【例文あり】出会い系で女ウケの良いプロフィールの作り方
【無料公開】今すぐやれる女が見つかるアプリランキング

管理人が年間50人以上とセックスできているのは、このアプリを使っているから!

出会い系アプリでセフレや彼女を作っている男性は大勢います。
その一方で、「全然出会えない」と嘆く人もいます。
その原因の一つとして考えられるのがプロフィールです。

女ウケの良いプロフィールになっているかどうかで成功率がまったく違うのです。

そこでこの記事は女ウケの良いプロフィールの作り方を例文を交えて紹介します。

女性は男性のプロフィールを細かくチェックしている

出会い系アプリに登録して最初に行うのはプロフィール作成です。
プロフィール作成はしっかりやろうと思えばかなり手間がかかります。

「早く出会いたい」と焦る気持ちもあり、いい加減に作成してしまう人も多いはず。

しかし、そんなことでは良い女性とは出会えません。
なぜなら女性は男性のプロフィールを熟読するからです。

写真をみて少しでも気になれば、その男性のプロフィールを細かくチェックし、どんな男性なのかを推理します。
その際、いい加減なプロフィールの男性は「情報不足」として一発で対象外。

女性から見て好ましくない内容が書かれていても対象外とされます。

つまり、女ウケの良いプロフィールをしっかりと作ることが必要なのです。

プロフィール作成は3つの作業に分かれる

出会い系アプリのプロフィール作成は

基本情報の入力
写真の掲載
自己紹介文の作成

という3つの作業に分かれます。

まずは各作業の概要から説明します。

基本情報の入力

基本情報とは年齢や体型、居住地などの情報を指します。
ほとんどの項目で回答は任意となっていますが、女ウケを考えればしっかりと埋めるのが基本です。

ただし、回答することで自分が不利になるような項目に関しては意図的に未回答とすべきです。
この点は後述しますのでぜひ参考にしてください。

写真の掲載

出会い系アプリにおいて写真は極めて重要です。

「相性や性格重視で男を選ぶ」と公言する女性ですら最初は写真で判断します。
男性側も女性の外見を重視するため、アプリ内では美男美女に人気が集中。

容姿が劣る人は後回しにされてしまいます。
なので、あらゆる工夫を施してできるだけ見栄えの良い写真を載せなければいけません。

自己紹介文の作成

女性は男性の自己紹介文を読んで相性をチェックします。
と同時に、文体や表現などから人となりを推理し、興味のある人と無い人に分けます。

ここで興味の無い人に分類されたらアウト。
その女性と出会えることはありません。
すべての女性が同じことをやっているので、万人ウケする自己紹介文の方がより多くの女性と出会えることになります。

逆にマニアックな趣味などを書いてしまうと…かなりの確率で興味の無い人に分類されてしまいます。

基本情報を入力する時のコツ

 

ここからはプロフィール作成時のコツを説明していきます。

まずは基本情報の入力に関してです。
基本情報は設定された選択肢の中から選ぶことがほとんどで、入力の手間自体はさほどありません。
そのため作業がサクサク進むのですが、ちょっと工夫するだけで出会える確率が格段に上がります。

不利益な項目は未回答

 

基本情報は全回答を前提としつつ、自分に不利益な項目のみ未回答にします。

例えば

低身長
低年収
バツあり同居子供あり
喫煙

などは女性から敬遠されがちです。

とくに喫煙に関しては
「タバコを吸われる方は苦手です」
とはっきり主張する女性が増えてきました。
(この手の女性はプロフィール検索を使って喫煙者を除外する可能性があります)
実際には女性の前で喫煙しなければ良いだけのことですから、正直に喫煙者だと回答する必要はまったくありません。

身長や年収、交際ステータスなども基本情報として設定されてますから、不利益となる場合は未回答のままにしておくのが無難です。

好みがはっきり分かれる項目には注意

 

基本情報のなかには好みがはっきり分かれる項目があります。

例えば、「AとBの選択肢があり、Aを好む人はBが嫌い。Bを好む人はAが嫌い」といったようなものです。
この場合、どちらを選択しても選ばななかった側を指示する女性からは対象外にされます。
しかも女性は完璧な男性を求めがちなので、一つでも好みに合わない部分があると興味を無くしがち。

