手マン体験談集 | 黒ギャル・オマンコ・拘束・女子大生・マン汁・涙目...etc
【無料公開】今すぐやれる女が見つかるアプリランキング

管理人が年間50人以上とセックスできているのは、このアプリを使っているから!

この記事では、管理人が実際に出会い系アプリで手マンできた体験談を紹介しています。
出会い系アプリを使おうと考えてる人や手マンした人に、ぜひ読んでもらいたい内容になっています。
それではご覧ください!

1.手マン体験談 | うぶな女子大生の勝負パンツがマン汁で大洪水

手マン体験談のキービジュアル
★女の子のプロフィール★
名前:杏
年齢:20歳
職業:女子大生
バストカップ:Eカップ
体型:普通
ルックス:ロリ系
備考:かなりの美少女
「うぶな女子大生の勝負パンツがマン汁で大洪水」の本編を見てみる

杏ちゃんとのマッチングの流れ

杏ちゃんとはこういう流れでマッチングしました。

  1. PCMAXのプロフィール検索で新人を漁る
  2. プロフが気になった女性に10人ほどメッセージを送る
  3. ちょうど暇してた女子大生の杏ちゃんから返信をもらう
  4. ドライブデートに誘い、あっさりアポゲット

うぶな女の子は小柄で巨乳な女子大生!

待ち合わせ場所は駅前、予定の時間より少し早めに到着していた杏ちゃんは、スケベマイスター(自称)の管理人も驚くとんでもないスペックの持ち主でした。

事前に教えた車のナンバーを見つけた杏ちゃんは、歩くたびに薄手のニットで包んだおっぱいを小動物のように躍らせて、管理人の車に近づいてきたのです!

この時点で管理人は、こちらに向かって歩いてくる黒髪の小柄で巨乳な女の子が杏ちゃんだとは知らず、
「あー、こんなかわゆい女の子とスケベなことできたらなぁ・・・」
と、これから健全なドライブデートをする相手を運転席から視姦していたのでした笑

杏ちゃん「こんにちは!出会いアプリのひとですよね?」
管理人「え・・・そう、そうです。もしかして、杏ちゃん?」
杏ちゃん「そうですよー。今日はよろしくお願いしますね」

管理人の間の抜けた反応に、杏ちゃんが目を細めて「ふふっ」と小さく笑い、つられて管理人も笑顔になってしまいました。

管理人「こ、こちらこそよろしくね、杏ちゃん」
杏ちゃん「はい!乗ってもいいですか?」
管理人「もちろん!」

聞けば杏ちゃんは大学2年生、教育学部で勉強しているとのこと。普段の休日はサークルの友達と遊びに行くけれど、今日は予定が合わなかったらしいのです。

杏ちゃん「それで、初めて出会いアプリを使ったんですよー」
管理人「そしたらもしかして、俺が初めての相手なの?」
杏ちゃん「その言い方、なんかエロい~」

これはやはり、抜群にラッキーだったに違いありません。
杏ちゃんは巨乳なだけでなく、スポーツドリンクのCMに出てても違和感がないくらいの美少女だったのです。それを出会いアプリ初日でゲットできるとは、出会い冥利に尽きます笑

うぶな女子大生とのドライブデート

ドライブデートの行き先は、車で一時間ほどの渓谷に決まりました。
この渓谷は、車で大きな河原に出られることで管理人の子供のころには人気のスポットでしたが、近年ではたびたび増水時の水難事故があり、この頃には訪れる人もほとんどいませんでした。

杏ちゃん「車でも河原のすぐ近くまで行けるんですね!初めてきました!」
管理人「軽四でもアウトドアに強い車だからねー。せっかくだから、少し入ってみる?」
杏ちゃん「服、濡れちゃうし・・・」
管理人「大丈夫、浅いところが結構広いし、車にタオルも載せてあるからさ」

初めての大人の男性とのデートからくる高揚感からか、木々のざわめきや川のせせらぎからくる解放感からか、杏ちゃんはストッキングを脱いで生足になり、膝下まであったスカートを半分まで持ち上げ、そろりそろりと河原に入っていきました。

杏ちゃん「思ったよりも冷たい~」
管理人「滑りやすくなってるから、手、持っててあげるね」
杏ちゃん「お願いします~」

本当はここで、杏ちゃんの手を握って、彼女を支えてあげるはずだった。
しかし、きゃうんっ、という可愛い叫び声が聞こえた次の瞬間、杏ちゃんは河原に尻もちをついてスカートをずぶ濡れにしていた。

杏ちゃん「・・・冷たい~」
管理人「・・・車に戻ろっか」

予想外の展開ではありましたが、管理人の目的は達成されたのでした。
当初の計画では、膝上くらいまで濡れた足をタオルで拭かせてもらい、あわよくばその上も・・・という方針でしたが、杏ちゃんは既にパンツの中までずぶ濡れです。

