【テンプレ付き】出会い系で効果的なファーストメッセージ

ネット上では「出会い系アプリを使っても出会えない」「メッセージの返事がない」といった口コミをよく見かけます。
それをアプリの質のせいにする人もいますが、もしかするとファーストメッセージで失敗してるのかもしれません。

この記事では出会い系アプリで効果的なファーストメッセージの書き方をテンプレ付きで紹介するので、「なかなか出会えない」という人はぜひ参考にしてください。

出会い系アプリにおけるファーストメッセージの重要性

 

出会い系アプリには大勢の女性が登録し、その大多数が掲示板に書き込みをしてます。
なので掲示板だけ見ていても、わりと簡単に好みの女性が見つかります。

プロフィール検索で細かく条件設定すれば理想の女性を探し出すことも可能です。

しかし、それらの女性と100%繋がれるわけではありません。
どんなに好みの女性であっても、メッセージのやり取りがなければ先に進まないのです。

ファーストメッセージとは、そんなやり取りが始まるかどうかを決定づける重要な要素。
意中の女性を恋人にしたいのであれば、要件を伝えつつ好印象を与えることから始めなければなりません。
いい加減な文章では出会えるものも出会えないので、本記事を読んでポイントを頭に入れていくださいね。

ファーストメッセージの必須項目

どんな目的でファーストメッセージを送るにせよ、以下の3点は必ず書いてください。

挨拶
目的を告げる内容
返事を促す内容

「返事が来ない」という人の多くは、上記のどれかが欠けている可能性が高いです。

本人は趣旨を分かって書いてますが、読み手にとってはいきなり届いたメッセージであり、相手がどんな人物なのかも分かってません。
なので、最低でも上記の3点がないと意思の疎通ができないのです。

挨拶

当たり前のことですがファーストメッセージの書き出しは挨拶になります。

「はじめまして」や「こんにちは」、「こんばんは」など、一般的な挨拶から書き出してください。
ありきたりなフレーズではありますが、これがなければ「失礼な人だ」と思われます。

また、足あとをつけてくれた女性にファーストメッセージを送る場合は、
「プロフィールを見ていただいてありがとうございます」
と付け加えると効果的です。

目的が分かる内容

挨拶を終えたらメッセージを送った目的を伝えます。

「○○さんの△△なところが気になりました。良かったらやり取りしませんか?」

上記ような一文で「興味があるのでやり取りしたい」という意思を伝えます。
その際は相手のどこに興味をもったのかを明確に書いてください。
これがないと「どうせコピペでしょ」「私のプロフを読んでない」等と思われ、返事は来ません。

返事を促す内容

ファーストメッセージの締めは返事を促す内容にします。
もっとも効果的なのは疑問形で終わる文です。

「もし良かったらメッセージのやり取りから始めませんか?」

このように「?」で終われば、人間の心理として返事を書かなければいけない気持ちになります。
もっとも上記の文はごくありふれたもので、効果的な締め方とはいえません。

返信率を高めるには、

「プロフに○○好きとありましたが、どんな○○がお好きですか?」

と一歩踏み込んだ文がベスト。
女性が好きな○○についての質問ですから思わず返事したくなるはずです。

ファーストメッセージのポイント

ファーストメッセージでは必須項目の他に抑えるべきポイントもあります。
こちらも返信率に大きく影響するのでしっかりマスターしてくださいね。

適度な長さで読みやすく

ファーストメッセージを受け取った時、女性は送信者に対して何の好意も持っていません。
その状態でメッセージを開くので、文章が長すぎると「読むのが面倒」と思われてしまいます。
女性のところにはたくさんのメッセージが届くので、読むのが面倒なメッセージはそのまま保留にされがち。

逆にあまりにも短すぎて「何の用?」「ちゃんと会う気あるの?」と思われるのもマイナスです。
つまり、ファーストメッセージは適切な長さで要点を分かりやすく伝える必要があるわけです。

丁寧語を使う

ほとんどの女性はいきなり馴れ馴れしくされるのを嫌います。
タメ口や絵文字などを使えばポップでフランクなイメージを演出できますが、ファーストメッセージとしては馴れ馴れしくみえて不向きです。
まずは「~です」「~ます」といった丁寧語を使い、礼儀と常識のある男性だと印象付けてください。

