出会い系ラッキースケベ体験談のキービジュアル

こんにちは!!
出会い経歴10年以上の管理人です。
自粛自粛の世の中、夜の店も開いてなかったりで発散されぬ、性欲を抱えて悶々とする日々を過ごすあなた。
出会い系アプリで、素人の女の子とエッチしてみたくありませんか?
この記事では、Pairs(ペアーズ)を使って簡単にエッチまでもっていった、というラッキーな管理人の体験談をお伝えしますので、スケベな女の子を探しているあなたは、是非最後までご覧ください。

1.pairsとは?

出会い系アプリとしては、恐らく最大手と言って過言ではないと思います。
会員数が1000万人を突破したとの見出しもま目にしました。
婚活アプリとして利用する方が多いかと思われますが、当然中にはやれるアプリとして使っている男女はいます。
比較的健全なイメージを持たれているアプリではありますが、いかにしてやれるアプリとしての機能を発揮していくか、そこを体験談としてお話ししていきます。

2.pairsを選んだ理由

まずなぜ管理人はpairsを選んだのか、それは利用者数にあります。
前述したように会員数は1000万人。
単純な話ですが、利用している女性が多ければ多いほど、その中に潜在しているスケベな女は、割合的に多くなってくるわけです。
管理人はイケメンでもなんでもないので『数打って当てるしかない』『当たればラッキー』と思い、
できるだけ名前が知れてて、それを裏付けるように母体の多いPairs(ペアーズ) を選んだわけです。
他にもやれるアプリはあったとは思いますが、これが管理人がpairs を選んだ、単純明快な理由です。

pairsの詳しい使い方は、「Pairs(ペアーズ)でやれる女と出会える使い方を徹底解説」で紹介しています。

3.出会った女性のプロフィール

名前:ミサ(仮名)
年齢:24歳
出身地:愛知県
職業:フリーター(飲食店勤務)
性格:人見知りでややおとなしくて口数も多くはない
メッセージでは明るめな文章が多い
体型:少しぽっちゃりだけど気にならない程度。
女性としてはわりと高身長で本人曰くFカップ。

4.pairsを使って出会うまで

出会い系アプリでスケベな女の子を見つけるというのは、いればラッキーという感覚が近いかと思います。
みんながみんなスケベなら何の苦労も無いのですが、実際にはそうではないので、スケベな女の子を見つけなければなりません。

たいていの出会い系アプリは【いいね】の数、すなわち女の子にアプローチできる数が決まっており、決められた数の中でスケベな女の子を捕まえねばなりません。
なのでなるべく無駄ないいねは使いたくありません。
あくまでも個人的な基準としてですが、たくさんの友達と撮っている写真をあげていたり、海外旅行や毎週末BBQに行っているようなリア充さんは避けました。
そういった子はPairs(ペアーズ) をやっていることを、周りに公言している可能性があり、自分の事を話題にされる恐れがあったからです。

せっかく友人の紹介とか、幹事のいる飲み会で知り合うというきっかけではないのに、そこに当事者以外が介入するというのは、邪魔以外のなにものでもないのです。
なので、女の子を選ぶポイントとして、部屋で自撮りをしている写真をメインの写真に設定していたり、自己紹介文をテンプレからそれほどいじっていなかったり、自分なりの基準で厳選していました。
そういった一歩ひいたような子は、Pairs(ペアーズ) を周りに公言していなかったりするのでやりやすいです。
また、交友関係の広い子を選んでしまうと、共通の友人がいる可能性もその分高くなるので、そういった点でも、比較的内向的な子を選んでいました。

共通の友人がいるとあまり無茶はできないし、たまたまスケベな子がいてラッキーなことにエッチまで持っていけたとしてもその後が面倒くさいと思います。

その点ネット上での出会いは、当事者だけでのやりとりで話が進むので、ダメでもともとの精神でいっても問題がないのです。
それを踏まえて管理人が気を付けたことは
『メッセージはなるべく誠実さを持たせた文章にする』
です。

上で言ってることと逆じゃないかのか、と言われるかもしれませんが、なんせPairs(ペアーズ) は表向きは婚活アプリですので、真面目にアプリをやってますよ、という雰囲気を出さないと入口にも立てないからです。