杏ちゃんは管理人からスポーツタオルを受け取り、管理人から車で死角になるところで腰に巻いて、ずぶ濡れになったスカートを脱いで絞りはじめました。
おそらく、こんな可愛い女の子が河原でスカートを絞る光景は、今後一生見ることはないでしょう笑

スカートを絞り終え、助手席のドアにかけて干した杏ちゃんは、大事なものがまだ濡れていることに気づいたようでした。
荷室のドアを全開にして腰掛けていた管理人に、下半身をスポーツタオルで隠した杏ちゃんは内股ぎみに歩いてきました。

杏ちゃん「パンツを拭きたいんです・・・」

杏ちゃんは、さっきまでの純真な少女の表情から、焦りや恥じらいが混じった、見るものに背徳感を与える表情に変化していました。

管理人「パンツ?」
杏ちゃん「そうです・・・」
管理人「どうやって拭くの?残ってるタオル、俺が首に掛けてるやつだけだからさ」
杏ちゃん「タオルのあいだにパンツを挟んで、両手で押し付けます・・・」
管理人「杏ちゃん、ノーパンになるのかな?」
杏ちゃん「そう、です・・・」

管理人としばらくパンツと股間のことを話すうちに、杏ちゃんは徐々にその声がうわずっていきました。この非日常的な状況に、杏ちゃんは興奮しているようでした。

手マン体験談 | うぶな女子大生の勝負パンツがマン汁で大洪水

管理人「そしたら、杏ちゃんのパンツ貸して。俺が拭いてあげるよ」

えっ、と言ったまましばらく固まる杏ちゃん。

管理人「ごめん、変な意味じゃないんだ。杏ちゃんが両手でパンツを拭いてたら、スポーツタオルがずり落ちちゃうと思ってね」
杏ちゃん「・・・そうですね、分かりました」

杏ちゃんの表情には、恥じらいと興奮が漂っていました。カートなら超ミニ丈ともいえるスポーツタオルを必死に手で押さえる杏ちゃん。少し足をずらせば、簡単に中身が見えてしまいそうでした。
管理人から車で見えない位置でパンツを脱いだ杏ちゃんは、それを小さく丸めて管理人に差し出してきました。

管理人「かわいらしいパンツだね。お気に入りのやつなのかな?」

受け取ったパンツを手早く広げ、いとおしそうに撫でまわす管理人。花の刺繍と細かいレースをあしらったそれは、目の前で赤面してうつむく女の子の秘所をついさっきまで覆っていたのでした。

管理人「うれしいな。俺とのデートために、お気に入りのパンツ、履いてきてくれたんだ」
杏ちゃん「それは・・・」
管理人「デートの時はいつもこのパンツ?」
杏ちゃん「・・・はい」
管理人「彼氏とエッチするとき、いつも見せてるんだね」
杏ちゃん「・・・元カレとは、1回だけだったから」

杏ちゃんの声は、川のせせらぎに消え入りそうなほど小さく震え、最後はほとんど聞き取れませんでした。

管理人「1回だけ?」
杏ちゃん「・・・ふたりとも初めてで、したはしたけど、上手くできなくて」

杏ちゃんがぽつりぽつりと言うには、元カレは同じサークルの同級生で、杏ちゃんに初めてできた彼氏でした。杏ちゃんも元カレも、初エッチの後はサークルで顔を合わせるのが気まずくなり、少しずつ疎遠になって、夏休みを目前にお別れすることになったのだとか。
サークルの友達もそれを察してか、最近は杏ちゃんを誘うことが無くなってきたのでした。

杏ちゃん「だから、出会いアプリで探してたんです。私の知らない、私を知らない、大人のひと」
管理人「こんなおじさんでも良かった?」
杏ちゃん「・・・うん。でも、」
管理人「でも?」

杏ちゃん「会ったその日に、河原でパンツを渡すとは思わなかった」
管理人「そりゃ俺もだよ!」

少し重くなった雰囲気を吹き飛ばすように、ふたりでしばらく笑っていました。杏ちゃんはどこか、すっきりしたような表情になっていました。

杏ちゃん「もう一度、やり直したいんです。私の初めて」
管理人「そうしたら、このパンツを履いて。杏ちゃんの勝負パンツ姿、俺にも見せて」
杏ちゃん「・・・うん。優しくしてね」

杏ちゃんはまだ湿り気のある勝負パンツを履きなおしました。勝負パンツは本来あるべき形を取り戻し、杏ちゃんの股間を可憐に彩っていました。

管理人「綺麗だよ、すごく」

至近距離に立った管理人に、杏ちゃんは一瞬たじろぎましたが、覚悟を決めたのか、足を肩幅に広げました。
管理人の右手は、杏ちゃんの勝負パンツの最深部、熟しきっていない蜜壺の入り口までするりと伸びていきました。そこは既に、河原の水とは違った湿り気を帯びていました。

