【巨乳ソープ嬢体験談】セフレにしたら無料で風俗行き放題のキービジュアル

出会い系アプリを使って、過去に100人以上の女性とアダルトな体験をしてきた管理人です。
そんな私(30代・未婚・会社員)は歳からなのか、お腹周りにお肉も付いてきており、挙げ句の果てには少しハゲも進行してきております…。

しかし、そんな私でも先日【巨乳ソープ嬢】と出会いがあったんです!
しかも、大の【巨乳】好きの私としては願ったり叶ったり!
最後には「また会って頂けますか?」とセフレ要望!
日頃の行いが良いからなのかと思えずにはいられないですね!
管理人「神様、ありがと〜!」

この記事では【巨乳ソープ嬢と出会いセフレになれる方法】をお伝えしますので、是非、私のように神様からの恩恵を受けたい方は最後までご覧下さい!

1.巨乳ソープ嬢をセフレにする出会い方

いつもの様にクタクタになりながら、
帰宅していた時です。
時間は既に22時を過ぎていました…。
まだ街路樹に葉を付けていない景色が、
よりいっそう身体を冷えさせます。

いつものように帰宅途中にコンビニで買った缶ビールを開けながら、見もしないテレビを付け、いつもの様にベッドに横になりながら掲示板をチェックしていました。
そう、出会い系アプリの掲示板チェックです!

過去にモテたいと思い決死の覚悟で決意したダイエットを、2日で挫折した私でも継続出来ているので、性欲とは恐ろしいものですね。

もちろん、いきなり出会い系アプリにたどり着いたわけではありません。
過去には、合コンや街コンへも参加した事もあります。
知人からの紹介、はたまた婚活アプリの利用経験だってあります。

しかし、私のようなスペックでは引き立て役にはなっても、メインボーカルとして中央に立つことは出来ません。
いや訂正します…ステージにも上がれないといった感じです。

しかし、出会い系アプリは違いました。
最初は全く要領を掴めませんでしたが、数をこなすうちに少しずつ攻略出来ました。

今では、本職のソープ嬢からでもセフレの要望があるので、人生とは分からないものです。
それでは今回はミントC!Jメールでの出会いについて話したいと思います。

巨乳ソープ嬢と知り合ったきっかけ

ミントC!Jメールの掲示板は非常にシンプルで使いやすいです。
掲示板には主に書き込みや地域検索カテゴリー、写真(任意)が用意してあるのですが、管理人が最も重要視しているのは文面です。

文章とは良い意味でも悪い意味でも、人柄がよく出ると思っています。
短い文章でも見てくれている人を考えて作成した文章は温度を感じます。

冒頭から例えば、A「登録しました〜」とB「ご覧頂き有難うございます。」みたいな子がいたとします。

私は間違いなくBを選びます!

偏見ではありますが、Aみたいな子は良い思いをした事が少ないと記憶しています。
ネット上だからといって、適当な雰囲気の子は避けるべきだと管理人は考えます。

話を戻しますね。

いくつか掲示板を見ていると気になる子がいたので連絡を送ってみました。
プロフィールには「ポッチャリしてます。気にならない方のみは絡んで下さい。」と、その他にも色々と書いてありました。

どんな子だろうと気になり写真を見てみると、
管理人「あれ?これって写り具合でそう見えてるだけな気が…。まぁ、人によって捉え方は違うよね!それにしても、羽織っているアウターの上からでも胸の大きさが…。」

管理人『この子にも連絡しておこう!』
そんな軽いノリでメッセージを送ったのを今でも覚えています。
その他にも何人か気になる子がいたので、とりあえずメッセージを送ってみました。

次の日が仕事という事もあってか、その日はスマホを閉じて寝る事にしました。

ミントC!Jメールの詳しい使い方は、「ミントC!Jメールでやれる女と出会える使い方を徹底解説」で紹介しています。

2.巨乳ソープ嬢に安心感を!

