【巨乳中出し体験談】オナ禁精液をEカップ美女の膣奥に大量発射w

こんにちは。常にムラムラの管理人です。

女の子とイチャイチャしたいけれどナンパをする勇気がない…。そんなときこそ出会い系アプリです。

今回は、巨乳美女に中出しをした体験談をお送りします!

1.巨乳と中出しが大好きな管理人

私は、巨乳のおっぱいが大好きです。街ですれ違う女性の胸をいつもガン見しています。巨乳の女性を見ると、抱きついて思わず顔を埋めたくなるくらいの巨乳好きのド変態野郎です。

そして、巨乳と同じくらい大好きな事が「中出し」です。愛液でぐちょぐちょのおまんこに生で挿入する気持ちよさを覚えてしまった管理人は、もうゴムには戻れません。そして、フィニッシュはもちろん生中出しです。同意の上での中出し、勝手に中出し、無理やり中出し、すべて大好きな変態です。

私にはセフレがいる訳でもなく彼女もいない独身なので、セックス相手はいつもミントC!Jメールなどの出会い系のやれるアプリで探しています。スマホが普及してから、本当に便利な世の中になりましたよね。

2.中出しできる女を探して出会い系に

出会い系アプリには複数登録をし、仕事の合間を縫っては良い女性がいないかを探しています。胸のカップ数で絞り検索をかけたり、募集掲示板を隈無く確認します。

そして、良さそうな女性が居ればコンタクトをとり週末の夜に遊ぶ約束にまで発展させます。登録をして待っているだけでは何も始まらないですからね!

 

とある平日の昼休み。いつものようにミントC!Jメールという出会い系アプリを巡回していると気になる女性が。プロフィール上でのスタイルは、普通体型でEカップ。巨乳好きの私にはたまりません。

 

そして、とくに自ら募集はしておらず、自己紹介欄には
「自分から絡みに行くのが苦手です。ラフな関係のお友達を募集しています。」
との記載がありました。

思い立ったら即行動です!この女性にメールを送ってみることに。ここは戦場、おまんこの取り合いですからね(笑)

管理人「初めまして、○○と申します。私も気軽に遊んだりメールをしたりするお友達を探していました!住みも近いようなのでついつい連絡をしてみました。もし迷惑でなければお返事待ってます。」

そしてその日の夜、例の彼女からの返信がありました!

例の彼女「こんばんは。メールありがとうございます。こんなに丁寧なメールをいただいたのは初めてです。ぜひお友達になってください!」

私は勝ちを確信しました。そして私は返信をします。

「こんばんは。ご丁寧に返信をくださりありがとうございます!私もぜひお友達になりたいです。差し支えなければ、連絡の取りやすいLINEを交換しませんか?迷惑でしたら無視して構いませんので。」

そして、無事に巨乳ちゃんとLINEで繋がることができたのです。

ミントC!Jメールの詳しい使い方は、「ミントC!Jメールでやれる女と出会える使い方を徹底解説」で紹介しています。

3.LINEは紳士な態度で性欲を隠せ

LINEを交換してからは、毎日のようにやりとりをしていました。2人とも平日は仕事が忙しく、下心を隠し、たわいのないやり取りを続けていました。

そんなやり取りを続けて行くうちにだんだんと仲良くなることができました。巨乳ちゃんもだんだんと心を開いてくれて、以下のようなLINEもするようになりました。

 

管理人:いや?私は2年間彼女がいなくて、人肌恋しいですね。巨乳さんは彼氏さんどのくらいいないんですか?

巨乳:私も同じくらい居ません(笑)。でも彼氏が居ると疲れてしまうので、異性の友達とたまにはパーッと夜遊びとかするのが夢です!(笑)

管理人:たしかに彼氏彼女の関係になると、束縛とか色々と面倒くさいですもんね…。私も異性の友達を作って気軽に飲みに行ったりしてみたいです。巨乳さんがよければ今度仕事終わりにご飯でも行きませんか?

