50代60代男性のためのおすすめの出会い系とセックスできる使い方を徹底解説

こんにちは!出会い系歴20年以上の管理人です。

一般的にオジサンと言われる50代60代ですが、女性への興味がなくなったわけではありませんよね。「好みの女性と出会ってセックスしたい」という気持ちは若い頃と同じなはず。

そんな活力溢れる50代60代におすすめなのが出会い系アプリです。アプリときくと若者向けと考えがちですが、実際には多くの50代60代が女性と出会ってセックスしています。

そこでこの記事では、50代60代におすすめの出会い系アプリとその使い方をご紹介します。「まだまだたくさんセックスしたい」という人はぜひ参考にしてくださいね。

1.50代60代男性のためのやれる出会い系の選び方

まずは出会い系アプリの選び方からご紹介します。効率よく出会えるのがウリの出会い系アプリですが、選び方を間違えると希望する女性会員がいないという事態も。

そんなことにならないように、以下の基準をしっかりと守って出会い系アプリを選んでください。

<出会い系アプリの選び方>
恋活・婚活メインではない
30代以上の女性の比率が高め
安全性が高い

1-1.選び方①:恋活・婚活メインではない

50代60代の出会い系の使い方の恋活・婚活メインではないではない出会い系のイメージ

50代60代ともなると男女ともに既婚者が多いはず。「セックス目的で出会ったのに女性側が本気になってしまった」などという事態になると非常に厄介です。

とくに近年では不倫行為に対する世間の風当たりが強く、下手をすると家庭と築き上げたステータスの両方を失いかねません。

そのため、恋活・婚活メインの出会い系アプリは避け、あくまでも風俗感覚でワンナイトを楽しめるところを選ぶべきです。

後述するおすすめの出会い系アプリであればセックス目的の女性を探すことが可能なので、スマートに遊ぶことを心掛けてください。

1-2.選び方②:30代以上の女性の比率が高め

50代60代の出会い系の使い方の30代以上の女性の比率が高めのイメージ

50代60代の男性が出会い系アプリでセックス相手を探す場合、30代以上の女性をターゲットにすべきです。

というのも、20代女性は同世代の男性を好む傾向がありますし、「年齢は気にしない」という20代女性は業者ばかり。いずれにしても20代の素人女性とセックスするのは困難です。(割り切りを除く)

そのため、ターゲットは30代または40代ということに。出会い系アプリによっては30代40代女性が非常に少ないところもありますから、女性会員の年齢分布はしっかりチェックしましょう。

1-3.選び方③:安全性が高い

50代60代の出会い系の使い方の安全性イメージ

出会い系アプリにおける安全性とは、

  1. 個人情報を保護するシステム
  2. 悪質会員を監視・排除する仕組み

という2点を指します。

この二つを充実させるにはかなりの設備投資が必要であり、収益力の低いマイナーな出会い系アプリではほぼ無理。なので必然的にメジャーな大手出会い系アプリに絞られます。

50代60代は経済的にも余裕があるはずなので、料金の安さばかりを気にせず、安全性やサービスの質にも目を向けるようにしましょう。

2.50代60代男性のためのやれる出会い系アプリ

50代60代が出会い系アプリを選ぶときの基準はすでにご紹介した通りです。では具体的にどの出会い系アプリが良いのか?

管理人の経験から50代60代におすすめの出会い系アプリを3つご紹介します。

2-1.ハッピーメール

アナル好きが見つかるやれるアプリハッピーメールのキービジュアル

20代前半~中盤の女性がメインのハッピーメールですが、非常に会員数が多いため、相対的に30代以上の女性も多くなります。

なおかつ、30代以上の女性は素人率が高く、比較的簡単に業者と見分けることが可能。50代60代の男性がセックス相手を見つけるにはとても都合の良い出会い系アプリといえます。

ハッピーメールの詳しい使い方は、「ハッピーメールでやれる女と出会える使い方を徹底解説」で紹介しています。

2-2.PCMAX

爆乳女とやれるアプリのPCMAXのキービジュアル

20代中盤から30代中盤の比率が高いのがPCMAXです。サイト全体がアダルト性にあふれていおり、「セフレが欲しい!」という女性会員の人数は業界屈指。

50代60代のセックステクニックを披露すればセフレを作るのも可能です。その際の参考となるのが「裏プロフィール」という機能。アダルト系の質問数十個からなるこのコーナーをみれば簡単にセックス相手をみつけられます。

