セフレになるならW不倫関係が最適な理由を解説しますのキービジュアル

こんにちは。出会い系マッチングアプリを利用して、20年間セフレを絶やしたことのない管理人です。

管理人も既婚者ですが、この出会い系アプリに登録している女性のなかでも数が多いのが、既婚者の人妻です。

独身のあなたなら、なぜ夫も子供もいて幸せ結婚をしているはずの人妻が出会いを求めるのか理解できないかもしれません。

しかし、実際に会ってセックスにまでこぎつけると、彼女らの性欲の強さには驚かされることがあります。

まさに、既婚の人妻の方こそセフレを求めているといっても過言ではないでしょう!

では、どうやったら彼女らと出会い、セフレ関係になれるのか? その秘訣をお伝えしたいと思います。

1.出会い系アプリに登録する既婚男性と既婚女性の実情

結婚には理想と現実のギャップがあります。誰しも最初から不倫したいと望んで結婚するわけではありません。
しかし“実際の生活”というものは、現実的でさまざまな問題が起こります。

お互いの両親のことやお金の問題、子供ができれば仕事や家事の分担で疲れ切ってしまい、日本では約半数近くの夫婦が“セックスレス”なっているというデーターもあります。

そんなときふと、癒してくれる異性を求めたり、もういちど女性としてドキドキするような体験をしてみたい……そういう気持ちになって“出会い系アプリ”に登録する既婚女性は増え続けているのです。

1-1.出会い系アプリに登録している既婚女性はこんなタイプ

出会い系アプリに登録する既婚女性はさまざまですが、管理人の経験上、以下のタイプに当てはまることが多いでしょう。

・遊びなれた割り切りタイプ

・姑と同居、PTA役員などストレスを溜め込みやすいタイプ

・夫以外の経験人数が少なく興味津々なタイプ

・いつまでもドキドキする恋をしていたい疑似恋愛タイプ

 

①遊びなれた割り切りタイプ

服装が派手で見た目もエロい女性は、性欲が強く遊びなれていることが多いようです。
出会い系アプリに一定数登録している“援デリ業者”とは違いますが、“美味しい食事&少しお洒落なホテル”で、タイミングの合った男性とその場を楽しめればいい。
そう割り切っているため、あなたがよほど彼女たちのストライクゾーンから外れていない限り、誘えばすんなりとホテルに入ることも可能です。

そして彼女たち気に入られれば、また次回のお誘いもくるでしょう。

姑と同居、PTA役員などストレスを溜め込みやすいタイプ

夫の両親と同居していると何かと制約も多く、ふだん気を使って生活しているために主婦としてストレスを溜めこみやすいといえます。あと町内会の役員や子供の学校の役員などが順番にまわってきたり、責任感をもって引き受けたりしてしまうと、人間関係などのトラブルを抱えてしまうこともあります。

そんな現実を一時的にでも忘れる気晴らしとして、出会い系アプリに登録する主婦たちもいます。彼女らに出会ったらまず、話や愚痴を聞いてあげることに徹するとよいでしょう。

“このひとと話していると癒される”と感じてもらえれば、LINEやメールなどの連絡先を交換できる確率も高くなります。

夫以外の経験人数が少なく興味津々なタイプ

結婚前の男性経験が少なく、かつ夫とのセックスに満足感を得られない主婦が、興味シンシンで出会い系アプリに登録していることがあります。

セックスでオーガスムスを感じたことがなく、いちどは体験してみたい。経験人数を増やしてみたいという潜在的願望があることも。

そんなタイプの人妻だと感じたら、少しアダルトな内容のメールを送ってみてもよいでしょう。ソフトな言葉責めに反応してくるようなら「今までにしたことのないような体験をさせてあげる」などと誘い、興味をもたせることです。

あらかじめ相手の願望を探り、期待を裏切らないプレイができれば、そのままセフレにすることも可能です。

いつまでもドキドキする恋をしていたい疑似恋愛タイプ

“いつも恋をしてときめいていたい” “胸がドキドキするような恋愛をしたい” そういう恋愛体質の既婚女性が出会い系アプリを利用していることもよくあります。

彼女らには見た目がさわやかで清潔感のある、イケメンのプロフィール写真が好まれるようです。
セックスそのものよりも、それに至るまでの過程を楽しみたいため「おはよう」や「おやすみ」の挨拶メール、「好きだよ、かわいい」などの甘い言葉をまめに送るようにしましょう。

