マッチングアプリでブス女とやりまくっている私が語るブスの魅力

マッチングアプリにはいろんなタイプの女がいます。
モデルやタレント顔負けの美人、妖艶な人妻、そしてブス。

できれば美人や可愛い女と遊びたいと思うのが男心ですが、ブスにはブスの魅力があります。
もちろんブスはブス。

しかし、マッチングアプリで遊ぶのであれば、実はブスにもそれなりの魅力があるのです。
この記事では、マッチングアプリでブス女とやりまくっている私が語るブスの魅力をお伝えします。

1.マッチングアプリでもブス女はハズレが定説

マッチングアプリでもブス女はハズレが定説のイメージ画像

結論から言えば、マッチングアプリではあってもブスはハズレです。
ブスだと自覚していないのか、美人のようなワガママを言ってきたり、可愛い女の子であれば許せるあざとさも、ブスに見せられればイラつかされたり。

内面だけではなく、外見も同様です。
だらしなさが出てしまっているブスもいれば、どこで購入したのか逆に好奇心を刺激するような奇抜で個性的なファッションに身を包んだブス。

こんなブスと一緒にいるところを友人や知人に見られようものなら笑いものになること間違いなし。
そんなブスは、マッチングアプリには珍しくありません。

これらの話を聞けば、やはりマッチングアプリで狙うは美人や可愛い女だと思うかもしれません。
しかし、そんなハズレな存在であるブスも、割り切ってしまえば使い道があるのです。

2.私がマッチングアプリでブス女とやりまくっている理由

私がマッチングアプリでブス女とやりまくっている理由のイメージ画像

私はマッチングアプリでブスのお世話になることもあります。
むしろブスとやりまくっています

ハズレではあっても、まさに使い方次第
恋人にしたいとは思わないものの、性欲を満たすだけであれば、むしろブスは男にとって都合の良い存在になってくれる可能性が高いです。

ではなぜブスとヤれまくれるのか。
その理由をご紹介しましょう。

2-1.驚くほどすぐ釣れるしヤレる

ブスは基本的に釣りやすいです。その理由は、ライバルがいないから。
マッチングアプリ内でも人気を集めるのは美人や可愛い女なので、ブスにメッセージを出すと返信率が高いのです。

美人や可愛い女の場合、男からメッセージが送られてくることなど当たり前なので、そのすべてに反応していたらキリがありません。
なかなか既読がつかないのも、男からのメッセージが溢れているので、全てに目を通すのが面倒だからこそ。
男を選べる側だからこそ、全てのメッセージに目を通す必要もないのです。

しかしブスは違います。
ブスはなかなか男からメッセージが送られてこないので、メッセージを出すと驚くほどすぐ釣れます。

むしろ待ってましたと言わんばかりに、ブスから長文のメッセージが返ってくることも珍しくありません。
話もスムーズに進むので、簡単にヤれてしまうのです。

2-2.男性慣れしていないから自分好みに調教できる

ブスはあまり男に慣れていません。
マッチングアプリ以外での男性経験が少ないブスも多いことから、セックスに関してもまだまだ経験不足です。

つまり、まだまだ男の影響を受けていないので調教しやすいのです。
美人や可愛い女の場合、それなりに経験を積んでいるので何をするにせよある程度慣れています。

そのため、調教するのは難しいです。
いわば自分自身のスタイルがそれなりに出来上がってしまっていますから。

しかしブスはまだまだ慣れていないので、自分のスタイルなど確立している訳がありません。
そのため、自分のスタイルに固執することもなく、男の言うことを聞き入れてくれるので、調教も簡単です。

2-3.変態プレイを頼みやすい

マッチングアプリで出会うブスは、良い意味で割り切って出会えるという魅力もあります。
美人や可愛い女相手の場合、男としても嫌われたくないという思いが強まるので、思ったことを言えなかったり、プレイでも遠慮してしまったりします。

しかし、ブスであれば嫌われても良いと割り切れるので、思い切ったプレイを頼みやすいのです。

また、ブスとしても男は貴重な存在なので、断ったら嫌われるかも…もう相手をしてもらえないかも…といった思いを持ちやすいです。
単純にあまり経験がないので、未知のプレイへの好奇心もあり、変態プレイを受け入れてくれやすいです。

2-4.男性に飢えているからセフレ化も簡単

ブスはマッチングアプリでも人気がないので、男に飢えています。
美人や可愛い女であれば男からいくらでもメッセージが届くので、遊びたいときに女が選べる側となり、相手を決めることができます。

