【巨乳大学生体験談】変態女子大生を痴漢プレイで調教したったw

こんにちは。満員電車では常にムラムラの管理人です。絶対にそんなことをしてはいけないのですが、痴漢プレイに憧れている管理人です。

そんなときこそ役に立つのが出会い系のやれるアプリ。今回は、巨乳美女と痴漢プレイをした体験談です。

1.巨乳な女の子との痴漢プレイを体験したい

巨乳好きの私は、春から夏にかけての満員電車には誘惑がたくさんあります。

春は新社会人にスーツ姿で巨乳のおっぱいに押しつぶされ、夏は露出が高くなった女性の巨乳のおっぱいを間近で見ることができます。

私には痴漢をしたい欲があり、毎回電車内ではアソコをカチカチにしています。ですが、実際に痴漢をしてしまう事は何があっても許されません。

痴漢は犯罪です。なので、このいけない性癖のはけ口となるのが巨乳で痴漢系のAVです。

いつもそれを見ては妄想をしながらオナニーをしています。ただ、最近ではそれにも飽きてきたので、実際に巨乳の女の子に痴漢プレイをしたいなあと思い始めています。

彼女もセフレもいない私には、あれを使うしかありません。「出会い系アプリ」です。

2.出会い系アプリなら痴漢好きを速攻ゲット

今回利用した出会い系のやれるアプリは「ミントC!Jメール」です。今や数多くの出会い系アプリがありますが、今までで1番使いやすいと感じたのがこのミントC!Jメールで、今はこの出会い系アプリを中心に使っています。

私が今回希望している出会いは、巨乳な女性と痴漢プレイがしたいという少しマニアックな内容です。

しかし、このミントC!Jメールには「アブノーマル」という括りの掲示板があり、特殊な性癖を持つ方の募集もたくさんあるのです。

私はミントC!Jメールに久しぶりにログインをして、早速アブノーマル掲示板に目を通します。

はたして巨乳な女性に痴漢が出来るのか。いや、絶対に痴漢がしたいという謎の意気込みを持ち掲示板を徘徊します。すると、とても興味深い募集を発見しました。

「普通のセックスに飽きてしまいました。私はMなので、痛いこと以外であれば特殊な体験をしてみたいです。当方、Fカップありますが体型はちょいぽちゃです。それでもよければご提案をお待ちしております。」

Fカップの巨乳、そして痛いこと以外ならOK…。痴漢は痛くはしないので、早速この方にメールをしてみます。しかし、この募集は数日前のものなので半分ダメもとでメールを送りました。

管理人「初めまして。私は巨乳が大好きなので、体型は全く気にしていません!

そして、痴漢をしてみたいという性癖が強いので、痴漢をさせていただきたいです。

要は痴漢プレイですね。お返事お待ちしております。」

あまり期待をせずに待っていると、翌日にメールが!

 

(以後Fちゃん)「初めまして。痴漢ですか…。恥ずかしいのですが、実は私も興味があります(笑)。もしよろしければLINEから仲良くしてください。」

まさかの返事に私はガッツポーズをしました!そして、まずはLINEで交流を深めることにします。

ミントC!Jメールの詳しい使い方は、「ミントC!Jメールでやれる女と出会える使い方を徹底解説」で紹介しています。

3.変態女子大生をLINEでデートに誘う

管理人「Fちゃんって若いですよね。まだ大学生とか…?」

Fちゃん「はい!先日20歳になったばかりの大学生です。よくサクラと間違えられるのですが、サクラじゃないです。。」

管理人「サクラだと思ってないから大丈夫だよ(笑)。それにしても若いなあ。出会い系使わなくてもモテるでしょ?」

Fちゃん「出会いはあるのですが、同い歳くらいの人だとセックスが淡白すぎてつまらなくって…。私かなりのMなので、それこそメールでお話したように痴漢とかされてみたいです(笑)。」

