからね」
管理人「荒く扱うとなんでも長持ちしないですからね」
美香子「じゃあ、あたしにも優しくしてくれる?」
管理人「えっ。管理人荒っぽいですか?すみません」
美香子「これからの話よ」
管理人「はい、優しくします」
美香子「じゃあ証明してもらおうかな」

店を出ると美香子さんが添えるみたいにそっと手を繋いできます。
細くて柔らかい手だったので、力を入れずに軽くキュッと握り返してみました。

美香子さんは何も言わずに繁華街の奥のホテル街の方に歩いていきます。
これはどう考えてもホテルへ誘われてるよなー、と思っていたらホテル到着。

美香子「ここでいいかな」
管理人「はい」

まるでおねえさんに筆おろししてもらう童貞のように言うことを聞いてしまう管理人。

部屋に入ると、

美香子「ちょっと緊張してる?」

と缶ビールを二本抜いて進めてくれました。ちょっと緊張していて喉も乾いていたのでゴクゴク飲み干してしまいました。

美香子「いい飲みっぷり!」

そういうと自分のビールを口に含んで、口移しでビールを飲ませてくれました。

そのまま美香子さんが管理人の中に舌をねじ込んできます。激しく舌をむさぼりあうベロチュウになり、

美香子「続きはシャワー浴びてからね」

と管理人の手を取ってバスルームに向かいました。

美香子さんは管理人の服をパンツまで脱がせてくれて、シャワーで丁寧に洗ってくれました。

美香子「ここはよーく洗っておかないと」

とチンコもシコシコしながら念入りに洗ってくれて、一度口に含み、
美香子「これでよし」

とうれしそうに笑いました。

お風呂から出て、ベッドに上がってベロチュウしながら美香子さんが管理人のモノを触ってきます。

美香子「若いからねえ。元気ね」

といやらしい顔で笑うと、手コキを始めます。

そして首筋、乳首と舌を這わせながら股間に顔をうずめてフェラチオしてくれました。

口の中とチンコがおそろしく密着する上に亀頭をチロチロと常に刺激する強烈に気持ちいいフェラでした。

管理人「美香子さん、すごく気持ちいいです」
美香子「気持ちいい?うれしい」

そういうと首を上下に振ってさらに強烈にフェラしてきます。

管理人「あっ、そんなにしたら出ちゃいます」
美香子「出ちゃいそう?このまま出しちゃう?」
管理人「あっ、でも、待ってください」

と言ったのに美香子さんはフェラを辞めるどころか手コキまでしてきたので我慢しきれず発射してしまいました。

美香子さんは管理人の精子をおいしそうに飲み込み、
美香子「出ちゃったね。いっぱい出たよ」

とニコっと笑いました。

管理人「今度は管理人が気持ちよくしてあげたいです」
美香子「うれしい。気持ちよくしてくれるの」

まずはおっぱいから責めていきます。
熟女のおっぱいはパンパンにハリがある感じではなく、手に吸いついてくるようなしっとりとした柔らかさです。
これがたまらないんですよね。

乳首をコリコリしてからチュウチュウ吸うと、

美香子「あん。乳首吸うの上手」

と言いながら腰をくねらせます。
だんだんと腰を管理人に押し付けてくるので、お望み通りクンニにすることに。

股をわざと大きく開いて、鼠径部、内もも、蟻の門渡りと周りからジワジワ舐めていくと、美香子さんの吐息がだんだん大きくなってきます。

アソコを指で開いて下から上に舐め上げると、

美香子「あぅっ、そこっ」

といい声で啼きます。ワレメをしつこく舐めた後舌を尖らせてクリトリスをチロチロすると、
美香子「あああん。そこがいいのぉ」

と腰をピクピクしてきます。

唾液をたっぷりつけてクリを舐めながら指を入れると、

美香子「あああああっ」

とかなり感じ始めます。指ピストンのスピードを上げるとクチュクチュとエロい汁が粘る音がしてきます。

美香子「ああっ、いっちゃう、いっちゃううう」

と管理人の手マンでイカせることができました。美香子さんはハアハア言いながら、

美香子「あたしもイカされちゃった。。」

と管理人のチンコを握ってきます。

美香子「ちょっと立ってみて」

そういって管理人を立たせると、大きなおっぱいでパイズリをしてくれました。
パイズリって熟女の柔らかいおっぱいのほうがチンコをくるむように絡みついてくるので気持ちいいんです。