また、相手の名前には「さん」を付けるのが正解。
20代の女性には「ちゃん」を付けたくなりますが、それが許されるのは何度かやり取りしてからです。

相手の興味を引く

高確率で返事を貰うには相手の興味を引く必要があります。
そのためには共通の趣味について触れるのが一番。

「○○がお好きなんですね。実は僕もなんです」

相手のプロフィールから○○にあたる部分を探し、自分も好きであると伝えます。
こうして共通点を作れば、「話しやすい人だ」と理解してくれます。

その後も○○の話題で盛り上がれるのでやり取りがスムーズです。

ちなみに、「僕も○○好き」というのは嘘でも構いません。
あくまでも話を合わせるだけなので、多少話せる程度の知識があれば○○は何を書いてもOKです。

ファーストメッセージのテンプレ

ファーストメッセージのテンプレ1:恋活・婚活用

ここからはファーストメッセージのテンプレを使ってポイントを詳しく説明していきます。

まずは出会い系アプリで恋活・婚活する時に使うテンプレから。

「はじめまして。
都内の銀行に務めるツトムといいます。
恋人が欲しくて女性を検索していたところ、アカネさんのプロフィールが目に止まりました。
アカネさんは動物がお好きなんですね。実は僕も動物が好きで犬を飼ってます。
動物好きの女性と出会いたいと思ってるので、やり取りできたら幸いです。
ちなみに、アカネさんはどんな動物がお好きですか?」

解説1:経済力をアピール

上のテンプレはツトムさんがアカネさんに送ったファーストメッセージです。

定番の挨拶の直下に「都内の銀行」と書き、経済力をアピールしてます。
恋活や婚活では経済力のある男性がモテるので、有名企業に務めていたり士業を営んでいる人は武器として記載してください。

解説2:プロフィールを読んだことを伝える

女性は男性のプロフィールを熟読します。
同じように男性側にもプロフィールを読んでもらい、相性が良いと思った場合にのみメッセージを送って来て欲しいと考えてます。
そんな女性心理を考えると、プロフィールを読んだことを伝えるのはとても効果的です。

上のテンプレでは「プロフィールが目に止まりました」と書き、そこから「動物好き」という共通点に発展させてます。
犬を飼っているという強みを活用し、締めの一文も動物に関する質問になっているので、アカネさんは「私と相性が良いかも」と感じたはず。
当然、アカネさんからは好意的なメッセージが返ってきます。

解説3:簡潔で分かりやすい

上のテンプレは約160文字で作られています。
ほんの十数秒で読み終えてしまう短い文章ですが、ファーストメッセージとしては丁度良い長さです。

また、恋人探しをしていて貴方に興味があるからやり取りしたい、という意図が明確に表現されています。
この簡潔な書き方が分かりやすさを生み、同時に賢いイメージを与えるのです。

ファーストメッセージのテンプレ2:割り切り用

 

割り切り目的で出会い系アプリを利用する人も多いはずです。
その場合、男女共に割り切りという共通の目的があるので、ファーストメッセージの内容はかなりシンプルになります。

そこでおすすめなのが以下のテンプレです。

「こんばんは。良かったらこれから会いませんか?OKなら条件を教えてください」

解説1:用件のみを短く的確に書く

割り切り用のファーストメッセージは、わずか40文字ほどしかありません。
いきなりデートに誘う形になりますが、女性側としてはこれで十分。

自己PRなどをたくさん書かれるのはむしろ迷惑です。
待ち合わせの時間と場所、セックスの金額が決まればそれで良いわけですから、最初から「条件」を聞いてください。

なお、女性はスタイルやルックスについてあれこれ聞かれるのを嫌がります。
容姿を細かくチェックする男性は、実際に会って少しでも気に食わないと「話が違う」といってキャンセルする傾向があるからです。
そのことは女性が一番よく分かっているので、あれこれ聞いてくる男性には会いたがりません。

解説2:すぐ会えることを伝える

割り切りをするときはすぐ会える状態になってからお相手探しを始めてください。
数時間後や翌日のアポになると、女性のドタキャン率が跳ね上がります。
なぜなら女性はより良い条件の男性を探し続けるから。