管理人「さっき拭いたはずなのに、ここ、濡れてるよ」
杏ちゃん「やだ、言わないで・・・」

管理人の中指がマウスをクリックするように動くたび、杏ちゃんの固くなったクリトリスはあふれ出た蜜の中で踊りました。うつむきながら必死に声をこらえた杏ちゃんの口から、徐々に小さな鳴き声が漏れていきました。杏ちゃんは随分と感度が良い子でした。

管理人「自分でいじったりするの?」
杏ちゃん「カレとしたあと、自分でいじりはじめたの。次は気持ちよくなりたかったから・・・」
管理人「杏ちゃんは勉強熱心だね。えらいえらい」

管理人が左手で頭をぽんぽんと撫でると、杏ちゃんはうるんだ瞳をこちらに向けました。
そのまま自然と顔を寄せ合い、唇は言葉ではなく唾液を交わす器官へと変わりました。杏ちゃんの腕はしがみつくように管理人の背中をとらえ、汗ばんだニット越しに豊かなおっぱいが押し付けられました。
この間も、管理人の右手は止まりません。唇を閉ざされた杏ちゃんの喉奥から、くぐもった嬌声が荒い鼻息とともに聞こえるたび、管理人の指に絡みつく蜜の量は増えていきました。

管理人「杏ちゃんは手マンが大好きなんだね」
杏ちゃん「手マン・・・?」
管理人「手でおまんこをいじることだよ」

きょとんとしていた杏ちゃんは、いま自分がされている行為を改めて聞かされ、紅潮を強めました。

管理人の指先はクリトリスを超えて、杏ちゃんの濡れそぼった蜜壺の中へと滑り込みました。ぷりぷりとしたその肉壁は、あふれ出る蜜をまとって管理人の中指を受け入れました。

管理人「杏ちゃん、痛くない?」
杏ちゃん「うん、大丈夫。もっと、手マンして・・・」

蜜壺の入り口を曲がった少し先、肉壁の少しざらっとしたところを管理人の指がなぞると、クリトリスとは違った快感をえた杏ちゃんの口から、はっきりとした嬌声が漏れました。
杏ちゃんは自分でもいじっていたそうですが、それはクリトリスだけで、蜜壺が伝える快楽には慣れていなかったのでしょう。2度、3度となぞっただけで、蜜壺は入り口から大量の蜜をこぼし、パンツは河原に浸かった状態に戻っていました。

管理人「だめじゃないか杏ちゃん。さっき拭いたのに、またパンツがびしょ濡れだよ」
杏ちゃん「ごめんなさい・・・」
管理人「ちゃんとあやまって。『手マンで感じてパンツを濡らしてごめんなさい』って」
杏ちゃん「手マンで感じて、パンツを濡らして、ごめんなさい・・・」

先ほどまで管理人の背中に回していた杏ちゃんの腕は、快感に打ち震えるうちに管理人の腰あたりをつかむようになり、管理人の指先が伝える動きに崩れまいと耐えていました。
しかし未知の快感は激しく、管理人の中指が蜜壺を掻きまわすたびに、少女の股間からは水槽で魚が飛び跳ねるような音が鳴り、河原の音をかき消しました。

管理人「すごいね杏ちゃん。この音、杏ちゃんの中から聞こえてるんだよ」
杏ちゃん「やだ、うそ、聞こえない。そんな音、してないもん・・・」
管理人「聞こえない?じゃあ、もっと大きな音を出してあげるね」
杏ちゃん「・・・!」

蜜壺を出た管理人の中指は、薬指とともに再び蜜壺へと滑り込みました。このときには杏ちゃんの蜜壺も快楽の味を知り、2本になった指を飲み込むように迎え入れました。

突如として増幅された快感は、暴れまわる魚のような、激しい音を少女の股間に響かせました。

管理人「どう、聞こえる?杏ちゃん」
杏ちゃん「聞こえるぅ!だめ、それすき!すきっ!」
管理人「手マンされるのすき?」
杏ちゃん「すきぃっ!手マン、手マンすきぃっ!」
管理人「自分でするのと手マンされるの、どっちがいい?」
杏ちゃん「手マンっ!手マンがいいぃっ!」

杏ちゃんはほとんど叫ぶように快感を口にし、膝は抑えを失って震えました。その表情には少女の面影はなく、快楽に身をゆだねた大人の女に変貌していました。
何度かの絶頂をむかえた杏ちゃんは、管理人の指先が蜜壺から解放されたあと、車の荷室に力なく腰かけました。顔を室内の壁に寄せ、肩で息をするその姿は、苦しさよりも達成感を伝えていました。