他のやれるアプリならまた別なんでしょうが、まずきちんとしたやりとりをしてから、徐々にエッチな方向へ話を進めていく、それが管理人のやり方です。

ミサとのやりとりもそんな感じで始まりました。
友達との写真をあげてても、メインの写真は自撮りだったり、テンプレ通りの自己紹介文だったり、プロフィールを見た限りだとただただ真面目そうな女の子でした。
数に限りがあるいいねの一つをミサにしたところ、程なくしてマッチングしやりとりが始まりました。

最初はどこに住んでるのとか仕事の話とか他愛もない質問の交換で進めていきました。
基本的にはエッチに持っていこうとするメッセージの流れは、自分のなかでのフォーマットに従ってやることがほとんどでした。
他愛もない話
→彼女と別れて寂しい
→『正直に言うと婚活が目的でやっているけど、女の子とイチャイチャしたいのもあってやっている』
という内容を下品な言い方で言わずに、誠実さを出して打ち明ける
その流れが鉄板でした。
これだけの事ですが、なぜかメッセージを無視されたり、ましてやブロックなんてされることもなく話が進むのです。
当然嫌悪感を示す女の子もいますが、誠実な文章で言い出せばあちらも誠実な言い方で断ってくるので、こちらとしても嫌な気持ちにならずにすみます。
管理人はメンタルが弱いので、できるだけ被害を最小限に食い止めたい、というのもこのやり方で行う理由の一つです。
これでラッキーな事にスケベな子に当たれば、興味があるような返事が来るという仕組みです。

そんな管理人からのメッセージを受けて、ミサが送ってきた返事は『考えとく』でした。
結果としては上々です。
なぜならこの返事をもらった上で会うことを了承したら、ほぼほぼあちらもその気があるということになるからです。
ここから先に進めます。

5.ミサと実際に会うまでの流れ

程なくして、ミサの方からワンナイトに興味があると、言ってきました。
そこから先は楽なものでした。
こちらが正直に下心を打ち明けた上なので、ある程度スケベな会話が何の脈絡もなくできてしまうのです。

どこを触られるのが好きかとか、男のどういうところに興奮するのか、とか。
そして自然な流れで会ってみようという事になるので、こちらから日時や場所を提示し、あちらの都合と擦り合わせることになります。
ミサに関しては、むしろあちらから積極的に会おうと言ってきたぐらいなので、実にラッキーな体験でした。
もうもらったようなものです。

管理人が面倒くさがりな性格なので、元々県内の女の子に絞ってやりとりをしていたのもよかったです。
近いので予定が合わせやすかったのです。
スケベな女の子なんてどれだけいるのだろう、なんて心配してましたが、これもラッキーな事に実際に会うのはミサが初めてなぐらいで、初っぱなから当たりを引き当てたわけです。
『言い出せば女の子はみんなOKするんじゃないか?』
そう勘違いしてしまいそうなほど、結果が出るのが早かったです。
そうしてたいした苦労もなく会うことになったのでした。

6.合う前からエッチ確定のラッキーデート

やりとりを重ねて、今度の休みの日の前日の夜に一緒に飲みましょう、ということになりました。
場所はあちらがこちらに合わせてくれて、管理人の最寄り駅の近くの居酒屋です。
会うなりホテルということも出来ましたが、普通に飲みながら喋りたかったのもあり、まずはそこからにしました。

実際はもうここまででその後エッチをするということは、ほぼ確定しているわけです。
もう事前にエッチをしたいと言っているわけですから、いかにしてホテルに誘おうか、という余計な駆け引きへの負担もなく楽しく飲めました。

ミサはやはりおとなしい性格で、会話だと聞き役に回るような感じでした。
でも慣れない相手にも頑張って喋ろうとするのが感じられて、そこが可愛かったです。
会話も窮屈ではなく、二時間ほど居酒屋で過ごしました。

会計を済ませ、店を出ました。
事前確認が済んでいるので、何の気負いもなく『ホテル行こうよ』と言えました。
あちらも少し悩んだそぶりは見せましたが、恥ずかしそうにいいよと言ってくれました。

