田舎女とのエロ体験談のキービジュアル

出会い系って都会じゃないと使えないって思っていませんか。もちろん人が多い大都市のほうがヒットする人数は多いですが、ヒット数が多ければやれるってものでもありません。実は就職や進学で田舎から出てきた田舎女や、実際に田舎に住んでいる田舎女のほうがやれる確率は高かったりします。

今回は田舎に住んでる管理人がやれるアプリで田舎女と即ハメできた体験談をお話ししようと思います。

1.ミントC!Jメールで色白美人のもち肌田舎娘と知り合った

筆者は東日本の田舎町に住んでいる35歳のサラリーマンです。独身で2年くらい彼女もいないので、エッチ関係はかなりご無沙汰です。

田舎に住んでるとホントに女の子と知り合う機会がないんですよね。あったとしても仕事つながりだったり誰かの知り合いだったりして、ちょっと遊びでやりたいと思ってもなかなかそんな都合のいい女の子はいません。

そこで使えるのがやれるアプリです。筆者の住んでいるところはやれる風俗街がないんですが、実は風俗が少ない=風俗に行く必要がない=素人女がすぐやらせてくれるから、という理由があるそうなんです。

だからやれるアプリでやれる田舎女を探せばいいってことなんですよね。田舎の子ってまあ都会擦れしてないので、警戒心も弱いので押せば行けるみたいなとこもあるんです。

ちなみにここでいうやれるアプリっていうのはミントC!Jメールとかハッピーメールとかワクワクメールとか聞いたことのある有名出会い系アプリのことです。有名出会い系アプリってやっぱり会員数が多いので、出会えるチャンスも多くなりますし、有名ってことは出会えた実績があるってことなんですよね。

ちなみに管理人はエッチな広告につられてミントC!Jメールを使っています。実際にはエロエロじゃなくて普通の出会い系なので、普通の素人娘が安心して使ってるみたいです。

ミントC!Jメールの詳しい使い方は、「ミントC!Jメールでやれる女と出会える使い方を徹底解説」で紹介しています。

2.えみちゃんのプロフィール

今回管理人が会えたのは「えみちゃん」という29歳の女の子。会社員で事務系のお仕事をしてると言ってました。

プロフィールをチェックすると昔はちょっとやんちゃだったのか、車好きでかなり詳しいみたいです。管理人も車好きなので趣味があって結構盛り上がりました。大体車好きの田舎娘ってヤンキーかヤンキーと付き合ってるかどっちかです。(笑)

プロフィールには「ぽっちゃり」とあったのでもしかしておデブちゃんかなーと思いましたが、ぽっちゃり好きなので逆に望むところでした。

趣味が合えば結構簡単に会えるし、会って気が合えばその日にホテルも全然アリ

車好きということだったので、その辺をくすぐりながらメッセージを送ってみました。

「はじめまして。僕は35歳で会社員をしています。プロフィール拝見して、車好きということで、僕も車好きなのでメッセージを送らせてもらいました。よかったら車の話とかできたらいいなと思っています」

みたいなちょい真面目風のメッセージにしました。もしかしたらちょっとやんちゃっぽい男が好きなのかもしれませんが、初っ端は真面目で信用できるイメージをつけておくに越したことはありません。

管理人のもくろみ通りに車の話で盛り上がって、LINEも教えてもらいました。

管理人「じゃあ今は車持ってないの?」
えみ「そうなんだよねー。だからどっかドライブとか行きたいんだー」
管理人「僕の車でよかったら行こうよ」
えみ「行く行く。夜がいいなー」
管理人「夜景が見たいのかな?」
えみ「なんかヘッドライトがたくさん走ってるのが綺麗なんだよね」
管理人「おおー、いいこというねえ。もしかして走り屋なの?(笑)」
えみ「ちがうよお」

という感じでドライブデートに誘うことに成功。車ならうまくいけばそのままホテルに直行できるので、思わず期待とアソコが膨らんじゃいますね。

3.ドライブはただ走ってるだけでもムード満点のデートになっちゃうから便利

デート当日の待ち合わせは彼女が指定したコンビニの駐車場でした。多分彼女の家の近所なんだと思います。

人待ち顔で立っていた女の子は、おっぱいがボーンと張って、むちむちのふとももをむき出しにしたショートパンツという恰好でした。髪型はショートカットのボブで、けっこう清楚系に見えました。