あたりは暗くなりはじめ、うっすらと星がみえるようになっていました。もう帰らなければなりませんが、管理人にはやり残したことがありました。

管理人「杏ちゃん。手マンよりも、こっちならもっと気持ちよくなれるよ」
杏ちゃん「あ・・・」

ずり下げたズボンから飛び出した管理人のスケベ棒を前に、杏ちゃんは目を丸くしました。管理人のそれは、中指と薬指を足しても、太さも長さも数段に大きかったのです。
うっとりするような、畏れるような目で管理人のスケベ棒をみつめた杏ちゃんは、おぼつかない足取りで立ち上がり、荷室に両手をついて、こちらにお尻を突き出しました。杏ちゃんの可愛らしい勝負パンツは、手マンによってあふれ出た蜜を吸いこみ切れず、大きなシミを作って太ももを濡らしていました。

杏ちゃん「今度こそ、本当の大人にしてください・・・」

管理人が蜜まみれで台無しなった勝負パンツを膝までおろすと、むっとした匂いとともに、杏ちゃんのぱっくりと開いた蜜壺の入り口が現れました。茂みは手入れをしていないようでしたが、鮮やかなピンクを暗くなった茂みの奥に見ることができました。蜜壺の入り口は、さらなる快感をねだるように、新たな蜜をたらし続けていました。

無防備になった蜜壺の入り口にスケベ棒の先端が口づけをしたとき、杏ちゃんから小さな声が漏れた。

管理人「挿れるよ、杏ちゃん」
杏ちゃん「うん、きて・・・」

管理人は杏ちゃんのほっそりとした腰をつかむと、スケベ棒を蜜壺の中へとゆっくりと沈み込ませました。杏ちゃんの口からは、スケベ棒の動きに合わせるように、甲高い溜め息のような嬌声が漏れていました。
蜜に包まれた管理人のスケベ棒が肉壁をぬるぬると掻き分けていくと、その先端にコリっとした弾力を感じて行き止まりました。杏ちゃんの最も深い部分にたどり着いたのでした。

管理人「杏ちゃん、ぜんぶ入ったよ。痛くない?」
杏ちゃん「うん、痛くない・・・痛くないけど・・・」
管理人「どうしたの?」
杏ちゃん「指よりも、元カレのよりも・・・すごく、おっきい・・・」

管理人の腰の細かな動きに敏感に反応した杏ちゃんは、恥ずかしそうにうつむきながらも、背中を大きく弓なりに曲げていました。杏ちゃんの蜜壺は、あらん限りの蜜を吐き出し、大人のスケベ棒を歓迎していました。
このまま永遠にスケベ棒を蜜壺に入れていたかったのですが、月明かりも見え始めたので、名残惜しくはありましたが、ラストスパートへと移ることにしました。

管理人の両手は杏ちゃんの腰を離れ、華奢な両肩をつかみました。互いの腰は限界まで密着し、管理人の太ももにも杏ちゃんの蜜がまとわりつきました。

管理人「このまま最後までしちゃうよ?」
杏ちゃん「うん、お願いします。ぜんぶ、受け止めるから・・・」

管理人の腰が力強いストロークを始めると、車内には杏ちゃんの甘美で切ない叫び声が反響しました。腰元からは肉のぶつかる音が起こるたび、赤子がお風呂で足をばたつかせるような音が響きました。もっとも、そのとき杏ちゃんの蜜壺で暴れていたのは赤子の足ではなく、管理人のいきり立ったスケベ棒でした。
次第に管理人の耳は杏ちゃんの鳴き声で満たされ、渓谷のざわめきは遠くなり、自分がいま、どこにいるのか分からなくなりました。ただそのとき確かだったのは、手のひらで震える華奢な肩、スケベ棒に吸い付くようにまとわりつく蜜壺の肉壁、管理人の膝にまであふれた出た蜜の感触だけでした。

管理人「そろそろ出るよ、杏ちゃん!いちばん奥に出すからねっ!」
杏ちゃん「もう、もうだめ、だめになりそう、だから、奥に、奥に出してっ!」

暴れ狂うスケベ棒がいまだ熟しきっていない小さな蜜壺を勢いよく突き上げると、その先端からは白濁した粘液が、肉壁にまとわりついた蜜を洗い流すように吹き出しました。スケベ棒が吐き出し続ける粘液は、管理人が2度、3度と腰を突き上げる間もその勢いは変わらず、小さな蜜壺はみるまに白く染め上げられました。管理人は、腰ごとすべてが蜜壺の中に吸い込まれるような感覚に襲われながら、ただただスケベ棒のいいになりに腰を振り、杏ちゃんの柔らかな肉壁をえぐって粘液を浴びせ続けました。
白濁した粘液がようやく勢いをなくし、管理人の理性がスケベ棒の支配から解放されたとき、我に返った管理人の目には、車の荷室に顔をうずめてぐったりとした杏ちゃんが映りました。