翌朝、まだ眠たい目をこすりながら布団を出ます。
この瞬間だけは、いつになっても慣れませんが、ルーティンかのごとくこなしていきます。

トーストとコーヒーを胃に入れた後は、身支度を整え家を出ます。

電車に揺られながらスマホでニュースを見ていると、出会い系アプリからの通知が入りました。

管理人「なんだろう?」
アプリを起動させると【メッセージ:1件】と表示されています。
さっそくフォルダを開いてみると、
「連絡ありがとうございます!これから宜しくお願いします!」

電車に揺られながら「こちらこそ宜しくお願いします!出勤途中なので12時頃、連絡させて頂きますね!」とだけ入れました。

これには理由があります。
管理人は過去に出会ったフェラ大好き女子大生にこんな事を聞いた事があります。

管理人『メッセージって沢山来るかと思うけど、すぐ返ってきた方が嬉しいの?』
女子大生『それはそうですよ!だって暇なんですもん!』

それは、そうかと思いました。
そもそもが時間を持て余している子が、簡単に出会いたい=出会い系アプリなのです。

そして私なりの工夫として、時間を必ず入れるようにしています。
これは相手への小さな気配りであると同時に、この人は仕事に対してメリハリのある人だと思われたいからです。

相手にも都合がありますよね。こちらの都合で連絡をしていては、身勝手な人だとも思われかねません。
それに常に女性の事だけ考えている、だらしない人だと思われないようにするためです。
常に女性の事を考えており、仕事のメリハリのつかない男を誰が好むでしょうか?
小さな事にも気を配り、安心感を与えてこその後の果実の回収が容易となります。

しばらくして相手から返信が返ってきました。
女性「私はいつでも大丈夫ですよ!お仕事頑張って下さいね!」

画面を見ながら、心の中で『ありがとう!』と呟き、こうして私はいつものように出社します。

ここまでで如何でしょうか?
特に難しいことはやっていません。
掲示板を見て気になる子に連絡を送り、返信があったら返します。
たったこれだけの事です。

ポイントとしては、文章できちんとした人だと安心感を与えるだけです。
相手に会いたいと思ってもらえないと意味がないからです。

それでは続きを記載したいと思います。

出社後、打ち合わせのため許可を取り外出した私は、2件の外回りを終えふと手元の腕時計に目を配ります。

管理人「もう昼前だな。どこかで昼食にでもしよう。」
目に入った定食屋に入り、券売機で日替わり定食を注文します。

席につきスマホで出会い系アプリを開きメッセージを送ります。
管理人「やっと休憩です。今日は天気もいいので過ごしやすいですね。」

しばらくして返信がきました。
「お疲れ様です!私も休憩中です。外は天気が良いんですね。」

何か、おかしいと思いました。
外は天気が良いんですね…外は見れない状況なのでしょうか?
疑問に持ちつつも、あえて聞かないでおきました。
いきなり地雷を踏んでしまう可能性があるからです。

注文した定食が席に運ばれてくるまで、何度かやり取りをした中で得た情報がこちらです。

「出会い系アプリは頻繁に使用しているが、誰かと会った事はない。」
「仕事は19時が定時」
「未婚、もちろん彼氏はいない」

しばらくたって定食が運ばれてきたので、ゆっくりと食事し店を出ます。

管理人「そろそろ次のアポ先へ向かうか。」
彼女には、仕事に戻る事をメッセージで伝え仕事に戻りました。

先方と打ち合わせを行い、帰社する頃には20時を過ぎていました。
今日は幾分か早く終わった方だと思いながら、彼女にメッセージを送ります。

管理人「お疲れ様です。先ほど仕事を終えました。」

メッセージを送り、スマホをカバンにしまおうとした矢先、スマホから通知が届きます。
彼女からのメッセージです。
「お疲れ様です!私も先ほど終えました。疲れました〜!」

管理人「お疲れ様でした!明日は休みなので、どこかで呑んで帰ります。」
彼女「いいですね〜私も飲みに行きたいです!」
管理人「明日はお暇ですか?お昼からで宜しければ一緒に呑みに行きませんか?」
彼女「明日は空いてますよ!では、阪急で待ち合わせとかどうですか?」
管理人「良いですよ!明日の10時に連絡しますね!」

ここでやり取りを終え、いつもの居酒屋に向かいました。

視聴者「ちょっと待てぇ〜!!!今日行けば良かったのに!!!チャンスじゃないですか!?」

確かに皆さんの思うところも分からなくもないです。
しかしですね。冷静になってよく考えてみて下さい。

私のような(30代・未婚・会社員・肥満気味+ハゲてきている)これに合わせて、仕事終わりの汗臭い匂いをプンプンさせているオッサンと出会って誰が喜ぶのでしょうか?

鉄は熱いうちに打てと言いますが、準備も出来ていないのに何を持って鉄を打つのでしょうか?
戦は勝てなければ意味がありません!勝つ為に万全の準備をしていくのが、侍ではないでしょうか?
さすれば己の刀も国宝級の刀となり得ますよ!と下ネタは置いておいて、その日は軽く呑み帰路につきました。

3.巨乳ソープ嬢→「また会いたい」セフレ確定!