7.おとなしめの性格とFカップのアンバランスに大興奮

ここはお互いの性格が如実に現れましたが、ミサはそこそこおとなしい性格ということもあり、当然

こちらからリードしていく流れになりました。
もうさんざん喋った後なので不要なトークはいりません。
部屋に入るなりミサに抱きついて互いの体をくっつけあいました。

ここから行うことは当然同意の上なので、初めて会った関係だけど、キスをしても拒まれません。
服越しにミサのおっぱいに手をもっていきました。
さすがにFカップだけあってかなりのボリュームがありました。
少し力を入れて揉んでみると、ミサが吐息を漏らし感じているのがわかりました。
おっぱいをひとしきり楽しんだ後は、どちらからシャワーを浴びようと提案することもなく、ベッドへと場所を移しました。

服を脱がしてみると、そこにはメッセージをやっている最中に、妄想に妄想だけを重ねてイメージしていたミサのおっぱいがありました。
もう無我夢中でそれに顔をうずめました。
乳首を指で刺激してみたり、口に含んでみたり、その度にミサの反応が自分の興奮をかきたてたのです。

その日初めて会ったばかりなのもプラス要素で、ミサの体も反応も、ただの声ですら聞き慣れないもので新鮮で、非現実的な感覚が心地よかったです。
ミサの下に手をやると、もうすでにびしょ濡れで、いつでも挿入できるぐらいの状態でした。

もうこちらも発情しすぎですぐにでも入れたくなりました。
『早いけどもう入れていい?』と聞くと『うん、入れて…』と顔を隠しながらも答えてくれました。
入れてからは早かったです。

今までにしたどのエッチよりも興奮していたので無理もありません。
ミサはおとなしいのは性格だけで、しっかりスケベだし、胸が大きいことも管理人としてはラッキーでした。

金銭での繋がりだったり嫌々だったりとは違い、また彼女と奥さんとだったりともまた違った、安心感でのエッチなので気持ちよくないはずがありません。

結局三回ほどしてお互い満足そうな顔でホテルから出ました。
やれるアプリとはいえこんなに簡単にエッチまで持っていけるなんて思っていませんでした。
スケベな女の子が簡単に捕まるなんてラッキーと言うほかありません。

8.セフレ化も簡単だったラッキースケベ体験

その後も、あちらから度々会いたいと言ってきたので、こちらも可能な限り会い、エッチしました。
ミサの家にいったりこちらの家に呼んだり、お互いが無理のないペースです。

婚活アプリだというのに、不思議なことに特に付き合いたいと言われることもなく、セフレの関係が自然消滅するまで続きました。

自然と連絡が減っていったのも、お互い無意識に引き時を感じての事だと思うのでよかったです。
そこが冒頭で説明したように、ネット上での出会いの良いところだと思います。
後腐れがなく、離れたくなったら離れられるということです。

9.Fカップフリーターを婚活アプリでタダマンできたラッキースケベ体験談のまとめ

以上が管理人が体験した、やれるアプリを使っての体験談です。
体験談を書いただけなので何の脚色もしてない、ということはこれだけ楽なやり方で、
スケベな女の子をゲットできたのです。
しかもこれは一人をピックアップして書いただけなので、同じやり方でゲットしたラッキーな女の子は、他にもいっぱいいます。
だいたい割合として、5人に1人はエッチなことに繋げられた印象です。
相手に送ることができるいいねの数は、追加の課金がなくても50あるので、計算上は月に10人はスケベな女の子に出会えることになります。
頑張りすぎると逆に体が追い付かないぐらいです。
男がスケベなように、女の子もしっかりスケベなことがよくわかりました。

まとめると
・pairsという一見真面目そうなアプリ
・しっかりと誠実さを出す
・スケベな子じゃなかったら次にいく、スケベな子に当たればラッキーの精神
・スケベな子に当たれば、その後のやりとりも楽な、これまたラッキーなイージーモード
これだけ押さえていれば、誰でも楽にスケベな女の子とエッチができる。
ラッキー以外の何者でもないやれるアプリ、それがPairs(ペアーズ) です。

pairsの詳しい使い方は、「Pairs(ペアーズ)でやれる女と出会える使い方を徹底解説」で紹介しています。

管理人が厳選!やれる女が見つかるアプリランキング
今すぐやれる女が見つかる-出会い系アプリランキングのキービジュアル

①管理人の経験から導き出した「本物」ばかり
②すべて登録無料でサクラなしの優良アプリ
③複数アプリを併用するのが大事なポイント

おすすめの記事