人妻セフレ体験談のキービジュアル

管理人は30代も後半にさしかかろうとしている中年男です。
以前結婚を考えた彼女もいましたが、その彼女と別れてからは結婚には全く興味がなくなりました。
ですが、性欲というものは消せるものではなく、最近は溜まる一方でした。

今は彼女どうこうよりも、とにかくやりたい!セックスしたい!セフレが欲しい!というのが本音でした。
我慢も限界を迎えそうなので出会い系を試すことにします。
若いころ少し利用したことがあったのですが、出会うまでは至らずに終わったので、出会い系にいい印象はありませんでした。だから利用するならばインターネット界隈の評判がいいところにしようと思い、「出会い系 評判」などで検索してみました。

いくつかの出会い系が出てきた中、今回はミントC!Jメールを利用することにしました。
自分の好みは色白でおっぱいが大きくて、しかもスタイルもいい女性です。

そんな子と出会えたらいいなと思って検索を開始しましたが、反面、そんな自分の理想のセフレなんて出会い系でみつかりっこないよと思う自分もいたのは事実です。
とは言え、行動を起こさないと何も始まりません。
期待半分、不安半分でいざ検索開始です!

ミントC!Jメールの詳しい使い方は、「ミントC!Jメールでやれる女と出会える使い方を徹底解説」で紹介しています。

1.スタイル抜群の新婚美人妻に狙いを定める

最初は、プロフィール写真で気に入った顔の女の子がいたら片っ端からメッセージを送る作戦を取りました。
半分以上の子から返信があって、その後も数度、会話のキャッチボールをしたのですが、返信が遅かったり、返信がプツリと途絶えたりすることが多数あって、なかなかその先へと発展しませんでした。
やはり、可愛い子というのは多くの男性が狙っていてたくさんのメッセージを送るのでしょう。だから返信もまばらになるというのは理解できます。

やりたいアピールを前面に出してもセフレはなかなかできないというのが現実です。

そこで作戦を変えることにしました。自分で掲示板を作って女性からのアプローチを待つというものです。
どうせなら、自分の希望を掲示板に全て書いてやれと思い
「色白で胸の大きめの女の子と仲良し(セフレ)になりたいです!30代後半までの女性」
という掲示板を作りました。かなり絞りに絞った募集です。

色白で巨乳、セフレを希望していてしかも30代後半まで限定の女性です。
もしかしたら誰からも連絡がないかもしれませんが、もしアプローチがあったらそれは自分の希望の子である確率が高いわけですから、この方法で待つことにしました。

掲示板開設から丸1日ほど経って、遂にある女性からアプローチがありました。
「30歳の女子です。身長167センチで胸は90でGカップあります。色白なほうだと思います。既婚者ですがよかったら連絡待ってます」
というメッセージが来ました。
おーっ!やった!遂に来ました。
さっそく返信してやり取りをすることに。

「はじめまして。メッセージありがとう!」
「はじめまして。よろしくお願いします」
「既婚者なんだね。30歳で既婚ていうと新婚さんじゃないの?」
「ええ、2年目ですね」
「そうなんだ、じゃあまだラブラブなんじゃないの?なんで出会い系に来たの?」
「ラブラブじゃないですよ、そんな時期とっくに終わりました。今は何というか、倦怠期とでも言うのでしょうか、、とにかくストレスが溜まってます」
「そうなんだ。じゃあ夫婦の営みもないの?」
「全然。完全にセックスレス夫婦になってます」
(なるほど。最近夫婦関係がうまくいかずセックスレスになっているから欲求不満が溜まってるんだな、この若奥さんは。)
「そうなんだ。それはつらいよね。せっかく何かの縁でここで俺たち出会ったわけだから、仲良くしようよ」
「はい、よろしくです」
「LINEとか交換しない?旦那にバレるかな」
「それは大丈夫です。携帯見られることなんてないから」
「そっか。じゃあ交換しよう」
ということでLINE交換も無事に終了です。

その後LINE で長いやり取りをしました。
趣味のことや、お互いの性癖などについても正直に言い合ったところ、セックスの趣味も合いそうです。彼女はMっ気が強くて責められるのが好きだということです。
逆に僕はSなので責めるほうが得意です。

セフレになるのだから性癖の相性は大切です。
LINEのチャットでいやらしい会話をしながらお互いに興奮していました。
彼女も、もう半年近くセックスをしていないらしく、早く抱かれたいと言っています。
お互いに気持ちが高ぶっているので、なるべく早く会うのがいいなと思いました。
こういうのは熱が冷めてしまった瞬間テンションが下がって会うのが億劫になるものです。
善は急げとばかりに、彼女と会う日時を決めました。
会うのは3日後の平日昼過ぎです。ワクワクする気持ちを胸に彼女とのご対面の日を待ちました。