管理人「巨乳だし痴漢に興味があるなんて最高だよ!実際には痴漢にあったことはあるの?」

Fちゃん「結構ありました。最初は怖かったのですが、クセになってきて毎回濡れてました。。」

管理人「Fちゃんド変態だね!とても気が合いそう。今度ご飯に行こうよ。週末の夜から空いてる?」

Fちゃん「ぜひ行きたいです!今週空いてます!」

管理人「じゃあ今週末で決まりだね♪」

こうしてすぐに会う約束まで話を進めることができました。まさかFちゃんがこの若さでド変態だったとは…。はやく巨乳のFちゃんに痴漢がしたくて下半身がうずうずしてきました。

4.巨乳女子大生との居酒屋デートからホテルへ

あっという間に週末がやって来ました。駅で待ち合わせをしていたのですが、私は仕事に追われて多少の遅刻です…。急いで待ち合わせ場所にいくと、若そうな大学生の女の子が1人でベンチに座っていました。

管理人「こんにちは!…Fちゃんかな?」

Fちゃん「こんにちは!そうです私です!」

管理人「ごめんねー結構待ったよね?」

Fちゃん「全然大丈夫ですよ!それより管理人さんが想像以上に格好良くて緊張してます。。」

管理人「またまた?(笑)。それはこっちのセリフだよ!こんな可愛い子とご飯に行けるなんて緊張しちゃうよ。。じゃあ行こうか!」

Fちゃんは自称ぽっちゃりと言っていましたが、全然そんなことはなくいい感じの肉付きです。黒髪のセミロングで、今風にいうと「たぬき顔」でとても可愛らしいです。服装は、白のゆったり目のパーカーに生脚のショーパン姿と完全に男心を掴んでいます。。パーカーの上からでもわかる巨乳に生脚…。今すぐにでも背後から痴漢をしたい衝動に駆られますが、まだ我慢です。

居酒屋に到着し、乾杯をします。Fちゃんはお酒は好きだが弱いようで、度数の低いカクテル系のお酒を飲んでいます。私はひたすらビールです。目の前にいる若い女の子の巨乳を見ながら飲むビールは格別に美味しいです!

管理人「Fちゃんはよく出会い系使うの?」

Fちゃん「覗きはしますが、実際に会うのは今日が初めてです。。なので緊張してます(笑)」

管理人「そうなんだ!全然緊張しなくていいよ。たくさん飲んで、たくさん楽しもう。ねえ本当に痴漢してもいいの…?(笑)」

Fちゃん「…はい。恥ずかしいですけど私もかなり性欲が溜まっています(笑)」

管理人「ノリが良くて最高だね!はやくその巨乳も見てみたいな?。俺さっきからセクハラ発言ばっかりだね(笑)」

Fちゃん「本当ですよ(笑)。あの、このあと行きたいホテルがあって…そこに決めても大丈夫ですか?」

管理人「俺はどこでも大丈夫だよ!Fちゃんの行ってみたいホテルにしようか。」

こうして2時間たっぷり飲み食いをして、2人でネオン街へ向かいました。

5.巨乳女子大生を痴漢プレイで犯しまくる

Fちゃんが行きたがっていたホテルに到着しました。フロントへ行くと、まだ早めの時間だったので空室が目立ちます。しかし、よくよく見てみるとこのホテルの異変に気が付きます。

管理人「なんだこのホテル…!」

Fちゃん「やっと行けた!特殊な性癖を持っている人とじゃないと来れないので嬉しいです!」

なんとこのホテル、アブノーマルな部屋専用のラブホテルになっています。病院の部屋、学校の教室、SM部屋、そして…電車の部屋まであります。

Fちゃん「痴漢ですもんね?この電車の部屋でいいですか?」

管理人「う、うん。凄いねこのホテル…!」

そして部屋に到着すると、ベッドルームとは別に、電車内が再現された小さな部屋があります。イス、つり革、窓など細部までこだわっており、本当に電車に乗っている気分です。