翌朝、私はシャワーを浴び髭を剃り歯を磨いて、紺色の少しタイトなジーンズに足を通し、グレーのパーカーを羽織って準備を済ませます。

準備が出来たら彼女に連絡を送ります。

管理人「おはようございます!私は紺色のジーンズにグレーのパーカーで向かいますね!」

しばらく経ってから返信が来ました。

彼女「おはようございます!分かりました!」

白に黒のワンポイントのスニーカーを履き、支度を終えた私は少し早めに家を出ます。

余談ですが足元は一番見られるので、いつも綺麗な靴を心掛けましょう。

待ち合わせの場所まではタクシーで10分です。
大通りまで出てタクシーを止めました。
管理人「阪急までお願いします。」

混むこともなく待ち合わせ場所に30分前に着いた私は、近くのコンビニに入り、興味もない雑誌を手に取り立ち読みをしていました。

しばらくしてスマホが震えたので見てみると、彼女「本屋さんの前に向かいますね!」との事です。

私は本を戻し、ゆっくりと本屋さんへと歩いていきます。
いつもの事だが、この瞬間だけはすれ違う人達が薄れて見えます。

なぜかって?今から私が主人公だからです!

本屋の柱の前で待っていると、エレベーターの方から背の低い可愛らしい子が歩いてきます。
まさかとは思いましたが…。
彼女「管理人さんですか?」
私はいきなりのことでビックリしました。
管理人「はい!」
少し上ずってしまった声で返事をします。
彼女「優しそうな人で安心しました!本当は少し怖かったんです。」
管理人「私も緊張してましたよ!」

ここで嘘でも相手に合わせてあげるのがコミュニケーションです。
これは本当に大事な事なので覚えておいてほしいです。

それから何気ない挨拶をし、彼女に名前を聞いてみます。
彼女「吉井未来です。」
管理人「未来さん、何処か行きたいところはありますか?」
未来さん「居酒屋さんがいいです!どこかオススメありますか?」
管理人「分かりました!いきましょうか!」

以前、職場の上司に連れてきてもらった居酒屋に向かいます。
ここは個室になっているので落ち着いて話が出来るからです。

タクシーを降りて居酒屋に着くと店員さんから席へと案内してもらいます。

席に着くなり彼女に、
管理人「何を呑まれますか?」
未来さん「ビールをお願いします!」

結構お酒が好きな子なんだろうなと思いました。
そんな事を思いながら私も同じ物を頼みます。

乾杯をして色々と話をしていくと分かった事があります。
彼女曰く好印象だったのは、
「話を聞いてくれるから。それに色々と聞いてこられなかったのも安心した」との事でした。

視聴者の方も感じていたとは思いますが、私は一回たりとも彼女のプライベートな事は聞きませんでした!当然です!何処に住んでいるか。名前。年齢。そんなものをいきなり聞かれたら怖いに決まっています!
ただ、こんな当たり前の事を出来ていない人が多いから、
私のような人が遊べる場所があるんですけどね!

そしてお酒が進むうちに、気になる事を聞いてみました。
管理人「未来さんってスタイルいいですよね?プロフィールとは違う気がしますが。」
未来さん「全然ですよ!胸が大きいので太ってみられるんです。」
管理人「胸が大きいって?」
未来さん「Fもあるんです!」
未来さん「だから今のお仕事を始めたってのもあるんです…。コンプレックスになっちゃって…。」
管理人「お仕事?」
未来さん「風俗です…ソープの。」
管理人「そうなんですね。でも仕事ですもんね!」

この一言が良かったのだと思います。
よりいっそう笑顔が明るくなり、彼女のお酒のペースが早くなっていった気がしました。

2時間くらい経った頃でしょうか、
管理人「何処か場所変えますか?」
未来さん「カラオケ行きたいです!」
管理人「いいですね!カラオケも歌えるホテルに行きましょうよ!」

彼女がだいぶ酔っていたみたいなので、冗談混じりに言ってみると、
未来さん「なにもしないですよ〜!」

私はまるでスターを手に入れたマリオの様な気分になったのを覚えています!
善は急げというので、そそくさと会計を済ませタクシーでホテルに向かいます。

ホテルの部屋はかなり広いところを取りました。
この辺では一番高いホテルです!
私は投資は惜しみません!
何せ、巨乳ソープ嬢です!
今までの経験から考え、ソープ嬢をセフレに出来る可能性は低くはないと感じました!
彼女達は仕事柄、病みやすいですし、そして寂しがりやさんが多いんです。