管理人「大丈夫、杏ちゃん!?」
杏ちゃん「・・・おじさんに、大人にされちゃった・・・」

そうつぶやいた杏ちゃんは、蜜壺に飲み込まれたままのスケベ棒を、締め上げるようにうねらせました。管理人はスケベ棒が伝える疼痛に似た快感に震え、情けない声を上げました。それを聞いた杏ちゃんはゆっくりとこちらを振り向き、額と頬に髪を張りつかせながら、月明かりにいたずらっぽく微笑みました。
杏ちゃんの小さな丸いお尻は、蜜と白濁に濡れて、初夏の月を映していました。

管理人から一言

管理人
杏ちゃんは大人のプレイにすっかりドハマりしたようで、管理人とは彼女が大学を卒業するまで定期的に会うようになりました。毎回手マンをおねだりされて、管理人は右手だけ妙に筋肉がついてしまいました笑
就職した後の杏ちゃんとは残念ながらお別れとなりましたが、少女を大人の女性が変貌する、貴重な瞬間に立ち会えたことには今でも満足しています。

 

2.拘束手マン体験談 | 年下可愛い系販売員を涙目になるまでイかせた話

拘束手マン体験談のキービジュアル
★女の子のプロフィール★
名前:ユカ
年齢:24歳
職業:販売員
バストカップ:Bカップ
体型:スリム
ルックス:清楚系
備考:吹奏楽とお菓子作りが趣味な女の子。乃木坂にいそう
「拘束手マン体験談」の本編を見てみる

ユカさんとの出会いからアポ取りまでの流れ

コロナで最近新しい人と出会ってないなーと思い気軽に遊べる人を求めて出会い系サイトに登録。
そこで出会ったユカさんとの出会いの流れをまずご紹介します。

PCMAXにてプロフィール検索。登録順で新しい人から検索していきます。これは新し方のほうが必然的にメッセージをもらっている数が少ない可能性が高く、返事がもらいやすいからという師匠(50代)の体験談からです。

②プロフィール検索にて、SMパートナー、プレイで検索、扇情的な写真が多いので、経験と勘を基に素人で寂しそうな女性を見つけ、メッセージを送る。

③お互いに仕事の話題や、趣味の話をして仲良くなる、イタリアンバルが好きという話で盛り上がる。

④緊急事態宣言が始まる前にという理由をつけて、デートに誘うことに成功

⑤後日お互いの休みに駅で待ち合わせて、デートスタートの流れ

清楚系の子ほどエロいと知った体験談。

蔓延防止対策中だったため、お互いお休みの日に夕方から待ち合わせ。
写真のアングルが斜めだったので、正面から見たらどうなんだろうと心配しながら待ち合わせ。
ドキドキしながら待っていると、予想よりも小さく可愛い女の子が目の前に!正直めっちゃタイプだったので、内心ウキウキでした。
可愛い系のゆるニットにロングスカートというぱっと見、初心な大学生といった感じ。

そのまま駅の近くに予約してたイタリアンバルに直行。
事前に見せておいたメニューでお互いいいねーと言っていたサングリアを注文します。甘くて飲みやすいかったのでお互いにおいしいねと言いながら飲み進めていきます。

最初は昔の部活や仕事の話などライトな話題から、さらには経験人数や過去の恋人との初体験の体験談などになっていきました。
お酒が進んでいくごとに、相手もハイボールやテキーラカクテルなど強めのお酒にかわっていき、だんだん酔いつぶれていくユカちゃん。

「私つぶれるまで飲まないとのんだ気がしないんだよね~歩けなくなったら介抱してね」
と言ってくるユカさん、これは暗に誘っているのかな?と思い閉店間際に、フラフラで帰れなかったらうちに泊まる?と提案します。

幸い私の家はそこから歩いて15分程度でした。

フラフラでテンションもおかしくなっていたユカちゃんは承諾、タクシーで一緒に自宅へ直行しました。
シャワーを浴びて少し酔いがさめたのか、肩が凝ってるからとマッサージを所望されました。

緩めの服を着て少しはだけた胸元がなんともセクシーで、マッサージをする手もだんだん鎖骨やきわどいところへ攻めていきます。

嫌がる様子もなかったのでそのまま乳首を軽くつまむと、「んっっ♡」という声が聞こえる。気持ちいいの?と聞くと静かにうなずくユカちゃん。

そこからキスに移行し、お互いに服を脱いでいきます。小さめだが、形も色もきれいなおっぱいがあらわになる、おっぱい大好きの私は乳首を中心に、おっぱい全体をやさしくゆっくりもんでいきます。。