2.新婚美人妻とのご対面

午後1時、サラリーマンやがランチタイムを終えて仕事に戻るころ、最寄り駅近く公園で車を止めて待っていると、背が高くスタイル抜群の彼女がやってきました。
既婚者ということで少し周りを警戒しながら歩いています。
顔にはマスクがつけられているので、誰かに目撃されたくないというのが分かります。
ましてやセフレに会いに行くなど誰にも知られたくないはずです。

管理人の車に近づいてきたので
「こんにちは。○○さんですよね?」
「はい、そうです。はじめまして」
「どうぞ、車に乗ってください」
「はい、ありがとう」
彼女はすぐに管理人の車に乗り込んできました。
早くここを離れて人気のない場所に行きたそうです。

「家のほうは大丈夫なんですか?」
「はい、主人は夜まで仕事ですし昼間は買い物や習い事とかでよく出かけるので問題ないです」「そうですか。でもすごくスタイルいいですね」
「ありがとう。ちょっと恥ずかしいです」
「こんな奥さんがいるのにセックスレスなんてもったいないなあ」
「まさかこんなに早く夫婦関係が冷めてしまうとは思ってもいませんでした」
「最後にセックスしたのいつ?」
「ううんと、そうですねー。もう1年近く前かな。。」
「そりゃしんどいね。欲求不満も溜まってるでしょ?」
「は、はい。正直言うとそうですね」
「まあ、僕が今から全部発散させてあげますよ」
そう言って助手席に座る彼女の太ももに手をやります。
「は、はい。あの、ちょ、お、お願いします。。」
いきなり初対面の男に太ももをを触られて驚いた彼女でしたが、恥ずかしそうに顔を赤らめながらうなずきました。

「ここからそう遠くないんで僕のマンションに行きましょうか?」
「それはお任せします」
「じゃあそうしましょう。今日のためにいろいろ道具とか買って用意してるんですよ」
「ど、道具?」
「そうですよ。大きないぼ付きバイブとか、首輪とか。ローションとかいろいろね。楽しみにしておいてください」
「、、はい」
彼女は恥ずかしさで困り顔になっていました。
そこがまた興奮をそそります。

今から見知らぬ男に抱かれておもちゃにされることへの不安と期待が頭をぐるぐると駆け巡っているのでしょう。
特に不倫というのは罪悪感との戦いです。
いけないことというのは重々承知なのだけれど、その背徳感が益々興奮を増幅させていきます。
管理人もセフレというより誰かの嫁を寝取るという状況に興奮していました。
最初は○○さんと名前で読んでいましたが、ここはあえて「奥さん」ということにします。
彼女も「奥さん」と言われることが嫌そうでしたが、それも恥ずかしいプレイの一つなのです。

3.美人妻に中出ししまくる!最高のセフレをゲット!

マンションに着きました。
独身一人暮らしの中年のマンションに美人の人妻が隠れるように入っていきます。
部屋に入るとすぐに彼女の唇を奪いました。
彼女は抵抗せず受け入れ、すぐに舌を絡ませてきます。
少し涙を浮かべていました。

キスが終わると、彼女の服を剥ぎ取りにかかります。シャツのボタンが一つ外されていくごとに、彼女の顔が歪み、息が荒くなっていきます。
「奥さん、いい体してるじゃないか。こんな体を抱かないなんて罪な夫だなあ」
「ああ、ああん、やめて、ああ」
みるみるうちに彼女は裸にされて、桃色の乳房があらわになります。
「奥さん、興奮で乳首が硬くなってるじゃないか。ほうら」
と言って彼女の乳首を指でこりこりとねじります。
「あっあっいやっ。あああん。だめあああ」
片方の乳首を指で転がしながら、もう一方の乳首に口をあてて吸いつきます。
「ああああん。はああ」

その後徐々に体の下へと愛撫が続き股間に指をやると、そこはもう噴水のごとく濡れていました。「奥さん、すごく濡れてるよ。よほど溜まってたんだね」
「あ、ああん、見ないで。恥ずかしい」
「今から俺が全部飲んでやるから」
と言ってクンニを始めました。いやらしく彼女のクリトリスと膣に舌を這わせていきます。
「あああっ。もうダメぇ。おかしくなりそう。あああああん」
彼女の甲高い喘ぎ声が部屋に響き渡りますが、管理人は責めることをやめません。

次は用意していたバイブと電マで彼女の濡れに濡れたあそこを虐めにかかります。
「ああああ。いっちゃう、いっちゃう、もうダメ、あああああん」
バイブを膣がくわえこみ、クリトリスを電マで刺激されて彼女は限界に達しました。
一度言った後も責めを続行して許しません。
その後またいってしまったようでクリトリスがぴくぴくと痙攣しています。

「じゃあ、俺も気持ちよくさせてもらおうか」
管理人はパンツを脱ぎ、いきりたった股間を彼女の目の前に差し出します。
彼女は何も言わず、息子にしゃぶりつきました。
まるで、欲しかったおもちゃをもらった小学生のように目が輝いています。
「そうか、奥さんこれが欲しかったんだな。旦那がくれないもんな。どうだ?嬉しいか?きれいに舐めてくれよ。後でたっぷりと入れてやるから」
フェラチオをしながら彼女は恍惚の表情を浮かべ、涙を流しています。
知らない男のペニスをくわえさせられ、卑猥な言葉を浴びせ続けられて興奮しているようです。