美香子「さっき出したばっかりなのに、もうカチカチ」
管理人「美香子さんが綺麗だから。。。」
美香子「うれしい。これ、カチカチだからもう入れたい?」
管理人「はい」
美香子「バック好き?」
管理人「はい」

美香子さんは管理人にお尻を向けると、

美香子「後ろから入れて」

とおねだりしてきました。

プリプリのお尻を軽くさすってからズブっと挿入。

美香子「ああっ、固くて気持ちいい」

ピストンを始めると美香子さんのお尻はパンパンといい音がするんです。
次第に美香子さんも自分から腰を振ってきます。
動かれて気持ちよくなってしまい、

管理人「気持ちよくてもう、いっちゃいそうです」
美香子「じゃあ、正常位でイク?」
管理人「はい」

美香子さんはあおむけになって管理人のチンコをアソコに誘導してくれます。
やっぱりイク時は顔もおっぱいも見える正常位がいいですね。

美香子さんが気持ちよさそうに喘ぐ顔と揺れるおっぱいを見てピストンしていたらあっという間に発射寸前になってしまいました。

管理人「もう、出ちゃいそうです」
美香子「来てっ、いっぱい出してえ」

その声を合図にドピュピュピューと音が聞こえるくらい気持ちよく発射させてもらいました。

美香子「二回目なのにいっぱい出たね」

とお掃除フェラまでしてくれました。

管理人から一言

管理人

美香子さんとはその後セフレみたいな感じでしばらくセックスしていました。
人妻の妖艶な魅力というか包容力というか、エロさと言うか、あれは経験値を積まないと出ないものでしょうね。

 

フェラ体験談④ | 欲求不満人妻の長時間フェラに連続射精したった

フェラ体験談のキービジュアル
★女の子のプロフィール★
名前:あやか
年齢:30代半ば
職業:専業主婦
バストカップ:Eカップ
体型:普通
ルックス:セクシー系
備考:褒めると速攻でやれた
「欲求不満人妻の長時間フェラに連続射精したった」の本編を見てみる

フェラ人妻とのマッチングの流れ

フェラ人妻とはこういう流れでマッチングしました。

ミントC!Jメールで人妻をプロフィール検索
②出てきた人妻から寂しそうな雰囲気だったあやかさんにメッセージ
③やはり寂しかったようであやかさんから返信
④写メをとにかく褒めちぎって高感度アップ
⑤そのままの勢いでランチデートに誘う

ランチせずにそのままホテルに直行

待ち合わせしていた場所に着くとあやかさんはすでに待っていました。

誰かに見られることを警戒しているのか、帽子をかぶっていますが、ラインのアイコン写真の通りの清楚な美人。

ピタッとしたセーターで巨乳が強調され目のやり場に困りましたが車の中から声をかけました。

管理人「あやかさんですか?管理人です。」

あやか「はいそうです。初めましてー。」

警戒心があるといけないので車を降りて助手席のドアをあけてエスコートします。オシャレするというよりは清潔感のある格好で行くようにしています。

そそくさと助手席に乗り込み、もう一度初めましてーと挨拶。

管理人の行きたかったランチのお店、予約できなくて、結構待たないといけないみたいなんで、お店変えるか、それか待てるなら待ちますかと聞くと、私16時には家に戻らないといけないからあまり時間なくてゆっくりご飯食べながらお話しできるところないかなとの返事が返ってきました。