お互い興奮してきたところに、意外な提案が、、、

拘束手マン体験談 | 年下可愛い系販売員を涙目になるまでイかせた話

お互い裸になってから、ユカちゃんから「私Mで拘束されて攻められるのがめっちゃ好きなんだよね」
と恥ずかしがりながら、上目遣いでいってくるのです。
Sよりの私としては大興奮のセリフ!!もともとSだった私は彼女とSMプレイを楽しんでいたため拘束用手錠とローターがありました。

以前のセックスの際に使っていた手錠をはめ、ベットに拘束すると、恥ずかしがりながらも、乳首をおったて、秘部の濡れがさらにひどくなるユカちゃん。
ここから電マ攻めと手マンを始めていきます。

最初は弱めの刺激で感じさせ、腰が大きく動いていくのをじらしながら待ちます。
「んんんっっ」「あん、、、♡」「きもちいい、、、」と徐々に声が大きくなっていき、体をよがりますが、手足を拘束されてるので動けません。思わず手マンも激しくなります。

拘束状態でクリトリスとGスポットを手マンで同時に攻めていき、乳首への愛撫も忘れない。
「イキそう!!」と腰を大きく動かすが僕自身は何もされてないし、Sの私はここでイカせることはしません。

「君だけ気持ちよくなってずるいよ。気持ちよくしてくれないと続きはお預けね。」
そういうと物欲しそうな目で私を見てきます。
SMは寂しがり屋や清楚な子ほどハマるという某掲示板の体験談通りです。

私はギンギンになったちんこを顔の前に持っていき、拘束用手錠をしたままフェラを要求しまふ。
すぐさま私のものをのしゃぶってきます。
拘束され、体が使えないため舌と口の吸いがメインになるのですが、サックスで鍛えたという下遣いが絶妙!!

本人も「元カレにもフェラはうまいって褒められたんだよねー♪」と言っていたがこれほどとは思いませんでした。
裏筋や亀頭をやらしく、唾液を絡めながらなめていきます。
たまらず一発目を口内射精します。

あまり精飲をされるのを好きなタイプではないので、吐き出してもらい頭をなでなで、
ご褒美の手マン再開です。

電マをおっぱいに移し、もう一方の手でさっきよりも奥を刺激していく。手マンは奥の子宮口や上や横の膣壁を撫でていきます。

乳首とクリトリスと手マンの三点攻撃に、大興奮のユカちゃん!ビクビクと体を震わせてイッてしまいました。

ここで終了かと思い拘束手錠をはずすと、あちらはまだやる気なご様子。
今度は手錠をつけベットへは拘束せず、自由にさせる。

今度は私はベットに座り、ディープキスをしながらユカちゃんが攻めていく。
僕の全身をなめながら、ちんこは丁寧にお掃除フェラを行ってきます。その間手マンの手はもちろん弛めません。

69の体勢での状態でアナルをなめながら、手マンを続けます。
鼻息を荒くしながらもフェラを続けるユカちゃんに、バックの状態で手マンと乳首攻めをしていきます。

さっきとは違う刺激と恥ずかしい恰好にされ大興奮のユカちゃん。
最後は涙目になりながらビクビクと体を震わせ、二回目の絶頂に達していました。

「やだっっ、、」と言いながらもっとしてほしそうな表情、違うでしょ?と言いながらもっと欲しいという言葉を要求します。

そこからは軽く外を手マンして相手の言葉を待ちます。なかなか欲望をむき出しにしないため、奥の膣壁に激しい手マンとクリトリス攻めをしかけます!
これにはたまらず「もっとください////」とユカちゃん。その言葉でさらに手マンのピストンのスピードを上げていきます。

手マンをしてる最中ずっとじゅぽじゅぽといやらしい音をさせながら拘束具がじゃらじゃらと音を立てます。
手マンのスピードが最高潮に達した時
私の中に入れてください!お願いします!と懇願するユカちゃん。
かくいう私も可愛いお願いも聞けてご満悦

要求通りベットに手だけを拘束し挿入。
ぬるぬるの中はすぐ私のちんこを受け入れました。

耐久力に自信のあった私なので正常位、まんぐりがえしを中心に攻めていきます。

腰の動きがめちゃくちゃになって叫ぶような声になってきて、イク!!いっちゃううぅぅぅ!!あぁぁ!!といい、ゆかちゃんは果ててしまいました。

終わった後は二人でシャワーをあび、仕事の時間があったのでバイバイ。
その後もご飯にいって月に2,3回拘束セックスしましたが、性格や将来設計の考え方の違いから付き合うことはせず、セックスだけの関係でいることにしました。

拘束セックスは前の彼女にはしてましたが、あまり好きではなかったようで不満げでしたのでこんなに楽しんでもらえるとは私もとても喜ばしい事でした。

現在は相手に恋人ができたとのことで関係は残念ながら終了してしまいましたが 私は現在は別のセフレと拘束SMプレイを楽しんでいます。

出会い系も捨てたもんじゃないと思えた体験談でした!