ある男性と数時間後に10,000円で会う約束をした場合、その数時間を使って12,000円で会ってくれる他の男性を探します。
他の男性がみつかればラッキー。
みつからなくても最初の10,000円のアポを実行するだけです。
このような行為を防ぐには、1時間以内に待ち合わせるのが有効です。

「これから会いませんか?」と書いて今すぐのデートだと伝え、相手がOKなら1時間後の待ち合わせ時間を指定してください。

解説3:条件の詳細は相手に書かせる

ほとんどの出会い系アプリにおいて割り切り(お金を払ってセックスする行為)は禁止されてます。
万が一運営側にみつかれば利用停止になります。
そのリスクを考慮し、割り切りの条件はすべて相手に書かせてください。

「お金」「セックス」「ホテル」など、割り切りだと分かるキーワードも書いてはいけません。
こうしておけば利用停止になるのは女性側だけです。
まれに「いくらなら会ってくれますか?」と聞いてくる女性がいますが、露骨に金額を書くようなことは決してしないでください。
ダメなファーストメッセージの例

最後にダメなファーストメッセージの例を紹介しておきます。
どれも返信率を大幅に下げますから、自分のファーストメッセージが該当しないかチェックしてください。

ダメなファーストメッセージの例1:前置きが長い

「はじめまして。僕は30歳で○○会社に務めてます。
このアプリには新しい出会いを求めて登録しました。
実は前の彼女にフラれたばかりなんです。
というのも前の彼女は~(別れた経緯)
==中略==
長くなりましたが、そんなわけでこのアプリで頑張ってみる気になりました。
もし良かったら連絡いただけませんか?」

このファーストメッセージでは出会い系アプリに登録した理由や彼女と別れた経緯が書かれています。
長々と語られており本人にとって大事なことだったと推測できます。

しかし、女性側にとってはどうでも良いことです。
「というのも前の彼女は~」の辺りで読むのを止める人も多いはず。

同様に、自慢話や自己PRを長々と書くのもNGです。
詳しい話はやり取りが始まってからすれば良いので、ファーストメッセージでは返事をもらうことに注力してください。

ダメなファーストメッセージの例2:誠実さが感じられない

「どもども^^ プロフ見て気になったのでメッセしました。
仲良くなりたいので直接やり取りしませんか?
問題ないなら返信ください。待ってまーす」

このファーストメッセージには誠実さが感じられません。
「どもども」や「待ってまーす」という軽いノリ、いきなり直接のやり取りを申し出る点等、女性からチャラいと思われても仕方ありません。

また、プロフィールの何を見てどう思ったのかが書かれておらず、本当に読んだのか疑わしいところです。
テンプレートをコピペしてそのまま送っているようでもあり、返信する女性が少ないのは間違いありません。

ダメなファーストメッセージの例3:相手の身体的特徴に言及する

「はじめまして。突然のメッセージすみません。
どうしてもやり取りしたくて。
実はプロフィール写真を拝見しました。
とてもきれいなスタイルをしておられますね。
とくにウエストがしっかりくびれてて僕の好みにぴったりです。
たくさんのメッセージが来てると思いますが、ぜひ僕に返事ください。
よろしくお願いします」

メッセージ全体から強い好意とスタイルへの称賛が読み取れます。
書いた本人はしっかり褒めてアピールしたつもりでしょうが…
このファーストメッセージを読んだ女性は、「この人、カラダ目的だ」と解釈します。

実は、ファーストメッセージで女性の身体的特徴を褒めるのはNGなのです。

例えば「目が大きくてカワイイですね」と褒めると、「 顔だけで人を判断してる。中身を見てない」と解釈されます。
「細身ですね」と褒めると、「写真の頃より太ったのに…恥ずかしいからもうこの人には会えない」と思われます。
もちろん、胸やお尻、脚などのパーツについて言及するのもNG。

このように褒め言葉がアダとなるパターンは頻繁に起こるので十分に注意してください。

まとめ

この記事では出会い系アプリのファーストメッセージについて紹介しました。
ファーストメッセージは挨拶の意味合いが強いため、軽く考える男性が多いようです。

しかし実際には、相手の女性と繋がれるかどうかを決める重要な要素といえます。
本記事で紹介したポイントとテンプレを活用すれば繋がれる確率が大幅にアップしますのでぜひ試してくださいね。

おすすめの記事