巨乳:え?、私なんかでいいのかな。緊張しますけど管理人さんは優しそうなのでぜひお会いしてみたいです…!

管理人:本当ですか?嬉しいです。では来週末はいかがですか?お互い休みの前日のほうが気兼ねなく楽しめますよね。

巨乳:来週末大丈夫です。空いてます!やった?。異性の方と遊ぶのとか久しぶりすぎて楽しみです♪

管理人:私もです!お店には詳しいので予約は任せてくださいね。

 

こんな感じに、少し時間はかかりましたが自然と遊びに行く約束をすることができました。なんとかその日のうちに巨乳を拝みたいなあと思い、少しお洒落な居酒屋の個室を予約しました。

そして、当日の3日前から毎日の日課であるオナニーを我慢し、当日に巨乳さんにたっぷりと中出しできることを期待しつつ、週末を待ちます。

4.巨乳ちゃんを初めての食事からセックスに持ち込む

遂に約束のデート当日が来ました。(管理人は勝手にデート気分です。)19時に待ち合わせをし、そこから予約しているお店へ向かうことになっていました。私は待ち合わせ場所に10分前から待機していました。

事前にお互いの容姿はLINEで交換していたのですが、巨乳さんは私よりも少し若く、20代半ばです。写真ではとても美人だったのでドキドキが止まりません。

すると、
「管理人さんですか?」
巨乳さんが現れました。写真よりもとても美人で、本当に巨乳です。しかもスレンダー!私は完全にアタリを引きました…!

そんなことを思いながら、軽く初めましての挨拶を交わして予約していたお店へ向かいました。

お店は、少しお洒落な居酒屋でもちろん個室です。

巨乳さん「こんなお洒落なところあんまり来たことないので緊張します…。」

管理人「お洒落ですけどリーズナブルで、穴場なんですよ?♪」

巨乳さんは、思っていた通り少し大人しい方で、とても清楚です。ですが、とても美人で胸もパツパツ。服の上からでもわかるおっぱいの大きさに管理人は興奮しておりました。

そして、ある程度料理を注文し、ビールで乾杯。

管理人&巨乳さん「今週もお疲れ様でした!」

ここのお店は料理がとても美味しく、お酒が進みます。巨乳さんはなかなかの酒豪で、ビール→ハイボール→焼酎と、どんどん飲み進めていきます。ですが、悪酔いをすることはなく、大人しい性格から一変してとても饒舌になっていきます。

巨乳「管理人さんって格好いいですよね。絶対モテますよね?実は彼女いたりして?」

私も酔いが回ってきて、自然と敬語を外します。

管理人「いないって(笑)!巨乳ちゃんこそすごい可愛くて美人だし絶対モテるだろ?」

巨乳「全然モテませんよ?。友達も少ないですし。だからこうして飲みに来れて凄く楽しいです?。久々にたくさん飲んでます?♪」

だんだんと、ふにゃふにゃしてくる巨乳ちゃん。そして、暑くなってきたのかシャツのボタンを2つほど外し、パタパタと扇ぎ始めます。管理人は思わず見入ってしまいます。谷間が丸見えなのです。そして、理性がプツンと切れました。

管理人「巨乳ちゃん、そろそろ時間だね。次どうしよっか?」

巨乳ちゃん「わたしのお家、ここから近いんですよ?。今ご馳走してくださったので、うちで飲み直ししませんか??そのほうがまったり飲めますよね!」

この提案には驚きました。ホテルに誘う気満々だった管理人ですが、なんと巨乳ちゃんの家に招待されるとは…!