また、PCMAXの女性会員は比較的遊び慣れているので、既婚の50代60代であっても家庭を壊すことなく遊べますよ。

PCMAXの詳しい使い方は、「PCMAXでやれる女と出会える使い方を徹底解説」で紹介しています。

2-3.華の会

華の会キービジュアル

中高年・熟年に特化していることで有名なのが華の会です。会員資格は30歳以上85歳以下。当然、30~50代の女性が多くなり、50代60代の男性にとっては絶好のチャンスといえます。

もっとも、会員数が少ないというのが華の会の弱点。東京周辺や大都市ならば問題ありませんが、それ以外の地方になると女性会員がほとんどいません。

3.50代60代男性のための出会い系アプリのセックスできる使い方

「出会い系アプリには興味があるけど使ったことがない」という人もいることでしょう。出会い系アプリには業者が多いので、正しい使い方をしなければお目当ての素人女性とは出会えません。

そこで出会い系アプリで業者を見分ける方法とアプローチの仕方を流れに沿ってご紹介します。

3-1.プロフィールを充実させる

50代60代の出会い系の使い方のプロフィール設定のイメージ

出会い系アプリに登録して真っ先にやるべきはプロフィールの作成です。年収や体型などたくさんの入力項目がありますが、女性が気にするのはプロフィール写真と自己紹介文です。

この二つで会うかどうかを決める女性が多く、出来ばえ次第で出会える可能性が大きく変わります。

3-1-1.プロフィール写真の撮り方

プロフィール写真を撮る時は、50代60代らしい落ち着きを出しつつも、親しみやすさを重視します。

女性はネット上の出会いに警戒心を持っているため、強面な印象を与えてしまうと選んでくれません。

なので

  • 十分な光量
  • 白や青を貴重とした服装
  • 笑顔
  • 髭や髪型といった身だしなみ

という4点に心がけて撮影してください。

なお、良い写真の撮り方は、「やれるアプリでエロい女とセックスする方法」にて詳しく紹介しているのでそちらもチェックしてください。

3-1-2.自己紹介の書き方

自己紹介でアピールすべきは「真剣な出会いを求めている」ということ。いくらセックス目的の女性とはいえ、口説かれるときはそれなりに情熱と愛情を感じたいものです。

なおかつ、「尻軽だと思われたくない」という気持ちもあり、お相手の男性には誠実さを求める傾向があります。

また、女性ウケする趣味を盛り込むのもコツ。「この男性と会ってみたい」と思わせるには話が合うことが重要で、それには「食べ歩き」「旅行」「ファッション」などを趣味にあげておくのがベストです。

これらをふまえて例文を用意したので、ぜひ参考にしてください。

<自己紹介の例文>

都内に住んでいる○○(自分の名前)です。この年になってもう一度真剣にパートナーを探してみようという気になりました。
なので、同じ思いの女性と出会えれば幸いです。
趣味は食べ歩きと映画鑑賞。休日は健康を考えて筋トレなどもやってます。
いつも笑顔で楽しくを心掛けているので性格は温和で明るい方です。
このアプリでも楽しくやり取りしたいと思っているのでよろしくお願いします

無論、女性から本気になられても困るわけですが、自己紹介上はこれくらいの真面目さが評価されます。

なお、自己紹介については、「やれるアプリでエロい女とセックスする方法」でも詳しく紹介しています。

3-2.プロフィール検索を使う

50代60代の出会い系の使い方のプロフィール検索のイメージ

出会い系アプリといえば掲示板を使うのが一般的ですが、残念ながら掲示板に素人女性はいません。いるのは割り切り目的の女性ばかり。

割り切りであれば20代の女性ともセックスできますが、お小遣いを渡しホテル代も負担するため風俗店と同じくらいの費用がかかってしまいます。

そこでおすすめなのがプロフィール検索。ほとんどの出会い系アプリはプロフィール内に掲示板への投稿履歴がのっています。

そこで投稿履歴がない人を探せばそれが素人女性。あとはメッセージを送って全力で口説くだけです。

なお、プロフィールには掲示板への投稿履歴以外にも、業者を見分けられる箇所があります。

<業者の特徴>

  • 顔写真が可愛くてモザイクが入っていない
  • カップ数やスリーサイズを記入している
  • 自己紹介がエロい

上記に一つでも該当すれば極めて高い確率で業者ですからすべて無視しましょう。

3-3.ファーストメッセージの大量送信

50代60代の出会い系の使い方のファーストメッセージ大量送信イメージ

素人女性にメッセージを出した場合、返信がくる確率は10%未満。なので手当たり次第にメッセージを送るのがコツです。

顔写真のチェックなどは返信があってからすればいいだけのこと。まずは深く考えずにメッセージを送ります。

その際はあらかじめテンプレートを作っておくと便利です。メッセージの80%をテンプレート化し、残りの20%を相手によってカスタマイズします。

以下にテンプレートの例を示すので、それを参考に事前に作成しておきましょう。

<ファーストメッセージテンプレートの例文>

はじめまして。○○(自分の名前)と申します。△△(相手の名前)さんのプロフィールを拝見しました。
××(相手の趣味)や□□(相手の考え方)は僕も同じなので楽しくやり取りできると思います。
まずはメッセージを重ねていきたいと考えていますので、良かったら返事くださいね