相手の妄想を膨らませて盛り上がったタイミングで会うことができれば、簡単にベットインできるはず。

1-2.初めてのW不倫体験

管理人の数多いW不倫体験のなかでも、結婚してからいちども浮気をしたことのない人妻との体験は、処女を奪うときのように格別な味わいがあります。昨年出会ったMちゃんは、そのなかでも特に忘れられない奥さまの一人です。

セリフ表記
管理人「はじめまして。こんなオジさんでよかったのかな。イタリアン好きだっていってたから遠慮しないで好きなもの頼んでね」

M「あっ、は、はじめまして。メールじゃ好きなこといっちゃってたから、こうやって面と向かって会うと、なんだか恥ずかしいですよね」

じつはこのMちゃん、メールではかなり過激なエッチ話にも乗ってきて、自分の性癖も暴露するぐらいでした。じつはドMだけれども旦那さんが淡泊でオーガスムスを感じるまでしたことがないのだとか。

「今日は何時ぐらいまで大丈夫なの?」

「子どもたちはお義母さんに預かってもらっているので夕方までは時間はあります。久しぶりに故郷から出てきた同級生と会うっていって出てきているので……」

うつむき加減にはにかむMちゃんは、20代後半の人妻です。黒髪に縁ありの眼鏡で化粧も薄く地味目な印象。しかしグレーのニットの下の胸のふくらみは間違いなくFカップはあると思われます。

「じゃあ、この間いってたアレ、今日ためしてみる?」

「あ……そうですね、ためして、みたいです」

「じゃあ、ご飯食べたらホテル行こうか?」

「あ……はい」

Mちゃんは旦那さんのご両親と二世帯住宅に住んでいて、年子の幼稚園に通う子どもがいます。壁が薄くて物音や声がひびくのと、子どもを挟んで川の字で寝ているために旦那さんとはほとんどセックスレス状態なのだそう。

浮気は初めてだというMちゃんですが、すんなりとホテルについて来ました。よほどストレスと欲求不満がたまっていたようです。

管理人は約束どおり、旦那さんとではイッたことがないというMちゃんを、指や舌を使って何回もイカせてあげました。

Mちゃんは期待通りのFカップの巨乳で、最後は管理人のモノを咥え込み自分から腰を振って、また何回もイッていました。

Mちゃんにお願いすると、おっぱいの間に管理人のモノを挟みこんで、強くしごいてくれます。そして、ついにそこで果ててしまったのです。

それからMちゃんとは、しばらく月に一度ぐらいのW不倫関係が続きました。
こんな奥さまと出会えたなら、まさにラッキーといえるでしょう。

2.W不倫カップルが楽しめるデートスポットはココ!

平日の昼間のラブホテルは、ほぼ不倫カップルやW不倫カップル、ホテヘル業者で埋まっているといっても過言ではありません。ここではそんな訳ありカップルならではの楽しめるスポットをご紹介します。

2-1.ラブホテルのサービスタイム

11時〜18時などホテルが定めた時間内であれば定額で延長料金なしで滞在できます。

ウェルカムドリンクやフードのサービスが付いていたり、ジェットバス、マッサージ機が設置されていたりして、ふだん主婦として忙しくしている彼女を喜ばせる設備も満載です。