車の車種は伝えてあったので駐車場に車を止めて、ウインドウを開けて彼女のほうを見るとこちらに近づいてきました。

管理人「えみさんですか?」
えみ「こんにちは。えりです」
管理人「来てくれてありがとう。乗って乗って」
えり「うん」

彼女が助手席に乗り込みます。

管理人「高速に乗って、どっかごはん食べに行こうか」
えみ「うん。いいね。ちょっと走って」

近くのインターから高速に乗り、BGMにback numberをかけると、

えみ「あ、back numberだ。あたしこれ好きなんだ」

とご機嫌の様子。ドライブのいいところって閉鎖空間だから親密感が増すし、いかにもデートって感じがしてなんとなく男と女を意識させるんですよね。

小一時間走って、どこでごはんにしようか考えていると、

えみ「クルマ止めなきゃいけないからファミレスでいいよ」

と言ってくれたので、ファミレスでご飯を食べました。

管理人「前はどんな車に乗ってたの?」
えみ「いっこ前は軽に乗ってたんだけど、その前は古いスカイラインに乗ってた」
管理人「いい趣味だねー。速かった?スカイライン」
えみ「ううん。GTRじゃないし、2.5だったからまあ普通かな」
管理人「僕スカイライン好きなんだよねー。できればRに乗りたかったんだけど、今めっちゃ高いもんね」
えみ「もう骨董品の値段だよね」

やっぱり相当な車好きのようで、色っぽい話もなく、ずーっと車の話で盛り上がってしまいました。そうこうしているうちに暗くなってきたので、

管理人「お待ちかねのヘッドライトが光る時間になってきたよ」
えみ「うん。いいね。じゃあ行こうか」

再度高速に乗り、ちょっと飛ばし気味に走ると、

えみ「ちょっと飛ばしすぎじゃない?でもスピード出すと楽しいよね」
とうれしそうに言いました。

最初に乗ったインターが近づいてきたので、そろそろ勝負の時間です。

管理人「ねえ、もうちょっと一緒に話したいなー」
えみ「うん。いいよ」
管理人「じゃあ、二人で話せるとこ行こう?」
えみ「うん、いいよ」

大人なのでホテルへ行くのはわかってくれてるみたいです。というかむしろ乗り気?というくらいあっけなくOKがでました。

ドライブの最大のいいところは、インターのそばにはかならずラブホがあるとこです。(笑)

4.チンコをじっくり観察していじりたがるえみちゃん

管理人「どうせだったら派手なとこのほうがおもしろくない?」
とわざとちょっと派手なラブホテル然としたホテルを選んで車を突っ込みます。そもそも田舎のラブホっておしゃれ系が少ないんですよね。

部屋に入るとえみちゃんが、

えみ「運転ありがとう。疲れたでしょ。」
と冷蔵庫からビールを出してくれました。

管理人「あ、ありがとー。でも車だから」
えみ「あ、すぐ出るの?泊まるのかと思ってた」
管理人「えみちゃんはお泊り大丈夫なの?」
えみ「あたしは大丈夫だよ。明日休みだし」
管理人「よっしゃー、お泊りだから飲んじゃお。カンパーイ」

とソファーに並んで座ってビールをグイっと飲みます。

管理人「うめー」
えみ「おいしーー」
管理人「あ、えみちゃん飲めるんだ」
えみ「飲めるよー、さっきは運転中だから我慢してた」
管理人「やさしー」

と顔を近づけて軽くキス。彼女もチュッチュッと軽く受け止めてくれます。

二本目を開けると、彼女が、
えみ「口移ししてあげようか」
と言ってビールを口に含んで近づいてきました。
彼女の唇を受け止めて、ゴクゴクと飲み干します。

管理人「えみちゃんのビールおいしー。もっと飲みたい」
えみ「いいよ」

と口移しビールの応戦となりました。空になったところでソファーに転がってベロチュウ開始です。

管理人が上になってベロチュウしながら胸元をはだけ、ブラの中のぼよよんとした巨乳に手を滑り込ませて触り始めると、

えみ「おっぱいみたい?」
管理人「見たい見たい」
えみ「しょうがないなあ」

と起き上がってブラジャーを外し、ショートパンツも脱いでパンツ一丁になりました。
推定D、いやEカップのおっぱいにむしゃぶりついて乳首をチュウチュウ。

えみ「あん、そんなにあわてなくていいから」

とソファーに横になり、僕を誘ってきます。

えみ「乳首軽く噛んでみて」

と言われたので、歯を立てて軽く甘噛みします。

えみ「うんっ。気持ちいい。噛んだり、指でクリクリしてほしい」

かなり乳首が感じるタイプなんでしょう。ここまで指定してくる女はそんなにいません。

お望み通り乳首を責めまくって、パンツの上からアソコに指を這わすともうしっとりと濡れています。

パンツを脱がそうとすると、

えみ「ねえ、そこはお風呂入ってから」

と立ち上がり、

えみ「お風呂入ろ」

と僕の手を取ってバスルームに向かいます。

彼女がひざまずいて僕の足とチンコをじっくり洗ってくれます。
えみ「あー、立ってないおちんちんみるの初めてかも」
管理人「そんなことないでしょ」
えみ「だってビンビンに立ってるおちんちんしかみたことないもん。舐めてる時も入れてる時も立ってるし」
管理人「出した後はみんなしぼむよ」
えみ「そうするとみんな隠すんだよね。なんでだろ」