そんな事を考えていると彼女は大きなテレビの前のソファに座りました。
私は備え付けの冷蔵庫からペットボトルの水を取り出し、彼女へと持って行きます。

管理人「大丈夫?」
未来さん「気持ちいいくらい酔ってる!」
管理人「楽しそうで良かった!」
未来さん「管理人さんって本当に良い人だよね!」
管理人「ありがとう!」
未来さん「本当に何もしなくていいの?」
管理人「だってそういう約束じゃなかった?」
未来さん「本当に真面目だよね!えい!!!」

突然、ソファに倒されました。
彼女の胸が自分の胸元に当たるのが分かります。
大きい…それにしても顔が近い。

すると突然、彼女が唇を合わせてきます。
私もチャンスとばかりにゆっくりと服の中に手を入れていきます。
やっぱり大きいです。

自分の物も大きくなっているのが分かります。
それからしばらくイチャイチャし抱き合っていると、
未来さん「シャワー浴びよう!」
シャワーでは私が身体を洗ってあげました。
彼女も気を使ってくれたのか申し出てくれましたが、先に行って待っていてくれるように促しました。

二人ともシャワーを浴びて、今度はきちんとベッドで再開です。
バスローブを脱がし大きな胸を露わにします。

未来さん「暗くしてほしいな。」
管理人「じゃぁ、少しだけ。」

そっと枕元のつまみを捻ります。
すると少し暗くなりました。

それから乳首に口を沿わせるとビクんと身体が震えます。

未来さん「乳首感じやすいの」

それから時間をかけて下の方まで口を沿わせていき、彼女のアソコを舐めます。
彼女が身体を捻れさせます。

未来さん「今度は私の番ね!」
管理人「いや、今日は任せて!」

それから私は念入りに彼女の身体を楽しみます。
しばらくして限界が来たので、ゴムをつけようとすると、

未来さん「生でいいよ!」
そのままゆっくりと私のものを生で入れていきます。
既に彼女は凄く濡れていました。
激しく突くと私の腰に足を回してきて更に求めてきます。
しばらく経って限界がきました。
私が離れようとすると、

未来さん「このまま中で良いよ!」
私はそのまま未来さんの中で射精します。
ゆっくりと自分のものを引き抜くと、彼女の体液と混ざっているからでしょうか、
彼女の身体を添いながら白い液体が垂れていきます。

終わって隣で横になっていると、

未来さん「凄く良かったよ!楽しかった!こんな私だけど、また会えるかな…?」
管理人「もちろん!また遊びに行こうよ!」

彼女は一段と明るく笑ったように見えました。

それから夕方までゆっくりと休憩し、帰り際に連絡先を交換して別れました。

その後の話は、またの機会にでも書きたいと思います。

4.【巨乳ソープ嬢体験談】セフレにしたら無料で風俗行き放題のまとめ

今回、なぜそもそもソープ嬢がセフレとなってくれたのでしょうか?
ここを振り返りたいと思います。

相手がソープ嬢というのは結果でしかありませんが、ソープ嬢は仕事でセックスをしています。
別にセフレなど作らなくてもいい立場にあります。

しかし、出会うきっかけはまず何人もの人にメッセージを送る事です。
そして小さな気遣いを行うことです。
セフレとなったソープ嬢の子も言ってくれていましたが、管理人とのやり取りが安心出来たとの事です。
これが全てだと思います。

ソープ嬢のセフレが欲しい人もそうでない人も、これから出会いやセフレを作りたい人は、ここを心掛けて頂ければと思います。

ミントC!Jメールの詳しい使い方は、「ミントC!Jメールでやれる女と出会える使い方を徹底解説」で紹介しています。

ムラムラが止まらない男性へ

1日10分スマホをいじるだけで、1ヶ月後に3人のセフレができる方法を教えます。

セフレ作りに最適なマッチングアプリ【ミントC!Jメール】
セフレ作りにおすすめしたい理由
・他の大手アプリに比べて高い女性比率
人妻と出会いやすい機能が充実
・老舗アプリで安全性も抜群
多くの人妻は遊び目的で登録しているので、人妻と出会いやすいミントC!Jメールは、ワンナイトラブやセフレ作りが非常に簡単です!
管理人が厳選!やれる女が見つかるアプリランキング
今すぐやれる女が見つかる-出会い系アプリランキングのキービジュアル

①管理人の経験から導き出した「本物」ばかり
②すべて登録無料でサクラなしの優良アプリ
③複数アプリを併用するのが大事なポイント

おすすめの記事