つまり、好みがはっきり分かれる項目に回答すればするほど、興味を持ってくれる女性がどんどん減っていくわけです。

このような項目の代表例は

血液型
体型
インドアorアウトドア

などです。

一度会ってしまえば少々好みと違う部分があっても他の長所でカバーできます。

しかしプロフィール閲覧の時点で好みと違う部分があるとカバーできません。
回答すべき特別な理由がない限り、好みが分かれる項目は未回答にしておいた方がベターです。

重要な項目を偽るのはNG

基本情報を偽る行為はほとんどの出会い系アプリで禁止されてます。
万が一嘘が運営側にバレると利用停止となります。

とくに年齢、居住地、年収、交際ステータス(独身か既婚か)などは、女性の関心が高い項目です。
これらを偽って出会い、後に嘘だと発覚した場合、女性が運営側に通報することがあります。
年収を100万円上乗せしたくらいであれば何とでも言い訳できますが…

年齢を大幅に若く記載したり既婚者なのに独身だと偽ったりすると、バレたときに言い訳できません。
なので基本情報は偽らないのが大原則、もし偽るにしても「少々」という程度にとどめてください。

写真を掲載する時のコツ

次に紹介するのは写真を掲載する時のコツです。

前述の通り、出会い系アプリにおいて写真は生命線です。
写真の出来が出会える確率を支配するといっても過言ではありません。

そんな写真のコツは以下の4点です。

白と青をベースにした配色
笑顔のスーツ姿
異なったアングルの写真を掲載
料理や風景の写真は不要

白と青をベースにした配色

プロフィール写真では白と青をベースにしたものが好まれます。
なぜなら、白と青には誠実や清潔といったイメージがあり、女性が男性に求めるのも誠実と清潔だからです。

青空の下や海を背景に白いシャツを着て写っている男性は爽やかさ満点。
そこにワンポイントで赤やオレンジを配色すれば、ベストな色バランスの写真になります。

笑顔のスーツ姿

女性が好む男性の服装…その第一位はスーツ姿です。

ビジネススーツでビシっと決めておけば、知的で仕事ができる男性に見えます。
そこに笑顔を加えればお堅くなり過ぎず、社交性もアピールできます。

配色も考慮すると、ネイビーのスーツ、白のワイシャツ、赤系のネクタイがベストです。
(この配色は政治家やキャスターがよく取り入れてます)

異なったアングルの写真を掲載

心理学の実験によって自分がベストだと思う顔と他人からベストだと思われる顔は違うことが分かっています。
つまり、自分で右からのアングルが男前だと思っていても、他人は左からのアングルの方を好むことがあるのです。
そのため、顔写真は正面、右、左の3アングルを用意するのが基本です。

胸から上、全身、遠近などの構図と組合せ、3アングルすべてを載せるようにしてください。
なお、画像加工アプリを使用する場合は、加工のしすぎに注意。

30~40代の男性なのにシワひとつない
目が異様に大きい
顎がシャープすぎるetc...

女性は普段から加工アプリを使い慣れているので簡単に見抜きます。
「加工アプリを使う男性は引く」という女性も多いので、出来るだけ使わないことをおすすめします。

料理や風景の写真は不要

ほとんどの出会い系アプリで複数の写真を載せることができます。
人によっては肉料理の写真や旅先で撮った風景写真を載せている人がいますが…

本人が写っていない写真はまったく意味がありません。
むしろ女性側は「それがどうした?」と感じてます。
下手をすると「この人、アピールが下手」とマイナス評価になるので載せない方が無難です。

ただし、ペット(猫や犬)の写真であれば本人が写っていなくても有効です。
動物好きの女性は多く、とくに猫や犬であればそれにつられてメッセージをくれる人もいます。
その場合、ペットという点で好みが一致するのでより早く親しくなれます。

自己紹介文を作成する時のコツ

自己紹介文ではここまで紹介してきたコツを上手く盛り込みつつ、墓穴を掘らないことが重要です。
また、長文である必要はなく、改行と句読点を使って読みやすい文章を心掛けてください。

自己紹介の例文1:恋人探し用

「プロフィールを見て頂きありがとうございます。
一緒に楽しく遊べる友達信頼しあえる恋人が欲しくて登録しました。
性格は明るくて温和な方です。(ただ、嘘が多い人は苦手です 笑)
好奇心旺盛なのでインドア・アウトドア共に好きです。
仲良くなったら一緒にカフェ巡りや映画鑑賞ができればと。(スィーツには目がありません^^)
まずはお互いを知ることからだと思うので、気軽に絡んでくださいね」