管理人「いいの?じゃあお邪魔しようかな!」

私は二つ返事をし、コンビニでお酒やおつまみを買って巨乳ちゃんの家に向かいました。

5.オナ禁精液をEカップ美女の膣奥に大量発射

巨乳ちゃんの家に到着すると、巨乳ちゃんは部屋着に着替えました。可愛いルームウェアで、下はショーパンです。脚も程よくとても綺麗で、私のアソコはガチガチに膨張していました。

巨乳「管理人さんも楽な格好にしましょ♪」

そう言うと、スーツの上着をハンガーに掛け、ネクタイを外してくれています。
巨乳ちゃんの顔がすぐそこに…そして、胸元から見えるおっぱいに我慢ができず、そのまま抱きついてキスをしました。

巨乳「ん…んんっ、管理人さん、激しい…」

管理人「嫌かな?」

巨乳「…気持ちいいです。。」

そのままベッドに押し倒し、巨乳ちゃんの身体をまさぐります。ルームウェアのボタンをはずすと、なんとノーブラでした!綺麗なEカップの巨乳が現れます。

 

巨乳「恥ずかしいです…」

私は巨乳ちゃんの両腕を押さえつけ、巨乳に顔を埋め少し汗の匂いがするおっぱいを堪能します。乳首も荒々しく弄びます。

巨乳「気持ちいいです…好きにしてください…」

巨乳ちゃんの下も脱がせ、後ろに回って背後から巨乳を揉みしだき、もう片方の手でぐちょぐちょのおまんこを弄ります。

巨乳「だめ…ああん…イっちゃう…んんっ!!」

管理人「気持ちよかった?」

巨乳「はい…久しぶりにイっちゃいました…。」

すると今度は、私も裸になりアソコを舐めさせます。年下の可愛い巨乳ちゃんにアソコを舐めさせている支配感で、私はさらに暴挙にでます。
フェラをしている巨乳ちゃんを押し倒し、無理やり生でおまんこに挿入します。

管理人「ごめんゴムないんだけど入れちゃったわ。いいよな?」

巨乳ちゃん「…はい。。」

少し戸惑う巨乳ちゃんを無視し、ギンギンのアソコでぐちょぐちょのおまんこにピストンを続け、同時に巨乳を堪能します。

管理人「あ?…もうイクわ。」

そして、何も聞かずに巨乳ちゃんの中に大量に中出しをします。

巨乳「中に出したんですか…?」

管理人「そうだよ。ダメなのか?」

巨乳「大丈夫…です。。」

私は3日間オナ禁をしていたので、まだまだ止まりません。お次はパイズリをさせます。

管理人「もっと挟んでちゃんと舐めて」

巨乳「はい…。」

巨乳ちゃんは奴隷と化しています。思った通り、この子は生粋のドMでした。

管理人「イ…イクッ!」

そのまま巨乳ちゃんの顔とおっぱいにザーメンをぶちまけます。出したザーメンはしっかりと飲ませます。

巨乳「美味しいです。。」

最後は騎乗位で揺れる巨乳を堪能します。下から眺める下乳は絶景です。下乳を堪能していると、巨乳ちゃんが激しく腰を上下に動かしてきます。あまりの気持ちの良さに、またまた絶頂が訪れます。

管理人「また…イクッ!!」

巨乳ちゃんに2度目の生中出しをします。巨乳ちゃんがゆっくりとアソコを抜くと、おまんこからボタボタと精子が垂れてきます。巨乳ちゃんは私のお腹に垂れた精子を綺麗に吸い取り、最後に飲みます。

巨乳「最高でした…」

こうして、月に何度か巨乳美女と中出しを堪能しています。いつか孕むのではないかとドキドキしながら遊んでいます…!やはり巨乳の女性とのセックスは辞められませんね。

以上がミントC!Jメールで出会った巨乳美女に思い切り中出しをした体験談です。

ミントC!Jメールの詳しい使い方は、「ミントC!Jメールでやれる女と出会える使い方を徹底解説」で紹介しています。

管理人が厳選!やれる女が見つかるアプリランキング
今すぐやれる女が見つかる-出会い系アプリランキングのキービジュアル

①管理人の経験から導き出した「本物」ばかり
②すべて登録無料でサクラなしの優良アプリ
③複数アプリを併用するのが大事なポイント

おすすめの記事