ファーストメッセージの詳しい書き方は、「やれるアプリでエロい女とセックスする方法」に記載してありますので、そちらも参考にしてください。

3-4.メッセージのやり取り

素人女性はメッセージのやり取りをしっかりやりたがります。これは「会っても安全かどうか」「楽しくデート出来そうか」などを探るため。

なので以下の点に注意しながら墓穴を掘らないようにやり取りしてください。

毎日数回のやり取りを行う
連絡先を聞くのは数日やり取りしてから
女性の意見・考え方は絶対に否定しない
自慢話をしすぎない

1日あたりのやり取り回数は3往復以上が目安。まずは趣味や共通t点についてやり取りし、徐々に深い話へと移行していきます。

その際、相手の話に同調するのがポイント。こうすることで「この人とは話が合う」と感じてくれます。

仮に30代女性が非常識なことを言ったとしても、「僕もそう思います」と肯定しておきましょう。

4.50代60代男性が出会い系を使う際の注意点

本記事の序盤で「本気になられると厄介」ということを述べましたが、出会い系アプリを利用する上では他にも注意点があります。

わずかなミスから大きなトラブルに発展することもあるので、警戒心は常に持っておきましょう。

4-1.注意点1:恐喝

既婚の50代60代を狙って恐喝を仕掛けてくる女性がいます。デート中の様子を写真にとり、それをネタにゆすってくるのです。

こうした悪質会員を事前に見抜くことは困難なのですが、ゆすられないようにすることは可能。

恐喝が成立するのはおどされるだけのネタがあるからです。たいていの場合は既婚者や社会的地位のある人が狙われ、「お金を払わなければ全部バラす」と脅されます。

つまり、独身で平凡な男性という設定にしておけば良いのです。プロフィール作成の段階から平凡な男性を演じておけば恐喝される可能性はぐっと低くなりますよ。

4-2.注意点2:デート商法

割り切りや援助交際のように最初からお金を要求してくる女性はある意味安全です。本気に厄介なのは純粋な恋愛やセフレ関係と見せかけてお金を使わせようとしてくる女性。

「友達がジュエリーショップをやってるから見に行こう」などと誘われて行ってみたところ、高額のジュエリーをねだられたりします。

この場合、女性とジュエリーショップ側はグル。プレゼントしたはずのジュエリーは女性から店側にこっそり返却され売上金を折半しています。

また、宗教やネットワークビジネスに勧誘されることも。いずれの場合も女性同伴であったことから気が緩んだのが原因です。

単なるセックス相手に見栄を張る必要はないので、何かをねだられたり勧められたりしたらきっぱり断ってください。

5.50代60代男性のためのおすすめの出会い系とセックスできる使い方を徹底解説のまとめ

この記事では50代60代の男性におすすめの出会い系アプリと使い方をご紹介しました。

50代60代がターゲットにすべきは30代以降の素人女性。ハッピーメールPCMAX、華の会に登録し、プロフィール検索の結果から掲示板への投稿履歴がない女性を探すのがコツです。

また、メッセージのやり取りはこまめに行い、相手に話を合わせます。以上を徹底すればお金を払わずに素人女性とセックスできますからぜひ出会い系アプリを使ってみてくださいね。

ムラムラが止まらない男性へ

1日10分スマホをいじるだけで、1ヶ月後に3人のセフレができる方法を教えます。

セフレ作りに最適なマッチングアプリ【ミントC!Jメール】
セフレ作りにおすすめしたい理由
・他の大手アプリに比べて高い女性比率
人妻と出会いやすい機能が充実
・老舗アプリで安全性も抜群
多くの人妻は遊び目的で登録しているので、人妻と出会いやすいミントC!Jメールは、ワンナイトラブやセフレ作りが非常に簡単です!
管理人が厳選!やれる女が見つかるアプリランキング
今すぐやれる女が見つかる-出会い系アプリランキングのキービジュアル

①管理人の経験から導き出した「本物」ばかり
②すべて登録無料でサクラなしの優良アプリ
③複数アプリを併用するのが大事なポイント

おすすめの記事