上記は恋人探しが目的の場合に使う自己紹介文の例です。
太字で表記した部分は女ウケの良いキーワード。

わずか200文字足らずの自己紹介文ですが太字だけで約50文字(全体の1/4以上)あります。

これだけ頻繁に女ウケの良いキーワードを入れれば、読み手の女性は「私と気が合うところがたくさんある」と感じるはずです。

とくに前半の「信頼」「明るい」「温和」「嘘が苦手」は重要です。

これらのキーワードは写真で作った誠実で爽やかなイメージの裏付けとなります。

と同時に、ほぼすべての女性から好感を持たれるキーワードでもあります。

自己紹介の例文2:婚活用

「はじめまして!都内で自営業を営んでます。
結婚を考えているので、真剣にお付き合いできる方と出会いたいです。
家事の分担といくつになっても仲良くデートできることが、理想の夫婦の条件だと思っています。
時間とお金にはゆとりがある方なので、二人でゆっくり海外旅行などもしてみたいですね。
まずはしっかりメッセージのやり取りをしたいと思います。
どうぞよろしくお願いします」

こちらは婚活用の自己紹介文です。
前半に結婚とはっきり表記し、それ以降は結婚後の楽しい生活をイメージさせる文章になっています。
この文章を読めばほとんどの女性は「結婚相手として最適」と感じるはずです。

なお、婚活の場合は「真剣というキーワードを入れること」と「メッセージのやり取りをしっかりやること」は必須ですよ。

ダメな自己紹介の例文1

「はじめまして~。
商社勤務の32歳、彼女募集中ですw
お酒が好きで居酒屋やバーに良く行きます。
あと、筋トレにハマってて毎週末はジム通い!
仕事が忙しい時はマメな連絡はできないかもです。
なのでまずは気軽に飲みに行きませんか~?」

こちらはダメな自己紹介の例文です。(絶対にマネしないでください)
「~」や「w」「!」などの表現が目立ち、文章全体から馴れ馴れしさが感じられます。

気さくな男性であることは分かりますが、出会い系アプリにおいては「チャラい」と判断されがち。
「まずは飲みに行きませんか」という一文が余計にチャラさを印象付けています。

また、「マメな連絡ができない」「毎週末はジム通い」というのもマイナスです。
女性側は、「もし付き合ってもデートする時間ないじゃない」と考えてしまいます。

ダメな自己紹介の例文2

「セフレ募集中です。
こちらはイケメンとはいわないまでも、ブサイクではないですよ。
年上、年下、人妻など、全然気にしません。
楽しく会えれば基本誰でもOK。
気になった人はメッセよろしくです!」

こちらもダメな自己紹介文の例です。

セフレ作りが目的で出会い系アプリを利用する男性は大勢います。
たしかに出会い系アプリでセフレができることはあります。
しかし、上の例文のように「セフレ募集」と書くのはNGです。
セフレ関係を望む女性であっても、露骨に性の対象と見られるのは嫌がります。

また、「誰でもOK」という表現は複数の女性との関係を連想させるため、ほとんどの女性から敬遠されます。
結果としてセフレになっただけで、多くの女性は真剣な交際の方を望むはずです。
なのでセフレ作りが目的であっても、自己紹介文には「友達や恋人がほしい」と書くようにしてください。

まとめ

この記事は女ウケの良いプロフィールの作り方を紹介しました。
様々なコツが出てきましたが、根本にあるのは「女性が付き合いたいと思う男性とはどんな人なのか?」という点です。

この男性像をプロフィールに反映させることができれば出会える確率が一気にアップします。
どの出会い系アプリにも通用するテクニックなので、出会い系アプリに登録した際はぜひ参考にしてくださいね。

巨乳とやれる出会い系攻略講座

管理人が厳選!やれる女が見つかるアプリランキング
今すぐやれる女が見つかる-出会い系アプリランキングのキービジュアル

①管理人の経験から導き出した「本物」ばかり
②すべて登録無料でサクラなしの優良アプリ
③複数アプリを併用するのが大事なポイント

おすすめの記事