管理人から一言

管理人
激しい経験した、、、今関係が切れてるのが悔やまれます、、、
出会い系最高ですね!!。

 

3.黒ギャル手マン体験談 | 敏感オマンコを指でイかせまくったったw

黒ギャル手マン体験談のキービジュアル
★女の子のプロフィール★

名前:ハル
年齢:21歳
職業:介護士
バストカップ:Dカップ
体型:スリム
ルックス:ギャル系
備考:最近彼氏と別れた

「黒ギャル手マン体験談」の本編を見てみる

ハルさんとの出会いからアポ取りまでの流れ

ハルさんとどのように知り合ったか書いていきます。

PCMAXでギャル系女性でプロフィール検索
②出てきた女性を登録順に並び替え、順番にメッセージ送信
③管理人の「牡蠣を食べたい」というプロフに反応しメッセージ
④管理人がギャルが好きだという事を伝える
⑤平日の夜にアポゲット

駅前には絶滅危惧種の黒ギャルが!!

仕事後に晩御飯を食べようと待ち合わせて、そこに居たのはまさかの黒ギャル!
ロング丈Yシャツにホットパンツという刺激的な格好。黒く細長い脚が夜の街の光を反射し輝いています。

ギャル体験談ではなく黒ギャル体験談に昇格です。白ギャルなんてただの女じゃないですか!!
写真よりも真っ黒でしたが、顔の形は整っていて目も大きくて可愛い。清楚系黒ギャルと言ったほうが良いぐらい。
メイクに負けず地の良さが感じられる子でした。

ハルさん:ちわっすです

とくだけた敬語かタメ語かわからない単語。その表情は硬く、全然笑わず、刺々しい雰囲気。
何かやってしまったのか?と思うくらいの緊張感があたりに広がっています。
人によりますが、言葉の距離は心の距離。

管理人「敬語じゃなくていいよ。気楽にいこうぜ」

と包容力をアピールすると、ちょっと緊張がほぐれて、そのまま飲み屋で。牡蠣が食べられるイタリアンを予約しておきました。

ハルさん「ごめんね写真より黒くて」

とぶっきらぼうに言うハルさん。確かに黒ギャルだと引いてしまう人も多く、写真もちょっと明るめの加工にしていたのでしょう。
でも生粋のギャル好きである管理人にとってはそんな心配は無用。ハルさんの緊張した面持ちも、それが原因だったんですね。

管理人:いやいや、黒ギャル昔好きだったけど、最近みかけなくて寂しく思っていたんだ。管理人の青春だったからね。やっぱりハルさんはセンスがいい。

というとハルさんの顔が輝きます。そこからハルさんの黒ギャル愛講座(笑)
やはりギャル、ノリも話も面白くて、ニコニコして聞きつつ、彼女の黒ギャル愛を受け止めてあげます。
黒ギャル、可愛いですね。彼女の介護士の話もぽつぽつと聞きます。

ギャルとか偏見を持たれがちな人って、誰でも分け隔てなく接するし、意外とこういう介護士だったり看護師だったり、奉仕する職業だったりするんですよね。
人に喜んでもらうことが好きで、なおかつ肝も据わっているのでそういう職業に向いてるんでしょう。

なおかつ凄くエロい、という人が多い職業でもあります。

過去にDV彼氏と付き合った話、今は優しい彼氏が欲しいと。黒ギャルになったのもそれがきっかけと。
でもここで素直に優しくなって「俺は優しいよ」なんて言ってはいけません。腐ってもギャル、舐められると男として見てもらえません。

管理人:まぁ俺も昔は色々あったからね。ちょっとやそっとじゃ動じないよ。

と言い優しさだけでなく、男らしさも見せつけアピール。優しさは行動でアピールするものです。ギャルの目がトロンとしてきて、これは行ける、と心の中でガッツポーズ。
ですが最後まで気を抜いてはだめです。

お店を出ると、ホテル街の方へ向かいます。ハルさんも何かを察したのか、「ホテルは行かないよ」と毅然とした態度。ここで引いたら男として見られません。
黒ギャルであるハルさんへの賛美、そして黒ギャルでない素のハルさんへの愛を伝えていきます。
ギャルの派手な外見は、弱い中身を隠す一つのツール。その部分も認めてあげないと、ギャルは心(だけでなく股)を開いてくれません。ギャルが軽いというのは偏見です!!