Fちゃん「あの?、コスプレはどれがいいですか…?」

管理人「JKのブレザーが良いな」

Fちゃん「わかりました。着替えてきます。ベッドルームで待っていてください。」

そしてFちゃんに呼ばれます。電車部屋に行くと、まるでJKそのものの女の子がつり革に捕まっていて、もう片方の手にはカバンを持っています。それをみた私はスイッチが入ります。まずはFちゃんの背後に回り込み、カチカチになったアソコをスカートに擦り付けます。そして髪の毛の匂いを嗅ぎ、後ろからそーっと巨乳を撫でるように触ります。

Fちゃん「…んんっ」

私はどんどんエスカレートしていき、シャツのボタンを外し、手を侵入させブラの上から巨乳を揉みしだき、今度はブラの中に手を入れて生の巨乳を楽しみます。Fカップの巨乳はとても柔らかく、その反面乳首はコリコリに立っています。

Fちゃん「…あんっ、んんっ!」

必死で声を押し殺すFちゃんに、私は耳元で呟きます。

管理人「気持ちいいんだろ?声は出すなよ?」

今度は、Fちゃんのスカートの中をまさぐります。大きめなおしりを触り、パンツの上からおまんこを刺激します。すると、パンツがぐちょぐちょになるくらいFちゃんの愛液が滴っています。

管理人「何これ?痴漢されて嬉しいんだね。変態が。」

私はFちゃんの顔だけこちらに向かせ、ディープキスをしながら手マンをします。

Fちゃん「んーっ。んんっ、らめえ…。」

私は本当に痴漢をしている感覚に陥り、最高に興奮してアソコがもうガチガチになっています。そしてズボンからおちんぽを出して、Fちゃんのパンツをずらしそのまま生で挿入します。立ちバックの状態で激しく腰を振り、両手で巨乳を揉みしだきます。

管理人「ねえ生で入っちゃったよ?こんなに濡らして、痴漢されてるのに興奮してるんだ?」

Fちゃん「…はい、おかしくなりそうです。。」

Fちゃんは脚がガクガクするほど興奮しています。流石は20歳、おまんこの締め付けがキツくて気持ち良すぎます。そして、私は我慢の限界が訪れます。

管理人「ねえイッちゃうよ?どこに出そうかなあ。」

Fちゃん「…中だけは勘弁してください。。」

管理人「…もうダメ、イクっ!」

私は急いでおちんぽを抜き、ブレザーのスカートに塗り付けるように射精をします。

管理人「最高に気持ちよかったよ。。」

Fちゃん「私もです。。興奮しました。。」

その後も、電車の椅子に座らせてイマラチオをさせたり、正常位で犯したりとやりたい放題に巨乳と痴漢を体験させてもらいました。Fちゃんのお口に射精をすると、すべて飲んでくれるほど従順な女の子でした。

最後はFちゃんの要望で、手首を後ろで縛りM字の状態で足も固定し、ひたすらクンニとバイブで何回もイかせて上げました。

こんなに若くて可愛い女の子をオモチャで弄っていると、またおちんぽが元気になってきたので固定したままでの生挿入も楽しみました。

最後の射精はFちゃんの巨乳なおっぱいにたっぷりと発射して大満足です。

その後、Fちゃんとは月1ペースでお互いの性欲を満たし合う仲になりました。歳は一回り近く離れていますが、それでも出会えてセックスできるのが出会い系アプリの良いところです。以上が、ミントC!Jメールで巨乳大学生と痴漢プレイをした体験談です。

ミントC!Jメールの詳しい使い方は、「ミントC!Jメールでやれる女と出会える使い方を徹底解説」で紹介しています。

管理人が厳選!やれる女が見つかるアプリランキング
今すぐやれる女が見つかる-出会い系アプリランキングのキービジュアル

①管理人の経験から導き出した「本物」ばかり
②すべて登録無料でサクラなしの優良アプリ
③複数アプリを併用するのが大事なポイント

おすすめの記事