管理人がそんなのホテルしかないよねーー、と笑いながら答えると、じゃあそうしよっかな、と恥ずかしそうにうなずいたので近くのホテルまで車を飛ばしました。

欲求不満の巨乳人妻の長時間フェラに連続射精

ホテルについてからも管理人は褒め続けました。可愛い、綺麗、スタイル良いよね、などなどなど。

そういうちょっとした褒め言葉でさえ久しぶりな人妻はそれだけで感じてる様子。向こうから抱きついてきたのでイチャイチャモード。

キスをしながら胸を揉むとそれだけで喘ぎ声を出しはじめました。え、エロい。欲求不満の人妻ってやつのエロさは尋常ではありません。

お風呂に入ろうと誘ったものの時間がないからお風呂はいいやと言い、自ら服を脱ぎはじめました。

期待していた通りのスタイルの良さ。胸は若い子よりはハリは劣るものの形の良いEカップ。

今日のために買ったの?と思うような新しい下着は赤のレースでエロい。管理人はじっくりゆっくり責めるのが好きですがあやかさんは早くやりたい様子w

ブラの上から胸を揉んでいるとブラ取って欲しいとお願いされいきなり顔をうずめるように押さえつけられました。

乳首を少し舐めると大きな声で喘ぎはじめ管理人もびっくりの反応。

パンツも自ら脱ぎ捨て舐めてほしいとお願いされましたので足を開き丁寧に舐めるとシーツがべちょべちょになるくらいまで濡れていました。

そして、もう我慢できない、お願い入れて下さいの言葉を頂きましたw

この女ドMだなとこの時には確信していたのでそこはすぐには挿入せず、じらしてやります。そうすると何でも言うことを聞くので30分以上フェラをさせ口の中に一発。

それはちゃんと飲み干してもらい、ご褒美に入れてあげるねと言うと足を広げて待っています。

1年以上御無沙汰だったというあやかさんのアソコは、めちゃくちゃ閉まりが良くてすぐにいきそうになりますが、勿体ないので我慢。

どんな体位をお願いしても断られるどころか喜んでしたがってくれました。やりたかった体位をすべて楽しみ、最後はあやかさんをいかせる。

久しぶりにイった人妻は大満足な顔をしていました。3発目もありかなと思いましたが時間切れのためここで終了。

そして本当に最高なのはここから。セックスの後しつこくなったり優しくしてよという女性いますよね。人妻は違います。イった後は家で溜まっている家事をこなすため早く帰りたいのです。

シャワーを浴びて車で送り届けました。そして別れ際、来週も同じ時間って空いてるかを聞かれリピ確定。

管理人から一言

管理人

出会い系にいる人妻は旦那さんから相手にされていないことが多いので、褒めるとすぐに落ちますw

 

【2021最新版】やれる女が見つかるアプリランキング

ランキングの3つのポイント
出会い系歴20年の管理人が本気でおすすめ!
②すべて登録無料で、サクラなしの優良アプリ!
3つのアプリを併用するのがセックスへの近道!
ミントC!Jメール
素人とセックスできる出会い系のミントC!Jメール
ミントC!Jメールをオススメする3つの理由
1.他の大手アプリに比べて高い女性比率
2.人妻や熟女と出会いやすい機能が充実
3.老舗アプリで安全性も抜群
ミントC!Jメールは人妻や熟女との出会いに特化した機能や掲示板があるため、性欲が溜まった人妻や熟女とのワンナイトラブやセフレ作りにピッタリです!
PCMAX
PCMAXをオススメする3つの理由
1.会員数1,500万人以上の国内最大級アプリ
2.アクティブ会員と掲示板書き込みが多い
3.セックス目的の女性会員が多い
PCMAXはもともとギャルの利用が多く、学生や人妻が増えた今でもセックス目的の女性が集まっています。そのためお手軽なセックスやセフレ作りにピッタリです!
ハッピーメール
おすすめ出会い系アプリ①:ハッピーメールのイメージ画像
ハッピーメールをオススメする3つの理由
1.会員数2,500万人以上の国内最大級アプリ
2.都心でも地方でもどこでも出会える安定性
3.4人に3人が出会えたという出会いやすさ
ハッピーメールは国内最大級の会員数を誇るマッチングアプリです。利用者の多さから都心だけでなく地方でも安定して出会えます。実際に4人に3人が出会えたという驚異の実績がある王道マッチングアプリです!
管理人が厳選!やれる女が見つかるアプリランキング
今すぐやれる女が見つかる-出会い系アプリランキングのキービジュアル

①管理人の経験から導き出した「本物」ばかり
②すべて登録無料でサクラなしの優良アプリ
③複数アプリを併用するのが大事なポイント

おすすめの記事