フェラをしばらくさせた後、彼女の股間に一気に挿入しました。
「ああああああ、気持ちいい!あああああ」
久しぶりにいれられたペニスを彼女の膣がすごい圧力でくわえこんでいきます。
「うおお、奥さん凄いしまりがいいな。最高だよ」
管理人は彼女の膣の奥深くまでペニスを挿入させて激しくストンピングします。
「あああん!あああ!あっあっあああん!」
やはり本物のペニスが一番気持ちいいのでしょう。
彼女の喘ぎ声が音量MAXで響き渡ります。

さて、管理人もフィニッシュしたくなってきました。
どこに?もちろん中出しです。
「さあ、どこに出そうか?外か?顔か?それとも、中か?」
「あっあっ、な、なかで」
「ん?聞こえないんだけど。どこがいいの?」
「中に出して」
「もっと、大きい声で!」
「中出ししてください!!!」
彼女は大声で要求しました。
「じゃあ、中出ししてやるよ、うっうっ、うっ」
管理人の溜まりに溜まった精子が、美人人妻の膣にどんどん流し込まれていきます。
ペニスを抜くと、彼女の膣の中は真っ白に埋められていました。

しばらく回復を待った後に、すぐさま二回目を開始、精子でドロドロになった膣に容赦なくまたペニスを挿入していきます。
「あああ、もうダメよ、あああん、気持ちいい!おかしくなりそうよ」
彼女は完全にタガがはずれ獣のように腰をふっています。
二回目も全部中出しです。
彼女の膣はもう管理人の精子を受け止められなくなって、白い液体があふれだしています。
「奥さん、もうあんたのあそこは俺の精子だらけになっちゃったよ。じゃあ次はお尻だな」
ということでアナルセックスで仕上げることにしました。

バックの体制でアナルに汚れたペニスを挿入、なかなかペニスがはいっていきません。
「おおおっと、これはキツイな。奥さんアナルはまだ処女で開発されてないね。俺がこれから開発してやるからな。覚悟しておいてね」
「ひいいっ。お尻には入りません!いや、ああああっ。だめ、やめて、ああああああ」
あまりのきつさに悲鳴をあげる彼女、しかし無理やりアナルにペニスをぶち込みました。
「あああああああ」
アナルに挿入されて未知の感覚を味わったのか、彼女は凄い声で喘ぎます。
「き、気持ちいい!あああああ、あああいっちゃう」
アナルセックスでもいってしまったようです。
最後のフィニッシュは彼女のアナルに放出してやりました。前と後ろと両方の穴を管理人の精子で占領された彼女は、放心状態でしばらく起き上がれないほどです。
新婚2年目の美人妻は、今日出会ったばかりの男に前の穴も後ろの穴も中出しされたのです。

「いやー。気持ちよかったよ。最高だった。奥さんも満足した?」
「はい、、凄すぎました。立てないです」
「久しぶりにセックスするには刺激が強すぎたかな」
「はい、もうおかしくなりそうでした」
「これからも定期的に会わない?俺たち最高に相性いいと思うんだけど」
「そうですね。また会いたいです」

ということで彼女とは定期的に会うセフレ関係を築くことに成功しました。
彼女の結婚生活を壊さないように配慮しながら、大抵平日の昼間に会ってセックスを楽しんでいます。
彼女はピルを常用しているので、常に中出しOKです。
正直セックスは中出しできるかできないかで興奮度はまるで違います。
中出しは男なら誰しもやりたいと思います。
一度中出しするとゴムをつけてのセックスに戻れないほど中出しは気持ちいいものです。

出会い系を利用することに躊躇がありましたが、おもいきってミントC!Jメールを利用してみてよかったです。
積極的に利用することで管理人のように、中出しできる美人妻をセフレにすることができるかもしれませんよ。

ミントC!Jメールの詳しい使い方は、「ミントC!Jメールでやれる女と出会える使い方を徹底解説」で紹介しています。

ムラムラが止まらない男性へ

1日10分スマホをいじるだけで、1ヶ月後に3人のセフレができる方法を教えます。

セフレ作りに最適なマッチングアプリ【ミントC!Jメール】
セフレ作りにおすすめしたい理由
・他の大手アプリに比べて高い女性比率
人妻と出会いやすい機能が充実
・老舗アプリで安全性も抜群
多くの人妻は遊び目的で登録しているので、人妻と出会いやすいミントC!Jメールは、ワンナイトラブやセフレ作りが非常に簡単です!
管理人が厳選!やれる女が見つかるアプリランキング
今すぐやれる女が見つかる-出会い系アプリランキングのキービジュアル

①管理人の経験から導き出した「本物」ばかり
②すべて登録無料でサクラなしの優良アプリ
③複数アプリを併用するのが大事なポイント

おすすめの記事