管理人は剥けてはいますが仮性包茎なので、しぼむと皮がかぶってきちゃうんですよね。どうやらそれが珍しいようです。

僕のチンコを指でつまんだり、皮をシコシコしたりして、
えみ「ふーん、こうなってるんだー」
と興味津々。

真顔で丁寧に触られていると当然勃起してきますが、

えみ「あー、大きくなってきた。ねえ、この先っぽが気持ちいいんでしょ?」
と亀頭を舌でチロチロしてきます。
管理人「うん、先っぽ気持いい」

えみ「これはどうなの?」
と皮を上下にシコシコします。
管理人「それも気持ちいいよ。自分でするときはそんな感じ」
えみ「じゃあこれは」
と言ってチンコをパクっと加えて口を締め付け気味にフェラします。
管理人「あ、それが一番気持ちいい」

しばらくフェラしてもらってビンビンになったところで、

えみ「こっちのタマは気持ちよくないの?」
管理人「そこは、舐めたり吸われたりすると気持ちいい。裏筋も。でもタマをグリグリ強くされるのはあんまり好きじゃないかも」

えみ「そうなんだ。じゃあ舐めるのはだいたいどこも気持ちいいってこと?」
管理人「まあそうだね」

そういうとえみちゃんは確かめるようにタマ裏、アリの戸渡、竿の裏筋をていねいに唾をつけながら舐めてくれました。

えみ「カチカチになってきたよ。これでいい?」
管理人「うん。すっごく気持ちいい」

えみ「ビンビンになるとすぐ入れたくなる?」
管理人「まあ、ちょっと擦ったりしても気持ちいいけど、入れたくなるよね」
えみ「じゃあここで入れちゃう?」
管理人「いいの?」
えみ「いいよ。寝ると冷たいから立ったまま挿れて」

とこちらにお尻を向けてきます。

5.バスルームで立ちバック中出ししちゃいました

指で触るともうトロトロになっていましたが、いっぱい舐めてくれたので一応バックからクンニでお礼をしときます。

えみ「うん、気持ちいい。ねえもう入れてぇ」

入れてとせがまれたら入れないわけにもいきません。立ちバックでジュブっと挿入すると、

えみ「あはぁ」

と待ちかねたように喘ぎ始めます。パコパコとピストンするとそれに合わせて、

えみ「あっあっあっ」

といい声で啼きます。

バックだけでも味気ないので、正面を向いて片膝を持ち上げてズブズブと入れます。

えみ「あっ、これもイイっ」

としがみついてきて、ベロを絡めながら猛烈にキスしてきます。ベロベロと舌を絡ませていたら興奮してしまい、

管理人「気持ちよくて出ちゃいそう。出していい?」
えみ「いいよっ、キテっ」

と腰を動かしてくるので、立ったまま
ドドドドドドドドドピューー
といかせてもらいました。

お風呂から上がって、

管理人「暑かったねー」
えみ「うん、喉乾いたー」

とビールを飲んで一服して、今度は管理人がたっぷり舐めてあげて正常位でもう一発ハメました。

その後はどっちかっていうと彼女のほうから連絡が来て、たまに呼び出されてご飯をおごった後ホテルに行ってます。なんか僕のほうがセフレ扱いされてるんですが、それもまた面白くてそんな関係を続けています。

田舎って観光地もあんまりないし、デートスポットもそんなにないので女の子も刺激を求めてるんですよね。刺激を求めて出会い系やってる田舎娘もいるので、未体験の人は一回試してみるといいと思いますよ。

田舎でセフレを作る方法については、「性欲強めな田舎女セフレが欲しい僕が編み出した簡単な方法」で公開しています。

ミントC!Jメールの詳しい使い方は、「ミントC!Jメールでやれる女と出会える使い方を徹底解説」で紹介しています。

ムラムラが止まらない男性へ

1日10分スマホをいじるだけで、1ヶ月後に3人のセフレができる方法を教えます。

セフレ作りに最適なマッチングアプリ【ミントC!Jメール】
セフレ作りにおすすめしたい理由
・他の大手アプリに比べて高い女性比率
人妻と出会いやすい機能が充実
・老舗アプリで安全性も抜群
多くの人妻は遊び目的で登録しているので、人妻と出会いやすいミントC!Jメールは、ワンナイトラブやセフレ作りが非常に簡単です!
管理人が厳選!やれる女が見つかるアプリランキング
今すぐやれる女が見つかる-出会い系アプリランキングのキービジュアル

①管理人の経験から導き出した「本物」ばかり
②すべて登録無料でサクラなしの優良アプリ
③複数アプリを併用するのが大事なポイント

おすすめの記事