しかしブスの元には男からのメッセージもなかなか届きませんし、届いたとしても外見の写メを見せたら音信不通になってしまうことも珍しくありません。

男に飢えており、さらになかなか相手をしてもらえないことから余計飢餓感が募り、さらに男を求める。
このような状態となっていますので、ヤるのはもちろんですが、セフレにもしやすいです。

少し優しくしたり、甘い言葉をかけるだけでブスは勝手に舞い上がって都合の良い存在になってくれるのです。

2-5.スタイルのいいブスは貧相な美人より気持ちがいい

ブスにもいろんなタイプがいますが、顔はブスでも、よく見ればスタイルはそれなりのブスもいます。
むしろこのようなブスは狙い目で、顔が良いけどあまりスタイルが良くない貧相な美人よりも、気持ち良いです。

ヤってる最中に顔を見なければ、ブスであることも気になりません。
ベッドに入るまで、あるいは一緒に連れて歩くのであれば顔の良い美人の方が良いですが、ヤるだけであれば体つきの良いブスの方が断然良いです。

むしろ美人はマグロだったり、プレイに対して積極性がなかったりなど、体つきの悪さ以外にもデメリットがありますが、ブスは調教もしやすいので、顔にさえ目をつぶってしまえば、スタイルの良い女と思えるので存分楽しめます。

3.マッチングアプリでブス女とやりまくっている方法

マッチングアプリでブス女とやりまくっている方法のイメージ画像

ブスがヤりやすい存在だと分かっていただけたところで、では実際にどうやってブスとヤりまくるのか。
そのための方法をこれからご紹介しましょう。

3-1.マッチングアプリは併用が効率的

マッチングアプリは併用することをおすすめします。
特定のマッチングアプリだけでブスを見つけるのではなく、いくつかのマッチングアプリを併用することで、よりブスを見つけやすくなるのです。

どのマッチングアプリにも一定数のブスがいます。
そのため、マッチングアプリを併用することで、より多くのブスが釣れます。

それこそ、ブスとは美人相手のような丁寧なやり取りではなく、適当なやり取りであっても簡単に釣れるので、いくつかのマッチングアプリを併用した方が、手っ取り早くヤれるブスを見つけられます。

3-2.プロフィールには「見た目を気にしない」と書こう

プロフィールは相手が見るものなので大切な部分ですが、ブスを釣りたいのであれば「見た目は気にしない」と書いておきましょう。
これにより、見た目に自信がないブスやブスであることを自覚しているブスからのアプローチが期待できます。

ブスとて人間です。
見た目を気にする男にアプローチして自尊心を傷つけられるような断られ方をするよりも、見た目に寛容な男、つまり自分のことを受け入れてくれそうな男とやり取りしたいと考えます。

ブスを釣るのであれば見た目を気にしない、内面重視と記載しておきましょう。

3-3.プロフィール検索や写真検索でブスにアプローチ

マッチングアプリではプロフィール検索や写真検索が可能です。
特に写真検索で美人なのかブスなのかが分かりますが、そこで敢えてブスを狙ってみましょう。

できれば美人と楽しみたいと思っている男は、ブスなど相手にしません。
つまり、写真だけでブスと分かる女の競争率は低いということです。

返信率が高いだけではなく、なかなか相手にされないのでサービス精神も旺盛で、かつ男にも飢えているので話を進めやすいです。

3-4.とにかく内面を褒めて口説こう

ブスであることを自覚しているタイプのブスもいます。
このタイプのブスは外見を褒めてもあまり効果がありません。

しかし内面を褒めることで、自分自身のことを認めてくれている・理解してくれると思う傾向にありますので、内面を褒めてみましょう。

レスポンスの速さ、言葉遣い、丁寧さなど、メッセージのやり取りの中だけでも褒める要素は多々あるはずです。
褒められることに慣れていないブスは、それだけで良い気分になり、ガードが緩みます。

3-5.ブス女は初デートでセックスを狙おう

ブス相手は初デートでもセックスを狙えます。
これまでにもお伝えしたように、ブスは男に慣れておらず、かつ飢えています。

女にも性欲はありますが、ブスは性欲を発散させる機会がありません。
そのため、デートとなればブスとてヤることを期待しているのです。

美人や可愛い女であればヤり目の相手も多いので、いろいろと男を見定めます。
しかし、ブスはそのような機会もないので、ヤれるかもしれない機会への期待値が高いです。

つまり、初デートではあっても誘えばすぐにでもヤれます。
いつ誘うのかなどの駆け引きも無用で、会ってすぐにホテルに誘ったとしても快諾してくれるブスもいます。

4.マッチングアプリで狙うべきでないブス女

マッチングアプリで狙うべきでないブス女のイメージ画像

マッチングアプリにいるブスにもまた、様々なタイプがいます。
狙い目のブスもいれば、手を出さない方が良いブスもいます。

そこで、狙うべきではないタイプのブスのタイプも把握しておきましょう。

4-1.ブスだと自覚していないブス

ブスであることを自覚していないブスには手を出さない方が良いでしょう。
なぜなら、ブスだと自覚していない、つまりは自分のことを可愛いと思っているブスは、ブスでありながら美人や可愛い女のような要求をしてくることも珍しくありません。