彼女の食べたいものを買って持ちこみ、オシャレなホテルで時間を気にせずにゆっくりと過ごせば、きっと彼女を満足させられるでしょう。

2-2.ビジネスホテルのデイユース

意外と穴場なのがビジネスホテルの日帰り・デイユースです。新型コロナウイルスの流行で宿泊客のこないホテルが、新たに設けた長時間滞在できるお得なプランもあります。

ラブホテルと違って事前に予約ができ、平日昼間なら料金も5,000円以内とリーズナブル。

繁華街の近くにあり、大浴場や露天風呂、サウナなど利用できる設備も充実しています。長時間の情事で疲れた身体を、露天風呂やサウナで癒して帰るのもよいでしょう。

2-3.混浴温泉・岩盤浴

遠方への旅行が可能なカップルなら、混浴温泉がある温泉地もおすすめします。
少し地方に足をのばすと、雰囲気たっぷりの混浴温泉があります。

だれかが入ってくるかもしれないスリルとドキドキ感を味わいながら、普段と違うプレイを楽しんでもよいでしょう。W不倫カップル同士、2組で行っても刺激たっぷりで盛り上がれます。

また、男女一緒に入れる岩盤浴もおすすめです。部屋は薄暗いか真っ暗にしてあるところが多いので、こっそり彼女の作務衣に手を入れて……なんていたずらもできちゃいます。

しかし友人同士やファミリーなど他のお客さんもいるので、あくまでも迷惑にならない範囲でバレないようにしてください。

2-4.成人映画館・ヌードショー

ひと昔まえの成人映画館は映画をみるというよりも、薄暗いなかでカップルたちがもぞもぞと動き、それに興奮した周囲のおじさんたちの手もどさくさに紛れてのびてくる……という、公衆のおさわりの場でした。

いまでも繁華街の片すみにある小さな映画館などその手の映画館はひっそりと存在しています。あらかじめネットで調べてトライしてみてもよいでしょう。
おじさんたちにも暗黙のルールがあり、本気で嫌そうなカップルには手を出してこないというマナーもあるようです。

SMショーやヌードショーを一緒に見にいっても盛り上がります。セクシーな女性の裸体やダンスは、彼女も一緒に楽しませてくれるでしょう。

おっぱいを観客に順番に触らせてくれるダンサーさんもいて、管理人の彼女も女性同士でお触りして、キャッキャといってはしゃいでいました。

2-5.カップル喫茶・ハプニングバー

セフレカップルだからこそ楽しめる大人の隠れ家です。カップル専用の店と、単独男性や単独女性のいる店があります。
どちらも「ハプニング」といって他のお客さんとエッチな交わりを期待しても、必ずしもあるわけではありません。

しかし、バーとして飲みにいくだけでも普段と違うエッチな雰囲気を味わえます。ガッツリとスワッピングして遊んでいくカップルもいれば、見せ合いだけをしたい初心者カップルもいます。

単独男性のいる店では、複数プレイをするカップルが望まれているようです。彼女に素質があれば、単独女性とレズプレイに発展することも?
また滅多にないことですが、彼女と単独女性と二人にあなたが弄ばれるという夢のパターンもあります。

入店するには免許証などの身分証明書を提示して会員になる必要があり、カップルの入会費は無料か~1万円ほどです。

2-6.カーセックス・野外プレイ

春や秋の気候のよい時期はホテルよりドライブして車の中で……というのもありです。管理人の経験ですが、山奥などのまったく人気のない場所よりも、空港沿いの道やネカフェの駐車場の端など、人にいつのぞかれるか、のぞかれないか分からない場所のほうが彼女も興奮するようです

また、山歩きをして誰も通らない滝道の木陰でとか、トイレや水道が使える国定公園のベンチでとか、二人で妄想してシチュエーションを考えてもいいかもしれません。

万が一ひとが通りかかった時のために、全部は脱がないでフェラだけしてもらう。手だけ下着のなかに入れるなど、すぐに身づくろいができる体制を整えておきましょう。また、肌を露出すると夏場は蚊が寄ってくるので注意です。

2-7.専用サイトでの交流・スワッピング

セフレカップルになればエッチな掲示板に投稿して遊ぶことも可能です。

顔がわからないようにして彼女の裸体を投稿したり、二人のプロフィールを掲載すると、SMやスワッピング好きなど同じ趣味のセフレカップルと交流をもつこともできます。仲良くなれば一緒に混浴温泉などに旅行してもよいかもしれません。