黒ギャル手マン体験談 | 敏感オマンコを指でイかせまくったったw

ギャルの肩を抱きそのままホテルへ。ここで彼女の心をゆっくり開いて……と思うと急に管理人のズボンを脱がせ、そのまま即尺!!
ジュボ……ジュボ……!!と唾液の暖かい感触が管理人の息子を包みます。

カリの周りを咥えたままぐるっと舐められ、あまりの気持ちよさに体がのけぞりました。
この黒ギャルビッチめ!とハルさんを睨め付けようとすると、くりくりの大きな目がこっちを見つめてきます。
ずるい!と思う間もなく、あっけなく射精。自慰とは違う充足感が体中に広がります。

ハルさん:おにいさん早いねぇ~マジださいw

とニコニコ顔で黒ギャル節がさく裂。でも言い方に嫌味が無く嫌な気持ちにはなりません。

ですが管理人も負けてられません。そっちがフェラならこっちは手マン。ハルさんを押し倒し、ホットパンツを脱がせます。そこには真っ白のTバックが。
ほころびそうになる口元を抑え、ふとハルさんを見つめるとニヤニヤしています。

このままでは管理人の名が廃ります。このままだと黒ギャル敗北体験談になってしまう。
ハルさんに優しくキスをし、Tバックの上からゆっくり彼女のあそこを手マンしていきます。
暫くするとその長くてスレンダーで黒い脚をもじもじとし始め、体をくねらせています。

Tバックをずらし、クリを時計回りに手マンしていくと、いつしかハルさんのニコニコ顔は消え、ハァハァという息遣いが。

じらしつつ膣口を撫でていき、指をハルさんの中へ。
黒ギャルのキツイイメージとは違い、奥へ奥へと私の指を誘います。Gスポットの少し奥を手マンすると、気持ちいいのぉ!!というハルさんの鈴のような声が。

そのままGスポットへと移行し、単調なリズムで手マン。体がぴくぴくしています。

管理人:いっちゃった?

と聞くと、うるさい、と一言。これはお仕置きが必要だと更にペースアップ。

ハルさん「だめぇっ!いやぁっ」

と声が聞こえます。痛い?やめる?とここでは気遣い手マンを辞めます。本当に痛い場合もありますから、ここで無理やり続けると下手糞の烙印をおされて終了です。

ハルさん:続けてぇ……おねがい……めちゃめちゃ気持ちいいの

と敗北宣言。何回もビクンビクンと言って、やめてと言われても管理人はやめません。
10回以上イったと思います。ハルさんは白目を剥いて泡ふいています。
手マンだけで黒ギャルを討伐してしまいました。

指が疲れたので手をみると、指が愛液でしわしわになっています。

ハルさん:え?もう辞めちゃうの?もっと手マンしてよ

と怒った顔でこちらを見てきます。黒ギャル恐るべし……。もう10回手マンでイかせましたが、それでもまだまだ足りない様子。

流石にこれ以上手マンをすると管理人の手が壊れてしまうので、管理人の股間の指に変更。
ヌルヌルになったハルさんのあそこを見ると、黒い肌にピンクの具がひくひくと動いています。

たまらず息子を挿入すると、暖かな感触に一瞬でイキそうになってしまいました。耐えます。
ギャルに早漏なんて言われたら立ち直れません。

ハルさんのロングYシャツを脱がすと、真っ黒でスレンダーの引き締まった身体が目に入ります。さらにギンギンになったペニスを、指と同じようにGスポットや奥に擦り付けていくと、ハルさんはイキまくり、その膣はぎゅっとペニスを絞っていきます。

実はちょっと気持ちよすぎてゴムに漏れてしまいましたが、気付かれずに済みました。
ギャルは愛に飢えているという噂は本当のようで、管理人の体をぎゅっと抱きしめていきます。
飲み屋で話していた彼女の今までの不遇な体験を思い出して、思わずこちらもぎゅっと抱きしめてしまいました。

ギャルが優しいって本当なんだな、お互いプライドをぶつけ合うようなセックスも楽しいけれど、こうしてお互いに愛し合ってするセックスも素晴らしい、という事を考えながら、ギンギンの下半身から精子を搾り取られていきました。

ハルさん「気持ちよかったね……管理人さんが良かったらまた会いたい。手マンもっとしてね」

とギャルが抜けた口調。それを指摘すると顔を真っ赤にして管理人の胸に顔を埋めました。
黒ギャル最高でした。

管理人から一言

管理人
黒ギャル体験談どうでしたか。ちなみに後日指が痛く病院へ行くと、腱鞘炎と診断されました。なので今は人差し指と中指が使えません。皆さまも手マンと黒ギャルには気を付けてくださいね!

 

【無料公開】今すぐやれる女が見つかるアプリランキング

管理人が年間50人以上とセックスできているのは、このアプリを使っているから!

おすすめの記事