さも男に困っていないと言わんばかりの態度のブスや、男が尽くす側になるのが当たり前だと思っているブスは、苛々させられるだけです。
美人や可愛い女であれば許せることも、ブスにされては腹立たしく思うだけです。

勘違い系のブスを相手にすると、「このブスは何を勘違いしているんだ」と思うような言動・行動を目の当りにすることが多いので、手を出さない方が無難です。
メッセージのやり取りの中で、ブスだと自覚していない節が見えたら撤退しましょう。

4-2.人気があるとアピールするブス

いろんな男からメッセージが来て困っているとか、これまで何人に会ったか分からないなど、まるで自分が魅力的で人気があると勘違いしているブスもスルーした方が無難でしょう。
なぜなら、このようなブスは基本的に殿様商売気質で、男を下に見ているからです。

ヤりたいだけの男からメッセージをもらっているだけでありながら、まるで自分の魅力があるからこそだと勘違いし、メッセージの際にもあれこれ要求してくることもあります。

例えば、返信は何時間以内と指定してきたり、会うのであれば時間帯の指定はもちろんのこと、ご飯代の男負担、さらには車での送迎など、VIP待遇を要求してくるのですが、このようなブスを相手にしても割に合わないと思うだけです。

4-3.返事の遅いブス

返事の遅いブスもスルー推奨です。
すぐに返事を出さないことで人気があるとのですぐに返事を出せないと無言のアピールしているのか、あるいはブスでありながら自分が選ぶ側だと勘違いしているかが考えられます。

ブスはレスポンスが早く、話がまとまりやすい点がメリットの一つですが、レスポンスの遅いブスはわざわざ狙う必要はありません。
また、このタイプのブスは実際に会うことになってもドタキャン率が高いです。

これは他にも会う約束をしてダブルブッキングになってしまったり、急に気が変わったりなど、ブスらしからぬ傲慢なタイプである可能性が高いので、相手にしない方が良いでしょう。

4-4.条件を変えてくるブス

話を進め、いざ会いましょうとなった時、条件を変えてくるブスもいますが、このタイプもスルー推奨です。
寸前で時間を変えてきたり、急に金銭を要求してきたりするようなブスは、同時進行でいろんな男を相手にし、少しでも良い条件の男と会おうと考えている場合が多いでしょう。

メッセージのやり取りの最中だけではなく、実際に会った際、例えばホテルに入る寸前で急にそれまでの約束を反故にして新しい条件を提示してくるケースもあります。

ホテルまで来たら男とて断らないだろうとの打算があるからですが、このようなブスを相手にすると、都合の良いように使われるだけです。

美人であればある程度妥協もできますが、ブスにされると腹立たしさも倍増しますので、このようなタイプのブスにはきっぱりとNOを突き付け、以降相手にしないようにしましょう。

4-5.なかなか画像を見せないブス

どこかぼかしたようなプロフ写真で、メッセージのやり取りの際に画像を要求しても断ってくるようなブスは敬遠した方が無難です。

なぜなら、このタイプのブスはブスであることを自覚していますが、むしろ自覚しすぎているので容姿に自信がありません。会うまで画像を見せないケースもあります。

内面を見てもらいたいとアピールしてくるのも、外見の自信の無さの現れですが、さすがに会うまで画像を見せてもらえないようなブスと会う約束を取り付けるのはリスクが高いです。

このようなブスとはやり取りするだけ時間の無駄なのでスルーしましょう。

5.マッチングアプリでブス女とやりまくっている私が語るブスの魅力のまとめ

マッチングアプリでブス女とやりまくっている私が語るブスの魅力のまとめのイメージ画像

マッチングアプリにもブスはいますが、ブスにもメリットがあります。
むしろ、ヤるだけあるいは自分の性欲のはけ口として利用するだけであれば、ブスは都合の良い存在です。

ただし、スルーした方が良いブスもいますの。
見極めるポイントをしっかりチェックして、都合の良いブスを見つけて自分の欲望をかなえましょう。

おすすめの記事