また「◯◯公園で◯時にするので見にきてください」など投稿すると、ほんとうに人が集まるのも面白いところです。マンネリ化防止に上手に活用することをお勧めします。

3.W不倫セフレ関係でこれだけ気をつけておけば大丈夫

W不倫関係のセフレは、お互いに家庭がありバレると困るリスクが対等なため、暗黙のルールを理解しやすいといえます。

・一定以上の距離感を保ち、それ以上は踏み込まない。

・お互いに束縛しない。感情が入ってしまっても嫉妬は厳禁。

・待ち合わせ時間や約束は守る。

・どちらか一方に金銭的、時間的負担をかけすぎない。

・夫(妻)への不満、家族の愚痴は厳禁。

これらのルールを守り、互いの気持ちを尊重し合うことができれば、秘密の関係も長続きし、良い思い出として残すことができるでしょう。

3−1.W不倫セフレ関係のリスクは年代ごとに違ってきます

人生のステージによってW不倫がバレたときに訪れる危機は異なります。

3-1-1.20〜30代のカップルのリスク

体力、性力も旺盛で、若さゆえの正義感もあるのでW不倫がバレると深刻な離婚問題につながる恐れがあります。

お互いに心も身体も愛し合って結婚してから年月も浅いので、いちど信頼関係を失うと修復が困難になります。

また将来があり、違うパートナーとやり直すこともできる年代です。離婚までを望まないのであれば、セフレを作っても絶対にバレないよう気をつけましょう。

3-1-2.40〜50代のカップルのリスク

子育ても一段落して夫婦関係も生活もそれなりに安定してきます。ただ父親や母親という役割に徹してしまい、お互いを異性としてみられなくなっていることも?

子育てにかわり親の介護が始まったりして、すれ違いの生活が重なり、半数以上の夫婦がセックスレスになるのもこの年代です。
お互いになんとなくW不倫の気配に感づいても、特になんらかの行動に出ないこともあります。

ただセフレに対してたびたび高価なプレゼントをしたり、旅行にいったりしてお金がかさむ。ほとんど家に帰ってこないなど、家庭を破綻させるような事態になれば、訴訟問題など大きなトラブルに発展することにもなりかねません。

3-1-3.60代オーバーのカップルのリスク

この年代になると、新たに出会ってセフレになるというよりも、ずっと若い頃から付き合ってきてこの歳まで続いている……ということのほうが多いでしょう。

子どもたちも独立し、夫のまたは妻とも“卒婚”しているため、体力と性欲が続くかぎり自由にセックスライフを楽しめます。

ここで問題になるのは、互いの健康管理です。腰痛膝痛があったり、内科的な病気で入院してしまったら、そこでセフレ関係も継続できなくなります。
いつまでも若々しく精力的であるために、つねに元気でいることを心がけましょう。

4.セフレになるならW不倫関係が最適なわけのまとめ

・結婚には理想と現実があり、半数近くの夫婦がセックスレスになるというデータがある。
・出会い系アプリを利用する女性には、割り切りタイプ、ストレス発散タイプ、性的体験を深めたいタイプ、疑似恋愛したいタイプがある。
・混浴露天風呂やハプニングバーなど、W不倫カップルならではの楽しめるスポットは満載。
・W不倫セフレ関係を続けるには、暗黙のルールを守りましょう。
・30代までは離婚、50代までは訴訟、60代以後は健康に気をつけてセフレ関係を楽しみましょう。

ムラムラが止まらない男性へ

1日10分スマホをいじるだけで、1ヶ月後に3人のセフレができる方法を教えます。

セフレ作りに最適なマッチングアプリ【ミントC!Jメール】
セフレ作りにおすすめしたい理由
・他の大手アプリに比べて高い女性比率
人妻と出会いやすい機能が充実
・老舗アプリで安全性も抜群
多くの人妻は遊び目的で登録しているので、人妻と出会いやすいミントC!Jメールは、ワンナイトラブやセフレ作りが非常に簡単です!
管理人が厳選!やれる女が見つかるアプリランキング
今すぐやれる女が見つかる-出会い系アプリランキングのキービジュアル

①管理人の経験から導き出した「本物」ばかり
②すべて登録無料でサクラなしの優良アプリ
③複数アプリを併用するのが大事なポイント

おすすめの記事